磯智明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

磯 智明(いそ ともあき、1966年 - )は日本のテレビプロデューサー日本放送協会制作局第2制作センタードラマ制作部チーフプロデューサー[1]文化庁芸術祭優秀賞、ギャラクシー賞モンテカルロ・テレビ祭優秀賞、アジア太平洋放送連合賞等受賞。

経歴[編集]

東京都出身。東京都立国立高等学校を経て、1990年に一橋大学社会学部卒業。大学在学中は映像制作のサークルで活動し、矢澤修次郎ゼミナールに参加。同年、日本放送協会入局。NHK名古屋放送局に配属。1994年日本放送協会制作局ドラマ番組部助監督。演出を経て、2005年からプロデューサー。2007年名古屋放送局制作部プロデューサーに異動。2010年日本放送協会制作局第2制作センタードラマ制作部チーフプロデューサー[2][3]

文化庁芸術祭優秀賞、ギャラクシー賞モンテカルロ・テレビ祭優秀賞、アジア太平洋放送連合賞等受賞[4][5]

作家・哲学者の東浩紀は従兄弟[6]

制作統括をつとめた大河ドラマ『平清盛』(2012年)では皇室に対し「王家」という用語を使った事が物議を醸した[7]。この問題は2012年3月29日に第180回国会参議院総務委員会にて当時野党だった自民党片山さつき参議院議員が「批判があって、このプロデューサーの磯さんという方が~なぜもう少し慎重に、また宮内庁にもお聞きになったのかと、これは皇室にとっては先祖の呼称ですから非常に重要なんで」と当時NHK会長の松本正之に対して質疑を行った[8]

作品[編集]

演出[編集]

制作統括[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「どうする家康」はふざけすぎ?磯智明CPが明かす番組タイトルの由来”. 日刊スポーツ (2021年12月12日). 2021年12月12日閲覧。
  2. ^ 平成24年大学コンソーシアム京都・単位互換科目NHK講座第10回”. NHK ONLINE. 2013年5月18日閲覧。
  3. ^ 如水会>ニュース:General:磯 智明氏略歴”. 一橋大学. 2013年5月18日閲覧。
  4. ^ 第6回 練馬まちづくり 「歴史と文化講座」NHK大河ドラマ「平清盛の舞台裏”. 南田中のまちを考える会. 2013年5月18日閲覧。
  5. ^ この人に、聞きたい!:NHK大河ドラマ「平清盛」チーフプロデューサー磯 智明さん”. い〜悠々ドットコム:株式会社ア・プリオリ. 2013年5月18日閲覧。
  6. ^ [1]東浩紀
  7. ^ 「皇室を『王家」適切なの? NHK大河『平清盛』に疑問の声」産経新聞 2012.1.24
  8. ^ 国会会議録 第180回国会 参議院 総務委員会 第8号 平成24年3月29日 138番目の発言
  9. ^ 【お知らせ】”. おわこんTV. 日本放送協会 (2014年10月2日). 2014年10月4日閲覧。
  10. ^ 《連続テレビ小説100作目 決定》ヒロインは広瀬すず! 夢と冒険、愛と感動のドラマ 連続テレビ小説 夏空(なつぞら)”. NHK_PR. 日本放送協会 (2017年11月20日). 2017年11月23日閲覧。
  11. ^ 2023年 大河ドラマ「どうする家康」主演は松本潤さん!”. NHKドラマトピックス. 日本放送協会 (2021年1月19日). 2021年1月19日閲覧。