中年スーパーマン左江内氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中年スーパーマン左江内氏』(ちゅうねんスーパーマンさえないし)は、藤子・F・不二雄SF漫画。『漫画アクション』(双葉社)に1977年9月15日号から1978年10月26日号に掲載された。全14話。

2017年1月に日本テレビ系でテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

ごく平凡な中年サラリーマンの左江内はある日、「スーパーマン」と自称する初老の男性に付きまとわれたうえ、スーパーマンになってくれないかと懇願される。左江内はそれを本気にせずに相手にしていなかったが娘の危機を知り、しぶしぶ引き受けてしまう。

譲り受けた「スーパー服」にはさまざまな能力があり、それを生かして正義のために仕事や家庭での合間、日夜戦わなくてはならなくなった。しかし、左江内が戦う相手とは悪の組織や怪獣などではなく、ごく日常の揉め事ばかりであった。

登場人物[編集]

左江内
会社での役職は係長。45歳。下の名前は不明(テレビドラマ版では後述の通り「英雄」)。小心者でお人よし、少々頼りなげな中年男性。先代のスーパーマンからスーパー服を譲り受けた。この服の能力のせいで事件を察知すると、仕事中でも出動してしまう羽目に。
左江内 円子
左江内の妻。夫の事はまるで信頼していない。いつもぐうたらしている。
左江内 はね子
左江内の娘。高校生。年頃で反抗期を迎えている。
左江内 もや夫
左江内の息子。襲われそうになった姉のはね子を「かっこいい」と口にする。
先代のスーパーマン
初老の男性。左江内にスーパー服を譲り渡す。本業はハンコ屋であるが、スーパーマン業に精を出し過ぎて経営が苦しくなり、妻にも逃げられた。スーパー服は更に先代のスーパーマンから譲り受けたもの。
パーやん
パーマン』のキャラクター。最終話に登場。内職としてスーパーマンの力を使った運送業を営んでおり、左江内を共同経営者に誘った。

スーパー服の能力[編集]

  • 飛行でき、弾よりも速く走り、高いビルも超えられる。水中でも呼吸できる。事件を察知できる能力が付く。
  • パンチ1発で岩やバイクを砕き、家1軒や木も根元から引き抜ける。
  • 弾丸を跳ね除けられる防御力。
  • 数段階で透視できる。
  • どんな体型でもフィットする。
  • 裏表を間違えて着ると能力は通常より劣化する。
  • 服の生地からは忘却光線が常に発せられており、スーパーマンを目撃した人物は数秒でその存在すら忘れてしまうため、正体を知られることはなく活躍を記憶されることもない。忘却光線は自らの意思で抑えることもできる。

単行本[編集]

テレビドラマ[編集]

スーパーサラリーマン左江内氏
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2017年1月14日 - 3月18日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
製作総指揮 伊藤響(CP
演出 福田雄一
原作 藤子・F・不二雄
『中年スーパーマン左江内氏』
脚本 福田雄一
プロデューサー 高明希
柳内久仁子
次屋尚(協力P)
出演者 堤真一
小泉今日子
ムロツヨシ
島崎遥香
賀来賢人
早見あかり
中村倫也
佐藤二朗
笹野高史
高橋克実
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
エンディング 三代目 J Soul BrothersHAPPY
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。
テンプレートを表示

スーパーサラリーマン左江内氏』(スーパーサラリーマンさえないし)のタイトルで2017年1月14日から3月18日まで毎週土曜日21時 - 21時54分に日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠で放送された。主演は堤真一[1]

番組エンディングでは主要キャストが主題歌の「HAPPY」に載せてダンスを踊るシーンが流れている[注 2]。そのため、前クールに放送されていた『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の二番煎じという声も上がったが、エンディングのダンスは企画時点から『観賞用』として計画されていたもので、直接の関連性は無い[2]

2017年春の番組改編に伴い土曜ドラマ枠が22時台への変更に決まったため、本作は21時台放送の最後の作品となった。

キャスト[編集]

左江内家[編集]

左江内 英雄〈52〉
演 - 堤真一
できれば責任を背負わないで済ませたいと考えている主人公でツッコミ担当。こんにゃくが大の苦手で、栃木県の出身[注 3]。スーパーマンの重責も辛いので事あるごとに返したがっているが、困っている人を放って置けない部分もある。家での私生活は、妻には尻に敷かれ、子供にもあまり良く扱われていないが、本人は妻も子供も愛している。妻である円子を恐れてはいるが、時にはキスをせがむなど甘えたりすることもある。基本的に常識人であるが、マイペースでスーパーマンの力を通勤や部屋の掃除などに便利に使っていることもある。左江内の超人としての活躍は忘却光線で忘れさせる為、それ自体が「無かったこと」になっているが、時々オフにすることもできる。第7話ではスーパーマンをやめたい一心で池杉に託したが、佐江内がスーパースーツを紛失してしまったことにより、スーパースーツで強化した強盗相手にスーツ無しで戦い、内に秘めた責任感と根性を発揮した[注 4]。最終話では自身の都合で少年の救出が遅れたことから責任を負う毎日に嫌気が差し、スーパーマンの力を返したら老人の全ての責任はこちらで負うとの言葉とともに米倉に家庭の父や会社の係長の立場まで全て奪われ、文字通り責任を負うことがなくなり、却って途方に暮れていた。しかし、円子がバスジャックの被害にあったと知り、再びスーパーマンを続けることを決意した。
左江内 円子〈50〉
演 - 小泉今日子
左江内の妻で男勝りな口調で左江内に無茶を平然と頼むなどわがままで子供っぽく、身勝手な俗に言う鬼嫁でもある。容姿は美人で小柄。時々、関西弁で話す。また左江内の浮気などという事は考えたくもないことであり、本当は左江内を愛していることが伺える。結局不器用で素直になれないだけであり、左江内の話を聞いてあげたり一度は拒んだ保護者同伴の遠足に参加したり、左江内が部長に就任したと勘違いして左江内を悩ませていたがすかさずフォローしたり、時には家事もすることもあるため根は優しい。また左江内曰く、1日に15時間は寝ておりどこでも寝られる体質で7話ではヨガをしながら寝た姿に左江内を驚かせた。度胸も据わっており、最終話では左江内を守るため、バスジャックに蹴りを入れるなど大胆な一面も見せた。
左江内 はね子〈16〉
演 - 島崎遥香[3]
左江内の長女でアイドル志望で少々わがままな少女。高校生で、架空の、東京都立 源高等学校へ通う。父を軽く扱っているが、第1話で強盗犯から自分を犠牲にして自らを救おうとした左江内に死んで欲しくないと本音で語った(ただし、左江内の忘却光線でそれは忘れている)。優しい一面もあり、困っている英雄にお金を貸したり、不器用な両親に気を使って左江内の変わりにレストランの席取りを引き受けたりなど手助けすることもある。また最終話では家族で唯一英雄の変化に漠然と気づいていた。
左江内 もや夫〈8〉
演 - 横山歩[4]
左江内の長男で自分が悪くても認めたがらない小学生男子。(架空の、東京都立 骨川小学校に通う)自分を運んで空を飛ぶ左江内をドラえもんと称した(ただし忘却光線でその件は忘れている)。父に対して口は悪く生意気だが、ヒーローショーに特別出演した左江内を応援したり、左江内が全く帰ってこないことに不安を感じるなど父のことは決して心底嫌っているわけではない。

警察[編集]

小池 郁男〈39〉
演 - ムロツヨシ[4]
藤子不二雄作品では多々登場するキャラクター。スーパーマンの左江内の活躍で解決した事件現場に、何故か必ず駆けつける運がいい刑事。事件解決後に左江内の忘却光線でその活躍は忘れ去られ、その際に自分が勝手に片付けた事にしてしまうので、発生した事件は自身の手柄になる。それがあまりに連続するので、自分は無意識のうちに事件を解決する能力があると勘違いしている。ラーメンが好物で、出前のものを食べながら登場する事もある。ポーズを決める際にトレンチコートの裾を無駄に捲りあげる癖がある。
刈野 助造〈29〉
演 - 中村倫也[4]
小池の部下。小池とは仲が良く小池が忘却光線の後に説明している「事件を解決した過程」を素直に感心している。

フジコ建設営業3課[編集]

英雄の勤務先。

簑島 光男〈55〉
演 - 高橋克実[4]
左江内の上司。池杉と仲がよくお調子者。頭が薄く光り輝いている。
池杉 照士〈27〉
演 - 賀来賢人[4]
左江内の部下で独特な口調で話す。キザな性格でややチャラ男気味。根は臆病で第4話では自分が失敗した仕事を引き継いだ左江内が成功させそうなところを妨害し、第7話では酔った勢いで左江内からスーパーマンの仕事を引き受けるが、恐怖感が拭えず、挙句他人にスーツを盗まれた事を左江内に言い出せずにいた(この一件は忘却光線で忘れている)。ただし、妨害した件を良心の呵責で左江内に詫びたり、小心者だが憎めない男。みちると交際しており第6話でデートをしていた。
蒲田 みちる〈24〉
演 - 早見あかり[4]
左江内の部下のサバサバした性格の女性。第6話で池杉と交際していた事が明らかになった。上司である佐江内への扱いは少々ドライであり、時には課長の光男に対して辛辣なことを言うことも多々ある。
下山 えり〈26〉
演 - 富山えり子

その他[編集]

米倉 / キャプテンマン
演 - 佐藤二朗[4]
左江内に何かと接触する神出鬼没の人物で、登場するごとに職業が異なる。滑舌がかなり悪く、顔が大きい。忘却光線と同様の効果がある能力を持っているのか左江内は米倉と会ったことを忘れている。
第1話はカラオケ店員、第2話はバッティングセンターの店員、第3話はインターネットカフェの店員、第4話は回転寿司板前、第5話は占い師。第6話はヒーローショーの演出家。第7話は新聞の古い号外を配るバイト。第8話は居酒屋の店員。第9話は万年係長に家電販売店「ホトケ電気」の店長、そしてバスの運転手。
その正体はキャプテンマンという名の他のスーパーマンを取り仕切るヒーローで、スーツのモデルは「パーマン」の登場人物「バードマン」で、一人乗りの円盤に乗って飛来する。
左江内の様子を見るため佐江内に接触し、会う度に記憶を消していた。ヒーローを辞めた英雄に辛らつな言葉をかけるも、その後妻円子絡みのバスジャック事件を仕組んでやる気を取り戻させた。
演じている佐藤は左江内相手に毎回アドリブでの掛け合いを繰り広げており、出演者が素で思わず笑ってしまうことも度々ある[5]
謎の老人
演 - 笹野高史[4]
左江内にスーパーマンになるスーツを手渡す老人。たまに佐江内の様子を見に来るようで、第4話では原作者が一緒だと言う事で一度だけ(しかも1回しか使えない)コピーロボットを左江内に与え、第6話では爆弾のある場所を教えてくれた。第7話では弱めのスペアスーツと見せかけたスキーウェアを左江内に渡した。
木手〈50〉
演 - 福島マリコ
円子のママ友。
吉村 さやか〈16〉
演 - 金澤美穂
はね子と同じ学校の同級生。
佐野 サブロー〈16〉
演 - 犬飼貴丈
はね子と同じ学校の同級生。

ゲスト[編集]

第1話[編集]

強盗
演 - 塚本高史(友情出演)

第2話[編集]

新聞配達人
演 ‐ ラバーガール
演 ‐ 織本順吉
智恵子
演 ‐ 佐々木すみ江
あきら
演 ‐ 五十嵐陽向
もや夫のクラスメートの男子児童で、歌が下手なことを理由に合唱の練習をサボっていた。

第3話[編集]

真中 ありさ
演 - 浜辺美波
アイドルグループ「ルージュパンク」の不動のセンター。性格の表裏が激しい。
はね子のオーディションをプッシュしてもいいと左江内に後押しする。
飛び降り学生
演 - 戸塚純貴
マネージャー
演 - 郭智博
ありさの事務所社長
演 - 大河内浩
ありさの母
演 ‐ 村岡希美

第5話[編集]

藤崎
演 - 本田翼[6]
総務課に勤務する女性社員で、左江内の後輩。
実家の豆腐屋が悪徳金融会社から借りた借金を返済するために左江内を始めとするあらゆる者から金を騙し取っていた。後にそれを知った左江内は悪徳金融会社を壊滅したことで解放され、謝罪した。

第7話[編集]

高萩 省吾
演 - 間宮祥太朗
池杉が置いて行ったスーパースーツを悪用して銀行強盗を働く。彼が何故スーパースーツを使いこなせるようになったのかは不明である。

第8話[編集]

笹原 桃子
演 - 永野芽郁
栃木県で会社に勤めつつスーパーウーマンを受け持つOL。左江内同様、先代の老婆からスーパースーツを受け継いだ。
事故現場で偶然会った同じスーパーマン仲間の左江内と意気投合する。メンヘラ気味でスーパーウーマンであることや恋愛などで悩みを抱え、自殺を試みたが左江内に何度も止められる。後日、立ち直った事を知らせに東京の左江内に会いに行き、左江内が一人で支えきれない鉄塔が落下しそうなのを支えて左江内を救った。
左江内 春子
演 - 立石涼子
左江内の母。栃木県在住。円子は彼女の前では「夫の言う事を聞く妻」を演じていたが、気が強い円子が優しさだけが取り柄で頼りない英雄を上手く夫としてたてている事を見抜いていた。
左江内 茂雄〈80〉
演 - 平泉成
左江内の父。栃木県在住。
真紀子
演 ‐ 阿南敦子
左江内の妹。

第9話[編集]

フジコ建設社長
演 ‐ 風間杜夫
フジコ建設社長夫人
演 ‐ 石野真子
演 ‐ 宅麻伸(友情出演)
強盗
演 ‐ やべきょうすけ
ラーメン屋の客
演 - 寺田浩子

第10話[編集]

バスジャック犯
演 - 菅田将暉
円子と木手が乗る観光バスをジャックした若者。ただ円子に圧されたりして、やや気が弱い。正体はゲームが買えなくてムシャクシャしていたところを米倉(キャプテンマン)に操られて犯行に及んだ男でもある。しかしながら結局犯行自体が忘却光線で「なかったこと」になり、念願のゲームも左江内の配慮で手に入れ(左江内が「ホトケ電気」で米倉が変装した電気屋からもらったもの)、自分が犯行に及んだ理由も分からないまま逃走していった。

スタッフ[編集]

放送リスト[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 視聴率 備考
第1話 1月14日 藤子F原作サエないヒーロー悪に強いが妻に弱い 12.9%[8] 15分拡大
第2話 1月21日 サエないヒーローでも息子のピンチを救えるのか!? 09.6%[9]
第3話 1月28日 ヒーローがなんてったってアイドルのマネージャー!? 09.2%[10]
第4話 2月04日 仕事か遠足か?夫婦愛を試されるサエないヒーロー 08.9%[11]
第5話 2月11日 不倫!?家庭崩壊の危機に顔面蒼白のヒーロー 09.4%[12]
第6話 2月18日 爆破予告で家族サービス崩壊 10.2%[13]
第7話 2月25日 ヒーローが銀行強盗に!?悪用されたスーパースーツ 07.9%[14]
第8話 3月04日 鬼嫁が良妻に!?悩めるスーパーウーマンが人生相談 06.3%[15]
第9話 3月11日 社長登場で大波乱!出世をかけた誘拐事件!? 10.5%[16]
最終話 3月18日 ヒーロー放棄で絶体絶命!?夫婦愛の奇跡!! 10.5%[17]
平均視聴率 9.5% (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

スピンオフドラマ[編集]

小池の鬼の取調室』のタイトルで、2017年3月18日からHuluで全3話で最終回放送終了後より配信。刑事・小池郁男を主人公に据え、オリジナルストーリーを展開する話[18]

配信日程[編集]

  • 第1話:3月18日
  • 第2話:3月25日
  • 第3話:3月31日
日本テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
THE LAST COP/ラストコップ
(2016年10月8日 - 12月10日)
※9月は『土曜ドラマ』枠外で「Episode0」3回放送。
スーパーサラリーマン左江内氏
(2017年1月14日 - 3月18日)
※ここまで21時台での放送
ボク、運命の人です。
(2017年4月15日〈予定〉 - )
※ここから22時台での放送
日本テレビ系 土曜21:00 - 21:54枠
THE LAST COP/ラストコップ
(2016年10月8日 - 12月10日)
スーパーサラリーマン左江内氏
(2017年1月14日 - 3月18日)
【ここまで『土曜ドラマ』枠】
嵐にしやがれ
(2017年4月〈予定〉 - )
【1時間繰り上げて継続】

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 実写ドラマ版の監督・脚本を担当した福田雄一による解説・あとがきも載せられている。
  2. ^ 各回に登場したゲストも、単独で踊るシーンが挿入されている。
  3. ^ 第8話より。本作の脚本・演出を担当する福田監督の出身地でもある。
  4. ^ 本当は二日酔いが原因で、ずっと変身バッジを持っていたことに気づいていなかったため、後に変身した。

出典[編集]

  1. ^ “藤子・F・不二雄漫画が堤真一主演で連ドラ化 小泉今日子と夫婦役”. ORICON STYLE. (2016年10月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2080446/full/ 2016年10月25日閲覧。 
  2. ^ 左江内氏ダンスは「観賞用」、恋ダンスの二番煎じじゃない? デイリースポーツ 2017年1月15日
  3. ^ “島崎遥香、AKB卒業後初ドラマ 父役の堤真一に“塩対応””. ORICON STYLE. (2016年11月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2082212/full/ 2016年11月30日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h >“堤真一×小泉今日子「スーパーサラリーマン左江内氏」、ムロツヨシら追加キャスト発表”. 映画ナタリー. (2016年11月22日). http://natalie.mu/eiga/news/210265 2016年11月22日閲覧。 
  5. ^ 『左江内氏』で話題沸騰 佐藤二朗のアドリブ芝居が進化 NEWSポストセブン 2017年2月4日
  6. ^ “本田翼が堤真一とまさかの不倫関係に!?”. ザテレビジョン. (2017年1月26日). https://thetv.jp/news/detail/98998/ 2017年2月4日閲覧。 
  7. ^ “三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE 『Happy?』約3年ぶりのドラマ主題歌に起用決定”. LDH. (2016年12月20日). https://www.ldh.co.jp/news/detail.php?lang=jpn&site=TRIBE&newsid=0000012279 2016年12月20日閲覧。 
  8. ^ “堤真一主演「スーパーサラリーマン左江内氏」初回上々発進12・9%”. スポニチアネックス. (2017年1月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/16/kiji/20170115s00041000254000c.html 2017年1月16日閲覧。 
  9. ^ “堤真一主演「スーパーサラリーマン左江内氏」第2話9・6% 初回から3・3ポイント下降”. スポーツ報知. (2017年1月23日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000019-sph-ent 2017年1月23日閲覧。 
  10. ^ “堤真一主演「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話は9.2% 前回から0.4ポイント下降”. スポーツ報知. (2017年1月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170130-OHT1T50092.html 2017年1月30日閲覧。 
  11. ^ “堤真一主演「スーパーサラリーマン左江内氏」第4話は8.9% 前回から0.3ポイント下降”. スポーツ報知. (2017年2月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170206-OHT1T50081.html 2017年2月6日閲覧。 
  12. ^ “堤真一主演「スーパーサラリーマン左江内氏」第5話は9.4% 4放送回ぶりのアップ”. スポーツ報知. (2017年2月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170213-OHT1T50080.html 2017年2月13日閲覧。 
  13. ^ “堤真一主演「スーパーサラリーマン左江内氏」第6話は10.2% 初回以来の2ケタ”. スポーツ報知. (2017年2月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170220-OHT1T50101.html 2017年2月20日閲覧。 
  14. ^ “堤真一主演「スーパーサラリーマン左江内氏」は7.9% 前回から2.3ポイントの急落”. スポーツ報知. (2017年2月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170227-OHT1T50082.html 2017年2月27日閲覧。 
  15. ^ “堤真一主演「スーパーサラリーマン左江内氏」第8話は6.3% 前回から1.6ポイント下降”. スポーツ報知. (2017年3月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170306-OHT1T50082.html 2017年3月6日閲覧。 
  16. ^ “堤真一主演「左江内氏」第9話は10.5% 前回から4.2ポイント“爆上げ”で最終回へ”. スポーツ報知. (2017年3月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170313-OHT1T50076.html 2017年3月21日閲覧。 
  17. ^ “堤真一主演「スーパーサラリーマン左江内氏」最終回10.5%で有終の美”. スポーツ報知. (2017年3月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170321-OHT1T50019.html 2017年3月21日閲覧。 
  18. ^ “「左江内氏」スピンオフ「小池刑事の鬼の取調室」が撮了!堤真一らも出演していた”. 映画.com. (2017年3月17日). http://eiga.com/news/20170317/2/ 2017年3月17日閲覧。 

外部リンク[編集]