東山彰良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東山 彰良
(ひがしやま あきら)
蔡英文總統接見第153屆日本直木獎作家東山彰良.jpg
東山彰良(左)と中華民国総統蔡英文、2016年6月17日
誕生 王 震緒
(1968-09-11) 1968年9月11日(49歳)
 台湾台北市
職業 小説家
推理作家
最終学歴 西南学院大学大学院経済学研究科
活動期間 2002年 -
ジャンル 推理小説ハードボイルド小説アクション小説
主な受賞歴 『このミステリーがすごい!』大賞銀賞及び読者賞(2002年)
大藪春彦賞(2009年)
直木三十五賞(2015年)
デビュー作 逃亡作法 - TURD ON THE RUN
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

東山 彰良(ひがしやま あきら、本名:王 震緒[1]1968年9月11日 - )は、台湾出身の日本小説家福岡県小郡市在住[2]

経歴・人物[編集]

1968年中国人の両親のもと台湾で生まれ、5歳まで台北市で過ごした後、広島大学院で修学していた両親に引き取られ広島に移住[3][4]。9歳のとき台北の南門小学校に入学したが、日本に戻り福岡で育つ[5][6]。日本に帰化せず、中華民国台湾の国籍を保持している[5][7]。祖父は中国山東省出身の抗日戦士[5]。父親の王孝廉は1949年に台湾に移り教師となり、1973年に日本に移り住んだ[5]

筆名の「東山」は祖父の出身地である中国山東省から、「彰良」は父親が暮らした地であり、母親の出身地でもある台湾の彰化に由来する[5][7]西南学院中学校・高等学校西南学院大学経済学部経済学科卒業。1995年に西南学院大学大学院経済学研究科修士課程を修了し[8]吉林大学経済管理学院博士課程に進むが中退[9]

2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞および読者賞を受賞。同作は『逃亡作法 - TURD ON THE RUN』と改題して出版され、20万部突破のベストセラーとなった。現在は非常勤講師として西南学院大学[6]など複数の大学で中国語を教えている[1][2]。また、福岡県警にて中国人容疑者の通訳を務めていた経験もある[2]

酒好きで特にテキーラを好み、テキーラ・マエストロの資格をもつ[6]

文学賞受賞・候補歴[編集]

太字が受賞したもの

著書[編集]

小説[編集]

  • 逃亡作法 - TURD ON THE RUN(2003年4月 宝島社 / 2004年3月 宝島社文庫 / 2009年9月 新装版 宝島社文庫【上・下】)
  • ワイルドサイドを歩け』(2004年3月 宝島社 / 2006年6月 宝島社文庫/ 2009年11月 新装版 宝島社文庫【上・下】)
  • ラム&コーク(2004年10月 宝島社 / 2007年8月 宝島社文庫)
  • さようなら、ギャングランド(2005年8月 宝島社 / 2008年10月 宝島社文庫)
  • 愛が噛みつく悪い星(2006年5月 光文社カッパ・ノベルス
  • イッツ・オンリー・ロックンロール(2007年7月 光文社 / 2010年2月 光文社文庫)
  • 路傍(2008年2月 集英社 / 2010年5月 集英社文庫
  • ジョニー・ザ・ラビット(2008年12月 双葉社 / 2011年6月 双葉文庫
  • ライフ・ゴーズ・オン(2009年12月 双葉社 / 2013年3月 双葉文庫)
  • さよなら的レボリューション 再見阿良(2010年7月 徳間書店 / 2016年3月 徳間文庫
  • ファミリー・レストラン(2011年8月 実業之日本社 / 2014年12月 実業之日本社文庫
  • ミスター・グッド・ドクターをさがして(2012年1月 幻冬舎 / 2014年10月 幻冬舎文庫
  • ブラックライダー(2013年9月 新潮社 / 2015年11月 新潮文庫【上・下】)
  • ラブコメの法則(2014年8月 集英社 / 2016年1月 集英社文庫)
  • キッド・ザ・ラビット ナイト・オブ・ザ・ホッピング・デッド(2014年10月 双葉社
  • 流(2015年5月 講談社 / 2017年7月 講談社文庫
  • 罪の終わり(2016年5月、新潮社)

エッセイ[編集]

ノベライズ[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が東山彰良の作品

  • 短篇ベストコレクション 現代の小説2010(2010年6月 徳間文庫)「マイ・ジェネレーション」

コラム[編集]

  • 熱風映劇(シネマ・サンタナ):西日本新聞毎週日曜日連載

訳書[編集]

脚本[編集]

レギュラー出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 台湾出身の作家、東山彰良さんが『第11回大藪春彦賞』を受賞」『台北経済文化代表処』2009年3月10日更新、2009年3月17日閲覧。
  2. ^ a b c “『路傍』で大藪賞、東山彰良さん 冷ややかに真理突く”. 朝日新聞. (2009年2月24日). http://book.asahi.com/clip/TKY200902240202.html 2011年4月18日閲覧。 
  3. ^ “(作家の口福)あの日、あの時の秋刀魚 東山彰良”. be (朝日新聞). (2016年9月17日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12560129.html 2016年11月1日閲覧。 
  4. ^ 作家の読書道 第164回:東山彰良さん - WEB本の雑誌
  5. ^ a b c d e 寫國共內戰三代漂流 王震緒勇奪直木賞聯合報、2015-07-16
  6. ^ a b c “直木賞受賞東山氏 テキーラマエストロ”. DAILY SPORTS ONLINE. (2015年8月6日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/06/0008279584.shtml 2015年8月7日閲覧。 
  7. ^ a b “台湾出身の東山彰良さんの直木賞受賞、現地でも速報”. 産経ニュース. (2015年7月16日). http://www.sankei.com/world/news/150716/wor1507160033-n1.html 2015年8月7日閲覧。 
  8. ^ 2回目『パーティが終わるとき』東山彰良さん」西南学院大学広報誌『SEINAN SPIRIT』2010年7月9日発行号、p17、2011年12月13日閲覧。
  9. ^ 会員名簿 東山彰良|日本推理作家協会
  10. ^ 直木賞:東山彰良さんの「流」に決定 芥川賞は又吉直樹さんと羽田圭介さん”. 毎日新聞社 (2015年7月16日). 2015年7月16日閲覧。