関本忠弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関本 忠弘(せきもと ただひろ、1926年11月14日 - 2007年11月11日)は日本の実業家技術者。1980年より1998年にかけて日本電気株式会社(NEC)の社長と会長を務め、この間に日本電気を電電公社(現NTT)に依存する〝国策企業〟から、世界中にコンピュータ半導体、通信機などを売る総合電機メーカーに成長させた[1]

来歴・人物[編集]

兵庫県神戸市生まれ。神戸市立川池小学校(現神戸市立会下山小学校)、瀧川中学校旧姫路高校を経て、東京大学理学部物理学科卒業。

1948年、日本電気に入社。入社後は同社の中央研究所で研究に従事し、PCM(パルス符号変換方式)の研究等を行う。1962年、東京大学で工学博士の学位を取得[2]1965年に米国コムサット社へ出向、PCMデジタル衛星通信の研究を進めた[3]

1974年に日本電気取締役に就任し、常務、専務を経て1980年に社長就任。小林宏治会長の提唱する「C&C」(Computer & Communication)を継承し、また独自に「2.5次産業」という概念を唱えた。情報通信に力を入れ、PC-9800シリーズで同社を日本最大のパソコンメーカーに育てた。それまでの消費者に馴染みのない電電ファミリーからパソコンのNECにイメージを一新し、NECのブランドが若者の支持を受けることにもなった[4][5]。「小林さんはC&Cの教祖。私はそれを広める使徒パウロだ」と関本はよく口にした。マスコミに対する関心も強く、重要な製品の発表があった翌朝には自ら各紙を点検し、掲載されていない新聞を見付けると、広報部長を叱りつけたという逸話を残す[6]

1986年、ニュービジネス協議会会長に就任[7]。1994年に社長を金子尚志に譲って会長となる。会長職は1998年まで務め、社長に就任した1980年から会長退任の1998年までの18年間で、コンピュータ事業と半導体事業の強化により、1兆円未満だったNECの売上高を5兆円にまで成長させ、1980年代後半には半導体でも世界一の座に就かせ、1990年代初頭まで首位を維持させた[6][8]

1998年には経団連会長候補として名前が挙がったものの、会長選挙で新日本製鐵会長の今井敬に敗れた[5]。また、同年に起きた防衛庁調達における不祥事の責任を取り会長職を辞任、相談役に退く[6][1][4]2002年にはNEC執行部批判の言動を理由に相談役も解任され[8]、財界から引退した。新社長に就任した西垣浩司はハードからソフトへと路線転換を行い、電子部品や通信機など関本が育ててきた事業を次々に切り捨てていったが、これに怒った関本と西垣の間で『関本・西垣戦争』が勃発。社内ではコンピュータ派と通信派の派閥対立が表面化する[1]

2007年11月11日、脳梗塞のため80歳で死去[4]

囲碁を趣味とし[9]、1981年に棋戦NECカップ囲碁トーナメント戦を、1995年にはその中国版棋戦のNEC杯囲棋賽を創設している[10]

略歴[編集]

家族・親族[編集]

関本家[編集]

(兵庫県神戸市東京都

主な著書[編集]

  • 『限りなき繁栄への挑戦』(1992年)
  • 『日米摩擦いま何が問題か』(1994年)
  • 『このままでは生きられない』(1996年)
  • 『感じて信じて行動しよう』(1998年)
  • 『21世紀何を変えるかどう変えるか』(1999年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “[https://gendai.ismedia.jp/articles/-/31779 週刊現代 - あのとき、経営は判断を誤った 会社がダメになった瞬間 2012.2.14]”. 2020年1月9日閲覧。
  2. ^ 関本忠弘, 「オペレーションズ・リサーチによる捜索装置の設計」 東京大学 博士論文, [報告番号不明], 1962年, NAID 500000317382
  3. ^ NEC元会長・関本忠弘氏死去…80歳、脳梗塞で ZAKZAK 2007年11月12日
  4. ^ a b c NEC元会長の関本忠弘氏が死去 - 社長在任中にパソコン事業を成功に導く マイコミジャーナル・大河原克行 2007年11月13日
  5. ^ a b 「蓋棺録」『文藝春秋』2008年1月号
  6. ^ a b c 平成見聞録・時代を駆けた経済人(21)元NEC社長・会長 関本忠弘 日刊工業新聞(2019/2/21 05:00)”. 2020年1月9日閲覧。
  7. ^ NBC概要 NBC25年のあゆみ
  8. ^ a b NECが関本相談役を解任 ITPro 2002年12月3日[リンク切れ]
  9. ^ 針木康雄が語る偉大なる経営者たち Vol.03 関本忠弘氏 就職ジャーナル 2009年8月5日
  10. ^ 本誌秘蔵フィルムで綴る⑳世紀の偉人列伝 第14回 関本忠弘 経済界ONLINE
  11. ^ 鈴木康夫が語る偉大なる経営者たち vl.3 関本忠弘”. リクナビ. 2020年3月19日閲覧。
  12. ^ NEC: Press Release 1999/09/14-01”. NEC (1999年9月14日). 2015年12月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
田中忠雄
日本電気社長
第9代: 1980年 - 1994年
次代:
金子尚志
先代:
齋藤裕
経済団体連合会評議員会議長
第11代:1998年
次代:
那須翔
先代:
佐治敬三
日本イベント産業振興協会会長
第3代:1999年 - 2003年
次代:
福川伸次