高志の国文学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 高志の国 文学館
KOSHINOKUNI Museum of Literature
T-48301 01.jpg
高志の国文学館の位置(富山県内)
高志の国文学館
富山県内の位置
施設情報
正式名称 高志の国 文学館[1]
専門分野 富山県を中心とした文学資料
館長 中西進
事業主体 富山県
管理運営 公益財団法人 富山県文化振興財団[2]
建物設計 シーラカンスアンドアソシエイツ
延床面積 2,890m2
開館 2012年平成24年)7月6日
所在地 930-0095
日本の旗 日本 富山県富山市舟橋南町2-22
位置 北緯36度41分43.8秒 東経137度12分22.6秒 / 北緯36.695500度 東経137.206278度 / 36.695500; 137.206278座標: 北緯36度41分43.8秒 東経137度12分22.6秒 / 北緯36.695500度 東経137.206278度 / 36.695500; 137.206278
外部リンク 高志の国文学館ホームページ
プロジェクト:GLAM

高志の国 文学館(こしのくにぶんがくかん、KOSHINOKUNI Museum of Literature)は、富山県富山市舟橋南町にある富山県立の文学館2012年平成24年)7月6日に開館した[3]日本博物館協会、富山県博物館協会会員。

松川沿いにある旧富山県知事公館の建物や緑豊かな庭園を活用しており、研修施設とレストランが設置されたほか、隣接地に展示部門を配置している。

概要[編集]

2008年(平成20年)6月に「ふるさと文学魅力推進検討委員会」が設置され、2011年(平成23年)7月に建設工事が着工した。1978年昭和53年)に建設され、使用されなくなった知事公館を改修すると共に、隣接して建物を増築し2012年(平成24年)7月6日に竣工した。増築部建物の外観には富山県の主要産業であるアルミのパネル約千枚を使用しているが、15種類の木々の葉の模様があしらわれており、一枚として同じパネルはない。

初代館長には富山県出身の辺見じゅん作家)が就任する予定であったが、同年9月に死去[4]したことから翌月、中西進(国文学者、奈良県立万葉文化館館長)の就任予定が発表され[5]、開館に合わせ就任した。

収蔵品は富山県出身、またはゆかりのある作家、富山県が舞台となった作品と、それら作家の愛用品、美術品など約4万点(2017年3月31日現在)を有しており、館内は「ふるさと文学の蔵」といわれる常設展示室、企画展示室を「ふるさと文学の回廊」でむすび、蔵(常設展示室)や回廊には、越中国司で万葉歌人の大伴家持、富山県出身またゆかりの作家、堀田善衛源氏鶏太、辺見じゅん、宮本輝新田次郎などの他、藤子・F・不二雄藤子不二雄Aといった漫画家などの経歴や作品の紹介、また執筆原稿や執筆道具などが展示されている。

一番大きな展示室「ふるさと文学の蔵 1」には長さ13.7m、高さ5mの大書架があり、富山県ゆかりの書籍、漫画などが展示されている(閲覧不可)。ライブラリーコーナーでは一部書籍、漫画等が閲覧できる。

2013年(平成25年)には第45回中部建築賞を受賞し[6]2016年(平成28年)には日本建設業連合会の第57回BCS賞を受賞している。

2017年(平成29年)5月には常設展示室をリニューアルし、特別コレクション室の新設や大型タッチパネルのデジタルサイネージの設置などを行った。

レストランは、開館当初より落合務がオーナーシェフを務める「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」直営店が出店[7]していたが、落合務が多忙で富山店に顔を出すことがむずかしく、料理の品質保持が難しいため、2018年(平成30年)3月末で撤退し[8]、2018年(平成30年)5月16日より「Brasserie et Salon de Thé Chez Yoshi(ブラッスリー・エ・サロン・ド・テ・シェ・ヨシ)」が出店した[9]

要目[編集]

施設[編集]

1階
  • エントランス、受付
  • 常設展示室
    • ふるさと文学の蔵 1・2・3、ふるさと文学の回廊 1・2、特別コレクション室
  • 企画展示の蔵(企画展示室)
  • 親子スペース
  • ライブラリーコーナー - 2017年(平成29年)現在、日本一大きいペアガラス(7m×3m×3枚)から庭園を観賞できる。
  • 研修室 3室
  • ミュージアムショップ
  • レストラン「Brasserie et Salon de Thé Chez Yoshi(ブラッスリー・エ・サロン・ド・テ・シェ・ヨシ)」
    • 2018年(平成30年)3月末まで「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ富山」
  • 庭園「万葉の庭」 - 庭師作庭家小形研三設計・造園の旧知事公館の庭を再整備した。
2階
  • 研修室 2室、和室 1室

休館日・開館時間[編集]

  • 休館日
    • 火曜日(その日が休日の場合は開館し、その翌日が休館)
    • 休日の翌日(その日が日曜日、土曜日又は休日に当たる場合は、その日後においてその日に最も近いこれらの日以外の日)
    • 年末年始(12月28日~翌1月4日)
  • 開館時間
    • 午前9時30分から午後5時、研修室、和室は午前9時30分から午後9時。

アクセス[編集]

富山地方鉄道 富山市内軌道線

コミュニティバス まいどはや

  • サンシップとやま前バス亭下車徒歩 約2分

市内周遊ぐるっとBUS北西回りルート(毎日6便) 高志の国文学館バス亭下車 すぐ

高志の国 文学館を含む、富山市市街地の美術館博物館・観光施設を巡る周遊バス。

脚註[編集]

  1. ^ 高志の国文学館条例
  2. ^ 指定管理者制度について
  3. ^ 高志の国文学館開館、7月6日 - KNB WEB(2012年1月4日付、同日閲覧)
  4. ^ 作家で歌人の辺見じゅんさん死去 「男たちの大和」の作家 - MSN産経ニュース(2011年9月22日付、同日閲覧)
  5. ^ 高志の国文学館 館長に中西進氏 - asahi.com(2011年10月27日付、同日閲覧)
  6. ^ 一宮市尾張一宮駅前ビル 中部建築賞協議会
  7. ^ 銀座の「予約とれぬ店」富山に直営店 12年夏オープン - asahi.com(2011年4月6日付、同日閲覧)
  8. ^ 『高志の国文学館内レストラン「ラ・ベットラ」来年3月末閉店』北日本新聞 2017年11月18日33面
  9. ^ 『富山の食材・器でもてなし 高志の国文学館 16日仏料理店オープン』北日本新聞 2018年5月3日26面

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『高志の国 文学館 リーフレットパンフレット)』
  • 『高志の国 文学館 常設展示室リニューアル リーフレット』
  • 『富山県/美術館・博物館魅力発見ブック 高志の国 文学館』(富山県)平成29年3月発行

外部リンク[編集]