子猫の涙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
子猫の涙
監督 森岡利行
脚本 森岡利行
出演者 武田真治
音楽 奥野敦士
主題歌 Rie fu
Home
撮影 釘宮慎治
編集 矢船陽介
製作会社 「子猫の涙」製作委員会
配給 トルネード・フィルム
公開 日本の旗 2008年1月26日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

子猫の涙』(こねこのなみだ)は、2008年正月第2弾公開の日本映画である。新宿ガーデンシネマ他で公開された。

第20回東京国際映画祭において「日本映画・ある視点」特別賞を受賞した。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本・監督:森岡利行
  • 主題歌:Rie fuHome」(Palm Beach Inc.)
  • 原案:森岡利行(「路地裏の優しい猫」) 
  • 製作:大橋孝史/原田 学/伊藤泰造 
  • エグゼクティブ・アドバイザー:山田俊輔 
  • プロデューサー:上野境介/上住曜子/二木大介/杉山 剛 
  • アシスタント・プロデューサー:氏家慶子 
  • 企画:ストレイドッグ
  • 脚本協力:今井雅子 
  • 音楽:奥野敦士
  • 撮影:釘宮慎治
  • 照明:舟橋正生 
  • 録音:小宮 元 
  • 美術:佐々木記貴 
  • 編集:矢船陽介
  • 助監督:玉利祐助 
  • 制作担当:新井 聡 
  • 制作プロダクション:トルネード・フィルム       
  • 製作賛助:角川出版映像事業振興基金信託
  • 特別協力:マーシャルワールドジャパン     
  • SPECIAL THANKS:みずほ銀行ビジネスソリューション部(ニュービジネスチーム) 
  • 協力:シネマ・インヴェストメント
  • 製作:「子猫の涙」製作委員会(STRAYDOG PICTURES LLC./トルネード・フィルム/角川映画/ソニー・ミュージックエンタテインメント)
  • 配給:トルネード・フィルム  
  • 支援:文化庁

ストーリー[編集]

負けん気と度胸の良さで、アマチュアボクシング界のチャンピオンに君臨した森岡栄治は、1968年メキシコオリンピックで銅メダルを獲得。帰国後、華々しくプロデビューを果たすが、たった三戦の後に右目の眼疾を患い、あっけなく引退してしまう。

その後は、職に就いても続かず、ほとんど妻のヒモ状態。元来の楽天気質を発揮し、過去の栄光にしがみついて夜ごと飲み歩く日々だ。ハチャメチャな父に頭を悩ませる娘・治子にとって、路地裏で拾った子猫は最も大切な家族だった。

再起をかけて「森岡ボクシングジム」を開設した栄治。ところが、オーナーが拳銃で撃たれたことを機にジムは閉鎖。さらに偽造株券詐欺を疑われたことが新聞沙汰となり、治子は同級生からいじめられる。不満はついに爆発し、「負け犬」という言葉とともにオリンピックのメダルを投げつけ、治子は家を飛び出したのだが……

外部リンク[編集]