大胆MAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大胆MAP
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
企画 平城隆司
演出 奥川晃弘
プロデューサー 奥川晃弘
中野光春
甲斐候一
河口勇治(CP)
出演者 #出演者参照
外部リンク [リンク切れ] 公式サイト
特番第1・3・4回
放送時間 ドスペ2(60分)
放送期間 2007年4月28日
2007年7月7日
2007年8月11日(3回)
特番第2・6回
放送時間 日曜ワイド(60分)
放送期間 2007年6月10日
2007年11月25日
特番第5回
放送時間 土曜 19:00 - 20:54 (JST)(114分)
放送期間 2007年9月22日
レギュラー版(2008年1月から9月まで)
放送時間 日曜 18:56 - 19:58 (JST)(62分)
放送期間 2008年1月20日 - 2008年9月21日
レギュラー版(2008年10月から2009年2月まで)
放送時間 日曜 19:00 - 19:58 (JST)(58分)
放送期間 2008年10月19日 - 2009年2月22日

特記事項:
快感MAPスピンオフ作品。2008年1月よりゴールデンタイムでレギュラー化。
テンプレートを表示

大胆MAP』(だいたんマップ)は、テレビ朝日2007年から2009年まで放映されていたバラエティ番組である。

概要[編集]

2006年10月に『ネオネオバラエティ』月曜版で始まった『快感MAP』を前身とする。コーディネーターと呼ばれる準レギュラーが特定のテーマに沿った地図を作り、その地図への掲載を求める交渉という名目である場所や人物などロケ取材に出かける。その模様を収めたVTRをスタジオで久本と取材をしなかったコーディネーターのうちの1〜2組が見守る中、取材を担当したコーディネーターがプレゼンをするというものである。

『快感MAP』の姉妹番組として、2007年4月より『ドスペ2』枠、『日曜ワイド』枠で不定期に始まったのが『大胆MAP』である。内容は、『快感MAP』と同じだが、『快感MAP』との違いとしてロケを担当する出演者がコーディネーターと名乗らず調査員と名乗ること、そしてその取材した内容が審査され「保存」か「削除」かが決められることなどの違いがある。

2007年9月22日に放送した、アニメの声優をテーマにしたゴールデンタイムの2時間スペシャルが17.7%(ビデオリサーチ関東地区調べ)の高視聴率だったことを受け、2008年1月20日よりゴールデンタイムに進出することが決まった。初回は2時間スペシャルで、アニメの声優、および単発で好評だった「気になる仕事の月給」調査の2本をテーマにして放送した。初回視聴率は14.0%だったが、2回目は8.7%と一桁に落ち込み、以後は7%前後で推移し低迷が続いていた。2008年6月8日放送では『ザ!鉄腕!DASH!!』が『Touch! eco 2008 明日のために…55の挑戦?スペシャル』で休止したため、2桁を記録したが、12月7日放送分で4.4%という明け方の番組並みの低視聴率を記録した。その後、2009年2月22日放送分をもって打ち切りが決定した。

2008年4月6日放送の「顔を見てみたいアニメキャラクター30人全部見せちゃうよ!春の撮れたて新作SP」以降は新規の顔出し交渉は、同年5月4日放送の「全国気になるお仕事50種の年収あいうえお順に全部見せますSP」からは様々な仕事の内容(就きたい仕事、転職したい仕事など)と年収、10月には「スゴ技グランプリ」の紹介と番組内容が変更。レギュラー出演者も久本・濱口・タカトシの4人、進行もタカトシの2人になった。さらに、11月からは「人気アニメの衝撃シーン すべて見せます!お宝映像グランプリ」などの特番を除いて「漢字検定勝ち抜きサバイバル」を行ったりと、交渉とは無関係な企画が増え、深夜時代のコンセプト(外国での日本製アニメの相違点特集など)と内容がかけはなれていった。

2009年1月11日の2時間SP「人気アニメ・ヒット歌手・懐かしCMあの気になる人たちの顔 全部見せちゃうぞSP」では声優や元アイドルなどの顔出し企画が放送されたが、ほとんどは過去の放送で取り上げた人物で構成されていた。

出演者[編集]

MC[編集]

調査員[編集]

ナレーション[編集]

スタッフ[編集]

問題[編集]

ランキング自体が、「ゲストの事前アンケート(複数回答可)を基にして決定」と番組内で明かしているため、視聴者の意見が反映されていない内容になっていることが多い。実際、視聴者からのアンケートを基にランキングが決定されることは無かった。

また、声優個人のポリシーやスケジュールの問題などの理由により取材拒否・取材断念というケースがあるため[1]、番組のサブタイトル「人気アニメキャラクターの顔やってる人全部見せます」と異なり、顔出しが全くない声優も何人かいた(林原めぐみ高山みなみ大谷育江など[2])。その他取材過程において緒方恵美のライブの進行を阻害するトラブルが発生した[3]ほか、しつこく強引な取材方法に関して三村マサカズさまぁ〜ず)は、レポーターを務める芸人の礼節を欠いた態度を『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』で批判している。[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本番組の取材を断った声優には、歌手・俳優・司会者・タレント等の声優以外の活動で既に『顔出し』をしている上に、声優業よりも前述の活動が主体の人も含まれていた。また、スケジュールの都合で断った声優の中には、千々松幸子三ツ矢雄二などのように、改めて取材を許可した者もいる。なお、顔出し出演自体は少なくても事務所の公式プロフィールや個人ホームページ、ブログ、および雑誌のインタビュー記事に顔写真を掲載している声優は多い。
  2. ^ いずれも、アニメと関連性の薄い音楽・バラエティ・トーク番組での顔出し出演経験がある。
  3. ^ 「緒方恵美の、銀河で、ホエホエ。」vol.73

外部リンク[編集]

テレビ朝日系列 日曜18:56 - 19:00枠
前番組 番組名 次番組
サンデーデラックス
※18:56 - 20:54
(2007.7.15-2007.12)
大胆MAP
テレビ朝日系列 日曜19時台
サンデーデラックス
※18:56 - 20:54
(2007.7.15-2007.12)
大胆MAP