打ち切り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

打ち切り(うちきり)とは、継続的に行っている物事を取り止めることを指す。途中の段階での中止に用いられることが多い。

一般的な打ち切りの事例[編集]

  • 交渉において双方の意向が平行線を辿るなど、成立の見込みが無いと判断された際の交渉打ち切り。下記の契約における交渉でも同様である[1]国家間の交渉である外交交渉の決裂が、相手国への制裁措置、さらには戦争に至ることもある。
  • 成績不振、負傷療養ないし死亡、不祥事など何らかの理由により、契約の満了が不可能と判断された場合、予め定められた契約条項に従って解消する[2]
  • 行政において何らかの政策などを途中で取りやめる[3][4]
  • 行方不明となっている人や乗り物を発見できないまま捜索を打ち切る[5]
  • 事件の全容が解明できないまま捜査を打ち切り、その事件が未解決事件となる。
  • 融資先の経営状態が芳しくないなどの理由で金融機関が融資を引き上げたり、企業が子会社などへの支援を取り止める[6][7]
  • 製品の企画・開発が難航し打ち切りとなる。
  • 製品が、売れ行きの低迷、部品調達困難、法改正による新規制をクリア出来ない、古いOSへの対応が困難などにより、製造が取り止められる。また、これらのサポートも法律で義務付けられた期間などを経過したら終了となるケースが殆どである[8][9]

交通機関における打ち切り[編集]

事故や災害などにより、本来の運行目的地に達することが不可能とされた場合、途中で運行を取り止めることを指す。

スポーツの試合における打ち切り[編集]

スポーツでは、悪天候、日没、トラブルなどにより、試合を最後まで進めずに打ち切ることがある。野球ソフトボールなどでは試合を打ち切ったとき、打ち切った時点の試合進行状況によってはコールドゲームとなり、正式な試合と認定される。

また、未消化試合を残したまま大会を打ち切り終了することもある。

統計学における打ち切り[編集]

統計学疫学では、最終的なアウトカム(結果)が判明する前に、観察を終えることを打ち切りと呼ぶ。

マスメディアにおける打ち切り[編集]

小説コラム漫画などの連載作品、定期取材記事、テレビラジオ番組CM、など、継続的に連載・放送(配信)することを予定していたものが突発的に終了することを指す。

打ち切りにより恒久的に公開されない封印作品となるケースもある。また、打ち切られた番組が放送されていた時間帯を「改編期までの間の繋ぎ」として放送する番組をつなぎ番組と呼ぶ。

代表的な事例[編集]

人気低迷
最も多いパターン。読者アンケート、聴取率または視聴率、番組スポンサーの商品売上などの低迷により判断される場合が多い。
視聴率よりも商業成績(主にメインスポンサーの商品売り上げ)に重視する子供向けのアニメ特撮番組の場合、打ち切り基準が他番組と異なり、視聴率が低くても商業成績が絶好調の時は該当しないが、視聴率は好調でも商業成績が不振の時は該当する。
一社提供番組において、総合的な人気が低迷しても提供している企業の意向から打ち切らないこともあり、これらの番組が長寿番組にまで発展することもしばしばである。番組によっては、スポンサーが存続している間は業績が悪化しても打ち切りの予定は一切無い場合がほとんど。
  • (例)長寿番組が視聴率低迷を受けて、相次いで打ち切り[10]
資金・経営上の都合
制作費や出演料の高騰、出版・製作会社や広告代理店などの経営悪化(廃刊、廃業なども含む)により、陥る場合もある。
それと同様に、評価にかかわらず、スポンサー料の総額に対して、実際の制作費や出演料が高くついた赤字番組では、極端な不人気番組と同等の扱いを受けているため、それらの番組も、4月)と10月)の大型改編時の整理番組に指定される傾向にある。
放送機材の運用上の都合
ごく稀な事例として、ヘリコプターなど番組の製作に欠かせない希少な放送機材の運用上の都合により、それらの番組を打ち切ることがある[注釈 1]
インターネット配信に関わる都合
権利者不明の著作物といったネット配信の許可を取りづらい音楽を扱う音楽番組の場合、テレビでは使用パートの削除および無音化(かぶせ放送の一貫)を行い、ラジオでは番組自体か音楽部分のみの配信停止を取り、BGMに留まる場合は即座に配信の許可を受けた別な曲に差し替えるが、稀に打ち切りを余儀なくされることもある[注釈 2]
スポンサーの降板・廃業
一社提供冠番組や、玩具メーカーなどの子供向けアニメ・特撮番組のメインスポンサーに多くみられる。冠番組ではない一社提供番組に関しては、複数社提供に降格することがほとんどで、複数社提供の番組スポンサーの一部に過ぎないものは該当しないのがほとんど。
スポンサー企業の不祥事が原因などの要因により打ち切られることもある。『料理バンザイ!』(テレビ朝日系列雪印グループ雪印牛肉偽装事件の影響)や『POWERフレーズ』(日本テレビ系列みずほフィナンシャルグループみずほ銀行の大規模なシステムトラブルの影響)などが該当する。
契約満了
  • (例)経営悪化により、企業広告の契約更新を行わない事を決定[11]
出演者の降板・引退・逝去、グループの解散・活動休止
原作者・出演者・要となる制作スタッフが退社ないし脱退、引退、逝去、もしくはグループの解散や無期限活動休止により、継続が不可能と判断された場合に行われる。
冠番組は番組の性質上、出演者が降板したことやグループが解散したことで打ち切りに至るケースが多い。
  • (例)島田紳助の芸能界引退に伴い、多数の番組が打ち切り[12]
  • (例)坂上忍が動物愛護に専念するため、「バイキングMORE」の降板を申し入れたことで番組が終了。
  • (例)の無期限活動休止に伴い、2020年内をもって冠番組が終了。
  • (例)出演者の一人が自殺で急逝したため、番組打ち切り。しかも自殺の原因はその番組だった[13]
不祥事
原作者、出演者ないし制作スタッフが犯罪行為・やらせ捏造などの反社会的行為を犯した場合、倫理・社会通念上から重大な問題となり、存続が不可能と判断される場合が多い。
その他、不適切な発言や文字表現、番組収録中の不慮の事故、出演者に対するSNS上での誹謗中傷などが問題とみなされた場合でも同様のケースに至る場合もある。
場合によっては、番組関連書籍の絶版やソフトの廃盤に至る場合もある。
遅れネットの地域では発局での打ち切り決定以降、当該局での未放送回が放送されない場合もある。
具体例は、Category:不祥事により打ち切られた番組を参照。
重大な事件・事故・災害
被害者ないし被災者などへの配慮や、報道特別番組により番組編成が大きく変動して通常編成中での完結が困難になった場合、一部番組の放送を打ち切るケースも稀に見られる。
放送局(配信サイト)の都合
編成の関係などから、製作局では継続だが一部ネット局では遅れネットを含めて移行されずに終了することもある。このパターンはネットワークセールスからローカルセールスの時間帯に移動した時に多くみられる。
スポンサーの付き具合
BS民放の自局製作ノンフィクション番組や、ラジオ番組全般で多く診られる。
前者の番組の場合、家電量販店ビックカメラ子会社が運営する日本BS放送(BS11)を除き、平均視聴率が地上波よりも低く、スポンサーの無い番組が珍しくないことを逆手に取り、人気を重視しない傾向にある。スポンサーの無い状態が長引くか、単発的にしかスポンサーの提供が無い番組は、改編期の整理対象となるため、長期間提供されている番組しか長く続かない方式を採っている。
後者の番組の場合、単発的にしか提供スポンサーが付かない番組、最終的に提供スポンサーが無くなった複数社提供番組、製作局の放送対象地域外のスポンサーしか提供されなさそうな番組は放送終了の対象となる。特に地方局の自社製作ラジオ番組に関しては、聴取率を調査出来る期間が年1回(調査期間は月曜日から日曜日までの一週間)と非常に限られているため、スポンサーの付き具合を尚更重視する傾向にある。
地方の一社提供ラジオ番組の多くが放送対象地域内の事業者による一社提供番組であるため、放送対象地域外スポンサーの一社提供番組がメイン提供の複数社提供に変更されることが多いのは、打ち切りを回避させるための措置によるものである。
全国ネット番組の場合、ネットワークセールスのスポンサーがほとんど付かない場合は、全面的にローカルセールスに移行することもある。
逆に首都圏では2か月に1度(偶数月に)調査を行なっているため、反応がいいと改編期を乗り越えて続行となる。
ただし、ワイド番組(コーナー単位)、報道番組に関しては、スポンサーのない状態が長く続いても打ち切らずに続行することが多い傾向にある。スポンサーの付き具合をあまり重視しないつなぎ番組も、同様の措置。
完全非公表
希有なパターン。編成上の都合ではあるものの、出演者の都合やテレビ局がなんらかの異常がなくとも、翌週より全く異なる番組になる場合もある。この理由はミニ番組でよく発生する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1961年から1963年までNHK総合テレビジョンで放送されたNHK自局制作の子供向け特撮番組の『魔法のじゅうたん』がそれにあたる。クロマキー合成に用いられる背景に全日本空輸所有のNHK専用ヘリコプターで撮影された映像が用いられており、それらの運用を翌年の東京オリンピックに集中させるため、人気低迷していないにもかかわらず打ち切りを余儀なくされた。
  2. ^ 西日本放送ラジオタンゴアルバム』(ラジオ番組)がそれにあたる。アルゼンチン・タンゴを専門に扱うが故に配信の許可を受けづらい楽曲が毎回のように流され、開局時からある長寿番組であるのにも関わらず、西日本放送自体のradikoでの配信開始を期に放送を打ち切った。
  3. ^ 火曜サプライズ』、『夜の巷を徘徊する』、『ダウンタウンなう』など。

出典[編集]

  1. ^ 一般炭価格交渉打ち切り 東北電とグレンコア、18年度分 日本経済新聞 2018年6月28日、同7月11日閲覧。
  2. ^ ミラン、今季限りでアディダスとの契約打ち切りを発表…来季からプーマか SOCCER KING 2017年10月25日、同7月11日閲覧。
  3. ^ 名古屋市、法人市民税5%減税を打ち切り 日刊工業新聞 2018年2月12日、同7月12日閲覧。
  4. ^ 生活保護打ち切り 376世帯、義援金など理由 毎日新聞 2018年4月14日、同7月21日閲覧。
  5. ^ マレーシア機の捜索打ち切り 2014年不明、解明困難に 東京新聞 2018年5月30日、同7月12日閲覧。
  6. ^ 地銀・信組17行が東芝への融資継続に反対 協調融資打ち切りで資金の一層悪化の可能性 産経新聞 2017年7月7日、2018年7月11日閲覧。
  7. ^ リコーのインド子会社、更生手続き申請=業績悪化で支援打ち切り 時事通信 2018年1月30日、同7月12日閲覧。
  8. ^ 愛されながらもバイク生産打ち切り、相次ぐのなぜ? 朝日新聞 2017年10月5日、2018年7月11日閲覧。
  9. ^ 「Pokémon GO」でiOS 11を利用できないデバイスのサポート打ち切りが発表 4Gamer.net 2018年1月11日、同7月12日閲覧。
  10. ^ 視聴率ボロボロだった『めちゃイケ』『みなさん』、打ち切り決めた「フジ局内の大事件」 Biz Journal 2017年11月3日、2018年7月11日閲覧。
  11. ^ NY繁華街の広告打ち切り 東芝、サザエさん降板決定 産経ニュース 2017年11月22日、2018年7月16日閲覧。
  12. ^ ノッチ「紳助社長にも本当に感謝」 番組打ち切りで撮影分はお蔵入りに シネマトゥデイ 2011年9月9日、2018年7月16日閲覧。
  13. ^ フジ「テラスハウス」打ち切り 配信も停止、木村花さん死亡で 共同通信2020年5月27日

関連項目[編集]