長部日出雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長部 日出雄(おさべ ひでお、1934年9月3日[1] - 2018年10月18日[1])は、日本小説家評論家

来歴[編集]

青森県弘前市出身[要出典]1950年青森県立弘前高等学校入学[要出典]1953年早稲田大学第二文学部哲学科に入学するも、のちに中退[1]1957年週刊読売』記者となる[要出典]大島渚永六輔野坂昭如筒井康隆小林信彦らをいち早く評価し、彼らと交友する[要出典]。その後退職し、雑誌『映画評論』編集者、映画評論家・ルポライターを経て[1]、作家となる。

1973年『津軽じょんから節』と『津軽世去れ節』により、第69回直木賞を受賞[2]1979年『鬼が来た-棟方志功伝』により、第30回芸術選奨文部大臣賞を受賞[2]1986年 『見知らぬ戦場』により、第6回新田次郎文学賞を受賞[2]1989年映画『夢の祭り』では原作・脚本・監督を務めた[3]2002年『桜桃とキリスト もう一つの太宰治伝』により第29回大佛次郎賞・第15回和辻哲郎文化賞を受賞[1]。同年、紫綬褒章受章[1]

2018年10月18日、虚血性心不全のため、東京都内の自宅で死去[4][5]。84歳没。

人物[編集]

故郷である津軽についての小説エッセイや、津軽出身の棟方志功太宰治らの評伝を執筆した[4]。また、監督した映画『夢の祭り』では津軽三味線に熱中する若者達を描いた[4]。晩年は、主に評論作品を発表。かつては左派だったが、21世紀以後天皇への関心を深め、天皇崇拝者への転向を表明した。反共右派の立場を鮮明にして、民主党政権容共として激しく非難し、日本は反共の旗を降ろすなと提言していた。なお、生前日経新聞に連載していたコラムでは、中国寄りの発言がしばしば見られた。[要出典]

ミュージシャンの大友康平は甥[要出典]

文章中に繰返し符号「々」を使用しないことが知られている[6]

著書[編集]

  • 『死刑台への逃走』立風書房 1969
  • 『津軽世去れ節』津軽書房 1972(のち角川文庫文春文庫
  • 『鰐を連れた男』講談社 1973(のち角川文庫)
  • 『ニッポン風船紀行』講談社 1974
  • 『津軽空想旅行』津軽書房 1974(のち角川文庫)
  • 『津軽風雲録』講談社 1974(のち時代小説文庫)
  • 『津軽から飛んだ』筑摩書房 1974
  • 『善意株式会社』津軽書房 1975(のち角川文庫)
  • 『消えた城塞』角川書店 1975
  • 『いつか見た夢』津軽書房 1976
  • 『風雪平野』角川書店 1976
  • 『夜は口笛を吹くな』徳間書店 1977
  • 『鬼が来た 棟方志功伝』文藝春秋 1979(のち文庫、人物文庫)
  • 『笑いの狩人 江戸落語家伝』実業之日本社 1980(のち新潮文庫論創社
  • 林征二の世界』津軽書房 1980
  • 『禁酒安兵衛』講談社 1980
  • 『わが名は新門辰五郎新潮社 1980
  • 『書物交遊録 本を読む人を読む』PHP研究所 1982
  • 源義経学習研究社 1982(のち、時代小説文庫)
  • 『神話世界の太宰治』平凡社 1982
  • 『未完反語派』福武書店 1982(のち文庫)
  • 『映画は世界語 紙ヒコーキ通信』文藝春秋 1983
  • 『映画監督になる法 紙ヒコーキ通信2』文藝春秋 1985
  • 『映画監督』新潮社 1985
  • 『密使 支倉常長読売新聞社 1985(のち、文春文庫)
  • 『見知らぬ戦場』文藝春秋 1986
  • 『醒めて見る夢』福武書店 1986
  • 『ハードボイルド志願』河出書房新社 1986
  • 『戦場で死んだ兄をたずねて フィリピンと日本』岩波書店 1988
  • 『映画は夢の祭り 紙ヒコーキ通信3』文藝春秋 1988
  • 『風雪平野』津軽書房 1989
  • 『津軽から飛んだ』津軽書房 1989
  • 『振り子通信』正続 津軽書房 1990-96
  • 『まだ見ぬ故郷 高山右近の生涯』毎日新聞社 1991(のち新潮文庫)
  • 『棟方志功の世界 柳は緑、花は紅』講談社 1991
  • 『愉快な撮影隊』毎日新聞社 1992
  • 『精神の柔軟体操』津軽書房 1992
  • 『林檎キッドよ、永遠に』新潮社 1993
  • 『風の誕生』福武書店 1993
  • 『二人の始発駅』新潮社 1995
  • 『天皇はどこから来たか』新潮社 1996(のち文庫)
  • 『辻音楽師の唄 もう一つの太宰治伝』文藝春秋 1997(のち文庫)
  • 『反時代的教養主義のすすめ』新潮社 1999
  • 『二十世紀を見抜いた男 マックス・ヴェーバー物語』新潮社 2000(のち文庫、「マックス・ヴェーバー物語」新潮選書
  • 『桜桃とキリスト もう一つの太宰治伝』文藝春秋 2002(のち文庫)
  • 『仏教と資本主義』新潮新書 2004
  • 『天才監督木下惠介』新潮社 2005
    • 『新編 天才監督 木下惠介』論創社、2013
  • 天皇の誕生 映画的「古事記」集英社 2007「古事記とは何か 稗田阿礼はかく語りき」文庫
  • 『邦画の昭和史 スターで選ぶDVD100本』新潮新書 2007
  • 『「古事記」の真実』文春新書 2008 のち文庫
  • 『「君が代」肯定論』小学館101新書、2009
  • 『「阿修羅像」の真実』文春新書、2009
  • 『神と仏の再発見 カミノミクスが日本を救う』津軽書房、2014
  • 棟方志功の原風景』津軽書房 2015
  • 『日本を支えた12人』集英社文庫、2016

共著編[編集]

  • 竹山津軽三味線』詩:高木恭造 山田尚共著 写真:葛西梧郎 山田尚編 津軽書房 1976
  • 『映画が好きな君は素敵だ』編 集英社 1984
  • 『超過激対談 野坂昭如』文藝春秋 1987
  • 木村伊兵衛昭和の女たち』木村伊兵衛:写真、田沼武能編 筑摩書房 1991
  • 『富士には月見草 太宰治100の名言・名場面』太宰治共著 新潮文庫 2009

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 長部日出雄|P+D BOOKS”. P+D BOOKS|小学館. 2022年8月23日閲覧。
  2. ^ a b c 長部日出雄 | 著者プロフィール” (日本語). www.shinchosha.co.jp. 新潮社. 2022年8月23日閲覧。
  3. ^ 追悼長部日出雄 - エクステンド常設展示” (日本語). www.plib.pref.aomori.lg.jp. 青森県立図書館 青森県近代文学館. 2022年8月23日閲覧。
  4. ^ a b c 直木賞作家の長部日出雄さん死去 84歳”. 朝日新聞デジタル (2018年10月24日). 2020年11月25日閲覧。
  5. ^ 直木賞作家の長部日出雄さん死去、84歳 - 時事ドットコム 2018年10月24日[リンク切れ]
  6. ^ 三省堂 Web Dictionary”. 三省堂. 2014年6月3日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]