ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒーローを作った男
石ノ森章太郎物語
ジャンル テレビドラマ
脚本 福原充則
演出 佐久間紀佳
出演者 中島健人
木村文乃
林遣都
大野拓朗
中田圭祐
佐久本宝
松川尚瑠輝
宮崎秋人
楠元健一
誠子
ナレーター 山寺宏一
製作
製作総指揮 西憲彦(チーフプロデューサー)
プロデューサー 次屋尚 ほか
制作 日本テレビ
放送
音声形式 解説放送ステレオ二重音声放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年8月25日
放送時間 土曜21:21 - 23:21
放送枠 24時間テレビ 「愛は地球を救う」
回数 1
公式サイト

特記事項:
解説放送あり

ヒーローを作った男 石ノ森章太郎』(ヒーローをつくったおとこ いしのもりしょうたろう)は、2018年8月25日21:21 - 23:21に日本テレビ系『24時間テレビ41「愛は地球を救う」』内で放送された単発ドラマ。

漫画家の石ノ森章太郎こと小野寺章太郎が大成するまでの半生と、彼を支えつつ早世した亡姉の小野寺由恵に焦点を当てた内容となっている。視聴率は16.2%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[1]

あらすじ[編集]

国民的ヒーローを生み出した偉大な漫画家・石ノ森章太郎の人生を変え、彼を支え続けた最愛の姉との家族愛と絆の物語である。

1956年4月。高校を卒業し漫画家を夢見る18歳の章太郎(中島健人)は、故郷宮城県石森駅から東京へ向かう汽車を待っていた。見送りに来たのは、家族の中でただ一人章太郎を応援する3歳年上の姉・由恵(木村文乃)。喘息持ちで体の弱い由恵の口癖は「私の分まで好きなことをしてほしい」だった。その言葉に込められた由恵の切実な思いに章太郎はその時はまだ気づいていなかった…。

章太郎が漫画を描き始めたキッカケは由恵だった。終戦直後で娯楽が乏しかった幼少期、病弱な由恵の部屋に入り浸り本を読み聞かせてもらったり、一緒に手作りの本を作ったり、章太郎はいつも由恵と一緒にいた。そして12歳の時、章太郎は由恵に見せてもらった手塚治虫の漫画の虜に。以来、夢中で漫画を描く章太郎の作品を由恵は誰よりも楽しみにしていた。

そして高校生の時、なんとあの手塚治虫から呼び出された章太郎は〆切に追われる手塚の元を訪ねるチャンスを得た。 東京でデビューのチャンスを掴んだ章太郎だが、厳格な父・康太郎(杉本哲太)は一生を棒に振る選択だと漫画家になることに猛反対。漫画家はまだまだ将来性のない職業だと思われていた。

再び1956年。章太郎を乗せた汽車が東京に着こうとしていた。そこで待っていたのは章太郎の同人誌に寄稿していた漫画仲間で、のちに『天才バカボン』など数々のギャグ漫画をヒットさせる若き日の赤塚不二夫林遣都)。そして章太郎は、日本の漫画・アニメ文化の礎を築く若者たちを次々輩出し、後に漫画家の聖地として語り継がれることになる“トキワ荘"で暮らすことに。寺田ヒロオ大野拓朗)や藤子・F・不二雄こと藤本弘(中田圭祐)など個性的な仲間に迎えられた章太郎の新しい冒険が始まろうとしていた。

その夏のある日、喘息の治療にかこつけて由恵が章太郎の様子を見に現れる。時は漫画雑誌の戦国時代。由恵は赤塚から、不安を抱えて描けなくなってしまう漫画家も多い中で章太郎が迷いなく漫画を描いているのは、姉の自分に読んでもらうのを楽しみにしているからだと知る。その後弟を支えるために正式にトキワ荘に引っ越して来た由恵は、すっかりトキワ荘のマドンナ的存在に。しかし充実した日々が続くと思われたある日、章太郎の青春は発作で倒れた由恵の死によって突然終わりを告げる。1958年4月4日、由恵の23歳の誕生日前日のことだった。

後悔と喪失感は章太郎の心を蝕み、仲間たちや赤塚の心配もむなしく、章太郎は悲しみから逃げるために海外へ。めまぐるしい時代の流れの中、取り残された章太郎の心の傷は癒えることがないように思えたが…。

その間にトキワ荘の仲間たちはトキワ荘を離れていた。章太郎も姉の事が忘れられず、落ち込む。そんな中まだ住んでいた赤塚不二夫が章太郎のバッグを取り上げ、川に落とす。章太郎は怒ったが赤塚は「姉が亡くなって悲しいかもしれないが、悲しくても怒れるのだから悲しくても楽しくなれる。」と言い、漫画家を続けていくことを決意する。

その後、結婚し『サイボーグ009』や、『仮面ライダー』などを発表した。特に仮面ライダーは幻の姉が話した内容をヒントにしている。『ジュン」は手塚治虫に批判されるが、それは嫉妬であると手塚治虫本人が謝りにきた。最後に、息子たちを仮面ライダーの撮影現場に連れて行きその後家で仕事に励むというクライマックスで終わる。

ここではあえて詳しくは書かないが全体を通して、愛されている人に愛を送っているかという24時間テレビの内容に沿っている。

キャスト[編集]

主人公[編集]

石森(小野寺) 章太郎
演 - 中島健人、林田悠作(子供時代)[2]田中奏生(中学生時代)[3]
手塚治虫に憧れた漫画家の1人。
ナレーション
声 - 山寺宏一
ナレーションは後年の石ノ森の目線で行われており、作品全体も石ノ森の回想として展開される。

小野寺家[編集]

小野寺 由恵
演 - 木村文乃、中田華月(子供時代)、柿原りんか(章太郎が中学生の時代)
章太郎の姉。喘息の持病があり、体が弱い。
小野寺 康太郎
演 - 杉本哲太
章太郎・由恵の父。
小野寺 カシク
演 - 水野真紀
章太郎・由恵の母。
小野寺 利子
演 - 寺川里奈
章太郎の妻。
小野寺 丈
演 - 守永伊吹
章太郎・利子夫妻の長男。
小野寺 章
演 - 荒井悠
章太郎・利子夫妻の次男。

トキワ荘の人々[編集]

手塚治虫に憧れた漫画家たち。

赤塚 不二夫
演 - 林遣都
石森と同時期に上京してきたライバルであり友人。
寺田 ヒロオ(テラさん)
演 - 大野拓朗
藤本 弘(藤子・F・不二雄)
演 - 中田圭祐
安孫子 素雄(藤子不二雄Ⓐ)
演 - 佐久本宝
つのだ じろう(ゴロちゃん)
演 - 松川尚瑠輝
鈴木 伸一(風ちゃん)
演 - 宮崎秋人
森安 なおや(森安氏)
演 - 楠元健一(ラフメイカー)
水野 英子(水野氏)
演 - 誠子(尼神インター

テレビ局[編集]

山平
演 - 和田聰宏
矢部
演 - 松本享恭

出版社[編集]

川藤
演 - 高橋努
櫛原
演 - 山口翔悟
角山
演 - 今里真
屋根村
演 - 迫田孝也

その他[編集]

手塚 治虫
演 - バカリズム
石森が上京してきたときには編集から逃亡し、石森が『鉄腕アトム』のペン入れをすることになる。その数年後にも逃亡し石森や赤塚、藤子不二雄たちがその話の続きを考えることになる(詳しくはぼくのそんごくう#トキワ荘版を参照)。また、『ジュン』の連載中に『ジュン』へ否定的な評価をしてしまい、そのことを石ノ森に詫びに行く(詳しくは、ジュン (漫画)#手塚治虫とのエピソードを参照)。
医師
演 - 梅沢富美男
石森にとって転機となる「ある知らせ」を伝える。
藤岡弘
演 - 藤岡弘、
仮面ライダー』の主人公・本郷猛を演じた俳優。藤岡が本人役で出演。
ショッカー戦闘員の役者
演 - 唐沢寿明
唐沢寿明は、若手の頃、ライダーマンのスーツアクターをしていた経験がある。

スタッフ[編集]

その他[編集]

放送1週間前の2018年8月18日に同局で放送された『世界一受けたい授業』では、本作より中島健人と木村文乃、そして石ノ森作品『仮面ライダー』主演者の藤岡弘、が、本作の宣伝を兼ねて「生徒」出演、番組では齋藤孝明治大学文学部教授)による特別授業「マンガの王様・石ノ森章太郎のすべて」が行われた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 24時間テレビ』内ドラマ
前番組 番組名 次番組
ヒーローを作った男
石ノ森章太郎物語
(2018年)
-