電電ファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

電電ファミリー(でんでんファミリー)とは、かつての日本電信電話公社(現・日本電信電話 (NTT))に近い企業を指す。電話交換機の主要メーカーだった日本電気(NEC)、富士通沖電気工業が、電電ファミリー御三家と呼ばれた[1][2]

歴史[編集]

1980年代

1990年代

2000年代

2010年代

  • 2010年代になると、中国韓国台湾スマートフォンメーカーの飛躍、スマートフォンへの移行・開発が遅れた日本メーカーが次々とスマートフォン事業から撤退。電電ファミリー御三家の一つだったNECも2013年にスマートフォン事業から撤退した[4]
  • 2010年代後半になると、電気通信工事メーカーの再編が加速し、コムシスHD協和エクシオミライト・ホールディングスの大手3社に集約される[5]

2020年代

電電ファミリー企業一覧[編集]

御三家

総合電機メーカー

電気通信工事メーカー

空調・管・衛生工事メーカー

電話交換機メーカー

電気通信工事資材商社

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]