寺田理恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
てらだ りえこ
寺田 理恵子
プロフィール
本名 関本 理恵子
出身地 日本の旗 日本 東京都
国籍 日本
生年月日 (1961-07-15) 1961年7月15日(56歳)
血液型 A型
最終学歴 聖心女子大学
所属事務所 生島企画室
職歴 フジテレビジョン1984年 - 1989年
活動期間 1984年 - 2000年 / 2014年 -
ジャンル バラエティー報道番組
配偶者 関本雅一(2012年没)
家族 長女、次女、関本忠弘(義理の父)
出演番組・活動
過去 オレたちひょうきん族

寺田 理恵子(てらだ りえこ、1961年7月15日 - )は、日本のアナウンサーである。元フジテレビジョンアナウンサー。本名、関本 理恵子(せきもと りえこ)。

来歴・人物[編集]

東京都世田谷区出身。東京女学館中学校・高等学校を経て聖心女子大学文学部外国語外国英文学科卒業。

大学生時代には、「クイズタイムショック」(テレビ朝日)のアシスタントとして同番組に出演していた[1]

マスコミの勉強もしておらず、マスコミセミナーにも参加していなかったものの、テレビ朝日、日本テレビ、フジテレビ3局の就職試験を受け、唯一フジテレビから内定通知を受ける。内定通知後は「タイムショック」出演を辞退していたが、フジテレビの試験時に同番組出演の件を伝えていなかったため、後から事実を知った人事担当者から「手垢のついた者はいらない!」と言われ、一旦は内定が白紙になりかける。しかし、フジテレビ社内で寺田の採用を強く推した人物がいたことで決定が覆り、大学卒業後の1984年にアナウンサー(契約社員)としてとして入社[1]1989年にテレビ番組制作会社のディレクターと結婚して寿退社するまでの約5年間、同局が放送するテレビ番組に出演した。その後、第一子となる長女を出産[2]。 結婚後はフリーアナウンサーに転じたが、のちに離婚。

2000年NEC元会長・関本忠弘の長男で、当時、広告代理店の電通社員であった関本雅一と再婚、アナウンス業から引退した。

2012年12月に2人目の夫と死別[2]。2014年10月からTBSラジオの「生島ヒロシのサタデー・一直線」のアシスタントとして出演し、活動再開[2]。同時に生島企画室所属となる。

出演番組[編集]

CM出演[編集]

音楽[編集]

  • ときめき Lonely Night(CROWN)

著書[編集]

  • テーブルクロスをかえた日は 1995年2月刊
  • ウチの子がいちばん 1996年3月刊

関連人物[編集]

同期入社[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 局アナ内定取り消し…実は私も…”. 寺田理恵子オフィシャルブログ「Riely's Garden」 (2014年11月21日). 2017年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c 寺田理恵子アナ、14年ぶり活動再開!「いろいろありました」サンケイスポーツ2014年9月28日。同年10月4日閲覧

外部リンク[編集]