20世紀ノスタルジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
20世紀ノスタルジア
監督 原将人
脚本 原将人
中島吾郎
出演者 広末涼子
圓島努
余貴美子
根岸吉太郎
多田亜沙美
音楽 原将人
撮影 馬場順一
編集 宮島竜治
配給 大映
公開 日本の旗 1997年7月26日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

20世紀ノスタルジア』(にじゅっせいきノスタルジア)は、1997年7月26日公開の原将人監督による日本映画広末涼子の映画デビュー作、映画初主演作でもある。

あらすじ[編集]

遠山杏(広末涼子)は放送部に所属する高校2年生。ある日、ビデオカメラの練習中に、同じ高校の転校生・片岡徹(圓島努)に声をかけられ「一緒に映画を撮ろう」と誘われる。片岡は自らを宇宙人チュンセと名乗り、遠山をポウセと名付ける。

そして、2人は夏休みを使って一緒に映画を撮り始める。そんな中、一応はラストシーンまでは撮影するのだが、映画を完成させること無く、片岡は突然オーストラリアに転校してしまう。

2学期になり、片岡にビデオレターを送っても返事が無く、やる気を失っている杏だったが、放送部の顧問の策略により、編集作業を再開することになる。その中で、片岡が残した未編集テープを見ることで、やる気が戻ってくる。そして、追加撮影を行い、納得できなかったラストシーンを変更して映画を完成させることを決心する……。


エピソード[編集]

  • 「チュンセ」と「ポウセ」とは、宮沢賢治の『双子の星』に出てくる主人公の名前である。
  • 広末涼子がブレイクする前の1995年8月に撮影が開始されたものの、制作は一時中断。広末がブレイクした後の1997年1月に撮影を再開した。それに合わせてシナリオも改変され、1995年撮影分の多くが夏休みのシーンとなり、1997年には主に2学期のシーンが撮影された。
  • 出演者自らがビデオカメラを持ち、撮影したシーンが多数ある。劇中歌が多く使用され、ビデオカメラを持ちながらチュンセやポウセが映画の中で歌う。
  • 原将人監督は広末涼子の女優としての素質、姿勢を評価し、「広末涼子は女優菩薩である」と絶賛した。
  • メイキングビデオ『インフィニティ』の監督は犬童一心鈴木秀幸

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

受賞[編集]

主なロケ地[編集]

外部リンク[編集]