映画の友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

映画の友(えいがのとも)、映画之友は、かつて存在した映画雑誌である。発刊時期や出版元の異なる複数の雑誌[1][2][3]がこの名を用いた。

1. 映画の友(映画之友)
映画世界社(後の映画の友社)[1]が出版していた洋画専門の映画情報誌。1924年4月[4]に橘弘一郎(「橘弘一路」[5][6]とも)が『映画世界』[4][7][注 1][注 2]として創刊[9][10]。1931年1月の第9巻第1号[注 3]で『映画之友』へと改名された[11][4]戦時統制による雑誌の統合整理のため1940年12月号をもって休刊し、他誌と統合されて下記2.の『映画之友』誌となった[6][12]。1946年に復刊し[1][13]、1968年3月号(1月発行)[1]で再び休刊となった[14]。橘弘一郎[9]、大黒東洋士[15][13]、淀川長治[14][16]などが編集長を務めた。→大黒東洋士および淀川長治を参照。
2. 映画之友
映画日本社[2]が出版していた映画情報誌。1941年1月[2][6]に『映画フアン』・『キネマ』・『新映画』[17]・『スタア』および上記1.の『映画之友』の合計5誌が戦時統制によって統合され、新たに『新映画』[18]と『映画之友』[2]の2誌が創刊された[12]。名称は上記1.の『映画之友』誌からの引き継ぎで、橘弘一路や大黒東洋士など編集スタッフも共通する[5][6]ものの、内容は刷新され[12][6]、より広い読者層を対象[12]とする日本映画中心の雑誌となった。1943年12月、さらなる雑誌統廃合を目指す情報局の意向により休刊し[19]、『新映画』誌[20]に統合された[19]
3. EIGA NO TOMO(映画の友)
近代映画社[3]が出版していたポルノ映画専門の映画情報誌。1976年創刊[16]、1986年に『映画ランド』[21]へと改名され[16]、1990年休刊[16]。1976年の創刊時には上記の1.の『映画の友』誌から商標権を譲り受けたという[14][16]。→近代映画社を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『映画世界』誌の創刊時の出版元は蒲田雑誌社[4]。その後の号で同系列の映画世界社に引き継がれている[4]
  2. ^ 1924年創刊の『映画世界』[7]は、1947年創刊[4]の同名誌[8]とは異なる。
  3. ^ 1924年(大正13年)4月の創刊号が1巻1号であるならば1931年(昭和6年)1月号は8巻1号となるはずだが、誌面[11]には9巻1号とある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 映画の友: magazine for world movies | 書誌詳細 | 国立国会図書館オンライン”. 国立国会図書館. 2020年5月1日閲覧。(1931年-1940年、1946年-1968年)
  2. ^ a b c d 映画之友 | 書誌詳細 | 国立国会図書館オンライン”. 国立国会図書館. 2020年5月1日閲覧。(1941年-1943年)
  3. ^ a b Eiga no tomo | 書誌詳細 | 国立国会図書館オンライン”. 国立国会図書館. 2020年5月1日閲覧。(1976年-1986年)
  4. ^ a b c d e f 鎌野完「雑誌『映画世界』について」『日本古書通信』2014年11月号(通巻1024号)、日本古書通信社、2014年11月、 22-23頁。
  5. ^ a b 「編輯後記」『映画之友』第18巻第12号、映画世界社、1940年12月、 140頁。
  6. ^ a b c d e 「編輯後記」『映画之友』第1巻第1号、映画日本社、1941年1月、 132頁。
  7. ^ a b 映画世界 | 書誌詳細 | 国立国会図書館オンライン”. 国立国会図書館. 2020年7月12日閲覧。(1924年-1930年)
  8. ^ 映画世界 | 書誌詳細 | 国立国会図書館オンライン”. 国立国会図書館. 2020年7月12日閲覧。(1948年-1951年)
  9. ^ a b 橘 弘一郎(タチバナ コウイチロウ)とは”. 20世紀日本人名事典. コトバンク. 日外アソシエーツ. 2020年6月1日閲覧。
  10. ^ 橘弘一郎(たちばな こういちろう)とは”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. コトバンク. 講談社. 2020年6月1日閲覧。
  11. ^ a b 「編輯後記」『映画之友』第9巻第1号、映画世界社、1931年1月、 136頁。
  12. ^ a b c d 「『映画之友』創刊にあたつて」『映画之友』第1巻第1号、映画日本社、1941年1月、 59頁。
  13. ^ a b (無題、編集後記相当の文章)『映画之友』復刊第1巻第1号、映画世界社、1946年4月、 34頁。
  14. ^ a b c 小野雅彦 (2018-03-16). “伝説的雑誌『映画の友』 創刊編集長が語るヒットの哲学”. 週刊ポスト.  オンライン版(NEWSポストセブン) ページ1ページ2ページ3、2018年3月9日、2020年5月1日閲覧。
  15. ^ 大黒 東洋士(オオグロ トヨシ)とは”. 20世紀日本人名事典. コトバンク. 日外アソシエーツ. 2020年6月23日閲覧。
  16. ^ a b c d e 安田理央『日本エロ本全史』太田出版、2019年7月14日、64-65頁。ISBN 978-4-7783-1674-7
  17. ^ 新映画 | 書誌詳細 | 国立国会図書館オンライン”. 国立国会図書館. 2020年6月23日閲覧。(-1940年)
  18. ^ 新映画 | 書誌詳細 | 国立国会図書館オンライン”. 国立国会図書館. 2020年6月23日閲覧。(1941年-1943年)
  19. ^ a b 「編輯後記」『映画之友』第3巻第12号、映画日本社、1943年12月、 66頁。
  20. ^ 新映画 | 書誌詳細 | 国立国会図書館オンライン”. 国立国会図書館. 2020年6月23日閲覧。(1944年-1953年)
  21. ^ 映画ランド | 書誌詳細 | 国立国会図書館オンライン”. 国立国会図書館. 2020年5月1日閲覧。(1986年-1990年)