山縣慎司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山縣 慎司(やまがた しんじ、1950年8月11日 - )は演出家。元フジテレビジョン社員、元同局ディレクタープロデューサー横澤彪班の1人。愛称は「ベースケ」。福岡県北九州市(旧小倉市)出身。大阪府立勝山高等学校日本大学芸術学部卒業。

来歴[編集]

演劇の道を志望していたが挫折し、フジテレビ系列の制作子会社に入社。その後フジテレビグループの組織再編に伴い、フジテレビジョンに移籍。移籍後、横澤彪率いる横澤班に所属し、『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』などの番組にADとして携わる。森田一義(タモリ)明石家さんま小堺一機などといった人気タレントが司会を担当する番組を数多くプロデュース。『ひょうきん族』では「ひょうきんディレクターズ」として、『いいとも!』ではスタッフ隊として番組に出演もしていた。その後、広報局視聴者センターへ異動。2010年8月付で定年退職。

「笑っていいとも!」担当時のエピソード[編集]

  • 1993年10月、『笑っていいとも!』の3代目プロデューサーに就任。1994年9月までの1年間をプロデュース(その後、チーフプロデューサーとして1995年9月まで関わる)。その当時は『いいとも!』の後座番組『ライオンのごきげんよう』も担当していた。プロデューサー時代はアシスタントプロデューサーに三宅恵介、チーフプロデューサーに荻野繁、制作(ゼネラルプロデューサー)に佐藤義和がそれぞれ就任し、(外部スタッフであった永峰明を除く)ひょうきんディレクターズが揃ってプロデュースを担当していた。
  • 1982年10月の開始以来11年間変わらず使用していた地に枠の手書き調の名前スーパー(いいとも!増刊号では白地にピンク枠の時もあった)をプロデュース担当開始と同時に時代に合わせてついに廃止し、白地に黒枠の丸ゴシックの文字へ変更させた。また、司会であるタモリの夏季休暇(夏休み)を認めなくしたのもこの時ともされる(これに関しては山懸の意向だけではなく、若かった今までとは異なり他の収録放送の自身のレギュラー番組のまとめ撮りをしなくてはならず1週間程度の休みでは休んだ気がしないというタモリ本人の意向もある)。
  • 先代のプロデューサーとは違い、1度も担当期間中セットは変更しなかった(ただし、チーフプロデューサー就任時に変更している)。
  • 1993年10月当時まだディレクターで後に5代目プロデューサーに就任する荒井昭博の提案で相談した結果、視聴率対策として翌年1994年4月に若年女性層をターゲットにし、『いいとも!』に初めてジャニーズ事務所所属者(いずれもSMAP中居正広香取慎吾)がレギュラーに起用された(後に荒井昭博がプロデューサーに就任した1995年10月には同じくSMAPの草彅剛も加入した)。これら3人は番組終了に至るまでレギュラー出演を継続。また、その1994年4月時に片岡鶴太郎がレギュラーに再登板・声が掛けられるものの、後に荒井がプロデューサーになる前の1995年9月を以って降板している。

過去に担当した番組[編集]

アシスタントディレクター、ディレクター
プロデューサー

など