新田次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新田 次郎
(にった じろう)
誕生 1912年6月6日
日本の旗 日本長野県諏訪郡上諏訪町(現:諏訪市
死没 1980年2月15日(満67歳没)
日本の旗 日本東京都武蔵野市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 無線電信講習所本科電機学校
代表作 『強力伝』(1955年)
『孤高の人』(1969年)
『八甲田山死の彷徨』(1971年)
武田信玄』(1973年)
主な受賞歴 直木三十五賞(1956年)
吉川英治文学賞(1974年)
紫綬褒章(1979年)
勲四等旭日小綬章(1980年)
配偶者 藤原てい(妻)
子供 藤原正彦(次男)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

新田 次郎(にった じろう、本名:藤原 寛人(ふじわら ひろと)、1912年6月6日 - 1980年2月15日)は、日本小説家気象学者。神田電機学校(現:東京電機大学)卒業。

来歴・人物[編集]

長野県諏訪郡上諏訪町(現:諏訪市)角間新田(かくましんでん)に彦、りゑの次男として生まれる。寛人のおじに気象学者藤原咲平がいる。ペンネームは“新田の次男坊”から(「しんでん」を「にった」と読み替え)。

旧制諏訪中学校(現在の長野県諏訪清陵高等学校)・無線電信講習所本科(現在の電気通信大学の母体)・神田電機学校(現在の東京電機大学の母体)卒業。妻ていは作家。次男正彦数学者エッセイスト。長女の咲子も、家族を書いた小説を発表している。

登山好きの皇太子徳仁親王が愛読する作家として知られる。

略歴[編集]

この時期の、家族の引き揚げの体験を妻・ていが『流れる星は生きている』として作品化した。

エピソード[編集]

初めての小説は、1942年~1945年の間に書かれたと思われる、藤原廣の筆名の自伝小説『山羊』で原稿用紙7枚。内容は、半生を振り返り抑留生活の辛さと今後作家として活動していきたいという決意の表明となっている。

帰国後は、伯父の咲平(気象の第一人者)が公職追放されるなど気象台自体が組織として混乱しており、気象台はバラック立て隙間風が吹き抜ける状態であり給与も微々たる物で大変な困窮ぶりであった。1949年に、ていの書いた『流れる星は生きている』がベストセラーになり映画化もされ、大変に生活が助かったため作家活動を考えるようになる。手始めにアルバイトとして、教科書の気象関係の執筆を引き受けたり、ジュブナイル小説『超成層圏の秘密』『狐火』などを著したりした。

気象職員として最も知られている仕事に富士山気象レーダー建設がある。これには、1959年伊勢湾台風による被害の甚大さから、広範囲の雨雲を察知できるレーダー施設の設置が要請され、無線ロボット雨量計で運輸大臣賞を受賞するなど、気象測量機の第一人者にして高山気象研究の専門として携わった。富士山気象レーダーは当時世界最高(高度)・世界最大であったため、同レーダーの完成後はそのノウハウを国際連合気象学会で説明するなどの公務に明け暮れた。この時の体験を基にして書いた作品が、小説『富士山頂』である。小説の解説を題材にした連載が会計検査院の定期誌「会計と監査」に題材として連載された。またこの工事に関してはNHKの『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』第1回で取り上げられた。

1966年3月31日、文筆一本に絞るため気象庁を退職したが、この決意に至るまで、果たして作家一本で食べてゆけるのか、6年後の定年まで待つべきか、など大変懊悩したという。また、退職に際しては気象庁から繰り返し強い慰留を受けたという。

新田の小説は大変に緻密で、小説構成表(年表のように縦軸と横軸を設定し人物の流れを時系列に当てはめたもの)を先に作成してから執筆に取り掛かった。司馬遼太郎が新聞記者であった頃原稿執筆を依頼しに行ったが、依頼を受けることができない理由として勤務時間・執筆時間・病気になる可能性などをしっかりと並べて断ったと言われる。山岳小説、時代小説を問わず、現地取材を欠かすことはなかった。

映画化された『八甲田山死の彷徨』や『聖職の碑』などに見るように新田次郎の山岳や気象、地形に関するリアルな筆致は他の作家の追随を許さない。また、大学山岳部関係者主体で極地法を重視した日本山岳会と一線を画し、社会人を主体とするプロのクライマーを糾合して尖鋭的登山によるヒマラヤ8000メートル峰登頂をめざした第2次RCCに賛同し、マッターホルン北壁日本人初登頂の芳野満彦をモデルにした小説『栄光の岸壁』、アイガー北壁に挑んだ2人の日本人登山家の実名小説『アイガー北壁』を書くなど登山家との交流もあり、いわゆる「山岳小説家」の代表とされる。しかし、新田自身は山岳小説と呼ばれることを大変嫌っていた。むしろ歴史小説である『武田信玄』が最も気に入っており、続編である『武田勝頼』、さらには続々編である『大久保長安』を執筆するほどの入れ込みようであったが、その執筆中に亡くなった。夫人のていも、自分の健康を顧みないほどの執筆態度をかなり心配していたが、不幸にも予感が的中した事になる。またNHK大河ドラマで映像化される事を熱望していたが、生前に実現を見る事ができなかった。

彼の作品は山岳小説をはじめとする「夢と挑戦」をコンセプトにしているが、題材として、歴史上の人物や科学者や技術者、また強い意志で道を切り開いた人物を描いた人物伝・公害やリゾート開発などに伴う問題を取り上げた作品・海外での経験を生かした作品・科学者としての作品など多彩にとった。ビーナスラインに関して『霧の子孫たち』で反対を示したことは、自然保護運動を盛り上げさせる契機となった。

新田の急逝後、スイス、ユングフラウ地方の自然を愛し、何度も訪れていた思いを受け、アイガーメンヒユングフラウ三山を望むクライネ・シャイデック駅の裏手の丘に墓碑(記念碑)が作られた。

作品一覧[編集]

関連書籍[編集]

映像化作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

関連項目[編集]

新田次郎を演じた俳優[編集]

外部リンク[編集]