8.6秒バズーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
8.6秒バズーカー
メンバー はまやねん
田中シングル
結成年 2014年4月1日[1]
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2014年 -
出身 大阪NSC36期生
出会い 吹田市立第二中学校
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 歌ネタ、漫才
ネタ作成者 田中シングル
同期 サンパウロ、OPNU、朝倉こと姉(元つぼみメンバー)
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

8.6秒バズーカー(はってんろくびょうバズーカー)は、日本お笑いコンビタレントである。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属。略して「ハチロク」とも言われる[2]

概要[編集]

大阪NSC36期生(2013年4月入学)出身。NSC卒業後の2014年4月1日に結成し、デビュー。

2人は吹田市立第二中学校の時の同級生。中学生時代はもう一人を加えた3人で芸人を目指そうとしていたが、就職することを選んだ一人が抜け、残った2人で芸人を目指すことになった[3]。NSCに入学したその夜に卒業した中学のグラウンドに忍び込んで50メートル競走をし、そこではまやねんが8.6秒という記録を出したことから「8.6秒」、これにインパクトがありそうな言葉だからと「バズーカー」を足してコンビ名を付けた[4][5]

袖まくりした赤いワイシャツと赤いズボン(はまやねんは膝丈、田中は八分丈)に黒いネクタイサングラスという出で立ちが基本スタイル[6]。目立ちたいからこの衣装にしたとのことで、服屋で偶然見つけたこの衣装を購入したという。なお、この衣装にする前は私服で出演していた[2]

2014年末から2015年にかけてリズムネタの「ラッスンゴレライ」で大ブレイクし、年末年始(2014年12月27日〜2015年1月7日)には12本のテレビ番組に出演[7]。2015年3月18日には同事務所所属芸人では最速となるデビューから1年以内でのDVD『ラッスンゴレライ』を発売[8]。また、同月23日には初単独ライブをなんばグランド花月で行い、こちらもデビューから史上最短記録になる[9]。下積み経験のない芸人がこれほどブレイクしたのは異例である[5]。2015年2月14日に開催されたTOKYO RUNWAYに登場した[10]

2015年の後半には人気の失速が見えたが、秋のM-1グランプリにはリズムネタを封印して臨むなど、ネタの掛け合いというスタンダードな漫才へ舵を切っている[11]

メンバー[編集]

ラッスンゴレライ[編集]

決めポーズ

2014年末から2015年にかけて彼らがブレイクした時のネタ。「ラッスンゴレライ」という意味不明なフレーズをはまやねんがリズムの中で言い、田中シングルがそれに戸惑いながら同じくリズムに乗って「ラッスンゴレライって何ですのん」「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さーん」などと応じる展開の、リズムネタである[6]

元々は普通に漫才をしていた二人だが、はまやねんが口下手で、ネタを言うタイミングがうまく行かなかったことから「リズムに乗せればネタもタイミング良く言える」という発想でリズムネタを行うこととなった[15]。「ラッスンゴレライ」というフレーズは、ネタ作りに困った田中がはまやねんを笑わそうとした時に生まれたという。「ラッスンゴレライ」と言い出してから1時間でネタを完成させ[16]、次の日がネタ見せだったのでこのネタを持っていく。NSC講師の本多正識は、彼らの芸を面白いとは思わなかったが「(やるなら)衣装も揃えて、ベルトもサングラスも靴も揃えて、トータルで綺麗にしてオリラジのように動きのキレをよくしてやり」とアドバイスした[17]。ブレイクのきっかけは2014年11月4日深夜に放送されたフジテレビの番組『オサレもん』、そして日本テレビの『ぐるナイおもしろ荘』への出演で、中高生を中心に人気を獲得するようになっていった[18][19]。またスマホで彼らの動画を手軽に見せ合える若い世代のコミュニケーション環境も、急速な流行に拍車をかけた[17]。年末の新語・流行語大賞で、「ラッスンゴレライ」はノミネート50語に選ばれたが、トップ10からは漏れた。落選の報を聞いて田中は「悔しいですね。上半期に頑張りすぎました…」と下半期の失速を悔やんだ[20]

ネタやコンビ名に関する疑惑について[編集]

持ちネタの“ラッスンゴレライ”やコンビ名“8.6秒バズーカー”の由来については前述の通りであるが、ネットでは2015年3~4月頃からコンビ名の「8.6秒」が広島市原子爆弾が投下された8月6日、「ちょっと待って」のフレーズについては B-29爆撃機チョットマッテが存在しており、そこからとったものと言われ炎上が起こった[21]。また、日本を批判・侮辱したとれる内容などの2009年から2012年までに書かれていた素人のTwitterでのツイートやブログの書き込みが、はまやねんの学生時代のものなのではないかと言われるようになった事も[22]それらの説を信じる者を増やす原因となった。当初2人は「一々反応するのもイタい」と取り合わなかったが、なかなか炎上が収まらないため4月22日に噂を全否定した[16][23]。公式アカウントに誹謗中傷のコメントが送り続けられた影響で、一時期twitterアカウントを閉鎖する騒ぎが起こっている[24][25]。なお、前述のTwitterでのツイートやブログの書き込みは現在は削除されており、何者によってどういった意図で書かれたのか、そしてそれが同一人物によるものかは不明である。また、『週刊文春』5月7日・14日ゴールデンウィーク特大号では田中が「ファンの中にも真に受ける方もいますし、もし書き込みを見た広島の方が不快に感じたら僕らも申し訳がたたないですから」と述べたり、吉本興業が威力業務妨害での告訴など、様々な手段を検討しているといった報道がされたが[26]、その後どうなったかについては明らかにされていない。

評価[編集]

フジテレビ系列の番組「ワイドナショー」(2015年2月8日放送)にて、「別に面白くはなかったけどね」「これは曲ですよ。みんなやりたがる、手拍子したくなる」と発言した。同じくリズムネタやフレーズネタでブレイクした藤崎マーケットスリムクラブを例に出し、「ちゃんとできる子らなら、ちゃんとできるんでしょう」と発言した[27][28]
TBS系列の番組「北野演芸館9〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜」(2015年3月8日放送)の「カーテンコーナー」にて出演した際、約30秒後、たけしによって幕が降ろされ「バカ大学の文化祭じゃないんだから」と批判された[29]。また、日本テレビ系列の番組『しゃべくり007』(2015年4月27日放送)にビートたけしがゲスト出演した際、「たけしが会いたくない人」というコーナーに出演してラッスンゴレライを披露したところ、たけしは司会の上田晋也くりぃむしちゅー)に「死後硬直みたいな感じだった」と言われるほどの無表情ぶりで「帰れ、帰れ、帰れ」「何してんだ!」とネタを強制終了させた。ただ、同時に前回の発言に絡めて「バカ大学の学園祭でもドッとウケたらいいじゃねえか」としており、また「普通の漫才やってて、ちょっと合間に隠し芸的に今売れてるやつ(ラッスンゴレライ)をやる体制のが、俺はいいと思うんだけどね。そっちが先に出ちゃうと、漫才の本来の形出すの大変になるんだって」とフォローしている[30]
MBS系列の番組「痛快!明石家電視台」(2015年3月16日放送)の「勝手にノミネート! 流行語大賞2015」の収録をした際、さんまに「オリエンタルラジオ、藤崎マーケットに似てるなあ。パクったやろ?」と発言された[31][32]
2015年1月に二人が言ったことによると、二人に向かって「リズムネタは麻薬や、パーンって売れてパーンって落ちるから気を付けろ」と助言したという[33]

主な出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

作品[編集]

DVD[編集]

  • ラッスンゴレライ(2015) EAN 4571487557159
  • ラッスンゴレライブ(2015) EAN 4571487559566

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式プロフィールより。
  2. ^ a b c 【エンタがビタミン♪】<8.6秒バズーカーインタビュー>「ラッスンゴレライ」ウケると思わず。意味不明すぎて本気で「説明してね」だった。”. Techinsight (2015年1月31日). 2015年2月23日閲覧。
  3. ^ TVでた蔵「2015年3月8日放送 行列のできる法律相談所」”. TVでた蔵. (富士ソフトワイヤーアクション) (2015年3月8日). 2015年3月8日閲覧。
  4. ^ “「8.6秒」の由来は50メートル走”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年1月21日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/01/21/0007676119.shtml 2015年2月1日閲覧。 
  5. ^ a b 反日疑惑 8.6秒バズーカーが「文春さんマジでお願いします!」”. 週刊文春WEB. 文芸春秋 (2015年4月29日). 2015年5月1日閲覧。
  6. ^ a b 中高生に大人気「ラッスンゴレライ」ってなんですのん(1/2)”. エキサイトレビュー (2015年1月8日). 2015年1月30日閲覧。
  7. ^ 日本テレビ 「ぐるナイおもしろ荘」テレビ東京「ざっくりハイタッチ」フジテレビ「爆笑ヒットパレード2015」テレビ朝日「美女たちの新年会 〜しゃべりまくって幸せになっちゃうぞSP〜」日本テレビ「PON!」よみうりテレビ「祇園笑者」毎日放送「オールザッツ漫才2014」関西テレビ「緊急生放送!(秘)個人情報流出!よしもとランキング2014」朝日放送「新春!オールよしもと初笑いスペシャル」NHK総合大阪「初笑い 東西寄席」毎日放送「春一番 笑売繁盛」毎日放送「ごぶごぶ」 の12本。
  8. ^ “8.6秒バズーカー、デビュー1年未満で異例のDVD発売”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年1月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2047799/full/ 2015年1月30日閲覧。 
  9. ^ “8.6秒バズーカー、史上最速NGKで単独ライブ 先輩・藤崎に“満席”約束”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年2月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2048182/full/ 2015年2月6日閲覧。 
  10. ^ “【東京ランウェイ】8.6秒バズーカー、1ネタだけのサプライズ出演”. Yahoo!ニュース(ORICON STYLE) (Yahoo! JAPANオリコン)). (2015年2月14日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150214-00000305-oric-ent 2015年3月16日閲覧。 
  11. ^ 8・6秒バズーカー「上半期頑張りすぎ」流行語落選”. 日刊スポーツ (2015年12月1日). 2015年12月1日閲覧。
  12. ^ a b FLASH光文社)2015年3月3日号 10、11頁
  13. ^ “「ラッスン」8.6秒 ボケ役のイケメンすぎる過去がネットで話題”. ゲンダイネット (日刊ゲンダイ). (2015年3月9日). http://nikkan-gendai.com/articles/view/geino/157891 2015年3月10日閲覧。 
  14. ^ “8.6秒、デビュー諦めかけていた”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年3月1日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/03/01/0007781600.shtml 2015年3月2日閲覧。 
  15. ^ “8.6秒 口下手転じてリズム漫才完成”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年1月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/01/31/0007703687.shtml 2015年2月1日閲覧。 
  16. ^ a b 8.6秒バズーカー、ついにネットのウワサ否定 「ネットの力はすごい」”. J-CASTニュース (2015年4月22日). 2015年5月2日閲覧。
  17. ^ a b 反日芸人!? 8.6秒バズーカーを陰で操っていると言われた男が真相を激白”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2015年6月15日). 2015年6月16日閲覧。
  18. ^ 中高生に大人気「ラッスンゴレライ」ってなんですのん(2/2)”. エキサイトレビュー (2015年1月8日). 2015年1月30日閲覧。
  19. ^ ぐるナイ「おもしろ荘」がゴールデンタイムに!初回は和牛、いぬ、エレキテル”. お笑いナタリー (2015年1月29日). 2015年3月8日閲覧。
  20. ^ 8.6秒、流行語大賞逃し落胆「上半期に頑張りすぎた…」”. オリコン (2015年12月1日). 2015年12月1日閲覧。
  21. ^ “「ラッスン」由来でデマ拡散…8.6秒バズーカーが“風評被害””. 日刊ゲンダイ. (2015年3月25日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/158323 2015年7月8日閲覧。 
  22. ^ 8.6秒バズーカー「反日疑惑」に釈明もなくファン離れ加速か,デイリーニュースオンライン , 2015年4月18日
  23. ^ 8.6秒が生配信でネットのウワサ否定”. Yahoo!映像トピックス. 吉本興業 (2015年4月22日). 2015年5月7日閲覧。
  24. ^ <ネット作法>「8.6秒バズーカーは反日」説にみる炎上の原理 山本一郎 | THE PAGE(ザ・ページ)
  25. ^ “ネットのデマはなぜ無くならないのか?「8.6秒バズーカー」「翁長知事の娘」から考えるデマと寄生の関係”. Yahoo!ニュース. (2015年4月24日). http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20150424-00045120/ 2015年7月8日閲覧。 
  26. ^ 週刊文春』5月7日・14日ゴールデンウィーク特大号
  27. ^ “松本人志、"ラッスンゴレライ"を「別に面白くはなかった」「曲ですよ」”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年2月8日). http://news.mynavi.jp/news/2015/02/08/044/ 2015年3月23日閲覧。 
  28. ^ “松本人志、ラッスンゴレライは「曲です」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年2月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2048350/full/ 2015年3月23日閲覧。 
  29. ^ “たけし「ラッスンゴレライ」を強制終了”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年3月9日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/03/09/0007802325.shtml 2015年3月9日閲覧。 
  30. ^ “たけし 8.6秒のネタに“死後硬直””. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年4月27日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/04/27/0007961897.shtml 2015年5月7日閲覧。 
  31. ^ “さんまも8.6秒バズーカーにダメ出し オリラジ&藤崎「パクったやろ?」”. スポニチアネックス (スポニチ). (2015年3月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/14/kiji/K20150314009979100.html 2015年3月14日閲覧。 
  32. ^ “さんまのダメ出し「パクリやろ」に8.6秒バズーカー必死に否定”. SANSPO.COM (サンスポ). (2015年3月14日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150314/owa15031405030001-n1.html 2015年3月14日閲覧。 
  33. ^ “8.6秒バズーカー、先輩の助言明かす「リズムネタは麻薬」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年1月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2047441/full/ 2015年1月30日閲覧。 
  34. ^ ベラジオがイメージキャラクターに8.6秒バズーカーを起用”. 遊戯通信web (2015年4月22日). 2015年8月26日閲覧。
  35. ^ タマホーム「国産材」篇”. タマホーム企業情報 CMギャラリー「テレビCM」 (2015年6月1日). 2015年6月1日閲覧。
  36. ^ Yahoo!検索大賞:“今年の顔”に三代目JSB 大賞受賞に「全ての方に感謝」”. MANTAN WEB (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]