渡辺喜恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 喜恵子(わたなべ きえこ、1913年(大正2年)11月6日 - 1997年(平成9年)8月8日)は日本の小説家。本名は木下喜惠子。

略歴[編集]

秋田県仙北郡檜木内村(後の西木村、現在の仙北市)生まれ。2歳の時、父・栗生沢米太郎が鷹巣町(現北秋田市)に木材工場を創業し転居する。能代高等女学校卒業後の1931年(昭和6年)に上京。1935年(昭和10年)、画学生・渡辺茂との結婚のため広島へ転地する。しかし、1939年(昭和14年)、25歳のときに夫が病死。1942年(昭和17年)、亡き夫のことを綴った短編小説集『いのちのあとさき』を刊行し創作活動に入る。1944年(昭和19年)春、母の故郷、岩手県二戸郡石切所村(後の福岡町、現二戸市)に疎開。

戦後、再上京、同人誌「明日」「三田文学」に拠って文学活動を行う。1959年(昭和34年)『馬淵川』で第41回直木賞受賞。『みちのく子供風土記』には幼少時の鷹巣のことなども記載されている。長編三部作『原生花園』のほかに、画家青木繁を描いた『海の幸』がある。

主な作品に『プルメリアの木陰に』、『南部女人抄』、『啄木の妻』、長編歴史小説『南部九戸落城』などがある。

 1983年(昭和58年)、「秋田の文学振興に役立ててほしい」との意向のもと、1千万円を秋田魁新報社に寄託。秋田魁新報社は翌1984年(昭和59年)、創刊110年を記念して1千万円を拠出、計2千万円で基金を設立して「さきがけ文学賞」を創設した。趣旨は「広く全国から新人作家を発掘し、秋田県内の文学創作活動の振興、ひいては芸術文化の向上に一助とする」というもの。1985年(昭和60年)に、秋田魁新報社は基金に1千万円を追加(基金総額3千万円)して財団法人さきがけ文学賞渡辺喜恵子基金」を設立。2012年(平成24年)4月には公益財団法人に移行している[1]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『いのちのあとさき』国文社 1942年
  • 『末の松山』丹頂書房 1948年
  • 『馬淵川』光風社 1959年 のち旺文社文庫
  • 『地蔵流し』光風社 1960年
  • 『白と紫』講談社 1960年
  • 『京おとこ 大谷竹次郎物語』アルプス 1963年
  • 『饑渇っ子』光風社 1964年
  • 『黝い血』あすなろ社 1967年
  • 『みちのく子供風土記』文化服装学院出版局 1969年 のち旺文社文庫
  • 『原生花園〈全3部〉』文化服装学院出版局 1969年
  • 『海の幸』新潮社 1971年
  • 『湯治場風土記』日本交通公社 (ベルブックス) 1972年
  • 『プルメリアの木陰に』新潮社 1974年
  • 『タンタラスの虹』新潮社 1975年
  • 『南部女人抄』光風社書店 1975年
  • 『風に咲くプァマレ』新潮社 1976年
  • 『夜明けの河』新潮社 1979年4月
  • 『啄木の妻〈全3巻〉』毎日新聞社 1980年
  • 『北国食べ物風土記』女子栄養大学出版部 1981年12月
  • 『暮らしのつくろい手ばたらき』文化出版局 1983年4月
  • 『万灯火』毎日新聞社 1986年3月
  • 『南部九戸落城』毎日社聞社 1989年
  • 『旅』秋田魁新報社 1991年8月

脚注[編集]

外部リンク[編集]