やきそば弁当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルちゃん やきそば弁当
販売会社 東洋水産
種類 即席カップめん
販売開始年 1975年
完成国 日本の旗 日本
外部リンク http://www.maruchan.co.jp/cupyakisoba/detail03.html
特記事項:
北海道限定品
テンプレートを表示
「やきそば弁当」の超大盛り版「でっかいやきそば弁当」のパッケージ
調理後のやきそば弁当と中華スープ(レギュラーサイズ)

やきそば弁当(やきそばべんとう)とは、マルちゃんブランドを展開する東洋水産北海道エリアで販売するカップ焼きそばである。なお、「やきそば弁当」は東洋水産の商標登録である[1]

本項では東北、信越地方限定販売の「焼そばバゴォーン」についても記述する。

概要[編集]

1975年(昭和50年)「やきそば弁当」発売開始[2][3]。北海道は、従来から東洋水産のインスタント製品のシェアが高い地域であり、東洋水産の「やきそば弁当」が北海道のカップ焼きそばのトップブランドとして定着している。その高い人気から充実した様々な商品展開を行っている。

2010年(平成22年)2月以降の出荷分より、「やきそば弁当」シリーズの全てがJASマーク認定となった[4]

この関係で北海道では「昔ながらのソース焼そば」が販売されていなかった時期もあったが、2007年(平成19年)2月以降、東北、信越地方と共に販売が再開された。北海道内の空港やJR北海道の駅などの売店では、お土産品として「リボンナポリン」、「コアップガラナ」、「サッポロクラシック」などと共に販売されている。

その他の地域では一部のコンビニエンスストアスーパーマーケットで常時または不定期に販売が行われている。また、各地にある北海道のアンテナショップでも販売しているところがある。その他、不定期に行われる「北海道フェア」などの催事において販売されることもある。青森県内の一部店舗(コンビニ含む)では、2016年3月26日の北海道新幹線開業に関連して、当商品を扱っている店舗がある。

名前の由来として「スープを入れているため、厚みのある大きなカップの形状から、『弁当箱に似ている』」との説明がある[3]

東洋水産において当商品と同様に全国展開しない地域限定商品として「ダブルラーメン」、「やきっぺ」、「屋台十八番(袋入りフライ麺)」等がある。

当初はプラスチック製の二重構造の入れ物で下の蓋がスープ用、上の蓋が麺用及び湯切り用であったが、近年製造形は通常のカップラーメン同様紙製に切り替わっており湯切り用の穴が設けられた紙製蓋により湯切りされるようになった。

北海道でシェアが高い理由[編集]

社名が示すように東洋水産では元々、カニサンマイワシなどの魚類の加工や缶詰の製造が盛んで、水産業の流通経路と物流網が北海道の隅々に確立されていた[5]。そこへ、東洋水産製品の食品を導入したのがきっかけで他のメーカーよりも早くシェアの拡大に成功した[5]。他のメーカーが参入する時には、広大な土地柄もあり販売網の確立が困難(まるか食品など撤退したメーカーもある)で、後に対抗するようになった日清食品[6]を例外とすると既に販売網を整えていた東洋水産に対抗できなかった。

特徴[編集]

野菜が入ったかやく袋・青海苔紅生姜の粉末と一緒の別袋で粉末の中華スープが付属する。一般的なカップ焼きそばの調理方法では、熱湯を注いで麺を茹で上げた後、通常、湯は捨てるが、この製品は、湯を別の器に注ぎ、粉末スープを溶かすことで、中華スープが出来上がる。このことが他社のカップ焼きそばとは、一線を画す。

ラインアップ[編集]

やきそば弁当シリーズ[編集]

※2016年8月時点[7]
  • やきそば弁当(1975年9月発売) - レギュラーサイズで麺の質量は100グラム(調理前)。
  • 大判やきそば弁当 - 麺の質量がレギュラーサイズの1.3倍(130グラム・調理前)。
  • でっかいやきそば弁当 - 麺の質量がレギュラーサイズの2倍(200グラム・調理前)。
  • やきそば弁当ちょい辛(2007年2月発売) - ソース本来のうまみが詰まった濃厚どろソースをベースに複数の香辛料を効かせた濃厚スパイシーソース。コンソメスープ付き。2015年2月にリニューアルされた。
  • やきそば弁当 たらこ味バター風味(2011年2月「たらこ味」として発売) - チキンと野菜の旨みにほのかなバターの風味を利かせたたらこ味のソースとたらこ風味の別添オイル。2016年2月に「バター風味」としてリニューアルされた。麺の質量は90グラム(調理前)。
  • やきそば弁当 塩(2014年2月発売) - 塩味の焼きそばで、過去に販売されていた「やきそば塩弁当」とはソース、かやくが異なる。また、スープは中華スープが付属する。麺の質量は90グラム(調理前)。
  • やきそば弁当 濃厚甘口(2015年2月発売) - 商品名の通り、濃厚かつ甘口めのソースが採用される。麺の質量は90グラム(調理前)。
  • あんかけ風やきそば弁当(2010年2月発売、2015年9月再発売) - 従来の製品とは調理工程が異なり、湯切りをした後、熱湯を再びおよそ半分目まで注ぎ、別添えの「あんの素」を入れてかき混ぜてから食べる。やきそば弁当シリーズにあった中華スープは付属しない。麺の質量は90グラム(調理前)。


過去にあった商品
  • やきそば醤油弁当 - 醤油味のソース。
  • やきそば塩弁当 - 塩味の焼きそばで中華スープの替わりに粉末のコンソメスープが付属。
  • やきそば弁当おかか風味 - 鰹節を用いた和風のソース。
  • やきそば弁当ガーリック醤油 - ニンニク唐辛子の利いた醤油味のソース。
  • 濃いやきそば弁当 - 辛口ソース。
  • やきそば弁当 おかげさまで発売35周年(2010年1月発売) - やきそば弁当発売35周年を記念して発売された商品。具のキャベツの量が通常のやきそば弁当の物より35パーセント増量されている。
  • あんかけ風やきそば弁当(2010年2月発売) - 従来の製品とは調理工程が異なり、湯切りをした後、熱湯を再びおよそ半分目まで注ぎ、別添えの「あんの素」を入れてかき混ぜてから食べる。やきそば弁当シリーズにあった中華スープは付属しない。
  • やきそば弁当 坦坦麺(2010年7月発売) - 汁なしのピリ辛坦坦麺風ソース。
  • やきそば弁当 Calbeeポテトチップスのりしお味(2011年7月発売) - カルビーとのコラボ商品。「カルビーポテトチップスのりしお味を」イメージした塩味の焼きそば。ポテトチップスは入っていない。
  • がんばれ!受験生 やきそば勉当で必勝祈願!しょうが焼き味(2012年1月発売) - しょうが焼き味の焼きそば。中華風しょうがスープ付き 北海道限定ではなく全国で販売された。
  • やきそば弁当 ナポリタン味(2012年1月発売) - ナポリタン味の焼きそば。コンソメスープ付き。
  • やきそば弁当 はま塩(2012年7月発売) - 海鮮風塩味の焼きそば。
  • やきそば弁当 中華風醤油(2013年2月発売) - オイスターソースを利かせた中華風醤油ソース。いりごまのふりかけ付き。
  • やきそば弁当 エクスプレス(2016年2月1日発売) - 北海道新幹線開業を記念して発売された。麺が熱湯を入れて僅か1分で戻る仕様となっているほか、かやく、ふりかけには新幹線の終着である函館にちなみイカが加えられている。麺の質量は90グラム(調理前)。

焼きうどん弁当[編集]

  • 焼きうどん弁当(1984年発売[8]) - 麺がうどんに変わりソースも異なるが、他の内容物は「やきそば弁当」と同じ。

CM[編集]

CMには、古くはブラザートム明石家さんま今田耕司柳沢慎吾などが登場していた。2004年には山田孝之2005年波田陽区2006年には石原良純が起用された。2007年以降は北海道出身のタカアンドトシが起用されている。

焼そばバゴォーン[編集]

マルちゃん 焼そばバゴォーン
販売会社 東洋水産
種類 即席カップめん
販売開始年 1979年
完成国 日本の旗 日本
外部リンク http://www.maruchan.co.jp/cupyakisoba/detail02.html
特記事項:
東北地方信越地方限定商品
テンプレートを表示

概要(バゴォーン)[編集]

東北地方及び信越地方では、具材や麺が「やきそば弁当」に類似した「焼そばバゴォーン(焼そばBAGOOOON)」(やきそばバゴォーン)が販売されている。名前とパッケージ(容器を含む)、およびわかめスープ付きでパッケージには「三陸産わかめスープ付」と表記されている点が異なる[9]

「焼そばバゴォーン」は1979年(昭和54年)3月に販売開始。1981年(昭和56年)3月には中華スープが添付されるようになり、1985年(昭和60年)3月には前述したとおりわかめスープに変更され、現在に至る。当初は全国展開で販売していたが、営業力が弱くブランドが定着しなかった地域から順に販売を終了し、結果的に営業力が強くブランドが定着した東北と信越のみの地域限定販売商品となった[3]。バゴォーンが定着しなかった地域向けに代替商品として「昔ながらのソース焼そば」が開発され[3]、1996年2月に販売開始された[10]。ただし、地域外でも一部店舗では定期・不定期で販売が行なわれている。

「焼そば弁当」シリーズ、および「昔ながらのソース焼そば」シリーズ、「焼そば名人」シリーズ同様、2010年(平成22年)2月以降の出荷分より、「焼そばバゴォーン」シリーズの全てがJASマーク認定となった。

特徴(バゴォーン)[編集]

ソースの味は、「やきそば弁当」の方が若干こってりとしていて甘さを伴い、ソースの量がやや多く「バゴォーン」の約1.3倍がある。一方「バゴォーン」の方はソースの量が比較的少なめで少々薄口で若干塩辛い。「バゴォーン」シリーズはソース焼そばに限らず、後発の「バゴォーン 凄太」とその後継商品に当たる「焼そばバゴォーン 濃厚甘口」を除く「焼うどんバゴォーン」や「バゴォーン はま塩」(現・「バゴォーン 海鮮うま塩味」)、「バゴォーン ちょい辛」もソースの味がいずれも薄口気味である。「バゴォーン ちょい辛」を除く「バゴォーン」シリーズには、好みに応じて別途ふりかけるスパイスは添付されていない。やきそば弁当と異なり、大盛りサイズ(後述する「過去にあった商品」参照)や超大盛りサイズが存在しない。

ラインアップ(バゴォーン)[編集]

※2016年8月時点[11]
焼そばバゴォーン

シリーズ基本形となる「バゴォーン」のオリジナル版(ソース味)の味自体は、1985年3月以降の仕様からほとんど変わっていない。

  • 焼そばバゴォーン(1979年3月発売) - レギュラーサイズで麺の質量は100グラム(調理前)。
  • 焼そばバゴォーン 濃厚甘口(2013年2月発売) - 焼きうどんを除く同シリーズ唯一の濃口系ソースが採用されている。麺の質量は90グラム(調理前)。
  • 焼そばバゴォーン えび塩味(2015年2月発売) - 「焼そばバゴォーン 海鮮うま塩味」の後継商品。麺の質量は90グラム(調理前)。[12]
  • 焼そばバゴォーン 辛口(2016年6月27日発売) - ウスターソース、中濃ソース、濃厚ソースの3種のソースをベースに、唐辛子風味のスパイスを合わせた辛口ソースが採用されている。麺の質量は90グラム(調理前)。
過去にあった商品
  • 大(だい)焼そばバゴォーン(1990年代前期から中期) - レギュラーの大盛版だが短命に終わった。
  • 焼きそばパキューン(1990年頃) - 少量化した廉価版。
  • ブタ焼きそばバゴォーン(1995年頃) - 北海道のみ未発売。発売開始から1年足らずで販売終了。
  • 焼そばバゴォーン はま塩(2001年2月発売) - 塩味の焼そば。2013年7月8日より商品名を「焼そばバゴォーン 海鮮うま塩味」に改名し、先述の「焼そばバゴォーン えび塩味」と入れ替わる形で販売終了[13]
  • 復刻版 焼そばバゴォーン 30周年記念品大盛(2009年4月27日発売) - 1979年発売当時の味をほぼ再現し、更に三陸産わかめスープが添付したが同年6月までの完全限定商品として全国で販売された[14]
  • 焼うどんバゴォーン(2005年3月 - 2011年1月) - 「焼そばバゴォーン」の焼うどん版。「焼そばバゴォーン 凄太」と入れ替わる形で2011年1月をもって販売終了となった。
  • 焼そばバゴォーン ちょい辛(2009年2月発売) - シリーズ発売30周年を記念して、オニオン風味のブラックペッパー(粗挽き黒胡椒)が添付された物。ソースの味はレギュラーと同一。後述する「焼そばバゴォーン チリトマト味」と入れ替わる形で2014年3月をもって販売終了となった。
  • 焼そばバゴォーン 凄太(すごぶと)(2011年2月発売) - 「焼そばバゴォーン 濃厚甘口」と入れ替わる形で2013年1月をもって販売終了。焼きうどんを除く同シリーズ唯一の太めの麺が採用されていた。
  • 焼そばバゴォーン チリトマト味(2014年2月発売)[15]- 後述する「焼そばバゴォーン ナポリタン味」と入れ替わる形で販売終了。
  • 焼そばバゴォーン ナポリタン味(2015年7月発売) - ソースはトマトをベースに、たまねぎやニンニクの旨みを合わせたナポリタン味ソース。先述の「焼そばバゴォーン 辛口」と入れ替わる形で販売終了。

CM(バゴォーン)[編集]

CMは2007年度を除き、上記の「焼きそば弁当」と同じタレントが出演している。なお、2007年度のCMに限り「昔ながらのソース焼そば」シリーズと「バゴォーン」シリーズは眞鍋かをりを起用している。2008年度以降はタカアンドトシで、同社の「昔ながらのソース焼そば」、「焼そばバゴォーン」と共通の作りである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【商標登録番号】 第5347376号。詳細は特許情報プラットフォーム にて「やきそば弁当」の検索結果を参照。
  2. ^ インスタントラーメン大研究 半世紀に渡る進化の歴史と次の商品〔21〕 - 日経トレンディネット 2008年9月24日
  3. ^ a b c d 「カップ焼そば」の地域差、なぜあるの? - エキサイトニュース 2006年9月4日
  4. ^ それ以前は「やきそば弁当」と「大判やきそば弁当」に限りJASマーク認定。
  5. ^ a b 2009年3月18日放送『シルシルミシル』(テレビ朝日テーマ1 / 東洋水産マルちゃん
  6. ^ 日清食品は、同様の商品「やきそばできました。」を2003年(平成15年)から北海道限定で発売している。
  7. ^ やきそば弁当 商品紹介”. 東洋水産. 2016年8月1日閲覧。
  8. ^ インスタントラーメン大研究 半世紀に渡る進化の歴史と次の商品〔22〕 - 日経トレンディネット 2008年9月24日
  9. ^ 現在は東日本大震災の影響で三陸産ではなく中国産のわかめを使用しているため、「ホッとうれしい! わかめスープ付」と表記されている(2011年4月出荷分以降より)。
  10. ^ 企業情報 あゆみ(東洋水産)
  11. ^ 焼そばバゴォーン 商品紹介”. 東洋水産. 2015年8月26日閲覧。
  12. ^ 「焼そばバゴォーン えび塩味」 東北・信越地区にて新発売のお知らせ - 東洋水産ニュース 2015年1月19日
  13. ^ 「焼そばバゴォーン」「同 ちょい辛」 リニューアル発売、「同 海鮮うま塩味」 新発売のお知らせ - 東洋水産ニュース 2013年6月17日
  14. ^ 復刻版 焼そばバゴォーン 30周年記念品大盛 新発売のお知らせ[リンク切れ] - 東洋水産ニュース 2009年3月9日
  15. ^ 「焼そばバゴォーン チリトマト味」 東北・信越地区にて新発売のお知らせ - 東洋水産ニュース 2014年1月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]