サチ・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サチ・パーカー
本名 ステファニー・サチコ・パーカー
Stephanie Sachiko Parker
生年月日 (1956-09-01) 1956年9月1日(65歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
活動期間 1985年 -
配偶者 Frank Murray(1993-2011)
著名な家族 シャーリー・マクレーン(母)
ウォーレン・ベイティ(Warren Beatty)(叔父)
主な作品
西の魔女が死んだ』(2008年)
テンプレートを表示

サチ・パーカー(Stephanie Sachiko Parker、本名:サチコ・パーカー1956年9月1日 - )は、アメリカ合衆国出身の女優

母は同じく女優のシャーリー・マクレーン、父は映画製作者のスティーブ・パーカー

概要・経歴[編集]

1956年9月1日カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。両親ともに親日家としても知られ、「サチコ」という名前も"blessed child"(祝福された子供)を意味することから、当時渡米中だった小森和子により命名された。2歳から6歳までを母シャーリー・マクレーンとアメリカで過ごす。その後6歳から12歳までを日本・東京に住む父親スティーブ・パーカーのもとで過ごし、学習院初等科に通っていた。

日本での修学の後、自身の希望でスイスとイギリスの全寮制の学校で教育を受ける。英語はもちろん、日本語、フランス語も流暢で広東語もできる。

大学卒業後、カンタス航空フライトアテンダントをしていた。その後パリでの勉強を終え、母の影響で演技の才能に目覚め、ハリウッドの俳優学校に入学、女優を志すようになる。

1985年、『バートレイノルズのスティック』で映画デビューを果たす。

1988年FCI駐在のジャーナリストであるクリストファー・フィールドと共に『FNNモーニングコール』のニューヨークキャスターを務める。

1993年、Frank Murrayと結婚、二子をもうける。

2007年、日本映画『西の魔女が死んだ』の主演・おばあちゃん(イギリス人)役に抜擢された。日本語は理解できるが、読めるのは平仮名のみのため、この映画のオファーを受けた際には日本人の友人に原作の小説を読んでもらったという[1]

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー(現KADOKAWA)、2008年7月号)「西の魔女が死んだ」インタビューより

外部リンク[編集]