小森和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小森 和子(こもり かずこ、1909年(明治42年)11月11日 - 2005年(平成17年)1月8日)は映画評論家タレント

旧姓は安彦(あびこ)。愛称は「(小森の)おばちゃま」。

プロフィール[編集]

東京都港区赤坂に生まれ育つ。東京府立第三高等女学校(現・東京都立駒場高等学校)卒業後、『婦人公論』誌編集部で見習い記者を務める。関係を持った菊池寛の運営する『映画時代』誌編集部へ移り、さらに京都で作家の川口松太郎の愛人生活を送るようになる。その後、神戸にあったイギリスの船舶会社『P&O』の日本支店でOL生活を送る。神戸で知り合ったNHK元会長・小森七郎の息子小森一郎と32歳で結婚。神奈川県藤沢市鵠沼第二次世界大戦の終結を迎えた。

1947年(昭和22年)に『映画の友』誌の編集部に入り、当時の編集長の淀川長治の勧めで映画評論活動を開始。のち一身上の都合で『映画の友』誌の編集部を一方的に辞職し、そのために淀川と一時険悪な関係にあった。

アメリカの映画俳優ジェームズ・ディーンの熱狂的崇拝者として有名。作家の三島由紀夫が戦後早々と渡米して、ジェームズ・ディーン行きつけのバーを訪れたことを知るや、「その時にあなたが穿いていたズボンを頂戴。ジミーが座っていた場所に座っていた、そのズボンを」と要求し、三島を驚かせた。

48歳で離婚し、まだ日本人の渡米が困難だった1958年(昭和33年)、単身渡米して、ジェームズ・ディーンの墓参を果たすと共に、『映画の友』編集者時代からの親友シャーリー・マクレーンの紹介でハリウッドを訪問。当時まだアメリカでは日本人女性が大変珍しかったのでフランク・シナトラたちから大歓迎を受けた。シャーリー・マクレーンの娘サチコ(女優のサチ・パーカー)の名前は小森の命名による。この渡米ではニューヨークで作家の檀一雄と恋愛関係になった。その檀とのファーストコンタクトの模様を昼番組「いただきます」で堂々と披露。編集者として檀の原稿を取りに行った際、執筆に行詰まった檀から「筆が進むからチンポをさすってくれ」と突然命令されて恐々とその命令に従ったところ、檀の執筆のスピードが上がったと語った。

話を切り出す際の一人称として「おばちゃまはねぇ…」と言っていたこともあり、(小森の)おばちゃまとして親しまれ、1980年代片岡鶴太郎が小森のものまねをしたことがきっかけで、バラエティ番組出演も多く、玉ねぎ型の髪型とその喋り、人柄から人気を得た。

映画ファンが集まり語り合う場所として、六本木でムービーサロン『ココ』を20年に渡って、主宰した。そこで働いていた従業員の女性を気に入り、独り身であった小森に「養女にならないか」と度々誘われ、最初は女性は断っていたが、後述される小森の容態が悪くなってからは、小森の介護をするために養女となる。

1992年(平成4年)に熊本県熊本市の映画サークルに、映画評論家時代の映画資料1万点を寄贈。

1995年(平成7年)3月に自宅で転び、更に転んだ先に暖房ヒーターがあり、ヒーターの熱風で顔に火傷を負ってからはマスメディアに露出することがなくなり、1998年(平成10年)11月に車椅子で淀川長治の葬儀に出席したのが公の場に姿を見せた最後となる。晩年の10年はパーキンソン病老人性認知症うつ病を患い、寝たきりの状態で自宅療養生活を送り、養女が介護していた。2005年(平成17年)1月8日午前1時42分、呼吸不全のため、東京都の自宅で死去。享年95。

小森の資産は、貯金と不動産を合わせて4億あると言われ、その資産が全て無くなっている事から、小森の養女が食い潰したとしてマスコミのバッシングを浴び、多くの報道陣が小森の養女にの自宅に押しかけるが、一切コメントをしなかった。2014年10月10日放送の「爆報!THE フライデー」で、養女がインタビューに応じ、自身が肺気腫で余命半年ということを明かし、生きている内に全てを話そうと、小森の晩年や資産の使い道を明かした。その中で、資産は小森の入院費や自宅のバリアフリー化、友人からの介護施設の投資話を持ちかけられ、小森のためにと出資するが、介護施設の運営が赤字となって結局解任させられる。そのような事があって小森の資産を使い切ったが、小森も容認しており、決して私利私欲のために使っていなかったと語った。

小森の訃報を受けて、弔問に訪れた片岡鶴太郎は小森に敬意を示して「もう小森さんのものまねは封印します」と涙ながらに宣言した。2014年10月10日放送の「爆報!THE フライデー」で晩年の小森の特集をした際、親しかった人物として片岡が登場して小森の事を語り、VTR終盤で、小森の気持ちを想像した小森のものまねを久々に披露した。

奔放な性遍歴と率直な人柄の持ち主としても知られ、菊池寛川口松太郎檀一雄の愛人だったことを自ら述懐している。

著書[編集]

  • スター・ア・ラ・カルト じかに会った素顔の味わい(エヌピー出版、1975年
  • 流れるままに、愛(集英社1984年
  • おばちゃまのモア・ベター人生論(講談社、1984年)
  • 映画はわたしの恋人 おばちゃまのシネマ人生80年(近代映画社1990年

小森和子を演じた女優[編集]

出演歴[編集]

バラエティ[編集]

ドラマ[編集]

主なCM出演[編集]

参考資料[編集]