一絃の琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一絃の琴』(いちげんのこと)は、宮尾登美子時代小説。またそれを原作としたテレビドラマ。

南国土佐を舞台に、幕末から明治へ時代が大きく変わっていく中で、「一絃琴」の音色に魅せられた2人の女性の生い立ち、確執、半生を描いた物語。小説では前半が苗を主人公、終盤は弟子の蘭子が主人公に据えられているが、ドラマ版では一貫して苗にスポットがあてられている。

第80回(1978年下半期) 直木賞受賞。

ストーリー[編集]

【第1部・幕末編】[編集]

時は、幕末土佐藩藩士の娘・澤村苗は、男子の習い事でもある一絃琴を習っていた。

ある日のこと。苗は、一絃琴の師範である大友流月と知り合う。苗は流月の元で、一絃琴の修行を始めた。厳しい稽古だがそれでも苗は彼の元で腕をみがき、それと同時に、次第に流月へ惹かれていく。だがそれもつかの間。流月が不慮の死を遂げた。

流月の一件以来、苗の元には縁談が持ち込まれる事が無くなってしまった。そんなある日。苗は望月健直から告白された。「必ず幸せにする」と言い切り、流月との経緯を知った上でも結婚したいというのだ。それからしばらくの後。苗は望月家へ嫁いだ。

望月家は武門の家柄で、苗は一絃琴を禁じられ姑・清から薙刀の稽古をつけられることに。様子を見に望月家を訪れた、妹・愛子は何も出来ずに立ち去る。

やがて、戊辰戦争が始まり、健直は兄とともに出陣していった。しばらくして、健直は戦死。健直の葬儀が終わり、苗は実家・澤村家へ帰ろうとするが望月家から許しが出ず、そのまま留まることに。1年が経ち、ようやく澤村家へ帰る事になった苗。帰る前に、姑・清に一絃琴を奏でた。

ドラマ[編集]

NHK総合2000年3月27日 - 7月31日に放送された。全18回。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  • 第1回「出会い」(2000年3月27日)
  • 第2回「師匠」(2000年4月3日)
  • 第3回「恋心」(2000年4月10日)
  • 第4回「秘密」(2000年4月17日)
  • 第5回「別離」(2000年4月24日)
  • 第6回「結婚」(2000年5月1日)
  • 第7回「嫁姑」(2000年5月8日)
  • 第8回「約束」(2000年5月15日)
  • 第9回「姉妹」(2000年5月22日)
  • 第10回「母娘」(2000年5月29日)
  • 第11回「後添い」(2000年6月5日)
  • 第12回「幸福」(2000年6月12日)
  • 第13回「決心」(2000年6月19日)
  • 第14回「弟子」(2000年7月3日)
  • 第15回「再会」(2000年7月10日)
  • 第16回「亀裂」(2000年7月17日)
  • 第17回「跡目」(2000年7月24日)
  • 最終回「旅立ち」(2000年7月31日)

外部リンク[編集]

NHK総合 月曜21時台枠(今作より時代劇ロマン
前番組 番組名 次番組
一絃の琴