荻野繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荻野 繁(おぎの しげる、1948年8月25日 - )は、日本テレビディレクターテレビプロデューサー

フジテレビプロデューサーで、2008年に定年退職。その後は株式会社おぎの屋CREATIVE Mixを設立し、代表取締役を務める。テレビ番組及びCD・DVDの企画制作、放送作家の育成を手掛けるほか、テレビ制作会社・オイコーポレーションの顧問も務めている。

愛称は「ビビンバ」(荻野の好物であることに由来)、「オギリン」。

来歴・人物[編集]

日本大学芸術学部(同期に高田文夫がいる)卒業後、当時のフジポニー(フジテレビ、ニッポン放送などが出資したフジテレビ系製作子会社。テレビ番組制作とビデオプログラム制作がメイン)に入社し、鹿内春雄フジサンケイグループ議長が行った機構改革に伴い、1980年にフジテレビへ転籍。

当初は音楽班に所属し「ミュージックフェア」などを担当。その後横澤彪班に加入し、バラエティ番組のディレクターを担当。「オレたちひょうきん族」では同番組ディレクターメンバーの三宅恵介佐藤義和山縣慎司、永峰明と「ひょうきんディレクターズ」を結成。ニカウさんを彷彿させるファッションや、「ビビンバ!」と叫ぶギャグなどで人気を得る。

数々の番組を担当した後、制作現場から離れて映像企画部に異動、同部では自ら手掛けた「オレたちひょうきん族」のDVD発売の企画・総合プロデューサーとして携わる。その後、営業局を経てBSフジに出向後、2008年で定年退職。「おぎの屋CREATIVE Mix」を立ち上げて独立した。

エピソード[編集]

  • 荻野夫妻の仲人は、当時フジテレビプロデューサーで上司だった高田明侑(2011年1月逝去)・加賀まりこ夫妻(当時)が務めた。
  • 他人の話を正確に把握できるタイプではないようで、回答も質問に則していない場合が多く、島田紳助は「放送業界で今まで色々な人に出会ってきたが、あの人ほどいい加減な会話をする人はいない」と荻野の事を語っている。
  • ひょうきん族担当時代、酒席で部下だった当時番組ADの栗原美和子とキスをして、翌日から栗原は荻野を「オギリ〜ン」と呼ぶようになった。明石家さんまは栗原に「上司に対して、何やその口のきき方は!」と注意したところ、荻野は「ゴメン、昨日彼女とキスしちゃって…。彼女にとって僕はオギリンなの」と弁明。この弁明にさんまは呆れたとのこと。
  • 笑っていいとも!」担当時には、タモリやさんまから、同じく同番組プロデューサーだった佐藤義和と荻野のエピソードを盛んに楽屋落ちネタで弄られていた。
  • さんまと特に仲がよく、「さんちゃん」「オギリン」と呼び合う。フジテレビ退社後も番組「明石家さんまが本気であすにでも住みたい街を探す旅」の製作に携わっている。
  • めちゃx2イケてるッ!の「フジTV警察24時」において、「ひょうきんディレクターズ」時代の写真の扮装により、不法滞在者として逮捕された。この際、ひょうきんディレクターズとしてレコードリリースした「ひょうきんパラダイス」で荻野が使用した、小道具の槍と盾を持たされている。

手がけた番組[編集]

ディレクター[編集]

プロデューサー[編集]

テレビ出演[編集]

テレビドラマ[編集]