豊田穣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
豊田 穣
Toyoda Jō.jpg
生誕 1920年3月14日
死没 (1994-01-30) 1994年1月30日(73歳没)
所属組織 大日本帝国海軍
最終階級 海軍中尉
除隊後 新聞記者、作家
テンプレートを表示

豊田 穣(とよだ じょう、1920年大正9年)3月14日 - 1994年平成6年)1月30日)は、日本小説家作家、元海軍軍人(最終階級は海軍中尉)。

人物[編集]

本名は同じ字であるが、「とよだ みのる」と読む。豊田副武とは血縁関係ではないが、海軍時代に機関長から豊田副武の息子かと聞かれるくらい体格が似ていた。

第二次世界大戦について「日本をあの戦争に追い込んだのは、日本を囲むいわゆるABCD包囲網それにフランスソ連を加えた諸外国の動きを別にすれば、日本という国家及び日本人それ自体の体質、そして、軍事よりむしろ、政治経済外交の性格や方向づけに問題があったのではないかと、私は考えるようになった」と述べている。

豊田の全著作と執筆の際に参考にした戦史戦記伝記資料などは、故郷・岐阜の岐阜県図書館に「豊田穣文庫」として収蔵されている。

経歴[編集]

満州四平街に生まれる。その後、郷里の岐阜県本巣郡穂積町(現瑞穂市)へ戻り、1937年(昭和12年)3月、岐阜県立本巣中学校を卒業。

軍人として[編集]

新聞記者・作家として[編集]

著書[編集]

  • 『ミッドウェー海戦』川瀬書店 1951
  • 『海なる墓標』虎書房 1956
  • 『長良川』作家社 1970 のち文春文庫、光人社文庫
  • 『知られざるソ連 15共和国の素顔』日本交通公社(ベルブックス) 1971
  • 『空の剣』文藝春秋 1971
  • 『ニューカレドニアの青春』第三文明社 1972
  • 『海兵四号生徒』文藝春秋 1972 のち文庫
  • 江田島教育』新人物往来社 1973 のち集英社文庫、新人物文庫
  • 『波まくらいくたびぞ 悲劇の提督・南雲忠一中将』講談社 1973 のち文庫
  • 『ミッドウェー戦記』文藝春秋 1973 のち文庫 
  • 『蒼ざめる神』冬樹社 1973
  • 『寂光の人 小説・川端康成ほか』文藝春秋 1973 、のち「順逆の人」ケイブンシャ文庫
  • 小野田元少尉の母』講談社 1974
  • 『南十字星の戦場』文藝春秋 1974 のち文庫
  • 『海の紋章』新潮社 1974 のち集英社文庫
  • 『攻撃隊発進せよ!』毎日新聞社 1974
  • 『艦隊山越え 征服王スルタン・メフメット』講談社 1974
  • 『月明の湾口』文藝春秋 1974
  • 『ラバウル心中』汐文社(シリーズ戦争と人間) 1975
  • 『世界を食べ歩く』日本交通公社 1975 のちケイブンシャ文庫 
  • 『炎の提督 ホレイシオ・ネルソン』毎日新聞社 1975 のち集英社文庫
  • 『処刑の島』文藝春秋 1976
  • 瑞鶴 栄光の空母』毎日新聞社 1976
  • 『四本の火柱 比叡霧島金剛榛名』毎日新聞社 1977 のち集英社文庫
  • 『小説平岡養一・木琴人生』福昌堂(Sunny novels) 1977
  • 『われ過ぎし日に』講談社 1977
  • 『海軍特別年少兵』青樹社 1978 「激戦地」集英社文庫
  • 『激流の孤舟 提督・米内光政の生涯』講談社 1978 のち文庫
  • 『攻撃隊発進せよ!』青樹社 1978 「撃沈」集英社文庫、光人社文庫
  • 『撃墜 太平洋航空戦記』集英社文庫 1978 のち光人社文庫
  • 『蒼空の器 若き撃墜王の生涯』光人社 1978 のち文庫
  • 『燃える怒濤 真珠湾のいちばん長い日』三笠書房、1978 のち集英社文庫
  • 『太平洋の盃 ソロモンの賦』光人社 1979
  • 松岡洋右 悲劇の外交官』新潮社 1979 のち文庫
  • 『空港へ 太平洋海空戦記』光人社 1979 「海軍特別攻撃隊」集英社文庫
  • 『三人の卜伝』中央公論社 1979 のち文庫
  • 『七人の生還者』講談社 1979
  • 『出撃』集英社文庫 1979
  • 『割腹 虜囚ロッキーを越える』文藝春秋 1979 のち集英社文庫
  • 『漂流記』三笠書房 1979
  • 『母ふたりの記』三笠書房 1980
  • 『航空巡洋艦利根筑摩の死闘』講談社 1980
  • 『空母信濃の生涯』集英社 1980 のち文庫、光人社文庫
  • 『新・蒼空の器 大空のサムライ七人の生涯』光人社 1980 のち文庫
  • 『男の人生劇場』新潮社 1980
  • 『北ボルネオ死の転進、玉砕!』三笠書房 1980 のち集英社文庫
  • 『同期の桜 かえらざる青春の記録』光人社 1981 のち文庫
  • 『古戦場に立つ』日本交通公社 1982
  • 『最後の元老西園寺公望』新潮社 1982 のち文庫
  • 『空母瑞鶴の生涯』集英社 1982 のち文庫
  • 『シルクロードの父よ』新潮社 1982
  • 『それぞれの戦争』全2巻 光人社 1982
  • 『蒼茫の海 軍縮の父 提督加藤友三郎の生涯』プレジデント社 1983 のち集英社文庫
  • 『戦記作家の雑記帳 青えんぴつ赤えんぴつ』光人社 1983
  • 『小説・東京裁判』講談社 1983
  • 雪風ハ沈マズ 強運駆逐艦栄光の生涯』光人社 1983 のち文庫
  • 『夜明けの潮 近藤真琴の教育と子弟たち』新潮社 1983
  • 『明治・大正の宰相』第4-8部 講談社 1983-84[4]
  • 『恩讐の川面』新潮社 1984
  • 『日本交響楽』全10巻 講談社 1984 のち文庫
  • 『人間交響楽』全7巻 講談社 1985-86
  • 『同期の桜 完結篇』光人社 1985
  • 『旗艦三笠の生涯』勁文社 1986 「戦艦三笠と東郷元帥」文庫
  • 『名将宮崎繁三郎 不敗、最前線指揮官の生涯』光人社 1986 のち文庫
  • 西郷従道 大西郷兄弟物語』光人社 1987 のち文庫
  • 『初代総理伊藤博文』講談社 1987 のち文庫
  • 『海軍軍令部』講談社 1987 のち文庫
  • 『情報将軍明石元二郎 ロシアを倒したスパイ大将の生涯』光人社 1987 のち文庫
  • 『平和交響楽』講談社 全3巻 1988
  • 建川美次永沼秀文 二人の挺進将軍』光人社 1988
  • 豊臣秀吉』講談社(少年少女伝記文学館) 1988
  • 『飛行機王・中島知久平』講談社 1989 のち文庫、光人社文庫
  • 『私論連合艦隊の生涯』光人社 1989 のち文庫
  • 鳩山一郎 英才の家系』講談社 1989 「英才の家系」文庫
  • 『孤高の外相重光葵』講談社 1990
  • 『鳥影』講談社 1990(心不全体験を描いた)
  • 『宰相・若槻礼次郎 ロンドン軍縮会議首席全権』講談社 1990
  • 『革命家・北一輝日本改造法案大綱」と昭和維新』講談社 1991 のち文庫
  • 『人間機関車・浅沼稲次郎』講談社 1991 のち学陽書房・人物文庫
  • 『あふれる愛 虹に祈る聖母』講談社 1992(コンウォール・リー
  • 『史談・国取り合戦史 戦乱の表舞台と裏舞台』大陸文庫 1992
  • 『悲運の大使野村吉三郎』講談社 1992
  • 『世界史の中の山本五十六 歴史を動かした英雄たちの研究』光人社 1992
  • 『心臓告知』講談社 1992 のち文庫
  • 福島安正 情報将校の先駆 ユーラシア大陸単騎横断』講談社 1993
  • 『戦争と虜囚のわが半世紀』講談社 1993
  • 『北洋の開拓者 郡司成忠大尉の挑戦』講談社 1994
  • 『最後の重臣岡田啓介 終戦和平に尽瘁した影の仕掛人の生涯』光人社 1994
  • 坂本竜馬』学陽書房・人物文庫 1996 のち学研M文庫
  • 『玉砕 日米陸戦記』光人社NF文庫 1999

著作集[編集]

  • 『豊田穣戦記文学集』(全11巻)講談社 1982-84
    • 1 マレー沖海戦
    • 2 ミッドウェー海戦
    • 3 ハワイ海戦と南雲中将
    • 4 提督の決断
    • 5 戦艦武蔵レイテに死す 
    • 6 戦艦重巡の死闘
    • 7 空母爆沈
    • 8 蒼空の器 撃墜王・鴛淵孝大尉
    • 9 空戦
    • 10 ああ海軍兵学校 豊田穣自伝Ⅰ
    • 11 海の紋章 豊田穣自伝Ⅱ
  • 『豊田穣文学/戦記全集』(全20巻)光人社 1990-92

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドナルド・キーン「わたしの日本語修行」(白水社 2014年
  2. ^ 「仮面の人」『寂光の人』142-3p
  3. ^ 中日文化賞:第41回-第50回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月24日閲覧。
  4. ^ 第1-3部は戸川猪佐武