つのだじろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つのだ じろう
本名 角田 次朗
(つのだ じろう)
生誕 (1936-07-03) 1936年7月3日(80歳)
日本の旗 日本東京府東京市下谷区
(現・東京都台東区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1955年 -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
代表作 忍者あわて丸
恐怖新聞
空手バカ一代
うしろの百太郎
受賞 1961年:第 2回講談社児童まんが賞
(『ばら色の海』)
テンプレートを表示

つのだ じろう(本名:角田 次朗、1936年7月3日 - )は、日本漫画家心霊研究家。東京府東京市下谷区豊住町(現在の東京都台東区下谷1丁目)出身。血液型O型。八人兄弟の次男であり、四弟のつのだたかしリュート奏者、末弟のつのだ☆ひろミュージシャン漫画原作者ゲームクリエイタービトウゴウは息子である。

人物[編集]

東京府東京市下谷区で床屋を営む家に生まれ育つ。小学2年生のころ空襲を避けるため一家で福島県に疎開[1]、戦争が終わった中学2年生の時に東京に戻る。新宿区立淀橋中学校東京都立青山高等学校卒業[1]

高校在学中に自宅近くのグラウンドで草野球を観戦していたところ、一方のチームの監督が漫画家の島田啓三であることに気づく。つのだはベンチに押しかけ自作の漫画原稿を島田に見せて無理やり論評を聞き[1]、これをきっかけに師事することとなる。昭和30年(1955年)、『漫画少年』に「新・桃太郎」が掲載され漫画家デビュー。この作品はわずか3ページほどの短編であるが、師である島田から何度も書き直しを命じられ、苦心の末投稿を許されて掲載されたものだという[1]

同じく『漫画少年』に投稿していた若い漫画家達と知り合い、そのツテで新漫画党に入党。豊島区トキワ荘に通う事になる。1958年、『りぼん』連載の『ルミちゃん教室』がヒットししばらくは少女漫画を主に描いていた。1961年、『なかよし』に連載した『ばら色の海』で、第2回講談社児童まんが賞を受賞。その後は少年漫画誌に移りギャグ漫画を描くようになり、『ブラック団』『忍者あわて丸』などで人気を博す。

1971年より梶原一騎原作で描いた空手バイオレンス漫画『空手バカ一代』が大ヒット、以降は劇画調の作品を描くようになる。デビュー間もない頃、東京・両国橋でオレンジ色のUFOを目撃したことをきっかけにオカルトを研究していたつのだは[1]その知識を生かし、1973年に『うしろの百太郎』『恐怖新聞』といった怪奇漫画を立て続けに連載、大ブームを巻き起こしオカルト漫画の第一人者となった。

その他の代表作として、本格派将棋漫画である『5五の龍』、様々な女性達の運命をリアルに描いた『女たちの詩』シリーズなど、TVドラマ化された作品が多数ある。ギャグからシリアスなもの、少年・少女向けから大人向けまでとオールラウンドなジャンルで活躍した。

人物[編集]

  • 「恐怖マンガとしての表現」の範囲でエンターテインメント性を重視し、心霊研究に関しては、単なる興味本位の「心霊スポット巡り」や「狐狗狸(こっくり)さん」といった、霊を弄ぶような行為に警鐘を鳴らし続けた。「先祖を大切にする事」「守護霊の存在」といった内容を漫画作品や執筆、時には出演したTV番組や講演などで常に訴え続けてきた。また「超能力・霊能力」の実証研究や分析もしている。
  • トキワ荘に出入りしていた当時は生真面目な青年であり、新漫画党の映画に関する雑談や飲み会などを「不真面目な態度」と激怒し、巻紙に抗議文を書いてトキワ荘を飛び出す[1]。その後、藤本弘から弁明の返書をもらい、トキワ荘に戻ってきた時に彼らの漫画に対する情熱を目の当たりにし、トキワ荘の「道楽派」となり積極的に遊ぶようになる。
  • 『空手バカ一代』を連載していた際、作品のモデルとなった極真会館に通い、大山倍達から直々に稽古をつけて貰っていたという。しかし、つのだは修行の厳しさに早々と逃亡、誘われて一緒に入門した藤子不二雄Aだけがその後も通い続けていた。

略歴[編集]

作品リスト[編集]

他、短編など多数。

師匠[編集]

アシスタント[編集]

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 寺光忠男『正伝・昭和漫画 ナンセンスの系譜』毎日新聞社、1990年 pp.95-101