コンテンツにスキップ

宝島 (真藤順丈の小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宝島』(たからじま、: HERO's ISLAND)は、真藤順丈の小説である[1][2]。2018年6月21日に講談社より出版された。

2025年に映画版が公開予定[3]

概要

[編集]

本作は「リュウキュウの青」「悪霊の踊るシマ」「センカアギヤーの帰還」の3部からなり[4]沖縄戦直後から始まった1952年の米軍統治時代から沖縄が日本に復帰した1972年までの沖縄を舞台としている[5]

あらすじ

[編集]

1952年の沖縄。米軍基地に忍び込んで物資を奪う「戦果アギヤー」として活躍していた孤児たち4人組グループ。中でもリーダー・オンちゃんは、住民のために薬を奪い、小学校を作るために木材を奪い、占領下の沖縄に勇気を与え続けて「伝説」と呼ばれていた。しかし極東最大の軍事基地「キャンプ・カデナ」に忍び込んだ夜、米軍から追われたオンちゃんは突如として失踪してしまう。後に残されたオンちゃんの親友グスクは警官に、オンちゃんの弟レイはアンダーグラウンドを転々とするテロリストに、そしてオンちゃんに好意を寄せていたヤマコは教師になって、戦後の沖縄でそれぞれの人生を懸命に生きる。 なぜ英雄は失踪したのか? 失踪の日、オンちゃんが探し当てた「予定にない成果」とは? 日本近現代史の中でも類を見ない激動の時代、美しい沖縄の地で物語は動き出す……[6][7]

登場人物

[編集]

以下に登場人物を列挙する[8]

  • オンちゃん - 戦果アギヤーの一人で、島の英雄とされている
  • グスク - オンちゃんの親友
  • レイ - オンちゃんの弟
  • ヤマコ - オンちゃんの恋人
  • タイラ - 反米闘争に明け暮れる港湾労働者
  • チバナ - 特飲街の女給
  • 国吉 - レイの先輩の受刑者
  • アーヴィン・マーシャル - 米民政府官僚
  • 小松 - マーシャル
  • 又吉世喜 - <那覇派>首領
  • ウタ - コザの浮浪児

受賞

[編集]

映画

[編集]
宝島
HERO's ISLAND
監督 大友啓史
原作 真藤順丈
製作 五十嵐真志
出演者 妻夫木聡
広瀬すず
窪田正孝
永山瑛太
製作会社 「宝島」製作委員会
配給 東映
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 日本の旗 2025年(予定)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2025年に公開予定。監督は大友啓史[12][13]

キャスト

[編集]

スタッフ

[編集]


映画製作委員会へ個人での投資 -日本初の映画を対象にしてのST化-

本映画「宝島」の製作委員会の一部に出資するデジタル証券「映画デジタル証券・フィルムメーカーズプロジェクト1 - HERO's ISLAND」が販売され、販売期間は2024年7月24日から同年8月13日。同証券の販売総額は368,000,000円で映画制作費等総額の約24%にあたる。証券化にあたり小口化され、1口10万円、3,680口限定での販売。ファンドの配当とは別枠で投資家特典として、応募口数により様々なものが提供されている。特典内容は試写会への特別招待(5口以上購入の場合)や、映画脚本の配布(10口以上購入の場合)、エンドロールへ購入者の氏名掲載(30口以上購入の場合)というものがある。[14]

映画を投資対象に資金を集めるクラウドファンディングは多数事例があるが、セキュリティトークンとしての金融商品取引法の枠内でのデジタル証券化は日本で初めての組成[15]となった。元本割れでの償還の可能性はあるというものの、一定の興行収入で配当が得られる仕組みである。

販売はシンガポール系証券会社のフィリップ証券でのみ取り扱われ、同社のセキュリティトークン事業の第一号案件でもある[15]

脚注

[編集]
  1. ^ 宝島 : HERO's ISLAND - 国立国会図書館リサーチ”. 2020年11月11日閲覧。
  2. ^ 直木賞を受賞した『宝島』 作家・真藤順丈、戦後沖縄を書くことに「腰が引けた」理由 | J-WAVE NEWS”. J-WAVE NEWS | 音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」 | J-WAVE 81.3 FM. 2020年11月11日閲覧。
  3. ^ 妻夫木聡、広瀬すず、窪田正孝、永山瑛太が共演!戦後の沖縄描く「宝島」来年公開”. 映画ナタリー. ナタリー (2024年5月22日). 2024年5月22日閲覧。
  4. ^ 『宝島』(真藤 順丈) 製品詳細 講談社BOOK倶楽部”. 講談社BOOK倶楽部. 2020年11月11日閲覧。
  5. ^ 直木賞作家・真藤順丈が『宝島』に込めた沖縄への思い”. shuchi.php.co.jp. 2020年11月11日閲覧。
  6. ^ 「越境する勇気を描く」『宝島』で直木賞、真藤順丈の沖縄への思い(石戸 諭) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2020年11月11日閲覧。
  7. ^ 規格外の面白さ、ここにあり。第九回山田風太郎賞 真藤順丈著『宝島』に決定!”. カドブン. 2020年11月11日閲覧。
  8. ^ 真藤順丈(しんどう じゅんじょう)-直木賞受賞作家|直木賞のすべて”. prizesworld.com. 2020年11月11日閲覧。
  9. ^ 第九回 山田風太郎賞受賞作品 | KADOKAWA”. 山田風太郎賞 | KADOKAWA. 2020年11月11日閲覧。
  10. ^ 公益財団法人日本文学振興会”. 日本文学振興会. 2020年11月11日閲覧。
  11. ^ 沖縄書店大賞 「宝島」「沖縄アンダーグラウンド」など3作品 | 沖縄タイムス+プラス ニュース”. 沖縄タイムス+プラス. 2020年11月11日閲覧。
  12. ^ a b c d "妻夫木聡さん主演で「宝島」映画化 広瀬すずさん共演 復帰前の沖縄舞台【コメント全文あり】". 沖縄タイムス. 22 May 2024. 2024年5月22日閲覧
  13. ^ a b c d e "直木賞『宝島』 実写映画化、妻夫木聡・広瀬すず・窪田正孝・永山瑛太ら出演 監督は『るろ剣』の大友啓史". ORICON NEWS. oricon ME. 22 May 2024. 2024年5月22日閲覧
  14. ^ フィリップ証券による映画「宝島」デジタル証券販売資料”. フィリップ証券ウェブサイト. 2024年7月24日閲覧。
  15. ^ a b 直木賞受賞・大作映画『宝島』のデジタル証券、本日より販売開始”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2024年7月24日). 2024年7月25日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]