榊原徹士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
榊原 徹士
生誕 (1989-12-06) 1989年12月6日(29歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県豊田市
ジャンル J-POP
職業 歌手俳優
担当楽器
活動期間 2009年 -
レーベル YOSHIMOTO R and C
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
共同作業者 新選組リアン
(2009年 - 2014年)
吉本坂46
(2018年 - )

榊原 徹士(さかきばら てつじ、1989年12月6日[1][2] - )は、日本歌手俳優ファッションモデルであり、アイドルグループ吉本坂46のメンバーである。愛知県豊田市出身[3][1]よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属[1]京都外国語大学出身[3]。身長172cm[3]。愛称は「てっちゃん」、「てつじ」など[3]

略歴[編集]

6歳から9歳までの間[4]アメリカで生活していた帰国子女[5]。その後は愛知で育ち、京都の大学に進学する。新選組リアンで唯一の近畿地方以外の出身者である。過去に京都エリアの学生向けフリーマガジン『CREW』の表紙モデルを務めたことがある。

2009年7月、島田紳助プロデュースの大学生5人組アイドルユニット・新選組リアンのメンバーに選ばれる[2]

2010年1月、テレビドラマ『新撰組PEACE MAKER』に山崎烝役でレギュラー出演し俳優デビュー[1]。その後も単独でドラマや舞台に出演する。2012年7月、舞台『信長』稽古時の剥離骨折により降板となった関義哉の代役を務めた[6]

2010年6月、かねてから紳助が「よく似ている」と指摘していたスザンヌとのユニット「スザンヌ×スザンぬ」の黒スザンぬとしてシングル「レッド・アイ」を発表。黒スザンぬの正体が榊原であることは後の『FNS26時間テレビ』内で明かされた[注釈 1]

2014年10月に新選組リアンが解散。以後は俳優としてドラマ・映画・舞台などで活動している[1]

2017年2月、「スーパー戦隊シリーズ」第41作となる『宇宙戦隊キュウレンジャー』において、スパーダ/カジキイエロー役で出演[2]

2018年8月20日、吉本坂46の1期生オーディションに合格[2]

人物[編集]

特技は英語ストリートボール[3]

新選組リアンのセカンドシングル「本当に僕でいいんですか」では英語ラップを、5thシングル「Merry X'mas to U」のカップリング「YO YO」では全編英語詞のソロ楽曲を披露した[5]サータアンダギーのアルバム『サータアンダギー』収録曲「明日へ feat.TETSU from SHINSENGUMI LIEN」では、日本語のラップで参加している。

宇宙戦隊キュウレンジャー』では、当初はメンバー最年長であったことから、現場の心地よい環境づくりを心がけていた[2]。共演した岐洲匠は、榊原について優しくて安心感を与えてくれたと述べている[7]。一方で大久保桜子には気遣いを気づかれていたという[2]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットドラマ[編集]

  • from Episode of スティンガー 宇宙戦隊キュウレンジャー ハイスクールウォーズ(2017年9月9日 - 10月15日、東映特撮ファンクラブ) - スパーダ / カジキイエロー(声) 役

CM[編集]

舞台[編集]

ドラマCD[編集]

ディスコグラフィ[編集]

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2018年1月28日 宇宙戦隊キュウレンジャー オールスター全曲集 カジキイエロー / スパーダ(榊原徹士 「ブラボー!イエロー!」 テレビドラマ『宇宙戦隊キュウレンジャー』関連曲

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、黒スザンぬのパートを実際に歌っているのは榊原ではなく大沢あかねである。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「[座談会]岐洲匠×岸洋佑×山崎大輝×大久保桜子×榊原徹士」『宇宙船』vol.156(SPRING 2017.春)、ホビージャパン、2017年4月1日、 60-61頁、 ISBN 978-4-7986-1434-2
  2. ^ a b c d e f 「KYURANGER MAIN CAST INTERVIEW 05 榊原徹士」『宇宙戦隊キュウレンジャー公式完全読本 KYURANGER THE GREAT LUCKY VOYAGE』ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK 888〉、2018年9月20日、18-21頁。ISBN 978-4-7986-1776-3
  3. ^ a b c d e “イケメン学生『新選組リアン』メンバー紹介!”. テレビドガッチ. (2009年8月3日). http://dogatch.jp/blog/news/ntv/0903086768.html [リンク切れ]
  4. ^ “第一回「ひと」 「ひと」を育て、まちを元気にする ゲスト/新選組リアン”. 京都新聞. (2009年10月25日). http://www.kyoto-np.co.jp/ad_citykyoto0910/taidan1.html 
  5. ^ a b “ニューシングル発売記念イベントを開催した新選組リアン 今年を振り返り「激動の年でした」”. よしもとニュースセンター. (2011年12月14日). http://yoshimotonews.laff.jp/news/2011/12/post-83ca.html 
  6. ^ “お詫び”. 新選組リアン スタッフブログ. (2012年7月27日). http://shinsengumilien.laff.jp/blog/2012/07/post-caed.html 
  7. ^ 「SPECIAL INTERVIEW VOL.17 岐洲匠」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.17 宇宙戦隊キュウレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年2月23日、22-23頁。ISBN 978-4-06-509617-8
  8. ^ “「キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」誕生、ギャバン&シャイダーが登場”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年2月4日). https://natalie.mu/eiga/news/268053 2018年2月4日閲覧。 
  9. ^ “メリオダス役は納谷健、舞台「七つの大罪」ビジュアル&キャスト発表”. https://natalie.mu/stage/news/276287 2018年4月3日閲覧。 
  10. ^ “舞台「夢100」アヴィ&キエル役の榊原徹士・竹中凌平らキャスト14名発表”. https://natalie.mu/stage/news/305033 2018年10月24日閲覧。 

外部リンク[編集]