トシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トシ
本名 三浦 敏和(みうら としかず)
ニックネーム トシくん
生年月日 (1976-07-17) 1976年7月17日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道旭川市
血液型 A型
身長 176cm
言語 日本語
方言 共通語
最終学歴 北海道札幌南陵高等学校
師匠 志村けん
出身 札幌吉本のオーディション
コンビ名 タカアンドトシ
相方 タカ
芸風 コント漫才(ツッコミ)
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1995年 -
同期 徳井義実(チュートリアル)
アンタッチャブル
次長課長など
配偶者 既婚
親族 長男、次男、長女
受賞歴
2004年 爆笑オンエアバトル優勝
2005年 爆笑オンエアバトル優勝
2008年 第45回ゴールデン・アロー賞放送賞バラエティ部門
テンプレートを表示

トシ1976年〈昭和51年〉7月17日 - )は、日本お笑い芸人であり、タカアンドトシツッコミ担当。相方はタカ。本名、三浦 敏和(みうら としかず)。坊主頭が特徴。

北海道旭川市出身、札幌市育ち。吉本興業所属。身長176cm、体重65kg北海道札幌南陵高等学校卒業。

略歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 短気な性格で、よく文句をつける。
  • 初期の頃はネタを作っていなかったが、現在はツッコミの部分の多くはトシが作っている。
  • 「○○か!」のつっこみが特徴。
  • トレードマークの坊主頭になったきっかけは、1999年2月にIZAM吉川ひなのが結婚した際、ラジオでトシが「2人が年内に離婚したら坊主になる」と宣言。その事も忘れかけていた同年9月に2人は離婚。さらにリスナーからの問い合わせでトシは宣言通り坊主となり、その後定着した。但し一時期は坊主を少し伸ばしており、タカと揃って金髪にしていた時期もあった。北海道時代はマッシュルームカットだった[3]
  • 坊主の髪型がカラテカ矢部太郎に似ており、若手時代はよくネタにされていた。
  • 坊主頭をネタにされる事があり「タコ」や、「ボール」(時々「砂のついたボール」とも)など言われたりする。また、タカに「訳分かんねえよ!」とつっこむと、「お前、分け目分かんねえじゃねえか」と返される。
  • 幼少の頃からファミコン好きで、テレビゲームは得意である[4]
  • 中学校時代はバスケットボール部に所属していた[5]
  • 高校生のときに、タカとのネタ合わせを優先させて恋人との初デートを断ったことがある。その当時はまだコンビは結成しておらず、発表の場もないのに毎週ネタをつくってはビデオでとって遊んでいた[6]
  • 自他共に認める猿顔であり『笑っていいとも!』では、ゲスト出演していた頃からタモリによく「口元が吸われている」といじられていた。また、タカにも猿と呼ばれる事もある。
  • 趣味はアメリカのフィギュア収集。その他、ゴルフ、ボウリングもたしなむ。
  • 父親がかつて松山千春のマネージャーをしていた。自宅に松山が麻雀をしに来ていた事もある[7]。現在は姉が松山千春の個人事務所オフィス・ゲンキに勤務している。
  • 兄・雄一郎[8]キングレコードに勤務し、AKB48のプロモーションを担当している。『FNS27時間テレビ』(2011年7月23日-24日)内の『ペケ×ポン』スペシャルに出演[9]し、スキンヘッドでトシと顔がそっくりだった。その後は翌年のFNS27時間テレビだけでなく、ペケ×ポン本編や中居正広の怪しい噂の集まる図書館の「兄弟当てクイズ」にも出演している。
  • 札幌大谷高等学校野球部の船尾隆広監督は従兄(父の姉の息子)[10]
  • 以前は喫煙者だったが、後に禁煙に成功した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2010年5月24日報知新聞1面掲載
  2. ^ a b タカトシ・トシ、6月に第3子女児誕生していた 『徹子の部屋』で報告”. ORICON (2015年7月28日). 2015年7月28日閲覧。
  3. ^ 好感が持てる「坊主頭」の有名人ランキング - goo ランキング2014年9月27日閲覧
  4. ^ 「タカアンドトシ 本音か!!」(ワニブックス)122ページ~123ページより
  5. ^ 「タカアンドトシ 本音か!!」(ワニブックス)24ページより
  6. ^ 「リアル芸人交換日記」(ヨシモトブックス)45ページ~46ページより
  7. ^ 「タカアンドトシ 本音か!!」(ワニブックス)298ページより
  8. ^ 同姓同名の著名人に、スキーヤーの三浦雄一郎が存在する。
  9. ^ 最初からゲストとして登場したのではなく、偶然別の仕事でフジテレビを訪れ、空き時間で見学していた時タカに気づかれ、半強制的に参加させられた。
  10. ^ 札幌大谷・船尾監督はタカトシのトシといとこ

外部リンク[編集]