アナウンサーぷっつん物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アナウンサーぷっつん物語
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週月曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1987年昭和62年)4月6日 - 5月11日(6回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 前田和也、亀山千広
演出 藤田明二、服部嘉和
脚本 畑嶺明
プロデューサー 中山和記
出演者 岸本加世子、神田正輝ほか

特記事項:
第5話は生放送
テンプレートを表示

アナウンサーぷっつん物語』(アナウンサーぷっつんものがたり)は、1987年昭和62年)にフジテレビで放送されたテレビドラマである。全6話。

フジテレビ系月曜21時枠の番組としては、『87分署シリーズ・裸の街』以来、6年半ぶりの連続テレビドラマ作品となった。

フジサンケイグループの関連企業を舞台にした「業界ドラマシリーズ」の第1弾。

概要[編集]

名古屋のラジオ局に勤務していた女性アナウンサーの西沢由美子が民放キー局であるフジテレビに移籍する所から物語が始まる。

実在のフジテレビを舞台にしており、主人公らの同僚、先輩、上司などの設定で同局のアナウンサーが本人役で出演した。本放送時のフジテレビ本社社屋や敷地内でのロケーション撮影が多用された。また本作劇中で放送されているとの設定の番組『MONDAY60』(放送時間は、月曜21時との設定)の中でフジテレビの他番組の宣伝を行うとの演出が盛り込まれた。

前述の『MONDAY60』内の「番宣コーナー」ではフジテレビ系で当時放送されていた番組出演者も本人役でゲスト出演し、『笑っていいとも!』を扱った回ではスタジオアルタタモリ明石家さんまらがインタビューに応じるシーンがある。

このドラマに制作部ディレクターの服部役として出演していた田代まさし氏がその後度重なる不祥事(盗撮や覗き、覚醒剤取締法違反など)を起こして事実上の芸能界引退となった事などのため、今後このドラマは再放送やソフト化したりするのも困難である。

放送データ[編集]

  • 放送日:1987年4月6日 - 5月11日
  • 放送時間:月曜21:00 - 21:54(JST)
  • 放送回数:全6話(第5話のみ生放送。このため再放送では第5話が欠番扱いとされている。)
  • 主題歌:「I Don't Know!BaBeキャニオン・レコード

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ゲスト

その他[編集]

本ドラマを第1作とする、いわゆる「業界ドラマシリーズ」の第5作(最終作)である『荒野のテレビマン』の最終話は、東山紀之演じる主人公が本作に登場する報道番組『MONDAY60』を企画し、『MONDAY60』の第1回がスタートするところでエンディングを迎えるというストーリーになっており、一連のドラマシリーズが相互に関連している様子を示している。

放送日・サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 備考 視聴率[1]
第1話 1987年4月6日 女の仕事   18.4%
第2話 1987年4月13日 オフィス ラヴ   18.4%
第3話 1987年4月20日 女の嫉妬 男の嫉妬   17.8%
第4話 1987年4月27日 女が男を捨てる時 麻生祐未はこの回をもって降板 16.9%
第5話 1987年5月4日 女性の美しさと友情 生放送のため、前後の回とはストーリーが直接シンクロしていない 18.4%
第6話 1987年5月11日 男と女の粋な別れ方 最終話 17.4%

脚注[編集]

  1. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ

関連項目[編集]

フジテレビ系 月曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
枠設立前につき無し
アナウンサーぷっつん物語
(1987.4.6 - 1987.5.11)
男が泣かない夜はない
(1987.5.18 - 1987.7.27)
フジテレビ系 月曜21時枠
欽ドン!スペシャル
【ここまでバラエティ枠】
アナウンサーぷっつん物語
【これより月9枠
男が泣かない夜はない