よしもと漫才劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よしもと漫才劇場
YES-NAMBAbldg.JPG
劇場の入居するYES-NAMBAビル
情報
旧名称 ワッハホール,5upよしもと
開館 2014年12月1日
用途 漫才コントなど
運営 吉本興業
所在地 大阪府大阪市中央区難波千日前12-7 YES-NAMBAビル5F
位置 北緯34度39分52.6秒
東経135度30分11秒
座標: 北緯34度39分52.6秒 東経135度30分11秒

よしもと漫才劇場(よしもとまんざいげきじょう)とは、大阪府大阪市中央区難波千日前にある2014年12月1日に開館されたお笑いの劇場。なんばグランド花月の向かい、YES-NAMBAビル[1]の5階にある。

概要[編集]

2014年11月24日に閉館した5upよしもとを引き継ぐ若手お笑い芸人の拠点として2014年12月1日にリニューアルオープンされた、YES-NANBAビル5階のリニューアルは2回目となる。 座席数は最大313(A列からO列の15列×21席 A列のみ19席)。

公演プログラムは漫才を中心に据えたプログラムとなり、大阪NSC33期相当以下の芸歴の芸人が出演する60分ライブ「Kakeru翔LIVE」、よしもと漫才劇場を代表する芸人が出演する90分ライブ「kiwami極LIVE」、よしもとイチオシの若手芸人から中堅・ベテランまで今をときめく旬の芸人が出演し、吉本極新喜劇も行われる90分寄席公演「よしもと漫才ライブ」等が行われている。 前身である5upよしもとや、High Stageよしもとに出演していた芸人が多く出演している。 一月に一回の頻度で「kakeru翔LIVE」に出演している芸人や「UP TO YOU!」での選抜メンバーが劇場出番をかけて挑む「kakeru翔GP」が行われ、そこでの順位次第で、「UP TO YOU!」の選抜メンバーがよしもと漫才劇場の出番が組み込まれたり、「kakeru翔LIVE」出演芸人がよしもと漫才劇場の出番を剥奪されたりする。また、この結果を元に後述の上方漫才協会大賞新人賞ノミネートが決定する。

舞台以外では『アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー』(サンテレビジョン)や、『マヨなか笑人』(読売テレビ)の収録が行われている。

上方漫才協会[編集]

よしもと漫才劇場のオープンとともに発足され、中田カウスが会長、中田ボタンが副会長を務める。

大阪のお笑い文化の継承と発展の為に、舞台に立つ若手漫才師たちのサポートを行う協会で、師匠のいない養成所出身のお笑い芸人が増えたために、協会が師匠の役割を果たしていき、次世代を担う若手漫才師を育成することを目的としている。

よしもと漫才劇場に出演する若手漫才師は上方漫才協会の指導のもと、なんばグランド花月の舞台に立つことを目標に芸を磨いていき、毎年1月には上方漫才協会大賞が開催されている。

組織は以下の通り。

出演芸人(2017年2月現在)[編集]

「kakeru翔LIVE」出演対象外芸人[編集]

「kakeru翔LIVE」出演対象芸人[編集]

過去のメンバー[編集]

解散した芸人[編集]

オーディションライブ「UP TO YOU!」に降格した芸人[編集]

東京に進出した芸人[編集]

最寄駅[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 建物は吉本興業が所有・管理を行っていたが、2013年4月に売却。売却後も吉本側が引き続き管理を行っている。

外部リンク[編集]