みぽりんのえくぼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みぽりんのえくぼ
著者 岡田典子
発行日 2005年
発行元 文芸社
ジャンル 手記
日本の旗 日本
形態 テレビ番組
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

みぽりんのえくぼ』は岡田典子作の手記文芸社刊。

脳腫瘍のため、中学生までしか生きられなかった娘・みぽりんこと美穂の闘病生活を綴った手記で、絵手紙は美穂が闘病中に書いたものである。

なお、この内容は作者本人が回想する形で2007年の『24時間テレビ30 「愛は地球を救う」』の番組内で取り上げられ、3年後の『24時間テレビ33 「愛は地球を救う」』内でテレビドラマ化された(視聴率は19.9%)。

テレビドラマ[編集]

みぽりんのえくぼ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:29 - 23:29(120分)
放送期間 2010年8月28日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ放送網
演出 佐藤東弥
原作 岡田典子
脚本 吉本昌弘
出演者 広末涼子
長瀬智也TOKIO
福田麻由子
木村真那月
田中美佐子
音声 解説放送
字幕 有り※
データ放送 24時間テレビに同じ
外部リンク ドラマ版サイト

特記事項:
24時間テレビ32 「愛は地球を救う」の企画の一部である。
テンプレートを表示

あらすじ[編集]

中学生になったばかりの、えくぼのカワイイ女の子「みぽりん」こと岡崎美穂(木村真那月)。みぽりんは、しっかり者の母・理子(広末涼子)、凝り性でちょっぴりお茶目な父・照生(長瀬智也)、勉強のできる姉・美波(福田麻由子)と幸せに暮らしていた。しかし、中学生の入学式の日、みぽりんは入学式後の教室で突然体の不調を訴える。病院に運ばれた美穂の症状は治まり、血液検査の結果にも異常はなかった。実は美穂は2歳のとき、白血病を患って入院し、骨髄移植を受けた結果奇跡的に完治した経験を持っていた。かけつけた理子はホッとしたものの、本当に異常がなかったかどうか心配になる。そして、CTスキャン検査にて脳腫瘍が見つかった……。

美穂の没後、遺された絵手紙の展示会を見た出版社の関係者から、“闘病記と作品をエッセイにしては”と話が持ちかけられる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:吉本昌弘
  • 演出:佐藤東弥
  • 音楽:沢田完
  • 音楽プロデュース:志田博英
  • 特殊メイク:梅沢壮一
  • 技術協力:映広
  • 制作協力:アバンズゲート
  • ロケ協力:川崎市シティセールス、横浜フィルムコミッション、日野映像支援隊、日野市、横浜市立脳血管医療センター、川崎市立川崎病院、世界堂ほか
  • シニアチーフクリエイター:櫨山裕子
  • 協力プロデューサー:仲野尚之
  • プロデューサー:荻野哲弘、難波利昭
  • 製作著作:日本テレビ
  • 原作:「みぽりんのえくぼ」(岡田典子・作、岡田美穂・画 文芸社刊)

DVD[編集]

バップから2010年10月27日に発売。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 24時間テレビスペシャルドラマ
前番組 番組名 次番組
みぽりんのえくぼ