加茂裕治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加茂 裕治(かも ゆうじ)は、東京フイルム・メート代表取締役社長。元フジテレビジョンディレクタープロデューサー北海道出身。

人物[編集]

契約社員として、「なるほど!ザ・ワールド(81~96)」や「クイズ!年の差なんて」などのディレクターと経て、正社員として中途入社。明石家さんま司会のバラエティ番組「生さんま みんなでイイ気持ち!」で初プロデュースをするも視聴率的に失敗し3ヶ月で打ち切りに。その後ふさぎこんでいた時期もあるが、以後、三宅恵介(現ゼネラルディレクター)率いる三宅班に移籍。

以降「やっぱりさんま大先生」や「明石家マンション物語」「明石家さんまのフジテレビ大反省会」「27時間テレビ」「明石家サンタ」などさんまと組む番組が多く、フジテレビにおいて三宅恵介と共にさんま担当と呼ばれる。なお、通常はさんまが出演しないものの、年明け1発目放送・年末の放送でさんまが毎年ゲスト出演していた「ライオンのごきげんよう」も前任の山縣慎司から引き継ぎ、1997年から2014年まで担当。ごきげんように関しては大まかな演出を変えずに守った(目立つものでもオープニングテーマ変更とセット変更程度)。

エブナイ」担当時代に山口智充DonDokoDon)のものまねで一躍有名になる。ワンナイR&Rでゲスト出演したとんねるず石橋貴明(ダーイシ男、モデルは石田弘)、木梨憲武(小港さん、モデルは港浩一)との共演を果たしている(山口の加茂P、石橋のダーイシ男、木梨の小港さんはFNSオールスターズOPにも登場)。

妻の実菜心は*[1]を株式会社エフティープラス代表取締役、株式会社エフティー取締役。

2012年6月28日付けで編成制作局バラエティー制作部チーフゼネラルプロデューサーに就任。

2014年6月27日付けで総務局湾岸スタジオ所長に就任。製作現場から離れた。

2015年より、フジテレビ100%子会社となった制作会社、東京フイルム・メートの代表取締役に就任。

主な担当番組[編集]

過去[編集]

特別番組[編集]

「平成教育テレビ」で有名な「BIG3」を初回('91)から関わり、「FNSオールスターズ」でも「さんま・中居の今夜は眠れない」「さんまの中間反省会」を担当。

外部リンク[編集]