リップスティック (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リップスティック
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週月曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1999年平成11年)4月12日 - 6月28日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 三上博史
広末涼子
いしだ壱成
伊藤歩
中村愛美
窪塚洋介
田中美奈子
麻生祐未
オープニング フレンズ」(レベッカ
テンプレートを表示

リップスティック』(Lip stick)は、フジテレビ系列1999年平成11年)4月12日から6月28日まで毎週月曜日の21:00~21:54(最終回は~22:09、日本時間)に放送されていた連続テレビドラマ。全12話。

1999年にフジテレビからVHSでソフト化されたが、DVD化は実現していない。 2012年4月2日から2014年3月31日までフジテレビオンデマンドにて全話有料オンライン配信された。

あらすじ[編集]

少年鑑別所職員の有明(三上博史)は傷害事件を起こして収容された早川藍(広末涼子)の担当となる。厳しい規則に縛られ、暴力的なリンチの横行する所内で藍は同室の少女たちと友情を育み、過酷な現実に立ち向かっていく。そして有明は藍の心の傷に触れ、次第に彼女に惹かれていく。一方で男子棟に収容中の悪魔のようなカリスマ性を持つ牧村紘毅(窪塚洋介)に援助交際をさせられていた安奈の心の呪縛を解こうとする教官・葛西孝生(いしだ壱成)の苦闘も繰り広げられていく。

キャスト[編集]

有明 悠 - 三上博史
鑑別所教官。誰にも言えない苦悩を抱えている。藍に対して最初は教官としての感情しか持ち合わせていなかったが、真っすぐで純粋な藍にとまどいながらも惹かれていく。
早川 藍 - 広末涼子
鑑別所収容生。弟と同じ名前のシュウという猫を飼っている。規則を破ってシュウの世話をしてくれた悠に対して興味を示し、やがて愛するように。
葛西 孝生 - いしだ壱成
有明の後輩教官。牧村紘毅から助けようとするうちに安奈に好意を抱くが、獄中恋愛のために別れを決意している。
三池 安奈 - 中村愛美
収容生。自殺未遂を何度も繰り返す。紘毅からの呪縛から解いて、自分に対して正直で体を張る孝生に惹かれていく。
松田 理恵子 - 伊藤歩
収容生。一見ガラが悪くツッパリ風だが情に厚い。彼氏と文通を続けていたが、少年院に行く前に一目会おうと脱走する。
井川 真白 - 池脇千鶴
収容生。義父から性的虐待を受けていた。鑑別所から家に戻ったが自分の居場所がなくなったことを悟り、母・由美(山下容莉枝)のために自殺する。
鈴岡 小鳩 - 真柄佳奈子
収容生。仲間からは「ぽっぽ」と呼ばれる。無口な性格だったが、同じ境遇であった孝生と話すうちに、徐々に心を開いていく。
牧村 紘毅 - 窪塚洋介
男子棟収容生。悪魔のようなカリスマ性で男子を仕切る。独自の思想から安奈を洗脳し、援助交際を強要させていた。無精子症というトラウマを抱えていた。
沢村 雪乃 - 田中美奈子
唯一の女性教官。紘毅の担当であり、翻弄されながらも徐々に理解していく。最後は自分のトラウマ(乳癌の手術痕)を話し、生き方を示した。
桑田 千尋 - 麻生祐未
悠の兄・有明政春の婚約者。7年間兄を思い続けていたが、悠に同じ才能を見出し、もう一度夢を見ようとする。
小泉 章吾 - 夏八木勲
亡き有明の兄の知人で、アトリエを営んでいる。 千尋の紹介で有明の絵を見るが酷評する。
南雲 亜希子 - 吉本多香美
藍を担当する調査官。
田所 茂久 - 宇梶剛士[1]
鑑別所教官。収容生には厳しいが人間味がある。
早川 丈志 - 津嘉山正種
藍の父。厳格な性格。鑑別所の面会で挑発的な態度をとった藍に怒りがこみ上げ藍の頭を叩いてしまう。

スタッフ[編集]

協力(参考文献)[編集]

  • 西街守[2](著)『透明の国のアリス―少年鑑別所の少女の言葉』

主題歌・挿入歌[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1999年4月12日 名もなき恋人へ 19.4%
第2話 1999年4月19日 第2ボタンの純情 19.4%
第3話 1999年4月26日 私の心を当てて 17.5%
第4話 1999年5月3日 窓ごしに告げた愛 14.6%
第5話 1999年5月10日 青のプラトニック 15.3%
第6話 1999年5月17日 私だけのあなた 15.0%
第7話 1999年5月24日 17歳の妊娠 15.9%
第8話 1999年5月31日 彼女の失明 15.6%
第9話 1999年6月7日 大脱走 15.1%
第10話 1999年6月14日 火星人の恋 15.5%
第11話 1999年6月21日 さよなら私の先生 14.9%
最終話 1999年6月28日 21世紀の恋人へ 17.4%
平均視聴率 16.3% (視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

その他[編集]

  • 第9話で、松田理恵子(伊藤歩)の「カバに似た彼氏」役として アンタッチャブル山崎弘也が出演している。
  • 三上博史演じる有明悠は最終話のラストシーンまで視聴者には名前が明かされず、「先生」や「先輩」などと呼ばれるのみである(ただし、姓が「有明」であることは第11話、悠の兄の「アリアケマサハル」に言及するシーンで判明する)。視聴者はラストで初めて名前に込められた早川藍(広末涼子)との関係性……(1)アイ=I=わたし、ユウ=YOU=あなた、(2)アイ=愛、ユウ=友、を知ることになる。
  • 当初は木村拓哉主演のドラマが制作される予定だったが、クランクイン直前に企画が変更されたため降板。急遽三上が出演することになった。そのためスケジュール調整が難しくなり、同クールに同局で放送された『古畑任三郎』第3シリーズの犯人役を降板したエピソードがある。
  • 広末涼子はこのドラマに専念するため、一芸入試で4月に入学したはずの早稲田大学へ通わず(のち中退)、波紋を呼んだ。3か月後の初登校時はマスコミが100人以上集まる騒動となった[3]

ロケ地[編集]

  • 埼玉県繭検定所(埼玉県熊谷市曙町)- 鑑別所外観、グラウンド ※現存しない

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宇梶自身、高校2年在学時に少年鑑別所に収監、18歳で少年院送致された経験を持つ。“【転機 話しましょう】(71)俳優の宇梶剛士さん 弱さを認めれば踏み出せる 師匠の熱い指導で「不良」の悪癖払拭”. MSN産経ニュース (The Sankei Shimbun & Sankei Digital). (2012年7月14日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/120714/bdy12071407010000-n2.htm 2014年5月27日閲覧。 
  2. ^ ノベライズ本『リップスティック』(情報センター出版局、1999年7月5日第1刷)のノベライズも西街が担当した
  3. ^ 『フォーカス』 新潮社 1999年7月7日号 6頁 「同棲発覚でも早大騒然広末初登校教室写真」より
フジテレビ系 月曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
リップスティック