FLOWERS -フラワーズ-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FLOWERS
監督 小泉徳宏
脚本 藤本周
三浦有為子
製作 阿部秀司
製作総指揮 大貫卓也
出演者 蒼井優
鈴木京香
竹内結子
田中麗奈
仲間由紀恵
広末涼子
(五十音順)
音楽 朝川朋之
主題歌 DREAMS COME TRUEねぇ
撮影 広川泰士
編集 張本征治
制作会社 ROBOT
製作会社 「FLOWERS」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2010年6月12日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

FLOWERS』(フラワーズ)は、2010年6月12日公開の日本映画

概要[編集]

「娘と母、父と母、夫と妻、姉と妹、母と子」をテーマに、昭和初期から現代を4つに分け、それぞれの時代を生きた6人の女性の姿を描く。

出演は、蒼井優鈴木京香竹内結子田中麗奈仲間由紀恵広末涼子と、いずれも映画やドラマでは主演クラスの面々が顔を揃えた。資生堂が製作および特別協賛に名を連ねており、この6名は、資生堂のブランド「TSUBAKI」のCMに出演していた。

企画・製作総指揮は、「TSUBAKI」のボトルデザインなどを手掛けたクリエイティブディレクター大貫卓也。監督は、『タイヨウのうた』、『ガチ☆ボーイ』を手掛けた小泉徳宏ROBOT)。

撮影は2009年4月9月に、能登半島など日本各地で行われた。

全国301スクリーンで公開され、2010年6月12-13日初日2日間で興収5,494万6,600円、動員4万3,060人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第8位となった[1]

2011年5月29日にWOWOWにてテレビ初放映。

ストーリー[編集]

昭和11年、春。当時の慣習であった、親同士が決めた結婚に悩み続ける。凛は未だ会ったことの無い相手への不安などを抱えたまま結婚式前日を迎えた。式当日。結論を出せない凛は、花嫁姿のまま家を飛び出してしまう。

昭和44年、夏。家を飛び出してから約30年が経っていた凛は、3人の娘を授かっていた。次女のは、当時はまだ珍しいキャリアウーマンとして出版社で働いていた。そんな中、翠は恋人からプロポーズされる。しかし、今まで男性社会の中で一生懸命働いてきた翠の心は仕事と結婚の間で揺れ始める。翠は実家へ帰省し、同じく帰省してきた長女のと久しぶりに会う。薫は、夫を交通事故で亡くし、そのとき心に負った傷がまだ完全には癒えずにいた。夫が交通事故死した直後、亡き夫との思い出となった新婚旅行の場所を巡る旅に出たときのことをふと思い出していた。

昭和52年、秋。凛の三女・は夫と娘の奏の3人で幸せな生活を送っていた。しかし、慧が2人目を妊娠したことで家族の生活に変化が見え始める。生まれつき体が丈夫ではない慧は、医師から「出産には耐えられない」と宣告される。

平成21年、冬。慧の長女・ピアニストになる夢を叶えるため上京するも、その才能に限界を感じていた。さらに、年下の恋人と別れた直後に妊娠していることが判明し、2つの悩みを抱え苦しむ日々を送る。一方、次女のは結婚し、男の子を産んだ。根っから明るく振舞う佳は、自らの命と引き換えに自分を生んだ母・慧の分まで前向きに生きようという強い想いが心の中にあった。

キャスト[編集]

昭和11年[編集]

昭和44年[編集]

昭和52年[編集]

平成21年[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]