光岡明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

光岡 明(みつおか あきら、1932年11月3日 - 2004年12月22日)は、日本作家である。熊本県熊本市生まれ。

熊本県立宇土高等学校[1]熊本大学法文学部を卒業。1955年熊本日日新聞に入社。文化放送部長、編集局次長、論説副委員長などを務めた。その間、父の死をきっかけに小説を書き始め、1976年文学界』に発表した『いづくの蟹』で芥川賞候補。続いて77年『奥義』、『湿舌』、78年『草と草との距離』で計4回、同賞候補。1978年『草と草との距離』などで熊本日日新聞文学賞受賞。1982年に『機雷』で第86回直木賞を受賞した。九州在住者では初の同賞受賞だった。1985年から1995年まで熊本近代文学館の館長を務めた。肺がんのため、死去。享年72。死の直前に、自らのがん告知、西行のことなどを書いた個人誌「この世」No.1を出した。

著書[編集]

  • 草と草との距離 文藝春秋, 1978.9
  • 迷鳥 作品社, 1979.12
  • 機雷 講談社, 1981.7 のち文庫
  • 千里眼千鶴子 文藝春秋, 1983.1
  • 柳川の水よ、よみがえれ 講談社, 1985.11
  • 前に立つ空 文藝春秋, 1987.2
  • 薔薇噴水 文藝春秋, 1996.8
  • くまもとの森羅抄 熊本県総務部広報課, 1999.9
  • 恋い明恵 文藝春秋, 2005.8

出典[編集]

  1. ^ 熊本県高等学校教育研究会国語部会編 『くまもと文学紀行』 熊本県高等学校教育研究会、2005年、33頁

外部リンク[編集]