月曜ドラマランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

月曜ドラマランド(げつようドラマランド)は、1983年4月4日から1987年11月9日まで、フジテレビ系列の毎週月曜日19:30 - 20:54に放送されていた単発のテレビドラマ枠。

概要[編集]

番組開始当初は長谷川町子原作の中原理恵主演『いじわる看護婦』、青島幸男主演『意地悪ばあさん』、石立鉄男主演『どっきり天馬先生』シリーズ等のホームコメディが主流だった。その後、俳優ではないタレントらによる主に4コマ漫画原作のドタバタ・コメディと、アイドル主演による少女漫画や青年誌漫画原作の青春ドラマが主流となる[1]。番組後期の1986年からはフジテレビが抱えるおニャン子クラブのメンバーを主演に置いたものが多数作られるようにもなった。特に漫画原作のドラマ化には非常に積極的で、中には連続ドラマ化されたものもあれば、アニメ化されたものもある。また『ゲゲゲの鬼太郎』などの一部作品を除き、小松政夫塩沢ときが常連として出演していた。

ゴールデンタイムでの放送であることから、内容はライトタッチなものばかりで、愛憎渦巻くサスペンスや社会問題などは題材として扱わなかった。そのため、タレントやアイドル主演のものが主流になって以降は、主演の人気タレント、アイドルゆえのスケジュールの都合による撮影期間の短さや役作りの不徹底による演技のつたなさ[注 1]、ドラマ化しづらい漫画原作を特撮的なトリックや、80年代当時はあまり技術が発達していなかった合成映像など苦肉の策で再現しようとしていたり、設定の改変を余儀なくされてしまうことも少なくなく、作品によってはかなり荒唐無稽な内容になってしまうことも多かった。そのため、ドラマとしての完成度を求める視聴者からは「学芸会ドラマ」などと揶揄され、嫌悪されていたこともあった。ただ、常識的に可能かどうかはほとんど顧慮せずに次々とマンガの実写映像化を行い続けたため、今日に至るも唯一の実写版となっている例(「おそ松くん」「おじゃまんが山田くん」など)が少なくない。

年に何回かは、同じ時間枠で『月曜ドラマランド』とは別に、『第一生命スペシャル』や『ニッセイスペシャル』と銘打った、家族の絆などを題材にした若干シリアスタッチのホームドラマも放送されていた。

前半のローカルセールス枠では、当時ドラマ番組では珍しく途中入れ替えでもスポンサー読み上げコメントを一切行なわず、本編中に画面右下に提供クレジットを表示するのみだった(本番組休止で単発特番が組まれていた場合でも、本番組のスポンサー枠のみ同様の対応をとっていた)。なお後半のネットセールス枠では提供クレジットが画面一面に表示され、スポンサー読み上げコメントも行われていた。

番組の終了[編集]

1987年秋改編により1983年4月から続いた当枠は4年半の歴史に幕を閉じた。最終回関連の放送は下記のとおりである。

主な放送作品[編集]

タイトル 放送日(期間) 主演 制作会社など
あんみつ姫 1983年5月23日 - 1984年1月9日 小泉今日子 テレパック
とことんトシコ 1983年1月28日、1984年5月7日 山田邦子 テレパック
意地悪ばあさん 1983年10月10日 - 1987年10月5日 青島幸男 テレパック
共同テレビ
  • 毎年4月・10月に放送。元々は連続ドラマとして放送されていた(1981年10月12日 - 1982年12月27日)。
  • 本枠終了後も1989年4月まで単発スペシャルが放送された。
胸さわぎの放課後 1983年10月24日、12月19日 ジャニーズ少年隊 東宝
少年隊のただいま放課後スペシャル 1984年6月4日 少年隊 東宝
ビートたけしのこにくらじいさん 1984年8月20日 - 12月10日 ビートたけし
ぐうたらママ 1983年7月4日 - 1984年6月18日 坂口良子 テレパック
てんてん娘 1984年6月25日 原真祐美 テレパック
心はロンリー気持ちは「…」 I 1984年12月17日 明石家さんま田中美佐子
特別機動少女隊 ホールドアップ!! 1985年4月22日 少女隊 テレパック
心はロンリー気持ちは「…」 II 1985年7月15日 明石家さんま、萬田久子
純ちゃんの奥さまは魔女 1984年7月16日 美保純 アズバーズ
  • アメリカのテレビドラマ『奥さまは魔女』とのストーリー上の関連性はない。
いたずらデパートギャル・女は度胸 1984年10月29日 松本伊代 テレパック
ハーイあっこです 1984年11月5日、1985年10月14日 三田寛子三田村邦彦 泉放送制作
野球狂の詩 1985年1月7日 斉藤由貴 テレパック
もーれつア太郎 ニャロメ!!出生の秘密を知ったとき少女に何が起こったのココロ!? 1985年5月20日 久保田篤 大映テレビフジテレビ
ゲゲゲの鬼太郎 1985年8月5日 六浦誠 東映
  • フィルム撮影。
一休さん 1985年8月12日 富田靖子 テレパック
1986年11月17日 浅香唯 共同テレビ
仮面の忍者赤影 1985年8月26日 黒崎輝 テレパック
時をかける少女 1985年11月4日 南野陽子 アズバーズ
おそ松くん 1985年12月16日 中島陽典
ザ・サムライ 1986年2月24日 沖田浩之 円谷プロ
志村けんのバカ殿様 1986年4月28日 - 1987年11月9日 志村けん イザワオフィス
  • ドラマではなくコントを中心としたお笑い番組。
  • 本枠終了後も特番として放送されている。
悪魔くん 1986年9月15日 玉木潤 東映
ひみつのアッコちゃん 1987年2月9日 八木さおり
セーラー服露天風呂卒業旅行 1987年4月13日 松本典子
新ハーイあっこです 1987年4月20日 森尾由美渡辺裕之 泉放送制作
キョンシーズ 霊幻道士 今よみがえる魔界伝説! 1987年4月27日 間下このみ
タッチ 1987年6月1日 岡本健一 アズバーズ
生徒諸君! 1987年6月8日 伊藤美紀 ホリプロダクション

植田まさし原作作品[編集]

この枠でドラマ化された4コマ漫画作品の代表的原作者。植田まさし作品の実写化はテレビ東京系でドラマ化された『すっから母さん』を除けば、この枠でしか行われていない。

タイトル 放送日(期間) 主演
のんき君 1983年12月12日 - 1984年10月8日 明石家さんま
おとぼけ駅員 キップくん 1985年6月24日、1986年2月17日 前川清
まさし君 1985年2月18日 風見しんご

藤子不二雄原作作品[編集]

本枠で放送された藤子不二雄作品については、全て「藤子不二雄の~」と冠されている。

タイトル 放送日(期間) 主演 制作会社など
藤子不二雄の夢カメラ 1986年3月3日、1987年3月2日 中山美穂荻野目洋子小泉今日子
南野陽子富田靖子三田寛子
KANOX
  • いずれも全3話のオムニバス構成。
  • 1987年放送分は『月曜ドラマランドひな祭りスペシャル』。
  • 後にテレビシリーズ化(全4話、東映製作)。
藤子不二雄の赤毛のアン子 1986年11月3日 荻野目洋子 KANOX
藤子不二雄のバケルくん 1987年5月4日 畠田理恵 共同テレビ
  • 複数話のオムニバス構成で、各サブタイトル画面に原作キャラのアニメーションが使用された。

石立鉄男主演作品[編集]

タイトル 放送期間 話数
どっきり天馬先生 1983年4月11日 - 10月31日 全13話
どっきり双子先生・乙女学園男子部 1983年11月14日 - 1984年3月19日 全8話
乙女学園すみれ寮 1984年4月23日 - 9月10日 全4話

おニャン子クラブ出演作品[編集]

タイトル 放送日 出演 制作会社など
かぐや姫とんで初体験?! 1985年7月1日 岡田有希子福永恵規 ジャパンプロデュース
ボクの婚約者 1986年1月13日 福永恵規、内海和子 アズバーズ
透明少女 1986年3月10日 河合その子 共同テレビ
三代目はおニャン子お嬢様!? 花吹雪893組 1986年3月17日 国生さゆり アズバーズ
おニャン子学園危機イッパツ とんだ放課後 1986年5月12日 おニャン子クラブ全員 アズバーズ
二十歳の時 1986年6月9日 三田寛子、国生さゆり 共同テレビ
「日生ファミリースペシャル」
あしながおじさん 1986年7月7日 高井麻巳子 泉放送制作
みゆき 1986年8月4日 河合その子(二役) 共同テレビ
もしかして婚約者!? 1986年8月18日 内海和子、福永恵規 アズバーズ
探偵桃語 1986年10月27日 渡辺美奈代渡辺徹 共同テレビ
有閑倶楽部 1986年11月10日 国生さゆり KANOX
What's Michael? ホワッツマイケル 1986年11月24日 吉沢秋絵 泉放送制作
  • マイケルなど猫たちはパペットで登場。
おニャン子捕物帳 謎の村雨城 1986年12月8日 城之内早苗 アズバーズ
ねらわれた学園 1987年1月26日 新田恵利 東宝
ないしょのハーフムーン 1987年2月16日 高井麻巳子、中山秀征 共同テレビ
看護婦アカデミー 1987年3月9日 渡辺満里奈樹原亜紀白石麻子
横田睦美貝瀬典子斉藤満喜子
名越美香
アズバーズ
いきなり婚約者!! 1987年3月23日 福永恵規、内海和子 アズバーズ
フローズン·ホラー·ショー 1987年5月18日 松本伊代、新田恵利、福永恵規 SOLD OUT
監督:堤幸彦
プロデュース:秋元康
おさな妻! ママはあぶない17才!! 1987年7月20日 渡辺満里奈 アズバーズ
夏休み妖怪バラエティ オバの魔法使い 1987年8月10日 小堺一機、高井麻巳子 ライオンスペシャル」

エンディングテーマ[編集]

※上記以外にもおニャン子クラブ関連の曲は使われている。
※他に主演アイドルの曲も使用されていた。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 演技経験のない若手アイドルに経験を積ませるための実験的な意図もあったとされる[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 「BonusColumn 月曜ドラマランドの時代」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、pp.174 - 175。C0076。ISBN 4-88475-874-9

関連項目[編集]

フジテレビ 月曜19:30 - 20:54枠
前番組 番組名 次番組
エプロンおばさん
(19:30 - 20:00)
※30分繰上げ
おまかせください、
オレの女房どの

(20:00 - 20:54)
月曜ドラマランド
オレの妹急上昇
(19:30 - 20:00)
志村けんのだいじょうぶだぁ
(20:00 - 20:54)