オトコマエ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オトコマエ!
ジャンル 時代劇
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
企画 NHKエンタープライズ
演出 石塚嘉黛りんたろう
原作 井川香四郎梟与力吟味帳
シリーズより
脚本 斉藤樹実子井川香四郎
川上英幸坂田義和
菱田信也
出演者 福士誠治斎藤工
片岡鶴太郎藤村俊二
井上和香近野成美
浅田美代子柴田恭兵
音声 ステレオ放送
字幕
エンディング 中村雅俊『涙』
オトコマエ!
放送時間 土曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 2008年4月12日 - 7月26日(13回)
プロデューサー 菅野高至安原裕人
外部リンク オトコマエ! NHK土曜時代劇
オトコマエ!2
放送時間 土曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 2009年9月5日 - 12月12日(14回)
プロデューサー 菅野高至(NHKエンタープライズ)
加賀田透(NHKドラマ番組)
外部リンク オトコマエ!2 NHK土曜時代劇
テンプレートを表示

土曜時代劇 オトコマエ!』(どようじだいげき オトコマエ)は、NHK総合テレビで放送されている時代劇。放送時間は土曜日の19:30 - 20:00。第1部が2008年4月12日から7月26日までの全13回。

なお、本作はNHK木曜時代劇枠を引き継いだ最初の作品である。

本項では続編「オトコマエ!2」についても記述する。

概要[編集]

時は天保の頃、明治維新を目前に控えた1840年代、ところは江戸の町。

同じ寺子屋に学んだ幼馴染コンビ、北町奉行所吟味方与力・藤堂逸馬(とうどう いつま)と評定所吟味物調役・武田信三郎(たけだ しんざぶろう)が、江戸の町で弱者いじめを行なう権力者達に立ち向かう。公儀と豪商の癒着利権を暴いたり、瓦版の名誉毀損・事実無根の内容に対して謝罪声明掲載を命じたり(パート2最終回)など、現代ドラマにも通じる脚本が書かれている。

クライマックスで藤堂の切る啖呵「てめえら、ぜってぇ(絶対)許せねぇ!」が決め台詞。

2009年9月5日から12月12日まで第二弾「オトコマエ!2」が放送された。

キャスト[編集]

オトコマエ![編集]

その他のキャスト[編集]

オトコマエ!2[編集]

茜、勘吉、留吉は登場せず。これ以外の出演者は従前どおり。
ただし一部の登場人物の年齢が若干上下しており[1][2]、前作ではその存在を匂わせるだけに留まっていた刺青を遠山が見せるようになる、事件の探索だけをしていた逸馬が度々白州で裁きを下すようになるなど、随所に細かな設定変更がある。

ゲスト[編集]

オトコマエ![編集]

  • 第9回「夢、見てえ」
  • 最終回「そして目が覚めた」

オトコマエ!2[編集]

  • 第2回「千両小町」
    • お花:柳沢なな
    • 稲葉屋智右衛門:吹越満
    • 芳吉:蟹江一平
    • 伊藤裕三郎(阿部家用人):松澤一之
    • 田所浅之介(倉田家用人):渡辺哲(引き続き第3回にも登場)
    • 阿部(殿様・回想):新田純一(朱雀役の帆之亟のブログによれば、出演部分は尺の問題でカット)
    • お花の母(回想):浜田翔子
  • 第3回「おかげさま」
    • 円恵和尚(永得寺住職)=柳家華人(戯作本作者):江波杏子
    • 倉田主水介勝成(静江の父):有福正志(後に第13回にも登場)
    • 尼僧:山下容莉枝

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

オトコマエ![編集]

各回 放送日 サブタイトル 視聴率
第1回 2008年4月12日 許さねえ 10.6%
第2回 2008年4月19日 助けてえ 11.7%
第3回 2008年4月26日 はめられた 前編 10.5%
第4回 2008年5月3日 はめられた 後編 9.3%
第5回 2008年5月17日 しくじった 8.3%
第6回 2008年5月24日 休みてえ 9.0%
第7回 2008年5月31日 女だますな 9.0%
第8回 2008年6月14日 信じてえ 8.3%
第9回 2008年6月28日 夢、見てえ 8.0%
第10回 2008年7月5日 兄ちゃんだい 8.9%
第11回 2008年7月12日 悪人狩り 前編 7.5%
第12回 2008年7月19日 悪人狩り 後編 8.6%
最終回 2008年7月26日 そして目が覚めた 10.3%
平均視聴率9.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

5月10日・6月21日はプロ野球(巨人対中日戦、巨人対ソフトバンク戦)中継のため休止。6月7日は『エコライフ・フェア2008』関連特別番組「SAVE THE FUTURE」のため休止。6月14日は岩手・宮城内陸地震関連特別編成のため30分繰り下げ[2]

オトコマエ!2[編集]

各回 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1回 2009年9月5日 医は仁術なり 川上英幸 黛りんたろう 10.1%
第2回 2009年9月12日 千両小町 菱田信也 本木一博 10.4%
第3回 2009年9月19日 おかげさま 黛りんたろう 10.0%
第4回 2009年9月26日 里山の決戦 前編 川上英幸 本木一博 9.5%
第5回 2009年10月3日 里山の決戦 後編 10.4%
第6回 2009年10月10日 佐和の恩返し 菱田信也 田中英治 8.3%
第7回 2009年10月17日 夫婦日和 飯野陽子 黛りんたろう 9.0%
第8回 2009年10月24日 落とし穴 前編 川上英幸 本木一博 8.9%
第9回 2009年10月31日 落とし穴 後編 7.6%
第10回 2009年11月14日 恋のからくり 菱田信也 田中英治 9.7%
第11回 2009年11月21日 損して得とれ 梶本惠美 黛りんたろう 10.5%
第12回 2009年11月28日 不肖の孫 飯野陽子 本木一博 11.0%
第13回 2009年12月5日 静江の恋 梶本惠美 田中英治 9.9%
最終回 2009年12月12日 卒業試験 菱田信也 10.9%
平均視聴率9.7% (ビデオリサーチ調べ・関東地区)

11月7日は2009NHK杯フィギュア「女子シングル・フリー」中継のため休止。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原作に登場する奥祐筆仕置係(“おくゆうひつ・しおきがかり”。評定衆選任担当)・毛利八助はドラマには登場しない。 また、原作では信三郎の母の名前が「香澄」となっている。
  2. ^ 東北地方では地震関連ニュースによる特別編成のため、2008年6月21日16:30 - 17:00 (JST)に延期された。

外部リンク[編集]

NHK総合テレビ 時代劇枠番組
前番組 番組名 次番組
鞍馬天狗
【ここまで木曜時代劇枠】
オトコマエ!
【ここから土曜時代劇枠】
土曜時代劇
枠設立前につき無し
オトコマエ!
陽炎の辻2〜居眠り磐音 江戸双紙〜
オトコマエ!2
NHK総合テレビ 土曜19時台後半枠
オトコマエ!
【ここから土曜時代劇枠】
陽炎の辻2〜居眠り磐音 江戸双紙〜