今井敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今井 敬(いまい たかし、1929年(昭和4年)12月23日 - )は、日本実業家新日本製鐵(現・新日鐵住金)相談役名誉会長、元社長。日本経済団体連合会名誉会長で、第9代経済団体連合会会長。現在は公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会会長、全日本交通安全協会の会長・新潟県知事泉田裕彦後援会相談役、公益財団法人日本国際フォーラム代表理事(会長)[1]日本テレビホールディングス株式会社・日本テレビ放送網株式会社社外取締役[2]などを務める。

来歴・人物[編集]

神奈川県出身。兄は今井善衛通商産業事務次官。次兄は今井謙治(第1護衛隊群司令、海将補)。姉は北京大学九州大学農学部教授を務めた大橋育英夫人。

ハリス記念鎌倉幼稚園鎌倉第一小学校東京都立第一中学校78期海兵予科中退を経て、1946年9月第一高等学校 (旧制) 入学。1952年3月東京大学法学部卒業後、富士製鐵(新日鉄の前身)に入社する。

入社直後から常務取締役までほぼ一貫して原料購買など業務畑を歩み、その間、釜石製鐵所には二度勤務する。財務担当の常務時代に固定費削減を訴え、高炉13基のうち5基を休止するなど徹底的な合理化を推進。社長就任時には「創業的大リストラ」として3000億円のコスト削減を打ち出し、アジア通貨危機など鉄鋼需要の激減時にも経常黒字を維持する強固な経営体質を築いた。

東大時代から囲碁を好み、日本棋院総裁を務める。都立日比谷高校の同窓会である如蘭会の会長も務めていたが、保田博にバトンタッチした。産業構造審議会など多くの政府関係委員を歴任し、経団連会長を務めるなど財界の大物論客として知られ、読売新聞解説面の『時代の証言者』や日本経済新聞私の履歴書』などで自叙伝を連載している。

トヨタ自動車元社長の豊田達郎は東京都立第一中学校の同期。前任の新日本製鐵社長である齋藤裕も中学の先輩。豊田達郎とは、新日本製鐵がトヨタ自動車重視の方針をとっていたことから、新日本製鐵とトヨタ自動車の会合後に、宴会をともにすることも多く、後年一中人脈の有益さを振り返っている。同窓会である如蘭会会長も務めた。1998年、豊田達郎の兄で、中学の先輩にもあたる豊田章一郎から電話で依頼を受け、豊田章一郎の後任として関本忠弘を制して昭和生まれで初の経団連会長となる。

略歴[編集]

その他役職[編集]

  • 財団法人トヨタ財団評議員
  • 財団法人さわやか福祉財団理事
  • 財団法人ベターリビング会長
  • 公益財団法人日本国際フォーラム会長
  • 財団法人2005年日本国際博覧会顧問
  • 財団法人日中友好会館理事
  • 財団法人道路経済研究所名誉会長
  • 財団法人癌研究会理事
  • 財団法人日中経済協会名誉顧問
  • 社団法人日本証券経済倶楽部理事長
  • 社団法人海外鉄道技術協力協会会長
  • 財団法人山の暮らし再生機構顧問
  • 災害救援ボランティア推進委員会委員
  • 社団法人日韓経済協会相談役
  • 財団法人計算科学振興財団会長
  • 財団法人地球環境産業技術研究機構会長
  • 公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会会長
  • 東アジア共同体評議会顧問
  • 社団法人被害者支援都民センター顧問
  • 社団法人日本租税研究協会会長
  • 財団法人朝日新聞文化財団理事
  • 更生保護法人日本更生保護協会理事長

脚注[編集]

  1. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  2. ^ 日テレ企業・IR情報 及び第81期日本テレビホールディングス有価証券報告書
先代:
齋藤裕
新日本製鐵社長
第7代: 1993-1998
次代:
千速晃
先代:
齋藤裕
新日本製鐵会長
第7代: 1998-2003
次代:
千速晃