松井今朝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松井 今朝子(まつい けさこ、1953年9月28日 - )は、日本脚本家演出家評論家直木賞作家

経歴[編集]

1953年、京都・祇園にある料亭の娘として生まれる[1]聖母学院中学高等学校卒、早稲田大学文学部演劇学科卒、同大学大学院文学研究科演劇学修士課程修了後、松竹株式会社に入社、歌舞伎の企画・制作に携わる。松竹を退職後フリーとなり、武智鉄二に師事して、歌舞伎の脚色・演出・評論などを手がけるようになる。

1997年、『東洲しゃらくさし』で小説家としてデビュー。同年に、『仲蔵狂乱』で第8回時代小説大賞受賞。この作品は、2000年市川團十郎新之助の出演でTV化された。1999年、『幕末あどれさん』で第20回吉川英治文学新人賞候補。2000年、『仲蔵狂乱』がテレビドラマ化。2001年、『奴の小万と呼ばれた女』で第22回吉川英治文学新人賞候補。2002年、『非道、行ずべからず』で第127回直木三十五賞候補、『一の富』で第23回吉川英治文学新人賞候補。2003年、『似せ者』で第128回直木三十五賞候補。2007年、『吉原手引草』で第137回直木三十五賞受賞。

主張・エピソード[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度に賛成。「別姓にしたくらいで崩壊するような情けない家庭なら、さっさと別れちまったほうがまし」と述べる[2]

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 『東洲しゃらくさし』(1997年、PHP研究所/2001年、PHP文庫)幻冬舎時代小説文庫 
  • 『仲蔵狂乱』(1998年、講談社/2001年、講談社文庫)
  • 『幕末あどれさん』(1998年、PHP研究所)のち文庫、幻冬舎時代小説文庫  
  • 『奴の小万と呼ばれた女』(2000年、講談社/2003年、講談社文庫)
  • 『一の富』(2001年、角川春樹事務所/2004年、ハルキ文庫)
    • (阿吽、出合茶屋、烏金、急用札の男、一の富)
  • 『非道、行ずべからず』(2002年、マガジンハウス/2005年、集英社文庫
    • (『鳩よ!』1999年8月号-2001年12月号)
  • 『似せ者』(2002年、講談社/2005年、講談社文庫)
    • 似せ者(『小説現代』2001年4月号)
    • 狛犬(『小説現代』2001年10月号)
    • 鶴亀、心残して)
  • 『二枚目』(2003年、角川春樹事務所/2006年、ハルキ文庫)
    • 輪廻の家、二枚目、見出人、宴のあと始末、恋じまい)
  • 『辰巳屋疑獄』(2003年、筑摩書房 のち文庫
  • 『大江戸亀奉行日記』(2004年、ハルキ文庫・時代小説文庫)
  • 『銀座開化事件帖』(2005年、新潮社)「銀座開化おもかげ草紙」文庫 
    • 明治の耶蘇祭典(クリスマス)(『小説新潮』2003年12月号)
    • 井戸の幸福(『小説新潮』2004年2月号)
    • 姫も縫ひます(『小説新潮』2004年4月号)
    • 雨中の物語り(『小説新潮』2004年6月号)
    • 父娘草(前編『小説新潮』2004年8月号、後編『小説新潮』2004年10月号)
  • 『家、家にあらず』(2005年、集英社/のち文庫)
  • 吉原手引草』(2007年、幻冬舎)のち文庫
  • 『果ての花火 銀座開花おもかげ草紙』(2007年、新潮社)のち文庫
  • 『三世相 並木拍子郎種取帳』(2007年、角川春樹事務所)のち文庫
  • 『そろそろ旅に』(2008年、講談社)のち文庫
  • 『道絶えずば、また』(2009年、集英社)のち文庫
  • 円朝の女』(2009年、文藝春秋)のち文庫
  • 『西南の嵐 銀座開化おもかげ草紙』(2010年、新潮社)のち文庫 
  • 『星と輝き花と咲き』(2010年、講談社)のち文庫 
  • 『吉原十二月』(2011年、幻冬舎)のち文庫 
  • 『四文屋 並木拍子郎種取帳』(2012年、ハルキ文庫 時代小説文庫)
  • 『壺中の回廊』集英社 2013
  • 『老いの入舞い 麹町常楽庵月並の記』文芸春秋、2014 

随筆[編集]

  • 今朝子の晩ごはん(2008年、ポプラ文庫)
  • 今朝子の晩ごはん 嵐の直木賞篇 (2008年10月、ポプラ文庫)
  • 今朝子の晩ごはん 忙中馬あり篇 (2009年4月、ポプラ文庫)
  • 今朝子の晩ごはん 環境チェンジ!篇(2009年10月、ポプラ文庫)
  • 今朝子の晩ごはん 仕事も遊びもテンコ盛り篇(2010年4月、ポプラ文庫)
  • 『歌舞伎の中の日本』(日本放送出版協会, 2010年3月 NHKブックス)2010年
  • 『師父の遺言』NHK出版、2014(武智鉄二との交流を中心とした長編自伝随筆)

共著[編集]

歌舞伎入門書(監修)[編集]

  • マンガ 歌舞伎入門(1987年-1988年、平凡社/2001年、講談社+α文庫)
  • ぴあ歌舞伎ワンダーランド(1991年、ぴあ)
  • デジタル歌舞伎エンサイクロペディア(CD-ROM、1995年、アスキー)
  • 極付歌舞伎謎解(きわめつきかぶきのなぞとき)(同名テレビ番組テキスト。2009年4月、NHK出版)

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松井今朝子さん『その他大勢から見た幕末』|特集|ソニー
  2. ^ 自身のブログ、2015年12月23日。

外部リンク[編集]