大江戸捜査網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大江戸捜査網』(おおえどそうさもう)は、1970年10月からテレビ東京系列ほかで放送されたテレビ時代劇作品である。連続ドラマは全6シリーズ、713話。

製作時期や配給形態で以下に分類されるが、本記事では全て説明する。

  1. 1970年10月から1984年3月まで途中2度の中断を挟み、土曜日の夜日産自動車グループの一社提供による「日産劇場」として放送[注釈 1] のシリーズ。制作当初はアメリカ合衆国のテレビドラマ『アンタッチャブル』のコンセプトで、連続時代劇を作ろうとされた為に、番組の初期の第1シリーズ第1話~第39話には『大江戸捜査網 アンタッチャブル[注釈 2]とサブタイトルが付けられていた。
  2. 此の番組では、後に時代劇の大看板俳優となった杉良太郎里見浩太朗松方弘樹が主役を務めた(昭和版 杉;第1シリーズ第1話~第3シリーズ第26(通算130)話〔130話分〕、里見;第27(通算131)話~第305(通算409)話〔278話分〕、松方;第306(通算410)話~第536(通算640)話〔230話分〕)。
  3. 第1シリーズ、第2シリーズ、第3シリーズの話数を、各テレビ局では、作製した東京12チャンネル→テレビ東京を始め、ネット局や再放送ネット局、CS通信衛星放送の専門チャンネルでも、第1シリーズから通算で管理されており、それぞれのシリーズでの第1話からの管理はされておらず、再放送等での話数も通算で記されている。第2シリーズは、第1シリーズの話数の+52を、第3シリーズは、第1シリーズと第2シリーズを足した+104をそれぞれ足した通算の数が、テレビ放送局での使用話数[注釈 3]となる。以下には、テレビ番組の欄で使われている通算の話数と、それぞれのシリーズでの話数と並記をする事で、比較出来る様に記している。
  4. 1984年4月から半年間、前シリーズに引き続き、第4シリーズとして並木史朗の主演で放送の『新・大江戸捜査網』が放映されたが、前作迄との差が多く。視聴率が低迷して行く事になり、打ち切りが決まり、幕を閉じる事となった。
  5. 1990年度と、1991年度に、橋爪淳が主演でのシリーズが、各年度の下半期半年間づつ、金曜日夜に放送の計2シリーズ(平成版、第1・第2シリーズ)製作放映される。
  6. 2015年1月に、テレビ東京開局50周年企画 YAMADA 新春ワイド時代劇として、前作から23年振りに放送した高橋克典 主演の『大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る!』が、製作放映される。
  7. 1979年に、第3シリーズ松方弘樹主演時のキャスティングで、製作された映画『『隠密同心・大江戸捜査網』が撮影公開された。

概要[編集]

江戸時代の秘密潜入諜報捜査員の隠密廻り同心(本来は町奉行所に所属をし、与力配下の定町廻り同心、臨時廻り同心等とは違い、奉行直属である。定町廻り同心臨時廻り同心を勤め上げ,成績優秀で有った者が就任していた。其の為に勤める平均年齢も高齢で、人生僅か50年と云われていた時代に63歳平均で,身体的にも丈夫で在る事も求められていた。全ての公の奉行所の職務を終えた者で、高齢者のみが拝命される職種の隠密廻り同心では、其の身体の外見が実年齢寄りも若く見える事は無論である。隠密廻り同心に着任する事に当たり色々な職業を身に就け、巷に溶け込でる事は此の作品大江戸捜査網と同じである。町人の姿をして居ようとも、他の同心職と違い、奉行へ直接面会が叶い、与力の命令を聞く必要も無く、他の同心の意見に従う事も求められず、一目置かれる地位であった。潜入等で犯罪の証拠を掴むと奉行へ報告をし、自らは次の調査予定の潜伏先や犯罪組織へ身分が知られぬように、基本的に下手人の捕縛等へは出向かず、下手人の捕縛に出向くのは、定町廻り同心小者[注釈 4]と、定町廻り同心の、上司に当たる臨時廻り同心であり、隠密廻り同心からの報告を受けた町奉行から、警察業務を行う与力を通じた下命の上、捕縛に出向いていた。隠密廻り同心にも奉行より、補助手伝いを命ぜられた時には、他の臨時廻り同心等に紛れ込んでの同行をしていたので、厳しい勤務が求められていた。隠密廻り同心は自分の次の潜伏先に、自らの身分が知られて仕舞うのを防ぐ為に、基本的には自ら捕縛は行わず、また成敗斬罪をする事は無く、基本的に定町廻り同心が行う捕縛への同行等も行わなかった。[1])であり之れをモデルとして考え出された秘密潜入捜査員「隠密同心」たちが、変装、潜入、囮など様々な手段を駆使しながら探索、事件の裏にはびこる江戸の悪を斬り捨てていく痛快時代劇。この中の隠密同心とは老中松平定信が極秘に作った組織で、彼の命を受けた幕臣旗本寄合席大番頭御側御用等)が隠密支配となって統括している。第1シリーズの第1話では、本来の隠密廻り同心のように、犯人である娘お菊(演:町田祥子)を北町奉行所の定町廻り同心島田又五郎(演:深江章喜)へ引き渡し、市中引き回しが描かれた。ただし、共犯の大目付・生田内蔵丞(演:須賀不二男)は斬罪をしている。話中では隠密同心であるが、放映話数に依っては本来の名称であった隠密廻り同心[2]と、台詞で言われている回も存在している。本来の隠密廻り同心は、奉行所から貸与されている十手[3]を所持しているが、此の物語で描かれた隠密同心のメンバーは、普段は町人、浪人等として生活しているが、隠密支配[4]から賜った、証である松平家(時により徳川家と言われる)の家紋である梅鉢紋又は、三葉葵紋入りの懐剣を所持してもおり、ここぞというときに、犯罪者,下手人に見せつける場合もある[5]

テレビシリーズ本編で松平定信が直接隠密同心を統率したのは、橋爪編(平成版)の第1シリーズだけである。それ以前、松平定信が登場した時は、日活製作編では堀雄二三船プロダクション編では黒川弥太郎、ヴァンフィル編では永井秀明がそれぞれが松平定信役を、劇場版では三船敏郎が演じている。

隠密同心の活動拠点(アジト)は、日活制作編では「桜湯」の2階、第3シリーズでは浅草の小料理店(初期は矢場兼飲み屋)「桔梗屋」の地下である(後に地下は使われなくなる)。

劇中のナレーション[編集]

当番組『大江戸捜査網』が有名となって、人気の出る切っ掛けにもなった、“隠密同心 心得之条”は,三船プロダクションが、時代劇の撮影を終了をする日活から、製作を引き継いで撮影がされた第3シリーズで、下手人である被疑者の処へ出向く際の道すがら、行進の場面を取り入れた事に依って、此の場面にアナウンスが開始されたものである。此れ以前に日活製作による第1シリーズと、第2シリーズでは、“隠密同心 心得の条”がまだ創られておらずアナウンスは行われていなかった。
第3シリーズで創られた“隠密同心 心得之条”は、以下の3通りである。
『隠密同心 心得之条〈其之壹っ;そのひとつ〉我が命我が物と思わず 武門之儀 飽くまで陰にて 己の器量を伏し 御下命 如何にても果す可し 尚 死して屍拾う者無し 死して屍拾う者無し 死して屍拾う者無し』の文言で、此の“隠密同心 心得之条”が此れ以降にも多く使われる様になる為に、冒頭に着いていた“『隠密同心 心得之条《其之壹っ》我が命我が物と~…』此処の《其之壹っ》が取り除かれる事となって、其の後の部分が第3シリーズの最終回迄アナウンスされ続けられていた。
この他の物は、第3シリーズでの杉良太郎編のみで流された“隠密同心 心得之条”が2通り存在していたのだが、いずれも1話1回限りづつ流されていた珍しい物である。
「隠密同心 心得之条 其之弐っ(そのふたつ)およそ悪はその実態を見極め その根源を断つべきこと 虎穴に入らば 己の肉を斬らせ しかる後 敵を倒すべし この定め 忘れることなかれ」(第2話(通算第106話))
「隠密同心 心得之条 其之參っ(そのみっつ)行動は風のごとく速やかに いかなる窮地に陥るも みだりに狼狽することなく 一度 決すれば 必ず敵を斬るべし 一度 決すれば 必ず敵を斬るべし 一度 決すれば 必ず敵を斬るべし」(第5話(通算第109話))

劇中で本当に死去したとされる隠密廻り同心[編集]

第1シリーズと、第2シリーズの迄は、探索の過程で斬罪を行う箇所ヘ到着をして、隠密同心のアジトから被疑者のアジトヘ行進する場面が事が無かったのが、第3シリーズが始まる事にと共に、被疑者の巣窟へ行進をして行く場面が入れられる事に依って、そこで流される事になったのが隠密同心心得之条である。此の文面に入れられているの、が、『・・・・・・~尚、死して屍拾う者無し!死して屍拾う者無し!死して屍拾う者無し!』と云う文言であったのであるのだが、実際の物語りの中で本当に死んだ事とされる隠密同心(若しくは話数により隠密廻り同心とも言われた)は第3シリーズの第27話(通算 第131話)に登場した、山口太兵衛(演:左右田一平)と、胡蝶(くれないお蝶/演:安田道代)と、第1シリーズでは、敵に回った赤間伝七郎(演:小林勝彦;後記)だけである。隠密である事を抹消する為、殉職者も,汚職に手を染め斬罪された被疑者も、珊次郎(十文字小弥太)、井坂十蔵、小波(赤間伝七郎を斬罪時)が、其の(赤間伝七郎自体、其の死自体もでこの世には、下から左様な者は甫から生まれてもおらず、産まれていないわけで有るから、死んでもいない。甫から産まれていない訳で有るから死する事も無なのであるから、葬式を出す事は許されないと、《隠密廻り同心に登用された時から、其の存在自体も無とされる》汚職に手を染めて,後から探索に出向いて来た同志から斬罪をされる事になって処刑の後も、弔うのではなく、飽く迄存在自体も無とする為の処分での火葬とされるので、赤間伝七郎は、小弥太,十蔵,小波の着任以前に、既に任官されており以前に内藤勘解由から、甲州金山の不正を探索するよう命令を受け、探索に出向いて行ったのであるのだが、其の侭 音沙汰が無くなって仕舞った隠密廻り同心(赤間伝七郎)であったが、たまたま甲州の隠し金山で、こき使われて居たと云う採掘員が、江戸の目安箱を目指して書状認めて来て、目安箱の間近迄へ来て殺されていた死体が、印籠と直訴状を所持していた。その印籠は、かつて内藤勘解由の命で探索に出向いた隠密廻り同心である赤間伝七郎(小林勝彦)の物と判明し、内藤勘解由は改めて、小弥太、十蔵、小波へ再度 探索にへ向かわせて調査する命を下した。探索の結果、隠密廻り同心の赤間伝七郎は、隠し金山の金鉱石を不正横領し、貯蓄をしている張本人である事が判明。小弥太,十蔵,小波の3人の隠密廻り同心は、「考え直して、やり直し」を求めるが、赤間伝七郎は「仲間に入らないか」と持論を言い、3人にも悪の道へ一緒に行く事を奨めて来る為に、十蔵に「隠密廻り同心だぞ!」と言われるが、赤間伝七郎は自分の主張を更に言うばかりで、結局は「互いに顔も素性も知らぬ隠密廻り同心の同志(赤間伝七郎の台詞)」3人に斬罪で、倒された隠密廻り同心であった為に火葬され、無とされた[6]。珊次郎(十文字小弥太/演;杉良太郎)が降板で、新メンバーの胡蝶(くれないお蝶/演;安田道代)そして、音次郎(伝法寺隼人/演;里見浩太朗)が加入した時に山口太兵衛(演;左右田一平)も、加入したのである。其の山口太兵衛は初の探索中に、敵(演;天津敏)に討たれ死去し、殉職となった。屍は其の“心得之条”の通りに放って於くと、他人に発見されて仕舞う為、速やかに処分をして無としなければ成らないので、本来の死去では、丁重に葬る処、土葬が主であった此の時期に、この世から抹殺する為に火葬をしているのが、音次郎の「この世から抹殺しなければ成らない。隠密と云うのは、虚しいものだなぁ」と呟いた台詞から判る。胡蝶(くれないお蝶/演;安田道代)が、子供を庇っての死去では、庇った時に一般人の目の前での殉職であるので、無ではなく殉職となった為、音次郎(伝法寺隼人/演;里見浩太朗)に、故郷へ運んでもらえた一番報われた殉職であった。そして第3シリーズの最終回では、幻の御前(御側御用人土屋伊賀守;演=黒沢良)が自害という形で死亡した。為、松平定信から、慰留されるが、仇討ちに葵紋所ヘ、身分証明の懐刀を返却の上、斬りに向かう。5人全員で行く事になり、討った後はばらばらに旅に出向いて行く。

指令、集合、成敗時[編集]

日活製作の第1シリーズ、第2シリーズでは、報告を受けてアジトへ向かうシーン心得之条のアナウンスは無く、犯罪現場に捜査の過程で着いている事が多い。初期は小波から商売人等に変装した小弥太が、代金を受け取ったりするときや、釣り針が引っ掛かったりして、解いた釣り針の先に内藤からの指令を記した手紙を渡していた。また、小波の下駄の裏に記された指令を、小弥太の前で鼻緒を切って治してもらう様にして読ませ、鼻緒を治しながら指令を読んだらその場で治しながら文字を消して返し「気を付けて行きなせぇ御免成すって」等と周囲に解らないように指令を受けていた。中盤以降から集合の合図は地蔵の鉢巻きであった。


第1シリーズでの指令集合の合図や斬罪[編集]

第1シリーズでは、小弥太と十蔵への勘解由からの指令を、小波から普通の仕種で渡され、「〇〇〇を探索せよ。『例によって探索行動は密成るを以て、速やかに行うべし。此の文は直ちに処分隠滅の事。』」等、本来はアメリカ合衆国(米国)のドラマ『アンタッチャブル』のコンセプトの筈であるが、同じくアメリカ合衆国(米国)ドラマの『スパイ大作戦』の様な手紙を、小波から受け取ったり、燈籠の中から取り出したりすると、勘解由からの指令の文章『……~を探索の事。例によって、探索・行動は密成るを以て,速やかに行うべし。尚公的には一切関知しない。成功を祈る。此の文は直ちに処分隠滅の事。』となっていたりし、読み終わると破いたり、燃やしたり、水で溶かしたりして、隠滅していた。その後探索で小弥太、十蔵が犯罪組織へ入り込みに成功すると、勘解由へは小波に連絡をさせて、捜査で潜り込んだその侭の服装で、犯罪が行われている最中のその現場にて「到々此の目で見たぜ」や、「遂に証拠を掴んだぜ」等と云い、「何処の下郎だ」等ときかれても、その侭の遊び人姿や浪人姿の侭で名乗らず正体を明かえさず「さぁ何処の誰かな」等と云い斬罪成敗をしたり、時には、その探索時のみすぼらしい出で立ちから、逆に守っている方より、犯罪組織の一員と間違えられ「曲者だ!者共!出合え!」と叫ばれ、下手人達と共に捕われそうになったりして、やっと犯罪組織が仕掛けた危険物等を取り除いたりする場面[7]もあったり、また、援助をしている者が、自分自身で斬って倒している様に、物影から手裏剣や吹き矢等で敵を倒す等をしていた[8]事もあった。第3シリーズ以降より出演回数が格段に多かった、内藤勘解由だけが「旗本寄合席内藤勘解由。御老中松平定信様の命により、罷り越した。成敗致す」と宣言をし、隠密同心達に「それ!繋かれ!」と指し図をしたり、相手が斬り掛かって来るので其の侭で斬罪成敗に入ったり、また、正体を明かす場合でも第3シリーズの様に紋付きに変えず、髷の調えも行わずに、其の場合は刀剣は無く、遊び人姿や百姓の様な姿、所謂“乞喰”での、探索をしていた其の侭の服装で「幕府隠密同心十文字小弥太 天に代わって成敗致す」等と名乗ったり、町人姿や浪人姿の侭戦いながら「隠密同心井坂十蔵」、「隠密同心小波」と、比較的早口で名乗り上げ、第3シリーズの名乗りの様に、身分姓名の間を開けて一呼吸於いて名乗る様にはせず、続けてさっと言っていた。この衣装交換、決め台詞TBSの時代劇“水戸黄門”の印籠の様な物で、リアリティーは無くなる。等、後の順に名乗る様になる時とは異なり、順序も決まってはいない。小弥太(十蔵も稀に)が町人姿で忍び込んだ時には、大刀は所持せずに戦い、戦いの最中に敵の脇差し等を素早く抜き取り、それで相手を討ち果たす時も多くあり、小波のみ忍装服を着用している事も多く見られた。内藤が松平定信から探索を依頼されている事が知られている身分の者が犯罪を犯していた時には、「内藤勘解由配下だな!」と言われると、「如何にも、内藤勘解由配下、十文字小弥太」[9]等と名乗る事もあった。

第2シリーズでの集合の合図や、斬罪方法[編集]

第2シリーズになると衣装を斬罪立ち回りを行う前に、紋付き衣装変えを行って刀剣を整え、髪形町人髷から、御家人へ調えて、下手人である被疑者の前に現れる様になって、名乗る場合が増加して来る。名乗りの言い回し方も第3シリーズの様に隠密同心、十文字小弥太」、「同じく、井坂十蔵」、「同じく、小波」、「旗本寄合席、内藤勘解由だ!」の様に、第3シリーズに通じる演出が増えて来る。隠密同心では無い山猫お七も、集合の合図で内藤勘解由へ、指令を聞きに集参する様になり、探索にも正式に加わる様になり、隠密同心の正式な手下として、お七が成敗に同行した時には、小弥太、十蔵、小波の順に名乗りを上げた後の最後に、「同じく、仲間の 山猫お七だよ」と名乗りを言う様になり、立ち回りのチャンバラの時には、素早く建物の屋上等へ上ったりしてから、犯罪者眉間や、首筋動脈が表面に近い場所を通っている等のある等の急所へ、花札見せ掛け手裏剣を正確に撃ち込み、下手人斬罪絶命させる等に、斬罪の手助けにも成って居たのであるが、日活製作打ち切りの都合上で、所属俳優岡田可愛が、シリーズ中盤で所属変更を行う都合上、梶芽衣子の実妹の太田とも子(桜湯の娘役)と入れ換わりで降板している。

第3シリーズでの集合の合図や、斬罪方法[編集]

第3シリーズは、一番長期に渡っての放映が行われ、隠密同心決め台詞、紋着きの綺麗な決め衣装等も統一化されて、被疑者の前に現れる方法も、行進を行いながら、心得之条がアナウンスされ、被疑者の前での罪状の羅列、ほぼ決められた順序での銘々の名乗り上げ等が整ったシリーズで、心得之条と各人の順序よく決まった名乗り上げ等、TBSの時代劇ドラマの水戸黄門印籠[10]の様な物が全て整った人気シリーズである。第3シリーズでは、犯罪人の黒幕らの談合や、犯罪が成功したと思い込んでの宴席が最高潮に盛り上がる最中や、手先が実行に失敗をして逃げて行くと、後を付けて行き、犯罪人の首謀者の屋敷等へ逃げ込むのを確認したら、支配や、筆頭者へ「〇〇は、~へ逃げ込んだのを確認した」と報告を受けると、支配から「お前達解って居ような。行ってこい。そら!」と、声を掛けられたり、筆頭同心から「行こうか」(※杉編では「行くぜ!」との台詞も多)と、罪人の巣窟に向かう時に先の心得之条のアナウンスが流され、隠密同心が並んで成敗する相手の屋敷等へ向かう。支配が成敗に同行の場合、行進の中央[11]に並び一緒に向かう時と、隠密同心だけが行進をし、支配は別に来ている場合がある。逃げ帰った手先等からの「何しろ凄ぇ強ぇ妙な奴に邪魔をされて」等の報告を受けて「馬鹿者!此処へ逃げ帰って来たりする奴があるか!、後を付けて来たらどうする!」、「手先きの貴様が死ねば、知っている者は居なくなる。死ね!」、「汚ぇぞ!約束が違う」等と内輪揉めを始めている時等に、身なりを整え、刀剣を所持して入り込み、急にを開けて「罪状」を順次云い上げる。「何を証拠に?記憶に御座らぬ!」等と、白を切る下手人達へ「証拠(または捕えた犯人主に女性隠密同心が其の中の一人を差し出して、「証人」)は之だ」と示し乍ら、後で斬罪を行う都合上犯罪者側へ渡すと、後で斬られるのであるが、刀剣を構え向かい斬罪される事になる。犯罪者の黒幕が「御主達は、何者だ!名を名乗れ!」※士分(若しくは其れに類する台詞で、町人は「やい貴様等!何処の誰奴だ?名前を云え!!」)等と問い返し、それに各自が順に名乗って行く。この際、基本的に筆頭同心(杉;十文字小弥太里見;伝法寺隼人松方;左文字右京.)から「隠密同心、十文字小弥太」と名乗り、以下順次「同じく、井坂十蔵」等と名乗って行く(※極く稀に、其の回の主演に回った者が、例えば「隠密同心、井坂十蔵[12]と名乗った後で、改めて「隠密同心、伝法寺隼人」、「同じく、くれないお蝶」、等と続ける時や、「隠密同心、くれないお蝶」、「同じく、伝法寺隼人」、「同じく、…」となった場合も存在[13])していた。また、隠密同心達と共に隠密支配も成敗に出向いた時には、第1シリーズや第2シリーズでは、最初や、一人だけ名乗っている場合も多かった。第2シリーズでの後半から、名乗りの順序が最後に名乗る事が多く中村竹弥は「旗本寄合席、内藤勘解由だ 」[14]、大山克巳は「幕府大番頭、藤堂対馬だ。そしてまたの役目は、隠密支配だ!」[15]と名乗っている。幻の御前こと御側用人土屋伊賀守の、立ち回りへの同行は無い。また、筆頭同心が名乗りを挙げる際に決め台詞(※下記参照)を言うパターンも存在する。杉良太郎編中版から後では「天知る」、「地知る」、「人ぞ知る」とお吉、十蔵、小弥太の順番で、言いながら順に現れる事もある[16]。最後迄名乗りが済むと、相手は「出合え!出合え!曲者ぞ!者共出合え!」と、手下、配下を呼び集め「曲者ぞ!者共構わぬ!斬れぇ!斬れぇ!斬って捨てぇい!」と刃向かい、戦いが始まる。時に一緒に出向いたゲスト(士分の役が主)に仇討ち等をさせる時等には、首謀者等の仇へ最後に刃を首筋等へ向けて動かせなくさせて、「〇〇、さぁ!止留めを!」等と呼び寄せ、討たせる時もあり、町人等へは「後の仇討ちは、きっと果たす。俺達に任せてもらおう」と言う時と、本当は仇討ちの許されていない筈の町人等にも「一緒に着いて来なせぇ」と連れて行き、仇討ちをさせている時[17]もある。

※第3シリーズと、第4シリーズに当たる新大江戸捜査網での筆頭同心の決め台詞は下記の通り。

  1. 杉良太郎(十文字小弥太):第3シリーズの初期で「俺たちが知ったが最後、悪の華は咲かさん!」
  2. 里見浩太朗(伝法寺隼人):第3シリーズでの、里見編の終盤で敵から「何者だ名を名乗れ!」と云われ、「聞きたいか!冥土の土産に聞かせてやろう!」
  3. 松方弘樹(左文字右京):「三途の川の渡し守」(以降、名乗りへ※此の台詞は最後迄)、「鈴の調べは悪を斬る」、「許せねぇ、地獄の底へ叩き込んでやる」、「たとえ世間が黙って見逃したとしても、この懐剣が承知できねぇとよ」、「汚ぇ!反吐(へど)が出るぜ、てめぇらのような血も涙もねぇ人でなしに、明日のお天道様を拝ませるわけにはいかねぇ」(「三途の川」の前の台詞。松方編でも後期に用いられた)
  4. 並木史朗(新十郎):相手を斬り倒す際に「役儀により、冥土への速飛脚、ご案内仕る!」(※中期以降)

第3シリーズから、斬罪成敗にむかう隠密同心の行進のシーンをバックに、「隠密同心 心得之条」がナレーションで入るようになる。途中第65、91、112、165、186、207話(通算第169、195、216、269、290、311話)と、第408話(通算第512話)以降では、斬罪成敗の名乗りが終わって悪人たちとの立ち回りチャンバラが始まってから心得之条が挿入されることが多くなり、心得之条をバックに歩く場面はあまり見られなくなっている。なお、第306話(通算第411話)から第330話(通算第434話)迄は、成敗時に隠密同心は紋付きの白装束姿で現れた。

第4シリーズに当たる『新・大江戸捜査網』では、成敗時に隠密支配 日向主水正(演;瑳川哲朗)から、流し目のお紺(演;大関優子佳那晃子[18]によって、あらかじめ敵に成敗書が投函される。大江戸捜査網と異なり、相手が1人であるなど数が少ない場合もある。悪人たちの間では、「御成敗書を受け取ったら最後、助かった者は一人もいない」と恐れられている。第1・第2シリーズのように心得の条のナレーションがなく、隠密同心は名乗らずに成敗する。また、必殺シリーズばりに悪人を静かに成敗することもある。しかし中版から、前述のような、新十郎の決め台詞が入るようになった。

音楽[編集]

CD『大江戸捜査網アンタッチャブルオリジナルサウンドトラック』での作曲者玉木宏樹の解説に拠ると、「第1,2シリーズ」から「第3シリーズ」に変わると、「第3シリーズ」の開始時とメンバーチェンジ毎に、編曲と再録音が実施されたと云う。此の玉木宏樹作曲による『大江戸捜査網オープニングテーマ曲』は、単純拍子(4分の4拍子又は2分の2拍子)と変拍子(8分の6拍子)が入り混じり、フルオーケストラの中で金管楽器主旋律を奏でながらも軽快かつ緊張感に満ちたもので、立ち回りのチャンバラシーンでも用いられていた。前奏は、使用時期によって旋律が全く異なる複数のバージョンがある。前奏の後に主旋律に入ってからも、打楽器のリズムパターンが違うものなども存在し、オリジナルの第1シリーズの物から第3シリーズの「杉編等」初期の物では木琴を使用している。演奏でも其の木琴の音色が聞き取れ、また、録音の都合で金管楽器ラッパの種類を増やされホルンだけではなくトランペットが併奏し、打楽器の部分を代わりに弦楽器であるコントラバスピッツィカートの演奏で行っている[19]部分も在った。「日活と東京12チャンネルでの製作に能って作曲の依頼が来て、何をやっても自由にさせてくれて、東映の撮影所でも同じ様に作曲したら、『雑音しか作れない奴はクビだ!』と、出入り禁止になった」[20]との事である。 始めての編曲が「第2シリーズ」の後半で、始めて編曲が実施されたが、大幅な編曲は行われてはいない様であり、この時の演奏では編曲の状態が余り判らない状態であった。「第1シリーズ」と「第2シリーズ」との大きな演奏の変更を伴う編曲は、「第3シリーズ」では始めの杉編での編曲が行われたのが聴いていて判る演奏となったのは、杉編の「第3シリーズ」の開始に能って新しく編曲を実施した物である。更に編曲がはっきり判る「里見編以降」での異なる打楽器での演奏が行われる様に、編曲されるよりも前の物である無編曲の状態での演奏になる、「第1シリーズ」と「第2シリーズ」の物とは全く異なった状態で演奏される「第3シリーズ杉編」の前奏と、主旋律の演奏もそれ迄の「第1シリーズ」「第2シリーズ」と異なっている「第3シリーズ」の杉編でのみ使用される編曲後のバージョンである。なお、「第1シリーズ初期(杉編第26話まで)」はエンディングでも、オープニングテーマ曲が使用されていた。その為、「第1シリーズ」、「第2シリーズ」の重厚な演奏での、効果音ナレーションが入っていない演奏は、一応ではあるがDVDで聴くことは可能である。

「第3シリーズで」、杉良太郎が引き続き演じるが、製作が変わるので、オープニングテーマ曲は編曲を行い、演奏の録音を再度行っているのである。また、立ち回り時チャンバラのBGMにはオープニングテーマ曲を流す様になって来ている。主演が里見浩太朗に交代した時にオープニングテーマ曲はアップテンポに編曲され録音を行っている。だが、立ち回りのチャンバラシーンに使われるBGMは、内容が里見編になった後にも、前奏がきちんとしていた、「第3シリーズの杉編」のオープニングテーマ曲が、其の侭里見編の立ち回りのチャンバラシーンでも使われている。BGMに使われるオープニングテーマ曲は、杉良太郎が演じていた時の物を、其れ迄の時に丁度時間が合う時には其の侭使用し、余る時には、途中で止めて仕舞い、足りない時には、前奏を除いた部分を其の侭繋いで繰り返していたのであるが、里見浩太朗が主演を交代して演じ始めた時から2箇月位経てからは、立ち回りチャンバラが始まる時に、よく聴いていると、テンポと音程の変わる部分が判るのであるが、オープニングテーマ曲の主要部旋律を繰り返している部分は、新しく里見が交代した時に、編曲され再録を実施した音源に変えられたのである。其の、元々の、里見編のオープニングテーマ曲の前奏の部分でのオープニング映像は、歌舞伎の獅子踊りである。其の画に併せた音楽になっているの為に、BGMとして使われるには、前奏の部分が立ち回りのチャンバラを始めるに能っては、似合わない曲であった。そこで、杉編の時に録音を行った前奏の再利用を行い、編曲がされた新たに録音の物との継ぎ足しの時に、聴いていて一番違和感が無い様に継いでいる。少し音程も違っている為、1小節目の中程の位置で継ぐと一番判りにくく、演奏の違いを感じさせない様に、継ぎ足しているのである。他の編曲は、演じる俳優のメンバーチェンジ(主に女性俳優)[21]が行われる時には、主要旋律部へ、新しく録音を行った前奏の部分が付け足され、始めの里見浩太朗編のオリジナルの演奏が聞けるのは、『「大江戸捜査網アンタッチャブル」オリジナルサウンドトラック』のCDで、である。立ち回りの時に流すオープニングテーマ曲のBGMには、「第3シリーズの杉編の前奏と最初の1小節」分を、「里見編の主旋律」部に付け足した形で利用される様になっていた。

板前の清次郎(左門字右京)として松方弘樹里見浩太朗推薦で、松方自身が演じ始めるに能って、オープニングテーマ曲に新しく編曲がなされ、軽快ドラムスの音色の入った演奏へ代わって録音がなされた。此の「第3シリーズ松方編」が、編曲がされた物の演奏が録音された後には、「平成橋爪編第1シリーズ中版以降」、「平成橋爪編第2シリーズ」、他局バラエティー番組等で、此の曲が使われる時には、当「第3シリーズ松方編曲版」が使われている。後年には他の局の別の番組(バラエティー番組)ででも、此の曲が使い回しをされて来る様になって、時代劇で聴く以外にも多くの人々の耳へ馴染みの出ている曲の演奏となったのである。『大江戸捜査網』第3シリーズの主演が松方弘樹になった後でも、僅かの回数に留まるのではあるのだが、此の松方編の立ち回りのチャンバラ時のBGMにも、里見編の時に行われていた「第3シリーズ初期の杉編」のオープニングテーマ曲が其の侭使われていた事や、「第3シリーズ杉編のオープニングテーマ曲の'前奏と始めの1小節」が、「第3シリーズ里見編のオープニングテーマ」曲の主旋律の部分に継ぎ足されている物が使われている回がある。

大江戸捜査網の画像ソフトとテーマ曲のレコード[編集]

第1シリーズでは、主題歌「江戸の夜明け」他1曲で、シングルドーナッツ盤45回転レコード[22]発売。DVDBOXが発売された。第1シリーズの1話から19話迄の収録で、原版破損で、欠番となった第11話を、除いて18話分の収録で発売された。破損している第11話を含めた全話がDVDSetが発売された。破損している第11話は、断り書きを添付の上収録している。

第2シリーズのソフトがDVDで、第1話から最終回迄の発売がされた。DVDSetでの発売となった。第2シリーズでは初のソフトの発売となった。シングルドーナッツ盤は、第1シリーズと同じ為、再発売は行われていない。

第3シリーズでは、各主題歌のシングルドーナッツ盤45回転レコード(もどり橋,砂の枕,微笑みをすてる時,他,8曲,)[23]発売された。

第3シリーズの里見浩太朗編がVHSで発売、第3シリーズ松方弘樹編の『隠密同心』の映画がVHSDVDで発売された。朝日新聞社がDVDブックで第3シリーズの発売を行った。通算第105話から最終回迄の選り抜きでの発売だが、第3シリーズでの出演が極端に少ない杉良太郎編は、編集で半端になる2話以外の全てが収録をしている。

此の曲『大江戸捜査網』の「オープニングテーマ」曲の、ステレオ録音での「フルバージョン」は、松方弘樹編の編曲演奏形態(大江戸捜査網のオープニングテーマ曲のフルバージョン自体が、松方編での編曲で創られているので、第1シリーズの時のバージョンではフルバージョンの譜面自体が存在が無い)で入れられており、CD『ちょんまげ天国 ?TV時代劇音楽集?』(2002年ソニー・ミュージックエンタテインメント、MHCL-161)などで聴く事が出来る。 此の時に編曲録音を行ったバージョンは、『平成橋爪淳編第1シリーズ(通算第5シリーズ)』の中期依り再開され『平成橋爪淳編第2シリーズ(通算第6シリーズ)』の最終回迄使用された。


放送時の、オープニングバージョンは、CD『大江戸捜査網 アンタッチャブル サウンドトラック』(2003年キングレコード)から里見浩太朗バージョンが録音されており、音楽として聞ける。初版の発売当時には、題名に“アンタッチャブル”が標記されていたので、第1シリーズの時に演奏、録音された音源が、入っていると思われたようで、多数の問合せがあったと後の重版時の解説に記されていた。 『大江戸捜査網サウンドトラック』「大江戸捜査網アンタッチャブルオリジナルサウンドトラック」の重版であるがオリジナルサウンドの音源を増大された。 最初期の、『大江戸捜査網アンタッチャブル』第1シリーズ、第2シリーズ時のオープニングテーマ曲は、「DVDBOX」で全話発売された為に、最初期のエンディングでも、オープニングテーマ曲が使用されていた時の分も含まれている。エンディングで使われたオープニングテーマ曲には、ナレーションや、効果音が入れられていないため、同バージョンを音楽として鑑賞が可能な状態での発売であった。


最初期の、日活と組んで製作していた『大江戸捜査網アンタッチャブル』「第1シリーズ」、『大江戸捜査網』「第2シリーズ」で、使われていた無編曲のオープニングテーマ曲はレコードに録音はされてい無かった。しかし、人気の高かった当番組は『大江戸捜査網アンタッチャブル』「第1シリーズ」は、『18話(第11話はフィルム状態悪化で欠番扱い)』早めの「DVDBOX」が発売されていた。此の製品は一時期廃盤時に価格が高騰していた。『平成橋爪淳編第1シリーズ』、『平成橋爪淳編第2シリーズ』、又、『第3シリーズ』が朝日新聞社から「DVDBOOKS」として発売され、最後に、オリジナルフィルムの状態が悪化し上映不能とされ、欠番扱いとなっていた第11話を含む『大江戸捜査網アンタッチャブル第1シリーズ全52話』と『大江戸捜査網第2シリーズ全52話』が東映ビデオから発売された。杉編の作品は第3シリーズの2話分が削除されているだけで他は残り「全128話」全て発売された。数の多い『第3シリーズ』のみ、選り抜きになっている。但し、第3シリーズでは出演の回数が全26話と極端に少ない杉良太郎編の分は、半端になって仕舞う話数2話分のみ削除とされた。

『平成橋爪淳』編は「DVDBOX」で「全話」発売された。 別の曲になったのは、「第4シリーズ」に当たる、『新大江戸捜査網』並木史朗編と、「平成第1(通算第5)シリーズ」の橋爪淳編の初期のオープニングテーマ曲は、此の馴染みの有る曲では無い別の曲が使用された。

『大江戸捜査網』の昭和期の、番組打ち切りになった作品で、スタイルが異なった為に[24]、当時不人気で視聴率が下がって仕舞った第4シリーズの並木史朗編の「新大江戸捜査網」は映像ソフトの製作、発売が、2021年現在迄にはされていない。

玉木宏樹自身の編曲・演奏の『ヴァイオリンのための“大江戸捜査網”』が、CD『玉木宏樹の大冗談音楽会!!』(1995年日本コロムビア、COCO-78584)に収録。シエナ・ウインド・オーケストラ演奏の、原曲にほぼ忠実な吹奏楽版((編曲:福田洋介))がCD『THE刑事☆究極の刑事ドラマ・テーマ集』ー(2009年エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ、AVCL-25459)に収録。その楽譜はウィンズスコアから発売。

玉木宏樹は、2010年ジェイムズ・スウェアリンジェン作曲の吹奏楽曲インヴィクタ序曲』((1981年発表))が大江戸捜査網のオープニングテーマ曲に似ている事がツイッターで指摘され、「これは、完全にパクられましたね。短三度上の転調、そして変拍子、私は作曲家ですから、パクリかどうかはすぐに判断出来ます。唯一の救いは、向こうは、カッコ良くないと言うことですね」とコメントしている。[25]

2014年10月11日からテレビ朝日で放送中の『世界が驚いたニッポン! スゴ?イデスネ!!視察団』のオープニングにも、本曲が使われている。

番組の歴史[編集]

日時は東京12チャンネルテレビ東京基準

  • 1970年
  • 1971年
    • 7月3日 - 「アンタッチャブル」のサブタイトルが第40話で終了し『大江戸捜査網』標記となり、残り12話分であったがオープニングナレーションも変更された。
  • 1971年
  • 1972年
    • 3月25日 - 『大江戸捜査網第2シリーズ』開始(主要配役は「第1シリーズ」と同じ。レギュラーでも周囲のセミレギュラーの配役、人物は多少入れ替え。おとら(悠希千穂)→早耳の金太(古今亭志ん駒)、仙吉(三ツ木清隆は第2話迄となり、後には別人役での、ゲスト出演になる。)は第2話迄で降板となった等である。但し他にも、日活制作撤退が決まった為に、日活所属である岡田可愛[28]は移籍の為に中盤で、梶芽衣子日活所属であった[注釈 5] 為に、第2シリーズの最終回で、一休みに出掛ける小弥太と十蔵へ勘解由が「必要が生じたら、小波に呼びに行かせる」と台詞があったが、本「大江戸捜査網」は『第2シリーズ』をもって降板する。
  • 1973年
    • 3月17日 - 『大江戸捜査網第2シリーズ』(日活製作版)終了。後番組は杉良太郎主演の『旅人異三郎』(制作は東京12チャンネル、三船プロダクション)。
    • 9月22日 - 『大江戸捜査網』スポンサーであった日産自動車から『大江戸捜査網』の番組継続の意向を受け、日活プロデューサーで番組企画者・元村武三船プロダクションに移籍。制作会社を三船プロダクションに変更、男性配役は、杉良太郎(相模無宿の珊次郎/十文字小弥太)、瑳川哲朗(井坂十蔵)、中村竹弥(旗本寄合席 内藤勘解由)で代わらず、女性メンバーを江崎英子(不知火のお吉)、古城都(夕霧)に変更の上、古今亭志ん駒(早耳金太)を配し第3シリーズがスタート。
    • 12月29日 - 「通算第119話」・『第3シリーズ「第15話」』の「大江戸残酷秘話」を、杉良太郎が脚本を担当して執筆をした。
  • 1974年
    • 2月-3月 - 番組スタート時からの主演だった杉良太郎が「通算130話」・『第3シリーズ「第26話」』をもって十文字小弥太(相模無宿の珊次郎)の与力昇進という形で、そして出演回数が4回のみだったレギュラー・古城都(夕霧)が降板。杉良太郎(相模無宿の珊次郎/十文字小弥太)の最終出演回で、新メンバーくれないお蝶(芸者胡蝶)として安田道代を迎え、翌回新主演者里見浩太朗を新筆頭同心伝法寺隼人(新内流しの音次郎)として迎えた。音次郎と共に新隠密同心として入った,山口太兵衛(演;左右田一平)は、初日で殉職となり、物語り上隠密同心で初の殉職者(※斬罪された赤間伝七郎(演;小林勝彦)は除き。)となった。赤間伝七郎は隠密廻り同心の、無い物として消すため、山口太兵衛は、一緒に加入した音次郎達が隠密であるので、一般的には土葬が中心であったが、無とする為に火葬を行い完全な灰にし「生きて来ても、無とされるんだな、隠密とは。虚しいものだな」と音次郎の台詞がある事で、弔いの火葬では無い事が判る。
    • 11月23日 - 山口いづみ(いさりびお紺)が新メンバーに加わり6人になったが、一堂に会する回がないまま、翌1975年3月に安田道代(くれないお蝶/胡蝶)が、殉職という形で降板となった。以後レギュラーにおける隠密同心の殉職者は出ず。役が芸者でダブる安田道代山口いづみの2人の共演は1回だけで有った。
  • 1976年
    • 9月-10月 - 女性メンバーを、土田早苗(稲妻のお竜/芸者玉竜)、志穂美悦子(風/お新)に変更。立ち回り、アクションが強化された。
  • 1977年
  • 1978年
  • 1979年
  • 1980年
    • 3月-5月 - 高瀬春奈(火車おもんとして)が土田早苗の疾病休演代理メンバーとして短期出演。
  • 1981年
    • 5月-6月 - 第1シリーズから数えて、通算500話記念シリーズ。中島ゆたか(矢車お菊。芸者菊弥として)が土田早苗の疾病休演代理メンバーとして短期出演。
    • 5月16日 - 第1シリーズの開始から通算第493話。第3シリーズ第389話で、通算放送回数500回記念新潟県佐渡地方ロケーション敢行。この時期「心得の状」の口上が立ち回りチャンバラのシーンに流れるなど若干の作風の変化が起こり始める。通算第498話(第3シリーズ第394話)で、早耳の金太と絶妙なコンビネーションを誇った小者千代松親分(山田隆夫は降板となる。
    • 9月26日 -千代松親分山田隆夫に続いて 土田早苗(稲妻お竜/玉竜)と、番組スタート時からの隠密支配であった旗本寄合席内藤勘解由役だった中村竹弥、第2シリーズからお笑い要素を入れて来た、瓦版売りの早耳の金太(古今亭志ん駒が降板。
    • 10月3日 - 新隠密支配大番頭[29]藤堂対馬役に大山勝巳を迎え、新メンバーに岡江久美子(吹雪)、南条弘二(九條新太郎)が加入。
    • また、同時期に制作局である東京12チャンネルがテレビ東京へ改称。これ以降サスペンスドラマ色が強まる。
  • 1982年
    • 9月-10月 - 女性メンバーをかたせ梨乃(ながれ星おりん)、岡江久美子(春香/吹雪)から、夏樹陽子(風車のお菊)、山田由紀子(はやてのおせん)に再び一新。番組制作は、社内の内紛騒動によるあおりから制作継続が困難になった三船プロダクションから、プロデューサー元村が自ら設立した制作会社、ヴァンフィルに移行する。
  • 1983年
    • この年に入ると『積木くずし』や『蒲田行進曲』など当時のヒット作をストーリーに取り入れたエピソードや、「悪女シリーズ」「衝撃事件シリーズ」などの集中したテーマ、さらには小森和子大川栄策など当時のテレビの人気タレントや流行歌手等を出演させる等エンターテイメントを重視した路線になる。大山勝巳(大番頭藤堂対馬),山田由起子(疾風のせん)降板。
    • 10月1日 - 山田由起子(疾風のせん)降板の代役当シリーズ最後の新メンバーとして清原美華(つばくろの茜)[30]黒沢良(幻の御前;御側用人土屋伊賀守)[31]が加入。
  • 1984年
    • - 3月一杯で、10年半に及ぶ第3シリーズが終了。続いて4月から第4シリーズとして、出演者を一新(並木史朗(新十郎)、三浦浩一(銀次)、大関優子(お香)、橋幸夫(榊原長庵)、瑳川哲朗(日向主水庄))した「大江戸捜査網の第4シリーズ」として新・大江戸捜査網』がスタート。しかし、之迄のスタイルと作向きが異なる事で、視聴率が著しく下降を続け、番組の製作的に苦戦を強いられた侭で半年後に打ち切りが決定した。足掛け14年に渡る『大江戸捜査網』シリーズは一先ず之により製作が終了をした。
  • 1990年
    • 10月 - 橋爪淳(役;葉月裕之介)の出演で6年ぶりにシリーズが再開される。制作はプロデューサー元村武の新会社、G・カンパニー。隆大介(松原蔵人),田村高廣(松平定信),京本政樹(町奉行所同心 秋草新十郎),中村あずさ(華乃小路お香),が出演。隆大介田村高廣は当シリーズのみの出演。(※本来の隠密廻り同心は、町奉行所の町奉行直属であった為、仮の職種を、定町廻り同心等の隠密廻り同心以外と云えども、潜入する悪徳組織へ、余計な情報が漏れる恐れの有る様な、仮の職種を行う事は無い)『※平成第1シリーズとして知られる』
  • 1991年
    • -『あばれ八州御用旅(第2シリーズ)』終了後に「第2シリーズ」が再開。前シリーズから橋爪淳(天龍寺隼人)、京本政樹(秋草新十郎)、中村あずさ(流星お蝶)、和崎俊哉(旗本寄合席小笠原甚内)、若林豪(松平定信)、荒井乃梨子(矢車お仙)(※京本政樹の役名は前シリーズと同一だが、町奉行所同心を解雇と云う事になっている。橋爪淳中村あずさの役名は変更された。松平定信を演じているのは、前シリーズの田村高廣から若林豪へ交代し、隠密支配に和崎俊哉が旗本寄合席小笠原甚内として配役。当初3名であった隠密同心役に、当シリーズの第1話より出演の荒井乃梨子を、隠密同心の矢車お仙として、途中から加入された。オープニングの画像は撮影されなかった為、ゲストと共にエンディングでのクレジットとなった)が加入。
  • 1992年
    • 3月 - 『平成第2シリーズ』として知られる連続ドラマシリーズが終了となった。
  • 2015年
    • 1月 - テレビ東京開局50周年企画YAMADA 新春ワイド時代劇として、高橋克典主演で『『大江戸捜査網2015!隠密同心、悪を斬る!』を放送。前作から23年ぶり。元村武は監修として参加。番組制作はユニオン映画東映太秦映像。『大江戸捜査網』は、日活と東京12チャンネルが作製を始めた『大江戸捜査網アンタッチャブル』第1シリーズから、東京都近辺で、撮影作製されて来ていた。始めて京都所在の撮影所三船プロダクション撮影所も東京都内であったので、京都撮影所を本格的に利用しての始めての撮影となった作品である。平成第2シリーズ迄の撮影は、それぞれ、東京都世田谷区、狛江市、調布市、稲城市付近の日活撮影所、三船プロダクション世田谷調布撮影所、火災の撮影や、農村部や山中の撮影には、東京都西多摩郡奥多摩町、五日市町、檜原村、八王子市、町田市等の山間部で、実際に町家や武家屋敷、城の一部を建設しての撮影を行っていたと云う。大川隅田川の浅草の河岸と言って撮影された映像は、調布市、世田谷区付近で多摩川を撮影している為に、画面上右から左側へ、水が流れているが、浅草で'隅田川を見れば、左側から右側へ流下して行く筈で、たまに満ち潮で、逆流があったとしても、常に同じ様に流れているのはおかしい。之で此の位置での撮影が判明する。

シリーズ一覧[編集]

昭和版[編集]

第1シリーズ[編集]

1970年10月3日 - 1971年9月25日放送(制作:日活、東京12チャンネル)。

第26話迄の、エンディングでは、オープニングテーマが使用されていた。第27話から、杉良太郎が歌う主題歌『江戸の夜明け』が使用される様になった。第1シリーズでは立ち回りで、オープニングテーマがBGMに使用される事はあまり無かった(第6話、第20話、第22話等での使用のみ。)。

スタッフ
主題曲
  • 『大江戸捜査網アンタッチャブルのテーマ』
    • 作曲・編曲:玉木宏樹
主題歌

・杉がコロムビアレコードから、CBSソニーに移籍してから録音したセルフカヴァー版は演奏、歌い方がかなり異なっている。但し、ソニー・ミュージックのCDでは放送当時に録音の音源で、収録されている[32]

登場人物
普段は、「相模無宿の珊次郎」として活動。「珊次郎兄貴」、「珊次郎さん」等と呼ばれ、仲間内からの呼ばれ方は、里見浩太朗版以降と違い「小弥太」、または「十文字」と呼ばれ、小波からは「小弥太さん」である。髪型は、当初は町人月代だったが第6話でムシリになって以降、交互に使い分けるようになる任務に対する非情さと江戸庶民を愛する人情を持ち合わせている。村育ちで佐渡帰りの筋者犯罪者刺青刑罰で、2本の筋と佐渡へ流された印の、片仮名での文字が刺青で彫られている。[33]だが、内藤勘解由に拾われて隠密同心となる。初期には決まった紋付きの着流しではなく、密偵で入り込んだままでの衣装で短剣のみの所持で、敵の脇差し等を素早く抜き取り、それを使い斬罪成敗を行ったり、黒の忍装束を着て成敗をし、また、名乗るのは一緒に登場する内藤勘解由のみであることが多かった。日中の忍装束は薄い灰色を着用し、後期の隠密装束は黒の紋付きの着流しにが増えてくる。
普段は、素浪人としての活動が多い。通称「十蔵旦那」または「井坂の旦那」と呼ばれ、仲間内からは「十蔵」または、「井坂」と呼ばれ、小波からは、「十蔵さん」である。髪型は、当初は御家人ムシリだったが第23話で総髪になって以降、交互に使い分けるようになる。珊次郎とは対照的に情にもろく、対立したりすることがある。椿の花を武器に愛用している。初期は紋付のつぎはぎの着物に袴姿が多かったが、次第に黒の着物に袴が多くなる。潜入時、日中は薄い灰色の、夜間は黒の忍装束の着用が多い。
勘解由配下密偵で勘解由と小弥太、十蔵との橋渡し的な役割も務める。「小波姉さん」と呼ばれ、仲間内からは「小波」と呼ばれる。身分は隠密同心であり、懐剣も所持している。隠密装束は特に決まっていないが黒の忍装束が多いが、赤紫や、白色、薄い灰色の忍装束も着用。
  • 山猫お七:岡田可愛(第29,30,42,45,46,49,52話は休演)
男装の女摺り師。17歳。珊次郎たちが隠密同心であることを知らずにいたが、第4話で見破ってからは協力するようになる。珊次郎を「珊次郎兄貴」と呼び、好意を抱いている。天涯孤独の身の上で、生き別れになった兄(政吉。演;夏八木勲)がいるらしい(第7話)。武器として常に伸縮自在の釣竿を携帯している。
四千石をたまわる旗本。無類の道楽[34]好きが祟り、無役となり、旧友でもある定信の頼みで、隠密支配という裏の職に就き、隠密同心に指令を送る。「御前」、「内藤のお殿様」と呼ばれる。
  • おとら:悠木千帆(樹木希林)(第4,18,20,23,26,27,31,36,38 - 44,46,49 - 51話は休演)
将棋の駒で占いをする占い師。何かとお七と行動を共にすることが多い。井坂に惚れている。
  • おかん:白木マリ(第1 - 17,21 - 27,34,37,38,40,42,46,47,49,51話に出演)
音吉の元・大工の師匠の女房。未亡人になり、居酒屋を営んでいる。どんな相手にも物怖じしない肝っ玉女将
元大工でおかんの亭主の棟梁の下で働いていたが、酒の上の喧嘩で相手を傷付けた為に、島流しの刑罰を終えて帰り着いた。刑罰で無宿人となったので、おかんの家に居候している飴売り。珊次郎が盗賊一味の探索のため接近してきたので最初は煙たがっていたが、彼の男気に惚れて、義兄弟契りを交わし、探索などに協力する。珊次郎を「兄貴」と呼ぶ。※第18話以降、野呂はやくざ手先チンピラ等の悪役等のゲスト出演に変わった。
第11話、“殴り込み風来坊”で珊次郎へ弟子入り希望として登場し、お七の友人となった。17歳。やくざになっていた父親、伊三郎(演;内田良平)と巡り会ったのだが、小弥太が伊三郎にやくざの足を完全に洗う迄会うなと、会う事を遮られた。しかし十蔵は会わせようとして、刃を違えた時もあり、小波等が心を痛めた時もあった。彼も珊次郎を「珊次郎兄貴」と呼び、慕う。何かとお七を「姐御」と呼び行動を共にすることが多い。お調子者減らず口を叩くことが多いが、友人のために命を捨てようとする一本気な面がある。
  • 島田又五郎:深江章喜(第1 - 3,5,6,8 - 11,14 - 17話に出演)
北町奉行所定町廻り同心。事件の度に関わってくる無宿人の珊次郎を怪しんでいる。責任感が強く、真面目な性格。※演じて居た深江は、第18話以降では忠義者や、悪役でのゲスト出演に変わった。
オープニング及びナレーション[編集]
第1話
第1話のみ、効果音のみでナレーションが入らず、各出演者に役名の表記もなく、物語の中でテロップとナレーションで紹介されるが、山猫お七は紹介されず、十文字小弥太・井坂十藏が隠密同心(話数によっては隠密廻り同心)とされ、小波は『内藤勘解由の個人的な人物か? それは追って判明するだろう』と語られていた。
第2話 - 第40話
「隠密同心 それは時の老中 松平定信の命により、無役の旗本 内藤勘解由が悪の砦に向けて密かに放った、過酷非情の男たちだ。変装、囮、様々な手段を使い、彼らは身を挺(てい)して犯罪者及び、その組織に挑戦する。相手を殺すのは自由だが、我が命を失っても省みる者はない。これは生と死のデッドラインを突っ走るアンタッチャブル。彼らに明日は無い」
第2話ー第26話は、オープニングテーマ曲にアナウンスのみであり、第27話からオープニングにテーマ曲にアナウンスの上に効果音が入り出し、梶芽衣子紹介のシーンの映像が変わった。第40話まで、タイトルにアンタッチャブルサブタイトルの表示がついている。
第41話 以降
「隠密同心 それは旗本寄合席内藤勘解由に命を預け、何時の頃からか人生の裏道を歩まねばならぬ宿命を自らに求めた者達である。凶悪な犯罪者を追求する一方、法の冷たさに泣く、大江戸八百八町の民衆を、ある時は炎の様な熱情を持って、又、ある時は影のように支える此の男達。だが、彼等の生命を保証するものはない。」
オープニングの映像は第27話以降と変わらない。この回より、アンタッチャブルの文字が消える。
放送リスト[編集]

放送局(東京12チャンネル→テレビ東京)では、以後の製作を通算で管理しているので、この第1シリーズでの話数の52を足した数が、第2シリーズの再放送時での話数となる。第2シリーズの第1話は通算第53話となる。

第2シリーズ[編集]

1972年4月3日 - 1973年3月17日放送(制作:日活、東京12チャンネル)。

スタッフ
  • 脚本:中野顕彰(10回)、山浦弘靖(9回)、山崎巖(8回)、小川英(4回)、胡桃哲(同)、武末勝(同)、吉岡昭三(同)、大和久守正(3回)、蘇武路夫(2回)、中西隆三(同) 他
  • 監督:斎藤光正(16本)、西山正輝(12本)、樋口弘美(9本)、小沢啓一(6本)、磯見忠彦(5本)、手銭弘喜(4本)
  • ナレーター:黒沢良
  • 協力:金剛プロダクション
主題歌
  • 『江戸の夜明け』 : 発売 コロムビアレコード
    • 作詞:川内康範、作曲・編曲:曽根幸明、唄:杉良太郎
登場人物
  • 隠密同心 十文字小弥太:杉良太郎
前作と同じく、「相模無宿の珊次郎」の通り名で活動している。成敗時の衣装も黒色紋付きの着流しになり、名乗ることが格段に増えてくる。
  • 隠密同心 井坂十蔵:瑳川哲朗
前作と同じく素浪人姿で活躍をするが、第1シリーズの様なつぎはぎの袴姿は減り、黒の着物に袴が多くなった。珊次郎には‘山猫お七’が(第26話〔通算第78話〕迄)居るが、十蔵の‘おとら’は早耳金太と交代で居なくなった。成敗に着用の衣装は、前半は其の侭が多く、後半では、黒色紋付き(家紋は第3シリーズとは違っている)の着流しに代わっている。成敗時に名乗る事が増えたのは小弥太と同じである。
  • 隠密同心 (第26話〔通算第78話〕迄、芸者)小波:梶芽衣子
ポジションは前作と同じであるが、第27話(通算第79話)より隠密同心と正式に表記される様になった。任侠一家の娘だった過去や当初から隠密同心であった(松平家の家紋入りの懐剣を所持)ことも、このシリーズで正式に明かされる。黒の忍装束の他、顔を隠さずに長髪ワンレングス姿の赤紫色の忍装束を着て参戦する。前2人と同じで、成敗時に名乗る事が増えている。
  • 山猫お七:岡田可愛
このシリーズでは内藤邸への出入りや、補佐として正式に捜査を担当したり、名乗りを上げるシーンにも登場するが、あくまで隠密同心ではなかった。花札を摸した手裏剣を武器に使用する。第26話(通算、第78話)を最後に、姿を消す。なお、岡田可愛は第3シリーズで、娘瓦版売りのお花として、ゲスト出演(小弥太を「珊次郎兄貴」と呼ぶ他、髪型も同一である等、お七と共通であり、復活したような演じ方であった)をした。
  • 旗本寄合席 内藤勘解由:中村竹弥
前作と同じ旗本寄合席で、隠密支配をしている。第3シリーズ以降に比べ、出演話数も多かった。前作では1人で名乗る事が多かったのと、配下の名乗りがある時も最初に名乗っていたが、今作で、配下が名乗るのが増えると、最後に名乗る様になり、第3シリーズに演出が似て来た。
  • おかん:白木マリ
前作と同じく、居酒屋の女将である。ただし、居候の音吉は登場しない。
珊次郎、十蔵、小波、お七 達と旧知の瓦版売りで、「珊次郎兄ぃ」と呼んでいる。前作のおとらに代わり登場。お七を「姉御」と呼んでいる。
  • おせん:太田とも子
第27話から、山猫お七と交代で出演の、桜湯の娘役である。
  • 萩乃:花ノ本以知子
内藤勘解由の(養女)娘。
  • 仙吉:三ッ木清隆
第1シリーズと同じであったが、第2シリーズでは初期の2話分のみの出演とエンディングの映像に留まり以降の出演は無く、演じていた三ッ木清隆は別の登場人物として、ゲストでの出演に代わった。
オープニング及びナレーション[編集]

「隠密同心 それは旗本寄合席 内藤勘解由に命を預け、人知れず人生の裏道を歩かねばならぬ宿命を、自らに求めた者たちである。極悪非道の犯罪を憎み、過酷な法の冷たさに泣く、大江戸八百八町の人々を、ある時は助け、励まし、また、ある時は影のように支える男たち。だが、身をやつし、姿を変えて敢然と悪に挑む彼らに、明日と言う日はない」第1シリーズでの変更があったが、僅か12話分で新なナレーションが創られている。完成形の第3シリーズでの文言と、殆ど変わらない口上になっている。

放送リスト[編集]

テレビ東京での管理では、東京12チャンネル時の第1シリーズから第3シリーズ迄を通算で製作を行って来た。放送回数的に第3シリーズになってからではあるが、放送回数の第300回や、第500回の記念製作が行われ、特別ゲスト(三船敏郎)を招いての製作や、地方ロケ(長崎雲仙、新潟佐渡)を行っていたが、第1シリーズからの通算放映回数で、話数は計上されている。その為に再放送や、CS通信衛星放送局の番組表などでは、このリストと違いテレビ東京(東京12チャンネル)の話数で表されており、第2 シリーズでは、第1シリーズからの通算話数(+52。※第1シリーズ話数を足した数)となっている。第2シリーズの第1話は通算第53話となる。

第3シリーズ[編集]

1973年9月22日 - 1984年3月31日放送。制作は三船プロダクションに移行するも、内紛分裂騒動の余波から、1982年10月より、ヴァンフィルに[36]。2007年1月に発売されたパチンコ「CR大江戸捜査網」のモチーフになっているのは、このシリーズである。 なお、2003年にキングレコードから発売された「大江戸捜査網オリジナ ルサウンドトラック」はジャケットに「アンタッチャブル」と記されているが、収録されているメインテーマの演奏は第3シリーズ 里見浩太朗の主演時に編曲された時のものである。

スタッフ
  • 原案:日活株式会社(第1 - 305話)
  • 脚本:胡桃哲(126回)、山崎巌(123回)、中野顕彰(109回)、山浦弘靖(49回)、武末勝(24回)、小川英(22回)、大工原正泰(18回)、土橋成男(15回)、服部一久(12回)、中西隆三(10回)、 杉良太郎(1回)他
  • 監督:江崎実生(72本)、宮越澄(60本)、長谷部安春(55本)、斎藤光正(38本)、高橋勝(37本)、松尾昭典(35本)、手銭弘喜(30本)、小沢啓一(24本)、岡康季(20本)、外山徹(19本) 他
  • 企画:時崎克彦、元村武
  • プロデューサー:岡哲男、小川清澄、小林尚武、石川博、佐々木太郎、木村博人、内藤三郎、新藤次郎、田辺隆史
  • プロデューサー補:犬飼佳春
  • 音楽:玉木宏樹
  • 脚本協力:ジャック・プロダクション
  • 選曲:鈴木清司合田豊
  • 撮影:岩橋秀光、原一民山田一夫、村野信明、斉藤孝雄、小野進、坪井誠、森隆吉、有吉英敏、小泉一、笹木欣二、緒方博
  • 美術:川島泰造、福留八郎、筒井増男、上條文雄、石田良之、木村晃广
  • 録音:近藤克巳、吉沢昭一、大野久男、宮永晋、秋山一三、八木多木之助、浜勝堂、宮永サウンド
  • 照明:窪田彰、土井直之、遠藤克己、佐藤幸郎、釜田一、北爪勇、内田皓三、嶋田宜代士
  • 編集:岡田三知夫、井上親弥、岡村博也
  • 助監督:宮本淳郎、布施修、佐野正弘、宮越澄、鹿島章弘、下村優、北村武司、白井政一、岡康季、武内孝吉、大久保直実
  • 記録:中川節子、内田絢子、石川恵与、浅野秀子、照井鈴子、黒岩美穂子、森靖子、東紀子、沢田享子、福島勇子、堀北昌子、小池美智子、小島秀子、広川貴美子、椎塚二三
  • 演技事務:長崎洋二郎、石坂久美男、佐々木健一、前原満司、宮下博、真鍋和己、大場正弘、平林俊夫、松本清孝
  • 製作主任:力武敏彦
  • 製作担当:江成健、河井正一、守屋徹、平林俊夫、荻原静、高橋憲行、福塚孝哉、吉田由二
  • 殺陣:林成二郎、渡辺高光山口博義伊奈貫太、上野隆三、三好郁夫高倉英二
  • 効果:東洋音響、宮田音響
  • 整音:星一郎アオイスタジオ、トリッセン・スタジオ、黒丸治夫
  • レーザーサウンド:横浜シネマ(第513 - 536話)
  • 現像:東洋現像所、東京現像所
  • 装置:三船プロ、トリッセン、美建興業
  • 小道具:高津映画装飾
  • 装飾:三度屋美術工房
  • 衣裳:京都衣裳
  • 美粧:山田かつら店
  • 協力:三船芸術学院(第409 - 510話)
  • ナレーター:黒沢良
  • 製作協力:金剛プロダクション、六本木オフィス松プロダクション、三船プロダクション(第460 - 510話)
主題歌
挿入歌
  • 『愛しいバラのように』
    • 作詞:大津あきら、作曲:小田裕一郎、編曲・唄:ノーザン・ライツ
登場人物
隠密同心(レギュラー)
  • 十文字小弥太:杉良太郎
前シリーズ同様普段は佐渡帰の遊び人,相模無宿の珊次郎として活動。捕らえられ佐渡送りの島流しの刑を受けて、江戸へ帰って来ていた。流刑の付属刑左腕へ刺青で2本の筋と片仮名のサの文字も彫られているが、隠密廻り同心として内藤に入れて貰えた事を感謝し、熱心に仕事を続けている事に、丁度良く刺青刑を利用して悪人の組織に見せて入り込んだり、逆に不要な時には、化粧で完全に見えなくしたり、業と手拭いで巻いて隠す程度にし、同情を買って貰う等の作戦で潜入を成功に以て行く作戦等にしたり利用をしている。周囲からは「珊次郎兄貴」や、「珊次郎さん」と呼ばれ、仲間から「小弥太」、「十文字」と呼ばれていた。第7話(通算112話)以降、能面をつけて悪人の前に現れることがある。野性味あふれる太刀さばきが特徴。第3シリーズでの隠密装束は、黒や紺の紋付き着流しを着用する。第26話(通算130話)で、松平定信を失脚させようとした若年寄の堀田(佐々木孝丸)と北町与力の森川(勝部演之)の野望を阻止し、吟味役与力に任命(200石加増)され一旦は「私だけ与力にはなれません、生きるも死ぬも一緒にと誓った仲間とは離れません」等と固辞したが、勘解由より「上様のお声掛かりだから、断る事は出来ぬ」と云われて仲間の前から去った。
小弥太の後任として、第27話(通算131話)から登場した。表向きは音次郎として、新内流しや遊び人風体で活動、仲間からは「音さん」と呼ばれ、成敗等で本名を名乗っている時に、危険等を知らせる事が出来て呼ぶ時にも「音次郎」や、「音さん」と呼ばれており、表向きに刀を捨てる前に付き合いが在った、旧知の知り合いからは「隼人」や、「伝法寺様」等と呼ばれている。一刀流が中心だが、、実は二刀流の達人。元々は200石の旗本出身。第38話(通算第142話)の時点から8年前までは、矢作二刀流道場で親友の小早川(川地民夫)と共に竜虎の異名をとるほどで、しばしば二刀流で戦うことがある(第27、28、30 ~ 32、38、46、53、54、62、80、116、127、178、194、205、220、243、300話(通算第131、132、134~136、142、150、157、158、166、184、220、231、282、298、309、324、347、404話)など)。その太刀さばきは華麗。遊び人では素手や鎖(第29、31、37、46、47、51、55話(通算第131、135、141、150、151、155、159話)または仕込み煙草入れ(第47話、第52話(通算第151、156話)、新内流しでは棹や撥に刃を内蔵した仕込み三味線で闘うこともある。隠密装束は青や紺、紫(第60・273話(通算第164・377話)の紋付き着流しを着用。リーダーシップに長け、使命感に強い。第305話(通算第409話)で、爆破事件の黒幕が将軍家御家門である筆頭若年寄の菅沼将監(菅貫太郎)だったため、切腹を覚悟で成敗するが、定信の計らいで菅沼は病死となり、上方に新設される隠密同心組織の隠密支配に任命され、旅立って行った。
  • 左文字右京(さもんじ うきょう):松方弘樹
隼人の後任として、第306話(通算410話)から登場。表向きは板前・清次郎で、向島の料亭で板前をしていたが、その店が火事でやけたため内藤勘解由に雇われ桔梗屋で働くことになった。普段は「清さん」の愛称で呼ばれる。表向きに、刀を捨てる前に付き合いが在った知り合いからは「左文字様」等と呼ばれるが、「左文字様は止してくれ」と応えている。御家人の次男坊であったが、武士の仕組みに嫌気がさして刀を捨てた。だが、内藤勘解由にその腕を見込まれ、1年間、隠密同心としての修行を積んだ。直心影流の使い手で、野性味と華麗さを併せ持った太刀さばきを見せる。隠密装束は306話(通算第410話)の初登場から白の紋付き着流しで二刀流での立ち回りも多い。左投げでの目打ち投げで危機介入することが多い。第331話(通算第435話)からは毘沙門亀甲柄の浅葱色(水色)の着流し。さらに終盤は紗綾柄の紺の着流しで一本差になる。家紋鷹の羽紋。茶目っ気ある気さくな性格で江戸庶民との交友関係も幅広いが、許せぬ悪人に対しては荒っぽい言動をするほど直情的になる。第536話(通算第640話)で幻の御前の死と旧知の町人たちを自らの暗殺計画に利用された怒りから、隠密同心の証の懐剣を返上。全ての黒幕である将軍家御家門・・立花左馬介(宮内洋)を成敗した後、いずこともなく去っていった。
比較的初期には「鈴の調べは悪を斬る」と言って成敗に乗り込み、罪状を暴きながら赤房の鈴をリレーする。その後罪状を述べた後に葵(または松平家の家紋)の紋付き懐剣を示し「例え世間は黙って見過ごしたとしても、此の懐剣が承知出来ねえとよ」と云うと、大体、下手人の頭が「貴様等一体何者だ」と問い掛けると順次名乗りをあげるが、殆ど「者共出合え!曲者ぞ!構わぬ!斬れ斬れ!斬って捨てぇい!」等と刃向かうと成敗に入る。
名乗りは「三途の川の渡し守、隠密同心左文字右京」と名乗る。
  • 井坂十蔵:瑳川哲朗
前シリーズ同様、虚無僧や同心などの活動が多いが、第122話(通算第226話)で寺子屋の先生を始めてからはシリーズ後半の表向きとして定着するようになる。第27話(通算第131話)から椿の花の代わりに、太刀の柄と鞘を組み合わせた即席の長巻を武器とし(第27、29、31 ~ 34、39、40、48 ~ 50、53話(通算第131、133、135~138、143、144、152~154、157話)、髪型も総髪の他に第1シリーズ初期の御家人ムシリや)(第27 ~ 39話(通算第131~143話))、月代の武家髷に一時期変更されていた。小弥太以外の仲間からは「旦那」と呼ばれる。剣の流派は神明一刀流。かつて父親は普請方に勤めていたが、上役の賄賂による不正に巻き込まれ切腹し、お家断絶で天涯孤独となり、神明一刀流道場主の脇坂玄藩(加藤嘉)に育てられた(第122話(通算第226話))。脇坂藩家中の女性と恋仲だったが、隠密同心としてスカウトされたため別れた過去がある(第34話(通算第138話))。にわかながら医術の腕もあるようで、負傷した仲間や町人の手当てを行ったこともある、隠密装束は初期は薄い灰色、第27 ~ 305話(通算第131~409話)は黒の紋付き着流し。第306 ~ 330話(通算第410~434話)は白の紋付き着流しに黒白の帯。第331話(通算第435話)からは薄い灰色や濃い灰色の紋付き着流しを着用。吹雪と新太郎が参入した後半辺りからは黒の着流し、終盤は紗綾柄→毘沙門亀甲柄の黒の着流しを着用。職人に化けるときは丸に十の半纏を着用。
家紋は浮線片喰。第536話(通算第640話。最終回)で清次郎らと共に江戸から姿を消した。第1シリーズから最終回まで出演した唯一のレギュラーである。
  • 夕霧:古城都(第1、17、18、23話(通算第105、121、122、127話))
第1話(通算105話)から登場。芸者、武家女中、男装の剣士などの顔を持つ女隠密。演じた古城のスケジュールの影響か、わずか4回の出演回数にとどまり、特に説明のないまま姿を消した。隠密装束は赤紫の忍装束。
  • 不知火のお吉(しらぬいの おきち):江崎英子(第132話(通算第236話)から江崎由梨に改名)((第32、34 ~ 36、42、49、60、71 ~ 75、157話(通算第136、138~140、146、153、164、175~179、261話)を除く)
第1話(通算第105話)で隠密同心に加入。初代魚屋隠密。盗賊・・不知火吉兵衛の娘。9歳の頃から掏りをしていたことがあった。幼い頃、内藤勘解由に拾われ、鞍馬山のぜんこう和尚に預け、修行させた。隠密装束は初期は半袖の黒地上着に、黒のショ-ツと網タイツ、髪型はポニーテール。名乗りが「不知火お吉」であった。中期からは下半身はパンツになり髪型も下ろした簡単な一つ結びになり名乗りも「不知火お吉」となった。後期は黒地に朱色の墨流し模様柄の革製半袖上着に左手に手甲を装着、終盤は赤と黒の墨流し模様襟の黒地の長袖上着、赤と黒の墨流し模様の細い帯に両手首に黒のリストバンドを装着(装着していない回もある)、第158話(通算第262話)で、幼馴染の新吉(久富惟晴)を救おうとして、屋形船で銃弾を浴びる。重傷の身でどうにか事件の黒幕を成敗した後、内藤勘解由の計らいもあり、新吉(久富惟晴)の故郷で治療するため、彼と共に江戸を去った。
  • くれないお蝶:安田道代(第26 ~ 30、32 ~ 36、38、42 ~ 47、49、59、60、66、67、69 ~ 73、78話(130~134、136、140~142、146~151、153、163、164、170、171、173~177、182話))
戦力補充のため、第26話(通算第130話)から登場。普段は胡蝶((こちょう))という名の芸者で活動。成敗時は、唯一紫色の仕込み和傘の刀を逆手持ちで戦う。初期の傘はやや太目の長い仕込み傘。傘の頭ろくろに刃が仕込んである。隠密装束は青の着物に赤地に白の胡蝶柄の帯。髪型はやや丸みのある結髪。第78話(通算第182話)で、敵の仕掛けた罠から少女を庇い、爆発に巻き込まれて死亡。屍は拾われて火葬された遺骨は、音次郎によって故郷へ連れ帰された。
  • いさり火お紺:山口いづみ(第66、67、69、70、78、110、114、125、137話を除(通算第170、171、173、174、182、214、218、229、241話))
第62話(通算第167話)から登場。これにより女性隠密がシリーズ唯一の3人体制になる(が、女性隠密が3人同時に出演することはなかった)。基本的にはお蝶の代役だが、第71話(通算第175話)では同じ芸者で諜報するお蝶(胡蝶)と唯一コンビを組んでいる。表向きは芸者で「お母さんに聞いてみないと」が口癖。酒豪で壷振りの名手でもある。隠密装束は、初期は桃色の着流しに髪はポニーテールで鍔ありの青い柄の刀だったが、第76話(通算第180話)からは鍔無し朱色の鞘の合口の小太刀を使用。第86話(通算第190話)からは真紅色の着物に髪は結髪に変更される。第158話(通算第162話)を最後に将軍の護衛につくため、隠密同心の任を退いた。
  • 稲妻のお竜((名乗りは「稲妻お竜」。。第203話(通算第307話)からはクレジットも稲妻お竜となる)):土田早苗
第159話(通算第263話)から登場(第328話(通算第432話)から第336話(通算第440話)の間は急病のため、出演していない)。表向きは芸者玉竜(たまりゅう)として活動する。花札占いを得意とし、鉄火肌で男相手にも引けをとらない性格の持ち主。元々は武家の娘。隠密装束は、初期は黒の折り返し袖に白の紐飾りの付いた半袖の赤紫色の忍装束に両手首に赤紫色のリストバンドで、紫色の柄の刀を逆手(順手の時もあり)で使用。髪型は三人官女風の結髪。第203話?第305話(通算第307~409話)からは青の着物→紫の着物に白の帯に赤い帯紐(337・338話も紫色着用(通算第441・442話))を着用、髪はキッチリした結髪に変更、刀は鍔無しの紺色鞘の刀を使用。第306話(通算第410話)からは白の着物に紫白の帯で鍔無し黒の鞘の刀、第339話(通算第話)からは青紫色地に白い胡蝶柄の着物。対外的に玉と名乗っている事が有り、其の場合には、「お玉」、「お玉姉ちゃん」、「お玉小母ちゃん」等と呼ばれていた。第408話(通算第512話)で、事件に巻き込まれた少年の目を治すため、亡くなった母親に代わり、少年に付き添い共に長崎へ旅立った。
  • 風(かぜ):志穂美悦子(第165話、第185話、第186話、第199話、第201話(通算第269、289、290、303、305話)を除く)
第159話(通算第263話)から登場。幼少時より、武術の心得がある和尚(加藤嘉)の指導の下、山奥で兄弟子佐元太(郷瑛治)と修行に励んでいたが、和尚の命にて江戸へ発ち隠密同心に。風では呼びづらいこともあり、勘解由からお新の通り名を与えられ、二代目魚屋隠密として活躍。第159話(通算第159話)で、自身よりも先に江戸へ出て道場破りを行っていた兄及び黒幕だった和尚を成敗。空手と男勝りの大胆なアクションで、新風を巻き起こす。隠密装束は背中に風の文字が書かれた赤い袖なしの忍装束で、両手と下半身は紺のタイツ、髪型はポニーテール、刀は背中に差している。第202話(通算第306話)で、身分を明かしてまで恋仲になった友吉(寺田農)の娘おさきを救出する際、爆風によって失明寸前になるが、自力で敵を討ち、友吉親子と共に治療のため、江戸を旅立った。
  • はやぶさお銀:安西マリア(第206話、第215話、第218話、第222話、第227話(通算第310、319、322、326、331話)を除く)
三代目魚屋隠密。第203話(通算第307話)から登場。年齢19歳。抜荷の疑いをかけられ死罪になった、長崎の回船問屋南海屋の娘。その仇を探し求めていくうちに、女郎屋の下働きとして売り飛ばされた過去がある。身請け寸前に手裏剣の師匠と出会い、その際に手裏剣技を会得。普段から目印・護衛用にくない型手裏剣を隠し持っている。隠密装束は上半身、赤色地の縦横白線一本線模様で、下半身は黒のレオタードスパッツ姿の岡っ引き風、髪型はポニーテール。左手首に棒手裏剣を携帯している。第230話(通算第334話)で、自分と似た境遇の千太(酒井修)との出会いが縁で、役目を退いて彼と共に旅出った。
  • 流れ星おりん:かたせ梨乃(第326話(通算第430話)を除く)
第231話(通算第335話)から登場した、四代目魚屋隠密。お竜との女性隠密最強コンビは、シリーズ全盛期を支えた。松平定信の身代わりとなって、地雷の犠牲となった側近片桐十郎太の娘で、本名は片桐楓。亡き父の願いで、隠密になるべく修行を重ねていた。(時々、幼少期の時の幼馴染みが、「おりんちゃんと昔よく遊んだね」と内藤勘解由から名付けられた筈の、通り名での幼馴染みでは、有り得ぬおかしい設定の時がある)初期の武器は赤鞘の刀だが、第254話(通算第358話)で赤い短槍と脇差に変更、槍の先に鞘が付いていたが、数話で省略された。隠密装束は初期は、上半身赤色地の縦白線の二本線模様で、岡っ引き風の上着に黒の帯、両手に黒のリストバンドを装着。254話?305話(通算第358~409話)と331話?408話(通算第435~512話)は、真紅色地に細い不揃い花弁の花模様の、岡っ引き風上着に黒の帯に、両手首に黒のリストバンドを装着し、、前髪を下げたポニーテールから、整髪されたポニーテールに、第306話(通算第410話)からは、白の岡っ引き風上着で赤白の帯に、両手に黒の手甲当てを装着。第409話(通算第513話)からは真紅色地に六枚花弁模様の、岡っ引き風の上着で、黒の帯に両手黒色の手甲当てを装着、下半身は黒ショ-ツに膝下黒の足当て姿。。終盤では白頭巾に扮して活動することも多かった。。第459話(通算第563話)で、、私情から隠密同心の肩書を捨てた上に、敵の証拠を手に入れる為、吹雪と共に敵地に乗り込んだが、公儀御庭番・天馬一真たちの襲撃を受け、重傷を負う。それでも、自力で桔梗屋まで戻り、証拠を入手した。新太郎がおりんと吹雪の治療に当たり、清次郎、十蔵、新太郎、藤堂対馬が敵地に乗り込みに成敗して、二人の為に、最後の真の黒幕を、半ば傷が回復したおりんと吹雪に成敗させた。そして治療のため春香と共に江戸を離れた。
第409話(通算第513話)から登場。隠密支配の座を退いた、内藤勘解由の置き土産という形で加入。表の顔は芸者春香として、情報収集などに活動。新太郎とは対照的に金にはうるさいが、芸者の仕事は好きではない様子で、「違う方法での探索をしたい」と言っていたが、「やることが出来るのはお前だけだ」と説得され、渋々引き受けた。本当の名はお春で、材木問屋の娘だったが、幼少の頃に両親を賊に殺され、危ういところを根来忍者の残党だった疾風の源次に助けられ、妹同然に育てられたが、江戸の父の知り合いによって引き取られた(第434話(通算第538話))。隠密装束は、紫の着物に黒の藤巻合口の刀で、着物の右の袖を外して、緑地に白の花柄の、肌襦袢を見せて立ち回る。第459話(通算第563話)で、おりんとともに負傷。涙ながらに隠密同心を引退した。
第409話(通算第513話)から登場。吹雪と同じ理由で加入。伊豆国韮山(現、静岡県伊豆の国市)で代々続く医家の出身で、実家を飛び出し江戸に遊学中に、隠密同心としてスカウトされた。後に、母親佐和(演:馬淵晴子)が実家へ帰るよう江戸へ説得しに来たが、患者に慕われているところを見て理解を得ている(第430話(通算第534話))。表の顔は小石川養生所の見習い医者だが、表の仕事に積極的でなく、養生所にもあまり顔を見せないため、先輩達を困らせている。しかし腕は確かなようで、検視官役を買って出たり、仲間や町人の治療や手術を行う場面もあり助けられた町人から 「九條先生」 と慕われる時も。清次郎(左文字右京)や春香(吹雪)からは「新の字」と呼ばれる。女性に目がなく、女郎屋に足繁く通い、清次郎(左文字右京)に前借りをする事もしばしばで、それが原因で、トラブルを起こしてしまうこともある。自分の身代わりで捕縛された左文字右京を、処刑寸前の危機に晒してしまう事態に発展したこともあった(第518話(通算第622話))。髪型は総髪髷だったが第423話(通算第527話)からポニーテールに変わり、普段の着物も灰色だったが、第423話から緑色、第511話(通算第615話)から紺色に変わった。成敗時の装束は、前半は青色の紋付き着流しで、太刀を武器を持つ。家紋は唐木瓜紋。第460話(通算第564話)からは紺色の半袖忍装束、白色の布帯に左腕に手甲を装着、武器も忍者刀に変更され、蹴りなどのアクションを多用。さらに終盤は緑色の半袖忍装、黒色の布帯に左腕に手甲を装着。第536話(通算第640話)で、左文字右京らと共に、江戸から姿を消した。韮山の実家にみよという妹がいる。
第460話(通算第564話)から登場。 吉賀衆出身の忍者崩れで、風車が装飾された簪を手裏剣代わりに使用する。忍者狩りの命を受け村を訪れた藤堂対馬の温情により、父の仲間の猿(ましら)の右源太によって実の娘同然に育てられ、成長した後隠密同心に任命された。普段は芸者菊丸として、情報収集などに活動。隠密装束は藤色(薄紫色)地に白の白鷺柄の着物。帯は黒地に金の花柄。得物は紫の組紐の飾りの付いた鍔無し白い藤巻合口拵えの刀。吹雪という雑賀衆(さいかしゅう)の忍である双子の妹(夏樹陽子二役)がいる。第536話(通算第640話)で清次郎らと共に江戸から姿を消した。
五代目魚屋隠密、第460話(通算第564話)から登場。左腕に昇り鯉の刺青を施している。孤児であり、軽業師一座にこき使われていたところを、薬種問屋の信濃屋に引き取られて育てられた。その後信濃屋夫婦に実の娘が誕生したため、身を引くべく刺青を入れて店を飛び出すが、信濃屋に相談を受けた藤堂対馬の計らいにより魚河岸で働きながら武芸を習得した(第461話(通算第565話))。直情的な面があり、若さと感情に任せて発言・行動することが少なからず見受けられ、仲間から指摘されることもある。また、その姿勢が原因で敵に捕らえられ新太郎と共に処刑寸前の危機に発展してしまうこともあった(第477話(通算第581話))。悪党に名のる際の手を打つポーズは他の隠密同心には見られない彼女特有のものである。隠密装束は袖なしの黄色の忍び上着に黄色のショーツ、髪型はポニーテール、額は鉢巻代わりの三色三つ編みの組紐、オレンジ色の細い組紐が付いた特殊な小太刀とアクロバット戦法を得意とする。第499話(通算第603話)を最後に、プライベートな事情から降板。
第511話(通算第615話)から登場。幻の御前の命を受けて密かに御子神の動向を探り、その過程で清次郎たちと知り合う。幻の御前の隠密支配着任に合わせて隠密同心に加入。魚屋隠密ポジションではあるが、男装の遊び人が表向きの模様。かなりの酒豪で、渡り髪結いや桔梗屋の女中として働くこともある。3年前に不良集団の一味として荒んだ生活を過ごしていた過去が明かされているが、隠密同心にスカウトされた経緯が明かされることはなかった。隠密装束は赤地に金色の牡丹柄の岡っ引き風長袖に、黒の一本線入りの茶色とベージュの帯に、黒のショーツ姿に黒の足当てを着用、髪型はポニーテール。刀は逆手持ち。赤房付の短剣を投げて戦うこともある。第536話(通算第640話)で清次郎らと共に江戸から姿を消した。
隠密支配
第51話(通算第155話)で、7年前に勘定奉行に任命されるが爆薬で妻子を殺され、政に対する自責の念から、勘定奉行の役職を退いた過去が判明している。同回で再び勘定奉行に推挙されるも「庶民を犠牲にする政には興味がない」との一念から拒否している。名乗りの際は初期の「旗本寄合席?」パターンと「そして隠密支配?」のパターンがある。隠密装束は特に決まっていないが、第306、307話(通算第410、411話)のみ白の着流し、後半は紫の着流しが多い。鳥を飼うのが趣味(第77話(通算第181話)ほか)。第404話(通算第508話)が最後の出演となったが、特に理由を説明されないまま姿を消した。井坂十蔵によれば家紋は「源氏車に八枚笹」とのこと(第124話(通算第228話))。
第409話(通算第513話)から登場。内藤勘解由より隠密支配を引き継いだ。隠密同心の雇い主。清次郎たちには「頭(かしら)」と呼ぶよう頼んでいる。第416話(通算第520話)で、佐竹藩藩主小池左馬介の義理の弟であることが明かされた。隠密装束は紫の着流し。名乗りの際は「そして大番頭、またの名を隠密支配?」などがある。前の大番頭だった中津川隼人の推挙によって大番頭に就いたが、その中津川が隠し金山に絡む悪事に加担していた疑惑で、良心の呵責から犠牲になった人足夫婦の仇討ちに躍起になっていた春香とおりんに手を引くよう警告した結果、2人に懐剣を返上させてしまう事態を招いたこともある。第497話(通算第601話)が最後の出演であるが、第511話(通算第615話)で御子神安房守から大坂城代となったため、隠密支配の職を辞したことが語られた。
  • 影の支配 幻の御前(声):黒沢良
第511話(通算第605話)から登場。本名や素性などは一切公表無し。普段は顔も編笠で隠したり、姿を見せず声だけだったりと正体不明の存在。御側用人・土屋伊賀守[注釈 7] なる人物が正体であることを仄めかす描写がある(第513、525話(通算第607、629話))が、真相は不明。指令は大概口頭で行なうが、時に文書で事情を伝えることもある(第519話(通算第623話)など)。清次郎との初顔合わせでいずれ正体を明かすことを語ったが、その日が来ることなく、最終回にあたる第536話(通算第640話)で、清次郎たちの素性を立花左馬介(宮内洋)の息のかかった若年寄・津島大膳に洩らし、それが敵の隠密同心抹殺計画に利用されたことを苦に切腹し、果てた。
サブメンバー
音次郎とともに隠密同心に加入。いささか堅物の武士で、隠密としては掟違反ながら、おはま(中村玉緒)という情妻とその間にできた赤ん坊がおり、この点は内藤勘解由も黙認している。あかねこ探索中に事件に関わっていた浪人(天津敏)の不意打ちを受け殉職。第27話(通算第131話)のみの出演。死後、音次郎、井坂、お吉、お蝶の4人が墓を掘り暴いて、棺桶から死体を取り出して焼く。此の当時は棺桶を其の侭埋め込む土葬であるが、敵に掘り出され探られるのを防ぐ為の火葬の為に、骨も残ら無い様に完全に灰に成る迄焼き切っている。但し、この世からの抹殺で、音次郎の台詞にそれが現れている。「折角この世に生まれながら、隠密としての全てが消される。隠密とは虚しいものだなぁ」と。之が火葬との違いを現している。内縁の妻の下へ帰す事が出来ない事も、音次郎の台詞に現せられていた。
実の父親は、南町奉行所与力で勘解由の将棋仲間だったが、抜荷の犯人に撃たれて死亡。勘解由の計らいで、町火消し「は」組の頭(かしら)辰造の娘として育てられた。辰造が殺された復讐を果たすべく、勘解由に懇願して隠密同心に加入した。芸者のときは染香名義。
土田早苗の急病で、第331~336話(通算第435~440話)の短期間の出演。隠密装束は赤紫色の地に白色の車輪と纏の柄の着物で、赤い鞘の刀(第331、332話(通算第435、436話))と紺の鍔なし鞘の刀(第333~336話(通算第437~440話))を使用。
根来忍者の生き残りで、菊弥という名前で芸者をしている。内藤勘解由が隠密同心に入れようと育てていたが、悪阻で倒れていた所を町医者・高木新之助(河原崎長一郎第356話(通算第460話))に救われ、彼に恋をしてしまい、隠密同心の申し出を一度は断った。しかし、高木新之助の死をきっかけに、隠密同心に加入する。隠密装束は赤紫色地に矢車柄の着物。おもん同様お竜の代理による臨時参加で、第388話~390話・第401、402話(通算第492話~494話・第505、506話)の短期間の出演だった。
若年寄。藤堂対馬が大坂城代となったため、後任が決定されるまでの間、暫定的に隠密支配の座に就いた。だがその実態は木暮藩に絡む砂金横領の黒幕で、差し向けた隠密を手にかけた兵助の抹殺を清次郎に指示するが、逆にからくりを知った隠密同心たちの刀の前に散った。第511話(通算第615話)のみの出演。
その他のレギュラー・準レギュラー
  • 早耳金太:古今亭志ん駒
瓦版屋。第2シリーズより引き続き登場。事件解決のために貢献するが、大麻入りの煙草を吸わされたり、囮にされて殺されかけたりとロクな目に遭わない。いつも「桔梗屋」にいる珊次郎や音次郎、清次郎、井坂らの正体が隠密同心であることは知らない。第401話(通算第505話)までの出演。
住まいは「ほうづき長屋」(第53話(通算第157話))
  • おまさ:花ノ本以知子
当シリーズ初期における「桔梗屋」の雇われ女将。珊次郎たちの正体を知っている。
  • おかん:白木万理
「桔梗屋」の女将。第1シリーズより引き続いて登場する。
  • お春:立花かおる
「桔梗屋」の女中。
中期の第239話(通算第343話)『“泥沼に咲いた女郎花”』で登場当初は地回りであったが、第246話(通算第350話)『“音次郎を狙う狼の牙”』で、十手捕り縄を預かる事となり、御用聞きを勤め出したが、音次郎の考えを聴いてから「いやぁ俺もそうじゃねぇかと思って居た処だったんだよ」と、自分の考えの様に言ったりしているお調子暫く出て来ていたが、いつの間にか出なくなるキャラクターの1人であった。
中期より後期に掛けての第328話(通算第432話)『“夫婦十手一番手柄”』で、孤児であった左官職人である千代松が、子供時分から自身の親代わりとなって育ててくれ、親代わりと慕っていた正式に奉行所から十手を授かった小者(目明かし)の親分(稲葉義男)が下手人捕縛の際に死亡したが、その時に本当は手助けをした井坂を、余計な手出しをした為に、自分の親代わりと慕っていた目明しの親分の死を招いた仇と思っていたが、後に違っていたことがわかり、その目明しの親分の娘おしずとの祝言の仲人を依頼するに至る。千代松自身ものちに奉行所から小者(目明し)として召し抱えになり十手捕り繩を授かる。俸給は安く何時も清次郎に「今度の手柄を立てればお手当を頂戴するから、今日は付けで」とたかり、お調子者で清次郎達に大きなことを言っては空回りをするが、憎めない存在。手柄を立てる事は、既に清次郎達隠密廻りが斬罪しているから、千代松親分に捕縛は出来ない事を承知で、「親分!親分!お手当頂けたんでしょ?付けを払ってよ!」と清次郎に何時もからかわれ、千代松は「いやぁ大判小判をザクザク」と迄言った処で、清次郎に「じゃあ払って」と言われたら、「の予定だったんだけど、いつの間にか退治されちゃったんだよね。だからこの次。今日は付けで!」等清次郎と漫才をやる様な出方だったが後に、早耳金太と共に姿を見せなくなる。(第394話(通算第498話))姫君七変化道中で、丈姫(風美圭)を亀山藩へ送る途中で立ち寄った茶店で、姫が娘姿から川屋で侍姿に着替えて目の前を通り過ぎた時には、影で見ていた清次郎とおりんに姫の姿を「あれで変装したつもりかしら」と言われる状態だったが、気付かずに「長えなぁ。うひひひ」と言っている間に置いてきぼりにされ、そのまま姿を見せ無くなった。松吉と同じ様なキャラクターであった。
第409話(通算第513話)?。「桔梗屋」の女中。
おみつに代わって登場した「桔梗屋」の女中。清次郎と昔知り合ったことがある。491話(通算第595話)までの出演。
第508話(通算第612話)?。ある盗賊団の探索中に行方不明になった目明しの夫を探すため自らも十手を授かった小母の女目明しで、肝も据わっており、情に厚い。清次郎とは親子同然に仲がいいが、清次郎が只者でない事に勘付いている節がある。
内藤勘解由と旧知の幕府老中で隠密同心の創設者。
第71話(通算第175話)では実弟が鉄砲密輸に加担しているらしいことを知り、隠密同心たちに捜査解任を通告するも、懐剣を返上しながらも探索に乗り出す胡蝶の執念に心動かされた勘解由の「隠密同心は我が子以上の存在」という言葉に絆され、実弟の成敗の許可を下す。
第536話(通算第640話)では立花左馬介の陰謀に利用され、責任を取る形で自害した幻の御前の切腹に立ち会った。
  • 第109話(通算第213話)「火花散る隠密七変化」で、美空ひばりが元隠密同心「葉隠れお雪」役で出演し、仇討ちを果たしている。
  • 稲妻お竜役の土田早苗は、2回、長期病欠している。そのため、芸者隠密同心のピンチヒッターとして、火車おもんと矢車お菊が登場しているが、それぞれ約2?3か月しか登場していないため、オープニングには登場せず、エンドクレジットのゲスト扱いである。
オープニング及びナレーション[編集]

「隠密同心 それは旗本寄合席 内藤勘解由に命を預け、人知れず人生の裏道を歩かねばならぬ宿命を、自らに求めた者たちである。極悪非道の悪に虐げられ、過酷な法の冷たさに泣く、大江戸八百八町の人々を、ある時は助け、励まし、また、ある時は影のように支える彼ら。だが、身をやつし、姿を変えて敢然と悪に挑む隠密同心に、明日という日はない」

※隠密支配の変更に合わせ「大番頭 藤堂対馬に命を預け」(第409話 ~ 第510話(通算第513~614話))、「影の支配 幻の御前に命を預け」(第511話 ~ 第536話(通算第615~640話))、平成第1シリーズは「老中 松平定信に命を預け」と言い回しがそれぞれ異なっていた。

放送リスト[編集]

テレビ東京の管理では第1シリーズから第3シリーズ迄を通算で管理しており、第300回や第500回の放送回数の記念は、通算での計上によって、放送回数300回記念別ゲストに、当番組製作会社の三船プロダクションの社長でもあった(三船敏郎)を招いての製作を行い、記念地方ロケ(300回は長崎雲仙、500回は新潟佐渡)を行って来ていた。此の為、再放送時や、CS通信衛星放送の番組表などでは、このリストと違い第2シリーズ同様、第1シリーズからの通算話数となっていることが多い。朝日新聞出版から発売されている第3シリーズDVDコレクションの、杉良太郎のインタビュー映像内で示されるフリップにも第1シリーズから通算での105話、106話…と話数が記載されているのが確認が出来る。それは第3シリーズ迄の管理を通算で行っているからである。放送での話数は、第1シリーズと第2シリーズの放映回数を足した数104を、更に足すと表せる。


※テレビ局で、第3シリーズが再放送される場合、番組表No.#○○○ から第1シリーズの話数の52話分と、第2シリーズの話数の52話分を足した104話を引いた数字が此のリストの各話の数字と一致する。逆に此のリストの話数に第1シリーズと、第2シリーズの話数を足した104話分を足せば、テレビ局での管理している話数となる。

1973年

話数 通算話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
第1話 9月22日 江戸の灯をたやすな! 中野顕彰 斎藤光正 日野道夫三角八郎都家かつ江(特別出演)、城所英夫木村元中島正二星野兼児郎平沢信夫中島一男津々井功二山内俊和波戸崎徹村上豪本田昭夫原博美近江友一郎水原麻記 内藤勘解由、夕霧登場(通算第105話)
第2話 9月29日 仕掛けられた身代金 山崎巌 江崎実生 田坂都池田秀一柳川慶子横沢裕一八名信夫新井和夫あき・ひろみ、波戸崎徹、村上豪、平沢信夫、小林勝彦福山象三
第3話 10月6日 天狗の館が燃えた 小川英、胡桃哲 松原光二沢井桂子見明凡太朗団巌畠山麦、中島正二、波戸崎徹、星野謙児郎、平沢信夫、あき・ひろみ、村上豪、中島一男、松野進 内藤勘解由登場
第4話 10月13日 裁くのは俺だ! 中野顕彰 西山正輝 小栗一也光川環世美川陽一郎玉川長太石丸博也、津々井功二、村上豪、波戸崎徹、原博美黒田英彦八山俊二、中島一男、平沢信夫、森次晃嗣
第5話 10月20日 深川慕情 吉岡昭三 斎藤光正 田口計江見俊太郎富田仲次郎大木史朗直木みつ男山崎美紀橋本仙三桜町弘子
第6話 10月27日 幻の岡っ引き 山崎巌 江崎実生 渡辺篤史中庸介深江章喜森川千恵子柳瀬志朗片岡五郎小瀬格、山田禅二、平沢信夫、中島一男、中島正二、本多昭夫、鈴木正典、松野進、村上豪
第7話 11月3日 能面の陰で泣く女 吉岡昭三 西山正輝 柴田鋭子稲葉義男浜田寅彦村上冬樹神島ひろ子、真家宏満、玉川長太、池田生二、石丸博也、高松政雄、猪野剛太郎、葉山美樹、永谷悟一、松本啓子、本田昭夫、山下和行、蟹沢良恵、中島一男
第8話 11月10日 十手は殺しの免許状 武末勝 江崎実生 夏純子岡崎二朗今井健二池田忠夫、花ノ本以知子、波戸崎徹、木島新一、木村博人、星野兼児郎、立川雄三、南城みづ江、本多晋、島田和心、伏見哲夫、飯田和平
第9話 11月17日 裏切者の子守唄 蘇武路夫 手銭弘喜 長谷川明男藤木敬士金井由美千波丈太郎上野山功一、外野村晋、内海敏彦、寄山弘、山田禅二、杉浦千江子、山田喜芳、藤井多恵子、中島正二、波戸崎徹、津々井功二、村上豪、池田功
第10話 11月24日 目撃者を消せ! 山浦弘靖 岩崎加根子相原ふさ子武藤英司保科三良倉島襄、石川博、向井淳一郎、米地政英、星野兼児郎、市原清彦、中島一夫、平沢信夫、蟹沢良恵、原博美、影山龍之 内藤勘解由登場
第11話 12月1日 隠密同心射たれる! 山崎巌 松尾昭典 瞳順子辻萬長江見俊太郎花ノ本以知子天本英世横森久瀬良明梶健司、柳瀬志朗、村上豪、原博美、石光豊、中島一男、松野進、鈴木正典、宮沢勇、平沢信夫
第12話 12月8日 必殺牢の闘い 中野顕彰 真木沙織森山周一郎山谷初男加藤春哉、木田三千雄、三上剛、中島正二、波戸崎徹、亀井三郎、中村英生、津々井功二、山下勝也、大月優子、中村万沙子、平沢信夫、川上尊志、多和田聡、山之辺邦弘、福留幸夫
第13話 12月15日 仕組まれた祝言 西山正輝 伊藤るり子高品格山口暁花ノ本以知子森塚敏、関戸純方、晴海勇三、峯秀一、土屋靖雄、中島正二、津々井功二、安達由紀、若山みち子、平沢信夫、中島一男、本田昭夫、村上豪、升川暢子
第14話 12月22日 辻占は殺しの暗号 小川英、胡桃哲 手銭弘喜 有馬昌彦町田祥子東大二朗内海敏彦きくち英一弘松三郎藤山竜一岩上瑛新井和夫玉川長太、磯野秋雄、塚田末人、河村祐三子、築地博、尾崎孝二、遠矢孝信、東静子、記平佳枝 十文字小弥太/珊次郎は最初と最後のみ登場し立ち回りは二刀流
第15話 12月29日 大江戸残酷秘話 杉良太郎 丸輝夫 緑魔子頭師孝雄伊達三郎蜷川幸雄庄司永建大村千吉江藤潤花ノ本以知子波戸崎徹滝義郎鈴木治夫多田丈明田中智子伊佐美津江小堀ふみ江

1974年

話数 通算話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
第16話 1月5日 獅子舞いの逆襲 山崎巌 江崎実生 亀石征一郎右京千晶浜田晃潮万太郎田中浩西沢まち、河野弘、中村正八、谷津勲、森洋、萩原勇治、松野進、本田昭夫、中村舟三郎 (通算第120話)
第17話 1月12日 無礼討ち返上 小川英、胡桃哲 竹下景子赤塚真人槇ひろ子沼田曜一、波戸崎徹、滝川潤、久遠利三、阿部希郎、亀山靖博、中島正二、中島一男、原博美、津々井功二、平沢信夫、大島光幸、伊奈貫太、吉中正一、村上豪 夕霧登場
第18話 1月19日 捨て子騒動始末記 山浦弘靖 手銭弘喜 岡田可愛松木路子山本紀彦山本廉青野平義水村秦三轟謙二湊俊一河村祐三子木村有里片山滉横山勝一伊藤充池田功 夕霧登場
第19話 1月26日 人斬り稼業に明日はない! 中野顕彰 丸輝夫 竜崎勝沢井桂子稲葉義男宮口精二岡部正純野口元夫、波戸崎徹、木村博人、光秋次郎、平沢信夫、津々井功二、松本啓子、真鍋栄理子、佐藤孝輔、福留幸夫、本田昭夫
第20話 2月2日 みなごろし長屋騒動 武末勝 江崎実生 浜田光夫工藤明子天草四郎高野眞二福山象三武藤章生中島正二津々井功二加藤茂雄山下勝也波戸崎徹杉浦千江子東静子川口節子岩瀬ゆう子花島恭子
第21話 2月9日 仇討ち無情 中野顕彰 石川博小林昭二加賀邦男筑柴こま鶴真山京子鮎川浩、沼田曜一、竜崎一郎北川陽一郎、武田一彦、倉島襄、高松政雄、川野耕司、片桐陽子、平沢信夫、大野広高、生方中、菅原慎予
第22話 2月16日 十手と十字架 小川英、四十物光男 丸輝夫 島田順司岩井友見潮健児草薙幸二郎須藤健弘松三郎久遠利三池田生二采野圭子波戸崎徹吉中正一津々井功二柿木恵至川口節子中村光次郎村上豪湯本綾野中島一男白木万理
第23話 2月23日 恐怖の爆破作戦! 山浦弘靖 西山正輝 江夏夕子高城淳一誠直也天本英世津田亜矢子鶴見丈二轟謙二玉織倫江若原初子村上豪、平沢信夫、中島一男本田昭夫松野進宮沢勇原博美白木万理 内藤勘解由、夕霧登場
第24話 3月2日 裏切りの報酬 蘇武路夫 手銭弘喜 吉田輝雄水上竜子清川新吾白木万理大村千吉町田博子上田忠好西沢武夫波戸崎徹門脇三郎竹口安芸子中島正二町田有弘、平沢信夫、村上豪岩瀬ゆう子
第25話 3月9日 女房殺しの罠 山浦弘靖 西山正輝 人見きよし松山照夫見明凡太朗富山真砂子桜田千枝子外野村晋玉川長太流あゆ子河野弘峯秀一毛利幸子中村英生、中島正二、平沢信夫村上豪中島一男本田昭夫西条なみ
第26話 3月16日 さらば珊次郎! 山崎巌 江崎実生 安田道代、勝部演之佐々木孝丸榎木兵衛永野裕紀子北九州男、藤山浩二、夏木順平、波戸崎徹、中島正二、東川舎鶴丸、中島一男、平沢信夫、原博美、津々井功二 内藤勘解由登場、くれないお蝶初登場、珊次郎降板、夕霧降板(通算第130話)
第27話 3月23日 火を招く狼の群れ! 池田一朗 斎藤光正 中村玉緒須賀不二男伊豆肇天津敏中庸介左右田一平馬場勝義尾崎孝二高橋義治遠矢孝信柿木恵至記平佳枝井口義亮吉中正一白木万理 内藤勘解由登場(通算第131話)
第28話 3月30日 怪盗組織に潜入せよ! 中野顕彰 坪島孝 沢村宗之助石山律雄堺左千夫松山照夫白木万理高崎稔野口英行福田薫花岡菊子新井孝吉毛利幸子柿木恵至伊奈貫太久野秦子福留幸夫佐藤好将高橋利道 里見版で金太初登場だが「音兄い」とよぶ
第29話 4月6日 恐怖の辻斬り 長野洋、小川英 山崎大助 竹下景子村上冬樹立花直樹南原宏治、日野道夫、田原千之右、片山滉、玉織倫江、松本啓子、甲斐武、香川リサ、吉中正一、大島光幸、伊藤浩市
第30話 4月13日 夢に賭けた大泥棒 池田一朗、小川英 手銭弘喜 島田正吾古谷一行川崎あかね伊吹総太朗大前均福山象三灰地順鮎川浩、宮島誠、清水彰、最上龍二郎、貫洞卓史、高松政雄、久本昇、田中久子、高橋義治、佐藤好将、高橋利道 名乗順

お蝶→音次郎→井坂→お吉

第31話 4月20日 男の涙 小川英、中野顕彰 京春上島田順司神田隆原口剛浅野進治郎中井啓輔長澄修福田公子植村謙二郎中村孝雄水野善行山田禅二亀井三郎青木卓司無双信小林崇久西川信吾細川智戒能邦人南郷成吉石川隆昭
第32話 4月27日 殺しを呼んだ御用金 山浦弘靖 宮越澄 岡崎二朗北川美佳渥美国泰井上博一庄司永建上田忠好向井淳一郎本田龍彦柿木恵至渡辺高光甲斐武伊奈貫太、高橋義治、大島光幸渡辺真六佐藤好将高橋利道酒井務立花かおる白木万理 内藤勘解由登場
第33話 5月4日 恐怖の脱出作戦 胡桃哲、小川英 内出好吉 長谷川明男、江見俊太郎、江夏夕子藤岡重慶田中浩野口元夫山本正明東大二郎、高橋義治、滝川潤伊奈貫太斉藤勝信有川兼光尾崎孝二遠矢孝信井口義亮 内藤勘解由登場

タイトルとBGM一致

第34話 5月11日 復讐は俺にまかせろ! 中野顕彰 町田祥子片岡五郎黒木進北原義郎高杉玄、小倉雄三、上野郁巳、加藤茂雄、山下勝也、柿木恵至、小貫瑞恵、川部修詩、伊奈貫太、吉中正一、甲斐武、佐藤好将、大島光幸、伊藤浩市、山野辺邦弘、鈴木実 内藤勘解由登場

名乗り

音次郎→お蝶→井坂

第35話 5月18日 非情の町の掟 藤末勝 江崎実生 今出川西紀小栗一也浜田光夫宮口二郎三夏伸河村憲一郎河村弘中島正二中平哲仟木島一郎里木左甫良福田トヨ川越たまき高杉哲平柿木恵至山下和行松尾悟和田正義
第36話 5月25日 謎の連続誘拐事件 山崎巌 高城淳一白木万理高野眞二杉田景子内田勝正大木正司堤光子石丸博也山本武田中志幸松尾悦子出射光子福留幸夫山野辺邦弘池永寿見子伊藤浩市甲斐武
第37話 6月1日 切腹はご免だ! 山浦弘靖 松尾昭典 北沢彪白木万理近藤宏菊容子丹羽又三郎小沢直子山田禅二安藤純子榎木兵衛笹川恵三杉浦千江子大島光幸伊藤浩市塚田末人多田幸雄宇留木康二高橋健二鈴木弘道 井坂道場破り→参った作戦
第38話 6月8日 殺意なき殺人 小川英、四十物光男 川地民夫水上竜子河村弘二小笠原弘、団巌、高松政雄、永谷悟一、斉藤勝信、金松隆、橋本恵美子、福留幸夫、吉中正一、和田正義、蟹沢良恵、山野辺邦弘、甲斐武、鈴木実、井口義亮 OP胡蝶のストップモーション変更

音次郎はかつて矢作二刀流道場の龍虎といわれていた

第39話 6月15日 金のなる木で人が死ぬ 中野顕彰 手銭弘喜 和田浩治田中春男鈴木瑞穂森章二松木聖市村昌治亀井三郎、晴海勇三、武田昌之、渡辺高光、津路清子、井口義亮、久本昇、甲斐武、上沢知子、鈴木実、山下知行、松田真理、白木万理 内藤勘解由登場
第40話 6月22日 白頭巾参上 悪を斬る! 山浦弘靖 榊ひろみ白木万理伊吹総太朗大前均、山下雄大、水野善行、桂広行、湊俊一、吉田柳児、辻村征史、福留幸夫、山野辺邦弘、和田正義、石井義幸、石崎洋光、鈴木実、井口義亮 内藤勘解由登場
第41話 6月29日 無宿者仁義 中野顕彰 丸輝夫 松川勉水原麻記小林昭二天本英世江幡高志、山本廉、井上博一松木路子鈴木和夫沢村いき雄池田生二直木みつ男中島正二森今日子中村光次郎記平佳枝吉中正一柿木恵至甲斐武伊藤浩市佐藤京太郎 内藤勘解由登場
第42話 7月6日 渡る世間に鬼がいた 山崎巌 小沢啓一 賀川雪絵大山克巳田島義文、木村元、蟹江敬三丹古母鬼馬二立花かおる佐藤宏之木田三千雄遠藤義徳宮本曠二朗桂小かん御影伸介三輪猛雄柿木恵至前原久影堀幸子山下和行滝川早苗井口義亮
第43話 7月13日 過去を秘めた謎の女 小川英、茶木克彰 斎藤光正 鮎川いづみ森幹太石山政五郎加地健太郎陶隆関戸純方仙波和之田畑義彦花原照子加藤土代子片山滉赤城信光秋次郎中村方隆加藤茂雄渡辺真六蟹沢良恵 地蔵の鉢巻は薄青、目から涙

凝った演出の心得の条

石山政五郎(きすけ)は善側

ラスボスは商人(元盗賊)

第44話 7月20日 命を賭けた舞い扇 山崎巌 服部妙子千波丈太郎倉島襄高桐真富田浩太郎竹田将二渡辺千世東海林一枝柿木恵至福留幸夫伊奈貫太和田正義吉中正一甲斐武大島光幸井口義亮伊藤浩市鈴木実久本昇 内藤勘解由登場
第45話 7月27日 消えた死美人 大和久守正、五条貴士 江崎実生 瞳順子潮万太郎田中浩三夏伸藤山浩二川上大輔市原清彦船渡伸二相沢治夫槙ひろ子川部修詩奥野匡松風はる美紅理子松本啓子上沢和子、高橋義治、大島光幸伊藤浩市伊奈貫太 内藤勘解由登場音次郎立ち回り二刀流
第46話 8月3日 おんな牢秘話 中野顕彰 丸輝夫 京春上服部哲冶小笠原弘堀井永子森みつる北川陽一郎亀井三郎隅田和世鈴木治夫中真千子北川陽一郎山田禅二今井和雄今村原兵内藤みどり記平佳枝川口節子東静子川口義亮佐藤孝輔佐藤大亮、古今亭志ん駒 内藤勘解由登場

万引きした簪を天上に刺す作戦(胡蝶)

第47話 8月10日 死を呼んだ花火地獄 小川英、茶木克彰 磯見忠彦 柳沢真一鷲尾真知子五島雅博真木沙織内田勝正丹羽又三郎団巌高木門滝川潤中村英生津田亜矢子伊吹新関戸純方橋本仙三菅原慎予福留幸夫山野辺邦弘
第48話 8月17日 命を売った女 蘇武路夫 小沢啓一 竹下景子武藤英司清水一郎加藤真知子大木正司木島一郎辻伊万里多田幸雄永谷悟一藤田まゆみ小松英三郎、高橋義治、伊奈貫太葛牧輝彦高松政雄福留幸夫山ノ辺邦弘蟹沢良恵和田正義、古今亭志ん駒 ラスボスは商人
第49話 8月24日 花嫁暗殺計画 中野顕彰 鳥居恵子深江章喜植村謙二郎岩城力也幸田宗丸野々浩介、松尾文人、長島寛、西沢武夫、渡辺高光、大島光幸、江梨こあら、林靖子、玉緒倫江、伊奈貫太、甲斐武、伊藤浩市、古今亭志ん駒 音次郎、前中で衣装替え
第50話 8月31日 血染の蛇の目傘 山浦弘靖 丸輝夫 松本留美小沢沙季子大塚国夫灰地順沖田駿一富田仲次郎光秋次郎小倉雄三西川敬三郎加藤茂雄伊奈貫太田川恒夫林光子二松絹枝大島光幸 内藤勘解由登場

下っ端との立ち回り中に心得の条

第51話 9月7日 逆転 隠密同心! 中野顕彰 宮越澄 稲葉義男、佐々木孝丸庄司永建小野恵子相原巨典大塚崇直木みつ男、亀井三郎、仙波和之新草恵子山田禅二 地蔵の鉢巻は薄青、この月の集合場所は絵馬堂

内藤家の菩提寺は妙真寺 内藤勘解由が勘定奉行に推挙されるが、実は隠密同心と切り離すための敵側の計略。

実は勘解由は7年前に勘定奉行に就任したが、祝品に爆薬が仕掛けられており妻子が犠牲になっていた。それ以来生来の遊び好きを演じる事とし、老中から密かに隠密支配を任命され、公儀隠密(隠密廻り同心)の統括を行っている。

第52話 9月14日 謎の男を追え! 蘇武道男 手銭弘喜 和田浩治新井麻夕美吉田義夫江見俊太郎、井上博一、陶隆、木村元、立川雄三、竹田将二、柳瀬志朗、中島元、近松敏夫、高橋義治、渡辺高光、池田功柿木恵至、山ノ辺邦弘、立花かおる お吉は読唇術ができる

和田も立ち回り参加

第53話 9月21日 初夜に消された恋女房 武末勝 江崎実生 岡崎二朗菊容子小栗一也中庸助中島正二保科三良島田彰宇留木康二福留幸夫高杉哲平飯田悦子川口節子松田真里橋本恵美子大島光彦伊藤浩市佐藤京太郎、高橋義治、伊奈貫太、古今亭志ん駒 音次郎二刀流
第54話 9月28日 さまよえる暗殺集団 胡桃哲、小川英 吉川一義 田村亮片岡五郎村井国夫光川環世内田勝正黒部進、古今亭志ん駒 内藤勘解由登場

隠密支配とは名乗らず、いつもより感情的

第55話 10月5日 喧嘩三味線うすなさけ 中野顕彰 坪島孝 中条きよし武原英子勝部演之高岡健二宗方奈美頭師孝雄浅野進治郎鈴木志郎井口義亮西沢武夫櫻川ぴん助林光子高地由乃渋谷さだ子豊田喜良山野辺邦弘 内藤勘解由登場、心得の条、立ち回り参加
第56話 10月12日 反逆の女猫 武末勝 江崎実生 西尾三枝子長谷川明男北村総一朗高木均、植村謙二郎、小笠原弘、大村千吉 内藤勘解由登場
第57話 10月19日 傷だらけのめぐり逢い 山本英明、小川英 斎藤光正 酒井修呉恵美子、小林昭二、松木路子、加地健太郎 凝った演出の心得の条
第58話 10月26日 人斬りに惚れた女 中野顕彰 竜崎勝円山理映子柴田侊彦田島義文隅田和世南祐輔邦創典、高橋義治、霞涼二本田龍彦町田幸夫、伊奈貫太、出射みつ子柿木恵至 内藤勘解由登場

飛脚問屋に香典を頼むことが暗殺の依頼パターン

第59話 11月2日 黒手首におびえる女 山浦弘靖 松尾昭典 二本柳俊衣門岳五郎田中浩たくみさよ近藤宏絵沢萌子葛巻輝彦山田禅二汐見直行波戸崎徹七海わたる吉中正二山野辺邦弘山下和行福留幸夫甲斐武渡辺真六伊藤孝市森洋渡辺徹大貫幸雄武内孝吉
第60話 11月9日 女の肌に竜が泣く 津田幸夫 内藤三郎 水原麻記田口計池田秀一長谷川明男沖田駿一富田仲次郎向井淳一郎木下ゆず子小高まさる吉中正一伊藤浩市大島光幸橋本恵美子
第61話 11月16日 かわら版武士道 胡桃哲、小川英 松尾昭典 新克利片山真由美浜田寅彦横森久武内亨、伊藤麻紀、袋正、真鍋明子、中寛二、高橋義治、大島光幸、柿木恵至、井口義亮、麻生龍、藤田康之、山下和行、伊奈貫太
第62話 11月23日 初見参 夜叉面の女 中野顕彰 宮越澄 大出俊倉野章子田武謙三片山滉久遠利三多田幸雄斉藤英雄柄沢英二山口譲北川博子新井純、高橋義治、井口義亮堀田秀康、山口いづみ いさり火お紺初登場(通算第166話)

内藤勘解由不在につき直々に大目付脇田備前守から指令

馬を走らせながら心得の条

証の懐剣は梅紋ではなく葵

第63話 11月30日 必死の金庫破り! 胡桃哲、小川英 長谷部安春 吉田義夫小野千春伊達三郎小野川公三郎土方弘佐野哲也三上剛玉村駿太郎岩城力也小寺大介松原秀井上由起夫山中康子手塚敏夫大矢兼臣吉中正一山之辺弘福留幸夫甲斐武八木秀司 OPタイトル変更
第64話 12月7日 大江戸市街戦 中野顕彰 浜田光夫田島令子成瀬昌彦山本清高木二朗林孝一今村原兵大浜詩郎山本武伊藤浩市柿木恵至林光子福留幸夫蟹沢良恵益子隆充豊田喜良山之辺弘
第65話 12月14日 血ぬられた黄金の罠 武末勝 松森健 江夏夕子、福山象三清川新吾中谷一郎、大村千吉
第66話 12月21日 小さな目撃者 胡桃哲、小川英 吉川一義 水上竜子今井健二小鹿番、弘松三郎、池田恭子沖田駿一仙波和之鈴木和夫田川勝雄宗近晴見片山滉木島進介歌川千恵田中一亀井三郎加藤茂雄柿木恵至吉中正一林光子伊奈貫太 内藤勘解由登場
第67話 12月28日 対決 非情の十手 服部一久 宮越澄 森次晃嗣今福正雄有吉ひとみ榊ひろみ南道郎、中庸助、鮎川浩南道郎尾崎孝二大島光幸関国磨山田芳夫今村堅光柿木恵至国創典堀田雅己花原照子

1975年

話数 通算話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
第68話 1月4日 「盗まれた花嫁」 中野顕彰 丸輝夫 小柳ルミ子田辺靖雄村上冬樹江見俊太郎、晴海勇三、松尾文人、滝川潤、山口奈美、大島光幸、吉中正一、山田禅二、井口義亮、豊田喜良、高橋義治記平佳枝、東静子、柿木恵至、鈴木実、伊奈貫太 (通算第172話)
第69話 1月11日 「悲恋 黒絵馬の女」 津田幸夫 松尾昭典 二本柳俊衣伊達三郎河村弘二長尾秦子、上野山功一、玉村駿太郎、小園蓉子、津村秀祐、如月寛多、甲斐武、伊藤浩市、吉中正一、寄木慶子、宮家芳文、福留幸夫、山ノ辺邦弘、蟹沢良恵、和田正義
第70話 1月18日 「命の鍵をあけろ!」 山浦弘靖 内藤三郎 竜崎勝桜田千枝子沢井桂子千波丈太郎植村謙二郎副島俊直蓜島恵子永谷悟一八幡源太郎柿木恵至田原千之右大島光幸福留幸夫吉中正一山ノ辺邦弘和田正美佐藤京太郎 内藤勘解由登場
第71話 1月25日 「音次郎撃たれる」 中野顕彰 斎藤光正 山本耕一小林勝彦幸田宗丸丹古母鬼馬二川崎公明進千賀子市原清彦平田守多田幸雄西川敬三郎久本昇中村英生、高橋義治、大島光幸大貫幸雄吉中正一黒川弥太郎 内藤勘解由登場

丹古母鬼馬二ヒゲ無し

凝った演出の心得の条

第72話 2月1日 「腰抜け武士道」 山浦弘靖 丸輝夫 大門正明菅貫太郎小川順子北村総一郎関戸純川口節子加地健太郎岡部正純草間璋夫山田禅二戸塚孝井口義亮久本昇、大島光幸、高橋義治、石崎洋充甲斐武伊藤浩市 内藤勘解由登場
第73話 2月8日 「恐怖の訪問者」 武末勝 手銭弘喜 増田順司原田清人小笠原弘浜田晃灰地順立花直樹武藤英司露原千草荒牧啓子長島隆一角友司郎竹田将二加藤茂雄、高橋義治、井口義亮柿木恵至森岡隆見斉藤勝信石崎洋光 内藤勘解由登場

地蔵の鉢巻は通常の3分の1程度の幅

第74話 2月15日 「殺し屋への挑戦状」 津田幸夫 江崎実生 品川隆二、田中浩、富山真沙子早川研吉藤山浩二井上博一永井玄哉長尾泰子田代英子甲斐武邦創典久本昇 内藤勘解由登場
第75話 2月22日 「狙われた密会」 山浦弘靖 手銭弘喜 小野武彦鳥居恵子野口ふみえ山本昌平、片山滉、石丸博也、野口元夫、大村千吉、立川雄三山本武川越たまき山崎美紀 内藤勘解由登場
第76話 3月1日 「過去の恐怖を追え!」 長谷部安春 寺田農、中庸介、伊吹聰太朗、八木孝子北村大造、最上龍二郎、鈴木政晴、松尾文人、松風はる美、柿木恵至、高橋義治、井口義亮、吉中正一、伊藤浩市、甲斐武、石崎洋光、久本昇 内藤勘解由登場
第77話 3月8日 「明日なき逃亡」 服部一久 井上昭 水原麻記酒井修野中マリ子小笠原良知南道郎沖田駿一守田学哉上野綾子島津元、高橋義冶、天野美保子塚田末人柿木恵至渡辺貞六西沢武夫 井坂道場破り→参った作戦
第78話 3月15日 「隠密同心胡蝶 炎の彼方に!」 中野顕彰 江崎実生 和崎俊哉森幹太丹羽又三郎市村昌治池田恭子木島一郎野路きくみ、川口節子、東静子花原照子笹川恵三早川五郎大島光幸豊田喜良尾崎孝二小貫瑞穂伊藤浩市鈴木実小貫幸雄斎藤勝信 くれないお蝶殉職
内藤勘解由登場
第79話 3月22日 「観音像を奪回せよ!」 胡桃哲、小川英 長谷部安春 郷鍈治村上冬樹人見明幸田宗丸阿藤海中村竜三郎太刀川寛市地洋子仙波和之むつみ愛武田一彦八幡源太郎斉藤英雄氷室浩二石崎洋光初川久大島光幸紅理子 内藤勘解由登場
第80話 3月29日 「前科なき殺人者」 中野顕彰 小沢啓一 新藤恵美川地民夫高品格、黒部進、北原義郎中島葵植村謙二郎武藤章生永谷悟一亀淵友香大友純大前田武富士乃幸夫林光子むつみ愛
第81話 4月5日 「非情の囮作戦」 武末勝 松山英太郎石橋蓮司片桐陽子東郷晴子黒川弥太郎、田島義文、宇留木康二大宮幸悦加藤茂雄吉中正一新井一夫津路清子甲斐武
第82話 4月12日 「恐怖の人間標的」 胡桃哲、小川英 松尾昭典 橋本功八名信夫浅利香津代、近藤宏、小橋謙士野呂圭介福岡正剛柳瀬志朗浅若芳太郎山口博義大島光幸宮家芳文記平佳枝久本昇柿木恵至、伊奈貫太、高橋義冶、江口義亮 内藤勘解由登場
第83話 4月19日 「血を呼ぶ鬼同心」 武末勝 外山徹 和田浩治水上竜子福山象三晴海勇三小坂生男弘松三郎戸塚孝江口義亮笹川恵三里見たかし星野富士男久保田鉄男、高橋義冶、築地博富士谷ひろみ、大島光幸、柿木恵至久本昇、伊奈貫太 内藤勘解由登場
第84話 4月26日 「怪盗お役者変化」 中野顕彰 手銭弘喜 長谷川明男藤山浩二三島史郎松木路子むつみ愛うえずのぼる野口元夫最上龍二郎津々井和枝山下雅大久本昇田川勝雄森下明、高橋義冶、亀井三郎、福留幸夫、伊奈貫太 「地蔵の新しい鉢巻(青)」が隠密同心集合の合図

ゲストと共に心得の条

第85話 5月3日 「囚人護送の罠」 服部一久 東野孝彦深江章喜北川美佳、片岡五郎、丘ゆり子富田仲次郎吉田豊明郡司良中島正一波戸崎徹広田正光宇留木康二東大路昌治前原久影福本潤むつみ愛荻原紀山乃辺邦弘石崎洋光池田功紅理子 ゲストと共に心得の条
第86話 5月10日 「傷だらけの十手」 加賀美しげ子 長谷部安春 西沢利明岩本多代、田中浩、阿藤海、藤江リカ和沢昌治小林千恵石山雄大宮廻夏穂、片山滉、山田禅二瀧義郎大出洋行吉中正一、伊奈貫太、久本昇甲斐武井口義亮大島光幸柿木恵至
第87話 5月17日 「殺人依頼の謎」 武末勝 渡辺篤史京春上山本麟一工藤明子依田英助、高桐真、加地健太郎、石丸博也、庄司永建、横井時雄、石崎洋光、花原照子、福留幸雄、山ノ辺邦弘、和田正義、高橋義治
第88話 5月24日 「必殺! 忍者群団」 中野顕彰 外山徹 奈良富士子渥美国泰外山高士増田順司嵐まこと千波丈太郎田中幸四郎倉島襄采野圭子折尾哲郎、高橋義治、邦創典豊田喜良、大島光幸、荻原記柿木恵至福留幸夫 井坂「俺たちが知ったが最後、見逃すわけにはゆかん」
第89話 5月31日 「命預けた怨み節」 武末勝 宮越澄 榊ひろみ黒川弥太郎菅貫太郎和崎俊哉剣持伴紀吉田義夫吉田友紀大村千吉清水理恵北川陽一郎杉山元尾崎考二山本恵子、伊奈貫太、八幡源太郎 内藤勘解由登場
第90話 6月7日 「華やかな狙撃者」 胡桃哲、小川英 斎藤光正 赤座美代子山本昌平、神田隆、むつみ愛黒川弥太郎轟謙二、沖田駿一、山下哲男塚田末人柿木恵至宇留木康二蟹沢良恵安田秦三伊奈貫太石崎洋光 内藤勘解由登場
第91話 6月14日 「大江戸血の抗争」 中野顕彰、胡桃哲 犬塚弘高木均進千賀子原口剛弘松三郎河村祐三子晴海勇三むつみ愛 内藤勘解由登場

名乗り:音次郎→お紺→お吉→井坂

立ち回り中に心得の条

第92話 6月21日 「殺しの招待状」 中野顕彰 丸輝夫 竜崎勝珠めぐみ人見きよし福山象三田中美幸むつみ愛大木正司亀山靖博山田禅二若原初子音羽久米子今井和雄加藤茂雄大島光幸 内藤勘解由登場
第93話 6月28日 「流血の侍志願」 武末勝 江崎実生 高木彩藤間文彦浜田晃植村謙二郎伊沢一郎進藤幸堀勝之祐波戸崎徹荻原紀吉中正一永谷悟一築地博久本昇山下勝也柿木恵至上野郁巳鈴木輝江 内藤勘解由登場
第94話 7月5日 「地下に眠る美女」 山浦弘靖 今出川西紀久富惟晴深江章喜森秋子目黒幸子太刀川寛鈴木敬晴長浜鉄平川部修詩笹川恵三田川勝雄東静子むつみ愛石崎洋光伊奈貫太鈴木実大島光幸
第95話 7月12日 「傷だらけの復讐」 横田与志 長谷部安春 岡崎二朗山添多佳子北川美佳田中浩山岡徹也千波丈太郎風間杜夫藤山浩二嵐勘忍じん弘伊藤光一円谷文彦玉村駿太郎吉中正一井口義亮堀礼文
第96話 7月19日 「暗殺者たちの罠」 中野顕彰、胡桃哲 内藤三郎 若林豪北原義郎金井大千葉敏郎山田厚子仙波和之むつみ愛、倉島襄、矢野間啓二、田頭信幸、大宮孝悦、吉中正一、井口義亮、久本昇、甲斐武、石崎洋光、長野明彦
第97話 7月26日 「必死の逃亡者」 山崎巌 外山徹 南城竜也武藤英司市毛良枝幸田宗丸五味龍太郎小沢沙季子井上三千雄生田くみ子田所千津子戸塚考柿木恵至吉中正一、福留幸夫、内藤亜紀子蟹沢良恵森洋和田正義、伊奈貫太、大貫幸雄 内藤勘解由登場

内藤が名乗っている間に早変わり

立ち回りBGM「砂の枕」

第98話 8月2日 「情無用の大盗賊」 武末勝 手銭弘喜 市川好朗植木まり子外山高士藤岡重慶、木村元、松川純子美川陽一郎弘松三郎原田力森下明市村昌治、高橋義治、久本昇、柿木恵至、大島光幸、井口義亮吉中正一、甲斐武、石崎洋光、伊奈貫太、片岡一
第99話 8月9日 「無残!! 父と娘の詩」 中野顕彰、胡桃哲 森次晃嗣斎藤こず恵(子役)細川俊夫、見明凡太朗、森章二八木孝子片岡五郎早川研吉花原照子奥野匡木田三千雄花原照子池田功佐藤京太郎小坂生男
第100話 8月16日 「替え玉脱獄作戦」 中野顕彰 高橋勝 品川隆二内田勝正近藤宏亀淵友香吉田豊明むつみ愛稲吉靖司如月寛多中村時之介西川敬三郎草間璋夫小坂生男、高橋義治、豊田喜良、伊奈貫太、大島光幸、久本昇 内藤勘解由登場
第101話 8月23日 「謎の女を張り込め!」 胡桃哲 小澤啓一 内田朝雄清水めぐみ富山真沙子杉江廣太郎丹羽又三郎目黒幸子潮健児畠山麦木島一郎門長太郎塚田未人石川徹田城英子大貫幸雄石崎洋光鈴木実森岡隆見
第102話 8月30日 「流転の女」 津田幸於 斎藤光正 土田早苗(うた吉)、川合伸旺沼田曜一富田浩太郎上野山功一浅野進治郎津田亜矢子井上博一中島久江石垣守一槇ひろ子鹿島信哉岩瀬ゆうこ根本嘉也橋本恵美子橘家竹蔵、伊藤麻紀 凝った演出の心得の条

名乗り:音次郎→お紺→井坂→お吉

第103話 9月6日 「兇悪の侵入者」 山崎巌 江崎実生 松本留美浜田晃、小栗一也、小瀬格大森不二香小林稔侍波戸崎徹五十嵐美鈴武藤章生成田扶美子野口一美大島光幸井口義亮田城英子佐藤京太郎 内藤勘解由登場

名乗り;旗本寄合席内藤→隠密同心伝法寺→井坂→お紺→お吉

第104話 9月13日 「捨身の一匹侍」 武末勝 松尾昭典 田村亮、北原義郎原田清人小野恵子久遠利三薗千雅子松本健一山口譲神山勝加藤茂雄片岡一、高橋義治、柿木恵至、宇留木康二吉中正一、甲斐武、井口義亮、久本昇 アヘンと思われる蓬莱煙草を金太に吸わせる音次郎(実は天竺大麻)

凝ったタイトルバック

一人ずつ切りながら名乗り

凝った立ち回り

第105話 9月20日 「足でかせいだ男」 胡桃哲 宮越澄 高橋元太郎伊達三郎北上弥太朗今福正雄中山昭二桐生かほる花岡菊子八木喬若杉英二宮沢康、柿木恵至、井口義亮八幡源太郎、伊奈貫太、福留幸雄森洋、高橋義治、甲斐武 内藤勘解由登場

中山昭二はいい役

第106話 9月27日 「燃える屍」 中野顕彰 江崎実生 久富惟晴西尾三枝子天草四郎中村竜三郎、黒部進、近藤準鈴木和夫関戸純、川口節子 地蔵に巻かれているのは薄青色の鉢巻

立ち回り衣装で心得の条行進

第107話 10月4日 「幻の殺人者」 内藤三郎 柴田侊彦高品格郷鍈治津山登志子吉田義夫晴海勇三、高橋義治、甲斐武、吉中正一、久本昇、大貫幸雄井口義亮石崎洋光、伊奈貫太、柿木恵至
第108話 10月11日 「暗殺計画 眼には眼を!!」 山崎巌 宮越澄 左右田一平奈美悦子蜷川幸雄大塚吾郎頭師佳孝高野眞二庄司永健、きくち英一、福留幸雄中庸介、大島光洋、吉中正一、柿木恵至、蟹沢良恵井口義亮、伊奈貫太、森洋、高橋善治、甲斐武 内藤勘解由登場
第109話 10月18日 「火花散る隠密七変化」 胡桃哲、小川英 内出好吉 美空ひばり(特別出演)、名和宏浜田寅彦勝部演之多田幸雄三角八郎岡崎孝二石川敏前原久影橋本恵美子佐藤京太郎、甲斐武、伊奈貫太 内藤勘解由登場
第110話 10月25日 「闇に泣く人肌観音」 中野顕彰 原田雄一 北川美佳山本紀彦穂積隆信内田稔田口計加賀邦男記平佳枝竹田将二橋本美恵子、高橋義治、三重街恒二井口義亮
第111話 11月1日 「呪いの美人画」 渡辺豊彦 小澤啓一 和崎俊哉木村元渥美国泰幸田宗丸六本木真潮健児斉藤里花、吉田友紀、藤山浩二中真千子山田禅二五月晴子小高まさる北川陽一郎井上三千男邦創典松尾文人清水康晴 潮健志は善人(たいこもち)
第112話 11月8日 「音次郎心中未遂」 山崎巌 外山徹 鮎川いづみ平泉征清川新吾沼田曜一灰地順戸塚孝矢野間啓二早川絵美玉井ゆみ花原照子、久本昇、井口義亮、柿木恵至、大島光幸、吉中正一、石崎洋光鈴木実大貫幸男森岡隆見 内藤勘解由登場

立ち回り中に心得の条

灰地順はただの同心

第113話 11月15日 「邪魔者を殺せ!」 加賀美しげ子 小澤啓一 亀石征一郎吉岡秀隆(子役)霧乃麻耶(子役)藤岡重慶、田中浩、松木路子、小沢紗季子天野美保子高杉玄中平哲仔高松政雄霧乃麻耶大宮幸悦、高橋義治、吉中正一、森岡隆見、井口義亮、甲斐武
第114話 11月22日 「富士に響く銃声!」 中野顕彰 宮越澄 西尾三枝子中谷一郎細川俊夫山本昌平片山滉永井譲滋、高橋義冶、尾崎孝二、森下明、尾崎ひろみ今井和雄石崎洋幸亀山靖博堀田秀康、柿木恵至、吉中六、大島光幸、副島俊直 内藤勘解由登場

音次郎の射撃の腕は超一流

第115話 11月29日 「渡世人 命の捨て場」 武末勝 斎藤光正 市毛良枝待田京介鈴木和夫田島義文高津住男富田仲次郎小瀬格早川研吉滝川潤大宮幸悦永谷悟一奥野匡鈴木和夫草間璋夫永谷悟一、高橋義治、井口義亮藤田康之、吉中正一、石崎洋光
第116話 12月6日 「御用船大爆破」 高橋勝 横光勝彦志摩みずえ森塚敏小林勝彦倉島襄伊吹聰太朗近藤準宮本?一郎加地健一高杉哲平 地蔵の鉢巻は薄青色

音次郎二刀流

第117話 12月13日 「十手に賭ける遊女秘話」 山崎巌 吉川一義 渡辺やよい久保明近藤宏河村弘二仙波和之大川時生三島史郎荻原紀吉中正一森岡隆見、高橋義冶、伊奈貫太、大島光幸 内藤勘解由登場
第118話 12月20日 「仕掛けられた前科者」 津田幸於 鹿島章弘 竹下景子森山周一郎野村昭子森川公也野口元夫山口仁奈子丹古母鬼馬二高田直久三好美智子下元勉久保田鉄夫渡辺真六、井口義亮、甲斐武、久本昇
第119話 12月27日 「隠密同心 一番長い日」 中野顕彰 松尾昭典 高橋昌也真屋順子荒谷公之伊達三郎丹羽又三郎風間杜夫小美野欣二北条寿太郎野呂圭介長浜藤夫加藤真知子中川明玉井謙介峯田智代築地博竹内美香岩永一陽

1976年

話数 通算話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
第120話 1月3日 「殺しの夜明け」 胡桃哲 長谷部安春 菅貫太郎岡崎二朗田中浩長谷川澄子幸田宗丸池田忠夫晴海勇三上野綾子小高まさる、石山雄大、鹿島信哉影信之介今井和雄東静子松尾文人栗原すみ江加藤茂雄佐久間亮植田多華子 内藤勘解由登場(通算第224話)
第121話 1月10日 「闇の帝王を裁け!」 横田与志 吉川一義 大田黒久美柳沢真一田中明夫、沖田駿一、山崎猛中村孝雄小鹿番北村晃一加地健太郎藤岡恵子角友司郎田川勝雄福留幸夫蟹沢良恵、森洋、斉藤勝信、久本昇
第122話 1月17日 「怒りの虚無僧狩り」 山崎巌 長谷部安春 加藤嘉沙川露里関戸純笠原玲子中村竜三郎藤山浩二鈴木政晴原田力光秋次郎、高橋義冶、柿木恵至、吉中正一、伊奈貫太、大島光幸、村上久勝武田倫一、森岡隆見 井坂、寺子屋を始める

名乗り:井坂→音次郎→お紺→お吉

第123話 1月24日 「殺しの烙印を消せ」 胡桃哲 江崎実生 浜田光夫関根世津子今福正雄八名信夫平田守江幡高志水野善行、高橋ひとみ、花原照子遠藤義徳長藤尚子石川敏宇留木康二三輪猛雄豊田喜良蟹沢良恵渋谷さだこ、森洋
第124話 1月31日 「芸者殺しの罠」 長谷部安春 宮口精二瞳順子加藤和夫大村文武松下達夫松川純子大坪日出代中村時之介三上剛福本潤大東梁佶相原巨典富士谷ひろみ中村寿成、久本昇、八木和子 内藤勘解由登場

内藤勘解由に芸者殺しの疑いがかかる

第125話 2月7日 「雪に舞う女必殺剣!」 和久田正明 高橋勝 新藤恵美内田勝正須賀不二男日野道夫森章二村松克己矢野間啓二金井進二明石潮福本潤大宮幸悦笹川恵三佐藤明美、柿木恵至、荻原紀車邦秀大貫幸雄、伊奈貫太 内藤勘解由登場
第126話 2月14日 「対決! 男の意地」 天野恒幸 松尾昭典 夏八木勲平泉征珠めぐみ近藤宏弘松三郎藤代佳子柳瀬志郎笠うらら三原博片岡一池田恭子佐藤京太郎田城英子和田正美、森洋、福留幸雄
第127話 2月21日 「無法街の辻駕籠」 武末勝 外山徹 植田峻北原義郎嵐まこと住吉正博佐野厚子、今井健二、中真千子前原久影、田中力、戸塚孝五月晴子津路清子津野哲郎新井一夫若尾義昭邦創典川越たまき伊藤浩市 立ち回りラストで音次郎二刀流
第128話 2月28日 「江戸に吹く凶悪の嵐」 中野顕彰 江崎実生 和田浩治武藤英司二本柳俊衣中井啓輔若杉英二吉田友紀(子役)木島一郎多田幸雄井上三千男今村洋川越たまき美山ゆみ西沢武夫内田慎一岩下美穂大屋光子
第129話 3月6日 「恋に舞う非情の掟」 山崎巌 高橋勝 川津祐介天本英世江見俊太郎小川順子須藤健奥村公延佐々木梨里中村孝雄龍のり子竹口安芸子長谷健一郎上村一也、柿木恵至、高橋義治、伊奈貫太
第130話 3月13日 「美女群盗伝」 中野顕彰 内藤三郎 吉行和子深江章喜見明凡太朗原口剛安東結子堀勝之祐山田禅二大村千吉水沢摩耶鈴木志郎本多洋子藤岡磨里秋元羊介、杉山元、橋本恵美子中野いずみ山本恵子伊東元春荒木肇
第131話 3月20日 「恐怖の町人斬り」 中野顕彰、山崎巌 松尾昭典 池波志乃山本紀彦武内亨佐竹明夫伊吹聡太朗槇ひろ子片岡五郎山下勝也、高橋義治、蓮見里美川部修詩、吉中正一、渋谷さだこ荒木肇、柿木恵至、石崎洋光 内藤勘解由登場
第132話 3月27日 「殺しの陰謀」 胡桃哲 外山徹 石田信之梅野泰靖梅津栄遠藤真理子、阿藤海、杉義一佐藤京一池田生二、井上三千雄、田川勝雄花原照子、戸塚孝、香川リサ辻田矢道、甲斐武、蟹沢良江寺田涼子越後友香子、吉中正一、伊奈貫太
第133話 4月3日 「闇夜に咲いた夫婦花」 中野顕彰 内藤三郎 水原麻記長谷川哲夫山本麟一潮健児沖田駿一京春上宗近晴見磯部稲子山田禅二東静子佐藤京太郎、高橋義冶、久本昇、伊奈貫太、森岡隆見、石崎洋光、鈴木実、柿木恵至
第134話 4月10日 「万引姫大奮戦」 武末勝 原田雄一 水沢アキ深江章喜横光克彦人見きよし滝波錦司西田昭市野口元夫野村光絵小貫恵子重盛てる江、吉中正一、久本昇、柿木恵至、薄田拓巳、高橋義冶、大島光幸、安田秦三井熊典子、橋本恵美子
第135話 4月17日 「怨みの米騒動」 胡桃哲 江崎実生 本阿弥周子柴田侊彦中村竜三郎長谷川弘江角英明柳谷寛高樹蓉子今村原兵きくち英一波戸崎徹根本喜也八代郷子水田まり桑原恵子荒木肇石川隆昭、井口義亮、村上久勝、森岡隆見、鈴木実、藤田康之
第136話 4月24日 「涙の操り人形」 中野顕彰 斎藤光正 宇津宮雅代河村弘二沼田曜一山本昌平井上博一西川敬三郎三夏伸浜田柾彦斉藤英雄岩瀬ゆうこ今井和雄石倉秀子、高橋義治、吉中正一、大島光幸、柿木恵至、荻原紀
第137話 5月1日 「誇り高き父子鷹」 小沢啓一 菅貫太郎大友柳太郎林ゆたか三木聖子南利明浅野進治郎木島一郎晴海勇三岸俊也、井口義亮、加藤茂雄大宮幸悦今井和雄、吉中正一、伊奈貫太、高橋義冶、今村恒美
第138話 5月8日 「大暴れ娘かわら版」 高橋勝 泉ピン子川合伸旺稲葉義男、木村元、倉島襄橋本仙三松田洋治園田裕之、戸塚孝、荻原紀八木秀司、高橋義冶、音羽久米子築地博鹿島信哉、柿木恵至、加藤茂雄
第139話 5月15日 「哀しみの子連れ唄」 加賀美しげ子 長谷部安春 桂木梨江植村謙二郎姫ゆり子川辺久造村上冬樹町田祥子南祐輔堺左千夫八名信夫白石幸長丸山由利亜汐見直行壬村俊太郎若原初子、伊奈貫太、大島光幸、石崎洋光、林野奈子
第140話 5月22日 「花火よ夜空を貫け!」 胡桃哲 黒田義之 志垣太郎服部妙子草野大悟三島ゆり子田中浩北見治一、久本昇、山口譲稲川善一海原俊一、鈴木実、五十嵐美鈴大貫幸雄、石崎洋光、森岡隆見、甲斐武、柿木恵至
第141話 5月29日 「牢破り無情」 山崎巌 外山徹 佐野厚子江見俊太郎浜田晃、南城竜也、穂高稔森章二関戸純小坂生男戸塚孝野村光絵花原照子東静子、久本昇、鈴木章江千野重康、柿木恵至、伊奈貫太、甲斐武、森岡隆見、井口義亮
第142話 6月5日 「必殺! 捨身の勝負」 中野顕彰 高橋繁男 渡辺篤史五味龍太郎佐藤オリエ中野誠也陶隆司大村千吉高松政雄荒木肇溝呂木但蟹沢良江、柿木恵至、石崎洋光、久本昇、伊奈貫太
第143話 6月12日 「血塗られた兄弟の契り」 胡桃哲 松尾昭典 川地民夫中庸助島田順司葉山葉子松木路子近藤宏伊吹聡太郎鶴賀二郎風間杜夫松川純子小沢幹雄西沢武夫都家歌六岩瀬ゆうこ
第144話 6月19日 「緋牡丹に賭けた恋」 山崎巌、胡桃哲 江崎実生 竹下景子小野進也南道郎勝部演之藤山浩二弘松三郎畠山麦波戸崎徹高樹蓉子村上幹夫田中志幸、高橋義冶、久本昇、川崎葉子鈴木政晴笹川恵三築地博、森岡隆見、伊奈貫太、柿木恵至
第145話 6月26日 「謎の土蔵破り」 中野顕彰 斎藤光正 新藤恵美加藤嘉酒井修山本清綾川香小野ひずる松川純子、吉中正一、大宮幸悦中西良太安田秦三、大島光幸、甲斐武、久本昇、高橋義冶
第146話 7月3日 「鈴の音が俺を呼んだ!」 松尾昭典 横内正新海百合子村上冬樹中村竜三郎杉江廣太郎潮健児二瓶秀雄小園蓉子青木真知子片岡混田中澄夫宇留木康二高松政雄三田正水、久本昇、甲斐武、伊奈貫太、山岡葉子
第147話 7月10日 「用心棒の逆襲」 山崎巌 外山徹 加茂さくら青木義朗山岡徹也庄司永建、西川敬三郎、戸塚孝、小坂生男神山勝、久本昇、大島光幸、新井一夫上野綾子堀田秀庸野瀬大輔岩城睦子今井和雄八木和子
第148話 7月17日 「怪盗 炎の中を走る」 中野顕彰 宮越澄 柴俊夫和崎俊哉小松方正京春上高杉玄吉田豊明山田禅二宮沢康、森下明、芹沢由美、久本昇、佐々木栄一田辺洋俵みゆき若林初子加藤茂雄都家歌六高山亮一郎大曲えり子
第149話 7月24日 「涙で斬った地獄花」 中野顕彰、胡桃哲 小沢啓一 三浦布美子、長谷川明男、五味龍太郎佐々木孝丸、人見きよし、東郷晴子村上不二夫池田駿介根本嘉也内海敏彦(子役)東静子、川口節子、戸塚孝、小坂生男菊地晋
第150話 7月31日 「身代り囚人の罠」 高橋勝 柴田侊彦市毛良枝今井健二小林勝彦宮島誠藤森健之片山滉、吉中正一、井口義亮西沢武夫あさみ真琴、福留幸夫、大島光幸、高橋義冶、甲斐武、石崎洋光、大貫幸雄、伊奈貫太、柿木恵至
第151話 8月7日 「三味の音は殺しの調べ」 武末勝 天野恒幸 堀越陽子斎藤こず恵(子役)、穂積隆信森章二大前均待田京介本間文子津路清子加地健太郎岩城力也倉島襄音羽久米子林野奈子佐藤宏之(子役)林寛一今井和雄小坂生男、戸塚孝、岸田森
第152話 8月14日 「明日なき命の代償」 胡桃哲 池広一夫 井川比佐志入江若葉北原義郎伊達三郎加賀邦男吉田友紀(子役)大和義武高柳真一郎影山大二相原巨典福原秀雄北川陽一郎荒木憲、吉中正一、高橋義冶、久本昇、安田秦三熊谷卓三
第153話 8月21日 「殺しを呼ぶ賽の目」 手銭弘喜 亀石征一郎原田英子頭師佳孝長谷川弘高城淳一中村竜三郎増田順司東大二郎吉田柳児大宮幸悦、久本昇、福地華世、高橋義冶、甲斐武、伊奈貫太、森岡隆見、井口義亮
第154話 8月28日 「逆転父と娘の絆」 中野顕彰 山崎大助 二木てるみ灰地順垂水悟郎山本紀彦藤岡重慶伊沢一郎植村謙二郎井上博一松川純子鈴木正晴柳瀬志朗花原照子、柿木恵至、高橋義冶、吉田みゆき
第155話 9月4日 「密室殺人事件」 武末勝 江崎実生 服部妙子横光克彦三ツ木清隆、田中浩、今福正雄潮万太郎神山勝入江正徳木島一郎村上幹夫大宮幸悦若原初子橘家円平築地博、岩瀬ゆうこ、山本恵子
第156話 9月11日 「理由なき殺人」 中野顕彰 内出好吉 伊藤敏孝剣持伴紀阿藤海田中明夫加藤小代子日野道夫矢野間啓二伊吹聡太朗麻ミサ宇乃壬麻秋元羊介小坂生男、戸塚孝、星野晃山本恵子、井口義亮、甲斐武、伊奈貫太、石崎洋光、高橋義冶
第157話 9月18日 「悲しき泥棒稼業」 胡桃哲 片岡五郎酒井修津山登志子天本英世大村文武細川俊夫五十嵐美恵子晴海勇三久遠利三早川研吉滝川潤伊藤薫[要曖昧さ回避]伊藤浩市井口義亮、吉中正一、森岡隆見、甲斐武、柿木恵至、久本昇
第158話 9月25日 「隠密同心お吉銃弾に泣く」 江崎実生 久富惟晴江見俊太郎永井智雄津田亜矢子市村昌冶山下勝也弘松三郎、井口義亮、吉中正一、久本昇、伊奈貫太、高橋義冶、甲斐武、大貫幸雄、柿木恵至、森岡隆見
第159話 10月2日 「ふたり隠密華麗に参上」 中野顕彰 長谷部安春 郷鍈治、加藤嘉岩城力也北城寿太郎千葉敏郎土屋靖雄原田力片山滉瀬良明石川えり子都家歌六宇留木康二猪野剛太郎亀田秀紀高橋香理、甲斐武、石崎洋光、久本昇
第160話 10月9日 「囚人強奪の謎」 北川美佳下元勉須藤健藤山浩二壬村俊太郎永井譲滋団巌林孝一、久本昇、高橋義冶、原恵子池田生二日笠潤一、井口義亮、門脇三郎
第161話 10月16日 「殺し屋と少年」 胡桃哲 吉川一義 鮎川いずみ川合伸旺待田京介庄司永建杉義一大林丈史松田洋治藤森健之竹田将二目黒幸子大木史朗水林和夫林寛一斉藤英雄、伊奈貫太、久本昇、高橋義冶、大島光幸、甲斐武
第162話 10月23日 「夫婦花 無情の十手」 山崎巌 原田雄一 堀越陽子長谷川明男成瀬昌彦中村竜三郎小坂生男、井口義亮、戸塚孝、岸映子藤木あけみ、伊奈貫太、高橋義冶、吉中正一、鈴木実、久本昇、甲斐武、柿木恵至
第163話 10月30日 「偽装殺人の罠」 武末勝 天野恒幸 森山周一郎菅貫太郎大門正明頭師佳孝上原ゆかり柴田昌根岸一正倉島襄弘松三郎加藤茂雄若原初子伊藤豪、吉中正一、小坂生男藤田康之伊藤浩一、高橋義治、三戸部スエ
第164話 11月6日 「撃滅! 江戸の黒い霧」 山崎巌 池広一夫 内藤武敏高田敏江天津敏広瀬昌助瞳順子藤岡重慶森川公也青木勇詞一柳みる坂部丈昭門脇三郎、吉中正一、小坂生男、戸塚孝
第165話 11月13日 「涙の花嫁衣裳」 中野顕彰 水前寺清子浜田光夫西村晃木村元田中浩三條美紀波戸崎徹中島元、石崎洋光、高橋義治、柿木恵至
第166話 11月20日 「王将に秘めた疑惑」 宮川一郎、中野顕彰 斎藤光正 森次晃嗣志摩みずえ五味龍太郎庄司永建伊達三郎影千舟山田禅二入江正徳鹿島信哉益田愛子水橋和夫宇留木康二草間璋夫片山滉、大島光幸、甲斐武、吉中正一、久本昇、花柳力之輔
第167話 11月27日 「銃声は少年の叫び」 胡桃哲 高橋勝 村地弘美南道郎長谷川弘中村孝雄酒井修伊藤洋一、戸塚孝、福岡正剛大東梁佶岸俊也今村広則、吉中正一、柿木恵至、石崎洋光、青柳武志角田英介福留幸夫、大島光幸、井口義亮、森岡隆見、鈴木実
第168話 12月4日 「十手に賭けた怨み節」 中野顕彰 松尾昭典 二本柳俊衣杉江廣太郎有川博倉野章子近藤宏小瀬格立石涼子福本潤、大宮幸悦、石川えり子、久本昇、渡辺真六吉中真六片岡一、井口義亮、郷内栄樹岩下純三、戸塚孝

1977年

話数 通算話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
第169話 1月1日 「女盗賊初春に舞う」 胡桃哲 吉川一義 八名信夫、片桐夕子田口計宮口二郎、山本紀彦、大森暁美原恵子稲川善一会田由来田辺洋、門脇三郎、時任ゆかり野口利明野瀬大輔大屋光子池田誠一、時任やまと、多田禎亜石川えり子 (通算第273話)
第170話 1月8日 「危機一髪 殺しの切札」 中野顕彰 斎藤光正 峰岸徹結城しのぶ武藤英司人見ゆかり花原照子、弘松三郎、斉藤英雄西園寺宏松沼健、吉中正一、甲斐武、大宮幸悦、大島光幸、井口義亮、大貫幸雄、藤田康之、高橋義治
第171話 1月15日 「傷だらけの同心魂」 胡桃哲 宮越澄 横山リエ横光克彦中山昭二森章二奈三恭子勝部演之長島慶一八木隆山田禅二林孝一影山丈二、鹿島信哉、花原照子石川えり子伊藤漠関国麿、吉中正一、高橋義治、八幡源太郎
第172話 1月22日 「無残! 盗っ人秘録」 蘇武道夫 松尾昭典 奈美悦子加藤嘉堺左千夫渥美国泰早川雄三見明凡太朗阿部希郎平野稔記平佳枝石川えり子池田路枝小海とよ子、井口義亮、甲斐武、石崎洋光、久本昇
第173話 1月29日 「仇討ち女三味線」 山崎巌 天野恒幸 大関優子(佳那晃子)横内正大村文武高杉玄伊藤豪東静子北條寿太郎吉田耕一武田博渋谷さだ子田城英子福留幸男、久本昇、武田倫一、井口義亮、甲斐武、藤田康之、高橋義治、大竹義夫星野晃
第174話 2月5日 「影なき殺人者の謎」 中野顕彰 長谷部安春 植村謙二郎本田みちこ鮎川浩片岡五郎和田浩治垂水悟郎、森幹太、石山雄大、森みつる近藤準山本武松川純子小笠原まり子、高橋義治、小坂生男、中越司林寛一
第175話 2月12日 「必殺剣! 辻斬りの恐怖」 胡桃哲 池広一夫 吉行和子左右田一平、木村元、江見俊太郎稲葉義男内海敏彦寄山弘高杉哲平松尾文人宇野壬麻、戸塚孝、大島光幸、井口義亮、吉中正一、竹田博
第176話 2月19日 「怒りの白昼殴り込み」 中野顕彰 松尾昭典 杉田景子北上弥太郎森章二伊達三郎伊沢一郎須賀不二男林孝一、吉中正一、立川雄三林寛一村上久勝、戸塚孝、柿木恵至、大宮幸悦、岩本照夫武田博
第177話 2月26日 「雨の朝江戸に死す」 胡桃哲 小沢啓一 土屋嘉男三ツ木清隆河村弘二福山象三小野ひずる高樹蓉子榎木兵衛細川俊夫藤山浩二石丸博也、井口義亮、新井一夫牧野博美吉岡節子長井悟宇留木康二
第178話 3月5日 「男涙の離縁状」 中野顕彰 高橋勝 亀石征一郎川合伸旺上村香子宮口二郎水上竜子田中淳一杉義一田村貫梅沢昌代中垣一巳池田生二五十嵐五十鈴、久本昇、吉中正一、小坂生男、森下明
第179話 3月12日 「命を賭けたいかさま稼業」 胡桃哲 天野恒幸 柴田侊彦織本順吉城所英夫亀淵友香、稲吉靖司、近藤準、長島隆一、矢野間啓二、湊俊一、原恵子、三沼慶、伴藤武、松田洋治、加藤茂雄、若原初子、峯田智代、乙黒涼子 亀淵は内藤の屋敷に奉公するおやすを演じる
第180話 3月19日 「殺し屋雨に散る」 松尾昭典 和崎俊哉左時枝清川新吾、天草四郎、北城寿太郎、岡部正純、小林重四郎、亀淵友香、古川聡、中村時之介、石川えり子、小海とよ子、音羽粂子、戸塚孝
第181話 3月26日 「夜桜は死の誘い」 中野顕彰 原田雄一 森次晃嗣、田口計、蟹江敬三砂塚秀夫柳家小菊、有馬昌彦、仙波和之、桃山みつる、西園寺宏、大栗清史、森下明、築地博
第182話 4月2日 「張り込み!」 山崎巌 長谷部安春 磯野洋子北原義郎、久富惟晴、森章二綿引洪松風はる美、大野雄二、入江正徳、荒井一夫、大竹義夫、甲斐武、志村幸江、大貫幸雄、高橋義治、大島光幸、久本昇、藤田康之 井坂の家には押し入れから上がる隠し部屋がある。

井坂の論語読み下しは貝塚流。

第183話 4月9日 「連続放火魔の謎」 下飯坂菊馬、胡桃哲 天野恒幸 二本柳俊衣、長谷川弘、伊藤めぐみ下川辰平、沖田駿一、磯村健治吉田豊明安田隆中村竜三郎ひろ新子、戸塚孝、大宮幸悦、井口義亮、久本昇、柿木恵至、甲斐武、吉中正一、花柳力乃輔
第184話 4月16日 「浪人殺しの陰謀」 中野顕彰、胡桃哲 宮越澄 菅貫太郎珠めぐみ長谷川哲夫佐原健二武内亨多田幸雄小高まさる北川陽一郎池田生二新井一夫、久本昇、八幡源太郎きくち英一堀田秀雄、吉中正一、井口義亮、記平佳枝、石川えり子
第185話 4月23日 「偽情報の罠」 蘇武道夫 松尾正武 東野英心久保明榊ひろみ江見俊太郎藤江リカ大木正司三夏伸峰村銀田村貫加藤茂雄畠山麦青木文武丹呉年克、甲斐武、大宮幸悦
第186話 4月30日 「恐怖の無差別殺人」 山崎巌 高橋勝 原田大二郎遠藤真理子中村孝雄石田信之早川雄三楠田薫、戸塚孝、林孝一、野瀬大輔、久本明、鈴木実、川口節子、井口義亮、石崎洋光、星野晃永野明彦、吉中正一
第187話 5月7日 「いのち笛を吹く殺し屋」 山浦弘靖 宮越澄 藤巻潤水上竜子梅田智美岩城力也中庸助須藤健藤山浩一池田駿介大山豊夏木順平工藤静雄門脇三郎、柿木恵至、久本昇、大宮幸悦、鈴木実、千代田弘
第188話 5月14日 「異母兄弟の夜明け」 中野顕彰 天野恒幸 風間杜夫北原義郎伊達三郎山本昌平今福将雄真家宏満谷口香大東梁佶清水幹生若原瞳、久本昇、榎本英樹山本恵子、荻原紀、井口義亮、井熊典子福地華世
第189話 5月21日 「対決! 忍者の掟」 大工原正泰 斎藤光正 渡辺やよい速水亮中田浩二小林昭二北城寿太郎陶隆司仙波和之、久本昇、萩原統、甲斐武、永野明彦西内彰、柿木恵至 地蔵に巻かれているのは赤いねじり鉢巻
第190話 5月28日 「流転! 浮世絵の女」 山崎巌 長谷部安春 佐野厚子清水章吾、田中浩、高野眞二植村謙二郎伊吹徹三角八郎西郡英利相沢治夫、森下明、天野美保子千代田弘、森岡隆見、大貫幸雄、井口義亮
第191話 6月4日 「必死の子連れ逃亡者」 中野顕彰 外山徹 石橋蓮司花原照子外山高士町田祥子、杉儀一、外野村晋、倉島襄、大野雄二、戸塚孝、新井一夫、井口義亮、森下明、岩瀬裕美、東静子、久本昇、武田倫一、石崎洋光 石橋蓮司は隠密同心に助けられる側。
第192話 6月11日 「仇討ち素浪人秘話」 山崎巌 天野恒幸 川合伸旺岸田森望月真理子小林勝彦松山照夫辰馬伸石山雄大、林孝一、堀田佳久川口節子桂裕子岸田裕、井口義亮、甲斐武、石崎洋光、柿木恵至 岸田森は新明一刀流影山道場の元師範代で隠密同心と同じ敵を追う。
第193話 6月18日 「危うし! 隠密同心」 松尾昭典 北川美佳和崎俊哉五味龍太郎江見俊太郎桂小かん滝川潤八木隆草間璋夫柿木恵至荻原紀大宮幸悦、森岡隆見、鈴木実、石崎洋光、永野明彦
第194話 6月25日 「お化け屋敷に消えた美女」 胡桃哲 宮越澄 大和田獏睦五郎きくち英一江幡高志高木二朗弘松三郎三上剛加賀麟太郎渡辺高光相原巨典宮沢康麻美あい子、森下明、戸塚考、井口義亮、加賀見博美ふくち華世 地蔵に巻かれているのは赤いねじり鉢巻き

内藤勘解由登場

睦五郎は善側

音次郎は始めから二刀流

第195話 7月2日 「牢破り! 命の絶唱」 中野顕彰 吉川一義 島田順司珠めぐみ長谷川弘浜田晃千波丈太郎潮万太郎中村竜三郎三夏伸松田洋治(子役)、玉川長太峯秀一戸塚考山本恵子記平佳枝
第196話 7月9日 「女義賊復讐に燃える!」 大工原正泰 外山徹 大関優子(佳那晃子)和崎俊哉酒井修、神田隆、早川研吉六本木真市川好朗富田仲次郎玉村駿太郎長島隆一続圭子会田由来、大島光幸、森下明、吉中正一、萩原紀、柿木恵至、石川えり子
第197話 7月16日 「壮烈! 首領、暁に死す」 胡桃哲、中野顕彰 天野恒幸 三船敏郎柴田侊彦上原ゆかり梅野泰靖須藤健吉田義夫杉江廣太郎中庸介丹古母鬼馬二北上弥太郎矢野間啓二伊吹新記平佳枝永井玄哉 放送通算300回記念特別ゲスト

内藤勘解由登場(通算第301話)

第198話 8月20日 「雲仙に響く銃声!」 宮越澄 服部妙子織田あきら北原義郎細川俊夫川田ともこ本多信子藤山浩一日野道夫本多信子永野明彦、大島光幸 放送回数通算300回記念地方ロケ(通算第302話)

内藤勘解由登場

隠密同心達5人は旅役者一座として雲仙へ乗り込む

第199話 8月27日 「緊急指令! 人質を救出せよ」 山浦弘靖 原田隆司 片岡五郎風見章子河村弘二、田中浩、大木正司村松克己新海百合子長澄修吉田豊明北村晃一山下勝也、甲斐武、大島光幸、小坂生男 田中浩は入牢しているが心根はいい大工
第200話 9月3日 「裏切りの殺人計画」 天野恒幸 居川靖彦 本阿弥周子松山省二青木義朗唐沢民賢近藤宏倉島襄池田生二田村貫三沼慶矢野宏、戸塚考、小坂生男、柿木恵至、豊田つやこ荻原紀、石崎洋光、福留幸夫、高野槙一 内藤勘解由登場
第201話 9月10日 「十手に賭けた同心悲哀」 山崎巖 宮越澄 三浦リカ西沢利明石田信之、庄司永建、原良子小林重四郎渡辺高光弘松三郎、小坂生男、久本昇、井口義亮、田中加奈子、大島光幸、豊田喜良、戸塚考 石田信之と共に心得の条行進
第202話 9月17日 「懐剣返上! 涙の対決」 胡桃哲 池広一夫 寺田農五味龍太郎森章二伊達三郎伊藤榮子沼田曜一福山象三天野美保子根本嘉也草間璋夫、小坂生男、川口節子、大島光幸、吉中正一、井口義亮、久本昇 内藤勘解由登場
第203話 9月24日 「初見参お銀仇討ち始末」 長谷部安春 稲葉義男南道郎、田中浩、片山滉、玉村駿太郎大東梁佶長島隆一都家歌六川部修詩池田生二志村幸江菊地優子徳弘夏生、森下明、嶺川貴子石川敏大貫幸雄、石崎洋光、柿木恵至 新OP、ED

内藤勘解由登場

第204話 10月1日 「鉄火芸者涙の勇み肌」 山浦弘靖 天野恒幸 結城しのぶ大和田伸也灰地順長谷川明男浜田寅彦伊沢一郎横森久三沼慶泉田洋志、戸塚考、遠藤義徳丹呉年克花原照子、石川えり子
第205話 10月8日 「暗躍! 幻の盗賊集団」 山崎巖 小沢啓一 大関優子(佳那晃子)浜田光夫山本麟一高城淳一永井秀明、黒部進、木島一郎山田禅二山本恵子岩瀬裕美、久本昇、小坂生男、大島光幸、松尾悟、石崎洋光 内藤勘解由登場
第206話 10月15日 「遊女流転! 女義賊の謎」 胡桃哲 高橋勝 江夏夕子森章二武藤英司佐々木孝丸小野進也中井啓輔須藤健富田仲次郎田村貫枡田紀子猪野剛太郎小笠原まり子広田雅美記平佳枝、田中加奈子、五木暁 内藤勘解由登場
第207話 10月22日 「父子同心復讐の子守唄」 服部一久 外山徹 小栗一也沢井孝子岡崎二朗河村弘二田口計晴海勇三杉義一石山雄大羽田勉麻生亮、小坂生男、夏木順平新垣嘉啓、石川えり子
第208話 10月29日 「甦えった魂なき殺人者」 胡桃哲 居川靖彦 原田英子八名信夫片岡五郎田辺靖雄早川雄三、片山滉、高桐真植村謙二郎井上茂千代田弘鹿島信哉岩瀬裕美石川隆昭大野雄二
第209話 11月5日 「大暴れ魚河岸の伊達男」 山浦弘靖 内出好吉 酒井修津山登志子中庸助成瀬昌彦中村竜三郎増田順司吉田豊明関戸純宇留木康二門脇三郎神山勝加藤茂雄長井悟菊地優子、石川えり子
第210話 11月12日 「女刺青師怒りの恨み節」 小澤啓一 江波杏子榊ひろみ山本紀彦今井健二有馬昌彦外野村晋日野道六霧島八千代、沖田駿一、宇南山宏山波宏鈴木政晴堀江京子那須のり子、森下明
第211話 11月19日 「明日なき殺しの報酬」 加賀美しげ子、天野恒幸 内出好吉 峰岸徹北川美佳松木路子花原照子外山高士小堀阿吉雄坂上忍高橋義悟、森下明、千代田弘片岡一蟹沢良恵田城英子
第212話 11月26日 「恋なさけ捨身の木遣唄」 山崎巌 高橋勝 有川博水原ゆう紀剣持伴紀鈴木和夫小林重四郎竜崎一郎伊沢一郎見明凡太朗早川研吉鈴木和夫並木静夫山田禅二、小坂生男、大島光幸、吉中正一、森岡隆見、久本昇
第213話 12月3日 「傷だらけ涙の人情駕籠」 山浦弘靖 外山徹 西尾三枝子ガッツ石松玉川伊佐男、南城竜也、織本順吉永井玄哉石川敏川部修詩佐々木梨里、吉中正一、小坂生男、高橋義治、戸塚考、松尾悟
第214話 12月10日 「おんな拳法 仇討ち絵巻」 山崎巌 原田雄一 早川絵美亀石征一郎、石田信之、五味龍太郎御木本伸介森幹太太刀川寛、吉田豊明、波戸崎徹田城英子岩本和弘小山麻美
第215話 12月17日 「罪なき父娘の絶唱」 服部一久 長谷和夫 菅貫太郎内藤武敏鳥居恵子灰地順山本清広瀬昌助仙波和之渡辺千世加藤春哉田村貫、久本昇、花原照子、石川えり子
第216話 12月24日 「浮世絵女の秘めた謎」 山浦弘靖 居川靖彦 川合伸旺中野誠也松本留美伊豆肇佐竹明夫鳥巣哲生弘松三郎、石崎洋光、斉藤英雄郷内栄樹鹿島研二家本辰巳新井一夫 内藤勘解由登場

1978年

話数 通算話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
第217話 1月7日 「初春雪どけを待つ女」 中野顕彰 長谷部安春 紀比呂子久富惟晴川地民夫近藤宏新井和夫倉島襄五藤雅博林孝一菊地優子門脇三郎、吉中正一、川口節子、記平佳枝、大島光幸、古今亭志ん太 内藤勘解由登場

音次郎二刀流(通算第321話)

獅子舞の中は金太

第218話 1月14日 「悪夢に泣く少女の叫び」 胡桃哲 高橋勝 片岡五郎斉藤ゆかり、片山滉、下條アトム、田中浩、葉山良二山下勝也池田生二千代田弘加藤茂雄那須のり子、福留幸雄、大宮幸悦石島房太郎 音次郎二刀流
第219話 1月21日 「哀しき流転! 謎の女」 山崎巌 宮越澄 渡辺やよい睦五朗横光克彦桑山正一、中庸助、星野晶子原田千枝子晴海勇三木村雄、高橋義治、田辺洋、松尾悟、荻原紀
第220話 1月28日 「人質救出の罠」 山浦弘靖 外山徹 森次晃嗣小鹿番沢井桂子鈴木瑞穂、木村元、高野眞二曽田博彰宮廻夏穂大東梁佶、小坂生男、戸塚考、新井千秋、森下明 内藤勘解由登場

音次郎二刀流

第221話 2月4日 「笹笛に泣く女の悲哀」 服部一久 小澤啓一 村井国夫市毛良枝島田順司森章二中村竜三郎、福山象三、早川研吉宇南山宏沖田駿一長島隆一岩瀬裕美前田晃一千代田弘、柿木恵至、本田昭夫八幡源太郎 伝法寺二刀流
第222話 2月11日 「悪意なき幻の女」 蘇武道夫 鹿島章弘 奈良富士子清水章吾杉江廣太郎宮口二郎潮万太郎山岡徹也青木卓、柿本恵至、草間璋夫、久本昇、渡辺真六、甲斐武、吉中正一
第223話 2月18日 「身代り親娘 涙の絶唱」 中野顕彰 小澤啓一 水原麻記、南城竜也、左右田一平佐々木孝丸斉藤ゆかり、森幹太、片山滉、原田千枝子井上博一、田村貫、川部修詩石川敏片山滉、大島光幸、高野慎一武末正和、甲斐武、田中加奈子 内藤勘解由登場

音次郎二刀流

左右田一平は悪

佐々木孝丸は善

第224話 2月25日 「悲恋! 女賊の子守唄」 山崎巌 高橋勝 田坂都酒井修北原義郎、田口計、うえだ峻菊地優子大木正司、仙波和之、吉中正一、加藤茂雄、和久井節雄、大山清志、志村幸江、大貫幸雄 音次郎二刀流

酒井修も立ち回り参加

第225話 3月4日 「屈辱に耐えた夫婦の絆」 山浦弘靖 宮越澄 石浜朗加茂さくら西沢利明泉田洋志杉義一鈴木政晴小山渚、高橋義治、加藤春哉、森下明、相原巨典大宮幸悦、小坂生男、花原照子大貫幸雄 井坂道場破り→参った作戦

石浜朗も立ち回り参加

第226話 3月11日 「哀しみの岡ッ引魂」 中野顕彰、胡桃哲 外山徹 小栗一也遠藤真理子南道郎外山高士天草四郎速水亮市村昌治瀬良明、小坂生男、長嶋隆一、吉中正一、大貫幸雄、星野晃、久本昇
第227話 3月18日 「大雪原の決闘!」 胡桃哲 高橋勝 大関優子長谷川哲夫横森久弘松三郎内田昌宏、大島光幸、田中加奈子、吉中正一、花原照子、柿木恵至、内野康弘水木京一
第228話 3月25日 「無法を裁く怒りの群集」 山崎巌 長谷和夫 多々良純奥村公延松下達夫浜田寅彦堀田真三小林かおり成瀬昌彦中田博久松下達夫宇留木康二、久本昇、荻原紀、石崎洋光、門脇三郎、加藤茂雄東静子記平佳枝、川口節子、都家歌六 内藤勘解由登場
第229話 4月1日 「死闘! 風魔一族の陰謀」 武末勝 小澤啓一 沢井桃子菅貫太郎和崎俊哉小野川公三郎伊沢一郎武藤英司牧れい郷内栄喜山下勝也荻原紀田城英子、大島光幸、柿木恵至、松尾悟、蟹沢良恵、福留幸雄
第230話 4月8日 「むすめ隠密 涙の旅立ち」 中野顕彰 江崎実生 酒井修、鈴木和夫岩城力也田中明夫浜田晃加賀邦男、沖田駿一、戸塚孝、小坂生男、石川敏夏木順平若原初子門脇三郎、久本昇、菊地優子石塚千樹田城英子峯田智代高野君江 内藤勘解由登場
第231話 4月15日 「隠密変化! 謎の女」 山崎巌 宮越澄 大和田獏黒川弥太郎、庄司永建、森章二藤江リカ水村泰三原口剛高城淳一加賀麟太郎神山寛、森下明、堀田佳久、田中加奈子、堀田秀康山中康司、森岡隆見、伊奈貫太、内野康弘橋本知波 内藤勘解由登場
第232話 4月22日 「鉄火娘 怒りの一番纒」 山浦弘靖 外山徹 泉じゅん結城しのぶ平泉成、田中浩、松山照夫浅野進治郎原田清人保積ペペ小林重四郎晴海勇三玉井謙介池田生二大宮幸悦、小坂生男、大竹義男郡須のり子津森正夫岩瀬裕美小山麻美丹呉年克
第233話 4月29日 「御用金強奪の罠」 蘇武道夫 松尾昭典 渡辺やよい北原義郎川合伸旺工藤堅太郎石橋雅史中平哲仔高橋明原恵子田辺節子川部修詩、大島光幸、八代郷子、森下明、菊池健一新井一夫、久本昇
第234話 5月6日 「追跡! 哀愁の子守唄」 服部一久 原田雄一 八名信夫、土屋嘉男中山昭二佐原健二大和田獏早川雄三町田祥子 内藤勘解由登場

中山昭二は悪側ではない

第235話 5月13日 「恋なさけ 捨身の十手魂」 武末勝 長谷部安春 峰岸徹五味龍太郎永井智雄睦五朗瞳順子中庸助大谷麻知子小池幸次、山田禅二、高杉哲平、宇留木康二、鈴木実、甲斐武、佐藤京太郎、大島光幸
第236話 5月20日 「遊女が秘めた一筋の涙」 胡桃哲 斎藤光正 桜町弘子、木村元、武藤英司伊達三郎秋谷陽子水上竜子原田千枝子草薙幸二郎内田喜郎仙波和之、田村貫、門脇三郎、森下明、武田倫一小山友成永野明彦、戸塚孝、柿木恵至
第237話 5月27日 「姿なき闇の仕掛人」 加賀美しげ子、胡桃哲 高橋勝 浅野真弓本郷直樹島田順司中村孝雄葉山良二幸田宗丸里木佐甫良三島史郎岡部正純若尾義昭高月忠福岡正剛久遠利三門田俊一永井玄哉矢崎知紀、福留幸夫、蟹沢良恵斎藤勝信橋本房枝
第238話 6月3日 「怪しき風来坊 謎の変身」 武末勝、胡桃哲 小沢啓一 桜木健一本阿弥周子伊沢一郎江見俊太郎浜田晃美山ゆみ五十嵐美鈴鈴木政晴、吉中正一、戸塚孝、大宮幸悦、甲斐武、高橋義治、小坂生男、石崎洋光、大貫幸雄、柿木恵至、松尾悟
第239話 6月10日 「泥沼に咲いた女郎花」 山崎巌 江崎実生 槇ひろ子香山武彦青木義朗、大関優子、沼田曜一南道郎波戸崎徹寄山弘岩瀬裕美梅沢昌代草間璋夫高山千草、甲斐武、清水忠一岡田裕司、小坂生男、郷内栄喜永野明彦内野康弘、大島光幸 南道郎は筋に関係なく最初と最後に登場する地回り松吉
第240話 6月17日 「姉妹芸者 涙の仇討ち」 山浦弘靖 居川靖彦 小林かおり潮哲也河村弘二稲吉靖司潮万太郎深江章喜花原照子保科三良外野村晋枡田紀子西矢実森愛宇留木康二土山登志幸、柿木恵至、伊奈貫太、大貫幸雄、大島光幸、石崎洋光
第241話 6月24日 「やくざ同心怒りの復讐」 胡桃哲 原田隆司 西尾三枝子橋幸夫南道郎、田口計、高野眞二片桐竜次須藤健清水康晴岡幸次郎山下勝也晴海勇三加藤茂雄、森下明、大島光幸、都家歌六、峯田智代田谷隆子、戸塚考、蟹沢良恵矢沢裕紀 内藤勘解由登場

南道郎は筋に関係なく最初に登場する地回り松吉

橋幸夫も心得の条参加

第242話 7月1日 「無差別殺人の陰謀」 山崎巌 池広一夫 服部妙子森次晃嗣須賀不二男山本昌平高田直久三角八郎石山雄大加地健太郎中島元草間璋夫石井洵、柿木恵至、吉中正一、小坂生男、甲斐武、内野康弘 音次郎二刀流
第243話 7月8日 「海女が秘めた海底の罠」 胡桃哲 宮越澄 泉じゅん北川美佳名和宏、庄司永建、玉川伊佐男南城竜也露原千草加藤茂雄、田村貫、森下明、柿木恵至、吉中正一、矢沢裕紀 内藤勘解由登場
第244話 7月15日 「赤児暗殺 泣き笑い騒動」 中野顕彰 高橋勝 工藤堅太郎丸山ひでみ西田健、森幹太、清水理絵、片山滉、田中筆子中井啓輔小沢弘子、高橋義治、峯田智代大山清志、柿木恵至、田城英子田谷隆子、石崎洋光、甲斐武 西田健は善良な水島藩主
第245話 7月22日 「過去を裁く挑戦状」 服部一久 小澤啓一 夏夕介川辺久造森章二天草四郎、中庸助、東郷晴子荒谷公之植村謙二郎、森下明、田中えりか川部修詩賀川修嗣池田生二長井悟足立総史梨沙ゆり那須のり子
第246話 7月29日 「音次郎を狙う狼の牙」 村尾昭 斎藤光正 五大路子外山高士田中明夫最上龍二郎吉田豊明波戸崎徹野川愛山本恵子石川敏藤井多重子、吉中正一、大島光幸、佃文吾郎、荻原紀、松尾悟、柿木恵至、南道郎 内藤勘解由登場

南道郎は御用聞き松吉

第247話 8月5日 「女義賊 怒りの逆襲」 胡桃哲 榊千代恵伊達三郎杉江廣太郎人見きよし野呂圭介住吉正博江幡高志太刀川寛入江正徳弘松三郎若原初子愛川弥寿子峯田智代、都家歌六 内藤勘解由登場
第248話 8月12日 「怪談 涙の灯籠流し」 山崎巌 松尾正武 佐々木剛佐藤万理花原照子利根はる恵藤岡重慶、早川雄三、原口剛、早川研吉南道郎武内亨北九州男山下勝也八代郷子門脇三郎、小坂生男、有馬明彦田坂英子夏木順平 南道郎は御用聞き松吉
第249話 8月19日 「美女誘拐 恐怖の逢びき」 山浦弘靖 高橋勝 瞳順子石山律雄、田島義文、森下哲夫伊沢一郎中村竜三郎、中田博久、二木てるみ、田村貫、佐藤弘一角田淑子山田禅二渡辺真六、甲斐武、岡田勝、大貫幸雄、石崎洋光
第250話 8月26日 「白昼に消えた死体の謎」 中野顕彰 内出好吉 潮哲也、信欣三、田中浩、佐竹明夫岡崎二朗京春上小林重四郎霧島八千代大和撫子熊谷卓三草間璋夫鳥巣哲生、吉中正一、前田恵子矢沢裕紀、鈴木実、都家歌六 内藤勘解由登場

三橋会所TOP争い

音次郎、田中浩と二刀流対決

第251話 9月2日 「錠前破り 男の挽歌」 服部一久 小栗一也水原麻記鈴木和夫伊豆肇、田口計、森幹太関戸純小山友成川部修詩宇留木康二、大島光幸、斎藤英雄岩瀬裕美加藤茂雄蟹沢良恵村上久勝門脇三郎 内藤勘解由登場
第252話 9月9日 「身代り殺人の秘めた謎」 山崎巌 鹿島章弘 栗田ひろみ岩城力也土屋嘉男佐原健二広瀬昌助加藤寿久遠利三晴海勇三、戸塚考、高橋義治、大宮幸悦ひるまあきら和田正義加賀美博美、柿木恵至 音次郎二刀流
第253話 9月16日 「危機一髪 凶悪の罠」 胡桃哲 長谷部安春 小林かおり八名信夫大和田伸也稲葉義男有川博今井健二幸田宗丸川口裕子、原田千枝子、木村雄若原初子永井玄哉夏木順平、高橋義治、柿木恵至、和久井節緒 内藤勘解由登場

大和田が教える論語学而編第一15は加地流読み下し

幸田宗丸は悪ではない

第254話 9月23日 「嘘八百に賭けた夢」 中野顕彰 高橋勝 鶴間エリ根上淳花原照子山本昌平加賀邦男千葉哲郎沢井桂子波戸崎徹大屋光子国昌子大山清志高杉哲平松浪志保、森下明、川口節子、永浜美千子林野奈子、田中加奈子 おりん「私たちが知ったが最後、見逃すわけにはいかないねぇ」初出

音次郎二刀流

第255話 9月30日 「哀しき盗っ人の恩返し」 山崎巌 内出好吉 南城竜也、珠めぐみ五味龍太郎灰地順北原義郎、庄司永建、秋谷陽子岡部正純水村泰三長島隆一吉田紀人三上珱子、鈴木実、甲斐武、柿木恵至 井坂道場破り→参った作戦(おりんと兄妹で武者修行の体)
第256話 10月7日 「狙われた恐怖の連判状」 山浦弘靖 宮越澄 平泉征小林昭二小林伊津子山岡徹也弘松三郎保科三良、田村貫、山田禅二片山滉池田生二岡幸二郎築地博熊谷卓三、新井一夫、峯田智代、大貫幸雄、小坂生男、森下明
第257話 10月14日 「白州に咲いた母子草」 胡桃哲 小澤啓一 正司歌江風間杜夫外山高士青木義朗杉江廣太郎沖田駿一郎、福山象三、関根世津子小林稔侍外野村晋大木史朗加藤茂雄志村幸江本田博太郎 青木義朗は奉行としてラストのみ出演
第258話 10月21日 「遊女が秘めた謎の暗殺」 中野顕彰 高橋勝 佐野アツ子高野眞二荒谷公之潮万太郎成瀬昌彦江幡高志三島史郎、高橋義治、吉中正一、花城隆有馬明良武田倫一、大貫幸雄、宇留木康二
第259話 10月28日 「江戸っ子魚屋の世継ぎ騒動」 山崎巌 長谷川安人 菅貫太郎桜木健一下条正巳、中庸助、竹林真理子天野新士岡本麗山川弘乃八幡源太郎近松敏夫武田倫一太田英夫、大島光幸、永野明彦 内藤勘解由登場

お竜二刀流

第260話 11月4日 「闇を裂く女賊の哀愁」 山浦弘靖 原田隆司 浅野真弓山本麟一伊沢一郎早川雄三堀田真三高桐真島巣哲生清家栄一高松政雄岩瀬裕美夏木順平星野晃、福留幸夫、前田恵子蟹沢良恵、大貫幸雄 内藤勘解由登場

山本麟一は、浅野真弓を見守る実父(元盗賊)で悪側ではない

第261話 11月11日 「人質救出に賭けた夫婦の絆」 胡桃哲 江崎実生 南利明藤江リカ近藤宏金井由美綾川香吉田豊明久遠利三相沢治夫西屋東大山豊、石崎洋光、倉島襄平塚磨紀記平佳枝福島靖夫加藤みはる加藤茂雄前田晃一堀田佳久、田中加奈子、山野雄治 着物を取り換えたための間違い誘拐プロット
第262話 11月18日 「十手は囮の免許状」 山崎巌 宮越澄 真夏竜宮口二郎久永智子陶隆司内田昌宏八木隆滝沢双大東梁浩名川貞郎八幡源太郎門脇三郎、戸塚孝、小坂生男、藤田康之古川新之輔、鈴木実、永野明彦
第263話 11月25日 「遺産に群がる狐と狸」 中野顕彰 原田雄一 小鹿ミキ服部妙子住吉道博桜井浩子城所英夫市村昌治、吉中正一、三角八郎小林重四郎猪野剛太郎植村謙二郎松村志保、新井一夫、森岡隆見、鈴木実、戸塚考 内藤勘解由登場
第264話 12月2日 「高利貸し百一文の陰謀」 中西隆三 高橋勝 長谷川哲夫松本留美花原照子鈴木和夫武藤英司、田中浩、森幹太晴海勇三、都家歌六、山中康司、福留幸夫、大竹義夫、大島光幸、北斗太郎、松尾悟 内藤勘解由登場

音次郎の住まいは浅草甚兵衛長屋

第265話 12月9日 「殺意なき用心棒」 胡桃哲 吉川一義 久保明河村弘二横森久原田英子近藤準中田博久、林孝一、日野道夫中田成樹吉原正皓稲川善一和久井節緒藤井敏夫荒瀬寛樹草間璋夫、新井一夫、小坂生男 内藤勘解由登場
第266話 12月16日 「汚名に賭けた目明し無情」 山浦弘靖 原田雄一 睦五郎中山昭二森章二谷川みゆき、原田千枝子、石橋雅史滝川潤山口あきら、都家歌六、加賀美博美、戸塚孝、久本昇、夏木順平、鈴木実、伊奈貫太、新井一夫、大貫幸雄、甲斐武 伝法寺二刀流
第267話 12月23日 「笑いを売る謎の男」 中野顕彰 宮越澄 笑福亭仁鶴佐原健二高野眞二佐藤仁哉、沖田駿一郎、可知靖之渡辺高光松丸登志乃、田村貫、三上瓔子福岡正剛入江正徳高杉哲平草間璋夫八幡源太郎高岡恵子草間光幸 内藤勘解由登場
第268話 12月30日 「除夜の鐘は皆殺しの調べ」 山崎巌 小澤啓一 清水章吾藤浩子堺左千夫江見俊太郎天津敏高橋明本間文子田城英子米山晃生林秦文亀田秀紀石井美貴子浜村砂里原のり子

1979年

話数 通算話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
第269話 1月6日 女掏摸 初春に翔ぶ 中野顕彰 宮越澄 望月真理子、中田浩二、花原照子外山高士山谷初男うえだ峻山岡徹也幸田宗丸別所立木、北九州男、加藤茂雄若原初子志村幸江君塚正統、森下明、大貫幸雄、古今亭志ん太 内藤勘解由登場

正月の挨拶からスタート

獅子舞は金太

うえだ峻は目明し

おりん「私たちが知ったが最後、見逃すわけにはいかないよ」(通算第374話)

第270話 1月13日 姿なき目撃者 中西隆三 高橋勝 石田信之野平ゆき原口剛五味龍太郎北原義郎吉田義夫田島義文永谷悟一、小坂生男、稲川善一、石崎洋光、大貫幸雄、鈴木実、松尾悟
第271話 1月20日 身代り殺人の陰謀 山浦弘靖 井上昭 南城竜也大関優子(佳那晃子)平泉征田口計早川保、高橋義治、宇留木康二新井一夫長島隆一高村良那須のり子夏木順平、都家歌六、久本昇
第272話 1月27日 女の肌に染めた謎の十万両 山崎巌 高橋勝 川合伸旺新藤恵美天野新士野口貴史、市村昌治、鳥井助國吉中六川名美也子、森下明、城野勝巳二家本辰巳、柿木恵至、甲斐武 内藤勘解由登場
第273話 2月3日 罪なき必死の逃亡者 中野顕彰 長谷部安春 八城夏子稲葉義男、鈴木和夫、庄司永建、須賀不二男露原千草金子研三滝沢双徳弘夏生早川研吉、小坂生男、武田倫一、福留幸夫、柿木恵至、村上久勝清水忠一岡田勝、鈴木実、吉岡秀隆(子役) 内藤勘解由登場
第274話 2月10日 怪盗組織の罠を暴け 胡桃哲、中野顕彰 八名信夫花沢徳衛牧冬吉沼田曜一山科ゆり村田みゆき阿藤海佐々木孝丸沖田駿一郎桑原大輔加藤大樹、戸塚孝、大東梁佶、福島靖夫藤田康之、小坂生男、大島光幸、柿木恵至 内藤勘解由登場
第275話 2月17日 幻の船を待つ女 山崎巌、胡桃哲 宮越澄 藤巻潤渡辺やよい川辺久造天草四郎勝部演之、弘松三郎、八木和子、岩瀬裕美、加賀美博美、高橋義治、甲斐武、柿木恵至 井坂はかつて神明一刀流牧田道場の師範代を務めていた設定
第276話 2月24日 殺しを呼ぶひつじ年の娘 中西隆三 鹿島章弘 夏夕介小林かおり藤山律子森章二青木義朗加藤和夫野口元夫矢野間啓二寄山弘丸山詠二田村厳熊谷卓三加藤茂雄窪田茂幸片岡身江青木文武川瀬香織野口直人
第277話 3月3日 命を賭けた哀しき女賊 胡桃哲 宮越澄 宮園純子岩城力也富田浩太郎永井秀明綾川香藤山浩二土方弘三重街恒二上村和也中山恵子久遠利三高杉哲平名川貞郎斉藤康彦山本武 音次郎二刀流
第278話 3月10日 美女誘拐 謎のセリ札 大工原正泰 高橋勝 佐藤仁哉、山本由香利、山本昌平田中明夫保積ペペ、あきじゅん、依田英助、岡田勝
第279話 3月17日 女風呂殺人事件 山崎巌 小澤啓一 堀越陽子江見俊太郎、田中浩、中庸助、内田昌宏木島一郎稲吉靖司波戸崎徹宏京子瀬良明、高橋義治、門脇三郎、石崎洋光、川口節子、八幡源太郎、那須のり子、小山麻美浜村砂里三原玲奈 内藤勘解由登場
第280話 3月24日 大爆破を招く恐怖の大凧 胡桃哲 江崎実生 珠めぐみ長谷川弘天津敏住吉道博伊沢一郎森幹太永井玄哉清水康晴石川隆見吉中六、鈴木実、有島明良、森下明、柿木恵至 内藤勘解由登場
第281話 3月31日 純愛に賭けた色事師 山崎巌 宮越澄 川地民夫きくち英一久永智子梶健司高木二朗水上竜子北川陽一郎晴海勇三西山健司橘田良江花原照子、大矢梨津子、川口節子、加藤茂雄野下直義横江麻記英えり子田城英子渋谷さだ子 井坂道場破り→参った作戦

玉竜は白の着流しに青い宗十郎頭巾の変化

第282話 4月7日 幼女が裁いた赤い罠 中野顕彰 高橋勝 久富惟晴松木路子玉川伊佐男かわいのどか須貝容子高原駿雄団巌横山あきお村上久勝遠藤義徳熊谷卓三相沢治夫石原昭宏、戸塚孝、藤田康之、新井一夫
第283話 4月14日 白頭巾参上 辻斬り大追跡 山崎巌、胡桃哲 松尾昭典 伊吹吾朗水原麻記石田信之杉江廣太郎新山真弓加賀邦男大山豊原田清人鮎川浩波戸崎徹入江正徳宮田光松浪志保大木史朗 内藤勘解由登場
第284話 4月21日 偽装殺人の黒い霧 原田雄一 和崎俊哉広瀬昌助水島彩子伊豆肇大木正司坂巻祥子近松敏夫夏木順平石井ひとみ、門脇三郎、近藤宏笹木舟作、田村貫、相沢治夫不知火艶、都家歌六、志村幸江 内藤勘解由登場
第285話 4月28日 尼僧が秘めた仇討ち七変化 山浦弘靖 斎藤光正 奈美悦子、南城竜也、佐原健二岩城力也武内亨須藤健長嶋隆一霧島八千代新井一夫吉中六井口亮森みつる、高橋義治、星野晃草薙庄一郎高山奈緒美
第286話 5月5日 腰抜け侍 怒りの封印刀 服部一久 高橋勝 蟇目良中山昭二佐竹明夫東郷晴子小林伊津子北村総一朗武藤英司綾川香木田三千雄沖田駿一郎峰村銀湯村勉笹入舟作、都家歌六、若原初子林弘造石川恵理子中垣一巳高品正宏 内藤勘解由登場

北村総一朗は未クレジット

第287話 5月12日 大奥の紅い陰謀 中西隆三 江崎実生 佳那晃子林啓二北原義郎八木孝子武藤章生中井啓輔鶴見丈二三島史郎三角八郎、岩瀬裕美、白石のり子丹呉年克田中加奈子熊谷卓三、石崎洋光、武田倫一、小坂生男、藤田康之、森下明 内藤勘解由登場
第288話 5月19日 連続誘拐事件の謎 山崎巌 宮越澄 磯野洋子原口剛五味龍太郎森章二灰地順御木本伸介、庄司永建、小林建一松田麻衣子安田隆加藤茂雄小山勤、鈴木実、八木和子猪野剛太郎
第289話 5月26日 宿無し少年と女掏摸 胡桃哲 高橋勝 鶴間エリ森山周一郎原田潤石山律雄浜田晃、福山象三、鈴木和夫、岩城力也滝川潤中真千子岡幸次郎森田英子池田生二、岩瀬裕美
第290話 6月2日 暴れ十手 捨て身の恩返し 中野顕彰 外山徹 平泉成喜多川美佳島田順司外山高士竜崎一郎小林重四郎吉中六遠藤征慈、大島光幸、森下明、武田倫一大村千吉小山友成永野明彦、柿木恵至、出原裕穀君塚正統 内藤勘解由登場
第291話 6月9日 連発銃が呼ぶ母の面影 加賀美しげ子、山崎巌 江崎実生 桜町弘子内田稔小沢直平有馬昌彦、北九州男、藤山浩二三輪猛雄湊俊一右京孝雄、不知火艶、田原道子市川智也玉木潤木村雄、那須のり子、新井一夫、荻原紀清水忠一、森下明
第292話 6月16日 火つけ軍団 凶悪の罠 中西隆三 宮越澄 小栗一也菅貫太郎、潮哲也、玉川伊佐男樋口和子、黒部進、井上博一、春江ふかみ、高橋義治、小坂生男、川口節子、門脇三郎、太田英夫、那須のり子、熊谷卓三、柿木恵至、大竹義夫、新井実 内藤勘解由登場
第293話 6月23日 命の鍵を解く男 服部一久 長谷川安人 瞳順子長谷川明男、田口計、平凡太郎伊藤敏孝早川研吉
第294話 6月30日 島破り 執念の逃亡者 中野顕彰 手銭弘喜 志賀勝永井秀和小林かおり稲葉義男天津敏中島正二峯田智代、柿木恵至、友金敏雄郷内栄喜岩本照雄岩崎洋光 内藤勘解由登場

「隠密支配内藤勘解由だ!」

第295話 7月7日 鉄火芸者 涙の情け肌 胡桃哲 斎藤光正 岡崎二朗原田英子江見俊太郎、天草四郎、晴海勇三井上茂大下哲矢角友司郎名川貞郎高杉哲平入江正徳花原照子依田英助清水忠一米沢公美子鈴木政晴 内藤勘解由登場
第296話 7月14日 悪女が捨てた殺しの分け前 松岡志奈、山崎巌 江崎実生 谷口香中村孝雄三ツ木清隆松原愛早川雄三木島一郎、田村貫、木村雄、矢沢裕紀、古今亭志ん太、福留幸雄、蟹沢良恵 内藤勘解由登場
第297話 7月21日 遊女が明かす連続爆破の謎 山浦弘靖 宮越澄 奈三恭子小野進也、中庸助、立原博山岡徹也八木隆大山豊、山口あきら、小寺大介、依田英助、大山豊、角田淑子、熊谷卓三、君塚正純、伊東あつ子、鈴木実、柿木恵至、二家本辰己、甲斐武、武田倫一
第298話 7月28日 獄門台に招く幻の美女 山崎巌 岡康季 今出川西紀大門正明蟹江敬三森章二長谷川弘岩城力也高野眞二龍駿介、吉中六、山田禅二林野奈子鹿又裕司記平佳枝武田倫一田城英子岡田篤子遠藤孝子 内藤勘解由登場
第299話 8月4日 怪奇 生きていた死美人 胡桃哲 居川靖彦 三浦リカ、堺左千夫、加賀邦男、南城竜也、嵯峨善兵吉田豊明弘松三郎大川万裕子溝口順子大川リサ伊神恵美子村上久勝郷内栄喜
第300話 8月11日 金塊の陰で泣く女 山浦弘靖 宮越澄 市毛良枝梅津栄森章二高城淳一信実和徳灰地順根岸一正別所立木里木佐甫良原田千枝子石川敏、吉中六、花原照子川辺大一朗槇ひろ子鹿島研神田正太、田中加奈子 音次郎二刀流
第301話 8月18日 潜入 決死の悪人狩り 中野顕彰 長谷部安春 長谷川哲夫中山昭二伊達三郎堀田真三水原麻記中田博久加藤大樹増田順司倉島襄相原巨典名川貞郎相沢治夫真辺静枝、新井一夫、村上久勝、石崎洋光、高橋義治 井坂は10年前相良藩勘定役見習いだったが公金横領した上司の罪をかぶって脱藩

中田博久は同僚の仇を討とうとする熱血同心

伊達三郎をはじめとする船宿極楽亭に巣食う面々は根はいいやつ

玉竜「私たちが知ったが最後、見逃すわけにはいかないね」

第302話 8月25日 赤ん坊を狙う暗殺者 服部一久 小澤啓一 渡辺やよい西田健横森久、福山象三、杉江廣太郎八名信夫江幡高志、高杉哲平、都家歌六、夏木順平、若原初子、熊谷卓三、上野元、門脇三郎、角谷亜希、山本武 音次郎二刀流(黒幕のみ)
第303話 9月1日 花嫁誘拐 姿なき狼の罠 松岡志奈
山崎巌
高橋勝 佐藤仁哉頭師佳孝外山高士沖田駿一郎栗田洋子藤木敬士、高橋義治、三田明子依田英助阿部光子、柿木恵至、大門ひろみ村上幹夫
第304話 9月8日 御前試合が暴く謎の金脈 中野顕彰 江崎実生 根上淳待田京介、山本昌平、秋谷陽子伊沢一郎日恵野晃鈴木政晴寄山弘西山健司荒瀬寛樹永井玄哉稲川善一小池幸次山中康司、大島光幸、若原初子服部鷹子 井坂道場破り→参った作戦
第305話 9月15日 さらば音次郎 山崎巌
胡桃哲
堀越陽子菅貫太郎森次晃嗣五味龍太郎大山豊晴海勇三森洋二中島元、岩瀬裕美、村上幹夫、夏木順平三遊亭歌六黒川弥太郎 音次郎降板(通算第409話)
第306話 9月22日 悪を斬る料理人 華麗に参上 山崎巌 長谷部安春 武原英子睦五朗平田昭彦、近藤宏、花原照子大村京子外野村晋山城正樹三戸部スエ小林重四郎岩城和男高杉哲平渋谷さだ子篠田薫、古今亭志ん駒 新OP、ED

内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由だ!」(通算第410話)

清次郎二刀流

第307話 9月29日 牢獄に秘めた父娘の真実 中野顕彰 高橋勝 三遊亭円之助川合伸旺山本ゆか里浜田寅彦内田勝正十勝花子、若杉透、加藤春哉、林孝一、小鹿番、、小山源喜、吉中六、金井大、山田禅二、阿部光子、矢野泰子、都家歌六、熊谷卓三、石川敏 内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由内藤勘解由だ!」

清次郎二刀流

第308話 10月6日 島帰りの父 涙の絶唱 胡桃哲 小澤啓一 片桐夕子高橋元太郎宮口二郎岡崎二朗今井健二沖田駿一郎団巌須田圭一入江正徳吉田豊明岩田直樹久遠利三側見民雄岸野一彦河合絋司 内藤勘解由登場

清次郎二刀流

第309話 10月13日 暗殺者が狙う女の烙印 山浦弘靖 原田雄一 松本留美下塚誠三谷昇村田みゆき高野眞二佐竹明夫、中庸助、武田博志、大島光幸、五十嵐五十鈴川部修詩中瀬博文、鈴木実、門脇三郎、夏木順平、古今亭志ん駒 清次郎二刀流(黒幕のみ)
第310話 10月20日 豪雨に消えた謎の美女 山崎巌 岡康季 早乙女愛吉田次昭梅津栄森章二、田口計、根岸一正、村上幹夫、宮田光和久井節緒猪野剛太郎伊東あつ子記平あつ子東静子、川口節子 内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由内藤勘解由だ!」

左文字二刀流

第311話 10月27日 鉄火女 涙の情け肌 中野顕彰 外山徹 三林京子平泉成、南城竜也、早川雄三早川保堀田真三長島隆一日野道夫、戸塚孝、高杉哲平、大東梁佶、三角八郎笹入舟作岡幸次郎園山淳也井澤明子
第312話 11月3日 宿命に泣く父娘の再会 松岡志奈 原田隆司 小林伊津子牟田悌三灰地順稲葉義男外山高士原口剛大木正司水上英二成田次穂板倉加代子、都家歌六、高橋晃子木村じゅん村上久勝、大貫幸雄、甲斐武、古今亭志ん駒 左文字二刀流
第313話 11月10日 五ツ刻の鐘は殺しの調べ 山浦弘靖 宮越澄 長谷川明男水島彩子(奈良富士子)、山岡徹也永井秀明早川研吉日恵野晃広田正光別所立木福岡正剛、吉中六、大木史朗和泉喜和子池田光隆佐藤由美、柿木恵至、蟹沢良恵、古今亭志ん駒 内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由だ!」

左文字二刀流

第314話 11月17日 悪を撃つ謎のオランダ銃 胡桃哲 岡康季 松橋登山田はるみ剣持伴紀高城淳一、黒部進、岩瀬裕美、信実一徳保科三良町田幸夫谷本一荒瀬寛樹今西正男時任やまと水橋和夫熊谷卓三、戸塚孝、石崎洋光、古今亭志ん駒 内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由だ!」

左文字二刀流

第315話 11月24日 芸者が秘めた偽証言の罠 山崎巌 長谷川安人 佐野アツ子五味龍太郎、田中浩、長谷川弘、原田千枝子、水村泰三加藤春哉丸山詠二、森下明、金子勝美、田中加奈子、高松恭子山名由兼大竹義夫鹿島研 左文字二刀流
第316話 12月1日 十手に賭けた涙の離縁状 中野顕彰 小澤啓一 井原千寿子富川徹夫菅貫太郎有川博須藤健泉よし子水森コウ太斎藤真勝野賢三吉田紀人中嶋元名川貞郎今生きよみ向殿あさみ花悠子中瀬博文、新井一夫、古今亭志ん駒 左文字二刀流
第317話 12月8日 人質救出 甦る父娘の絆 山浦弘靖 高橋勝 広瀬昌亮秋谷陽子村地弘美森山周一郎亀石征一郎中山昭二玉川伊佐男沖田駿一郎西山健司弘松三郎入江正徳、石崎洋光、竹内靖荻原紀、新井一夫、加藤茂雄、門脇三郎、小坂生男 左文字二刀流
第318話 12月15日 少年が明かす炎の殺人集団 胡桃哲 松尾昭典 原田潤北原義郎森章二武藤英司土屋嘉男滝沢双溝口拳高杉哲平藤田康之阿部渡金沢寿一側見民雄小寺大介、大島光幸、武田倫一宮田光、古今亭志ん駒 井坂道場破り→参った作戦

左文字二刀流

第319話 12月22日 黒い傷痕に泣く女 山崎巌 長谷部安春 田島令子、八名信夫、川合伸旺江見俊太郎、蟹江敬三、大山豊、伊沢一郎伊東平山田中貫鈴木伊織井上三千男花原照子松浪志保三上瓔子 左文字二刀流
第320話 12月29日 長屋を襲う二万坪の陰謀 中野顕彰 井上昭 頭師佳孝早川絵美神田隆梅津栄榊ひろみ伊達三郎木田三千雄穂積ペペ、古今亭志ん駒 内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由だ!」

左文字二刀流

1980年

話数 通算話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
第321話 1月12日 女忍者涙の姉弟愛 胡桃哲 宮越澄 若杉透水原麻記杉真由美木村元堺左千夫、天草四郎、森川公也高木二朗杉真由美若杉透森幹太木島一郎沢井三郎溝口順子兼松三郎鹿島研二家本辰巳中瀬博文郷内栄喜、荻原紀 内藤勘解由登場

左文字二刀流(通算第425話)

第322話 1月19日 復讐に賭けた娘の純愛 山浦弘靖 長谷和夫 森塚敏火野正平竹田かほり川辺久造日恵野晃、依田英助、岸野一彦森篤夫、古今亭志ん駒 左文字二刀流
第323話 1月26日 花嫁絶唱
地獄の情け船
胡桃哲 高橋勝 吉沢京子桑原大輔成瀬正横森久頭師佳孝浜田寅彦瀬良明和沢昌治大泉滉川崎公明大村千吉今成友見大山清志星野晃郷内栄善、大竹義夫、中瀬博文、古今亭志ん駒 左文字二刀流
第324話 2月2日 運命に泣く親子の慕情 中野顕彰 宮越澄 丘さとみ本郷直樹小林勝彦丸山秀美船戸順長谷川弘、中庸助、高原駿雄笹入舟作関戸純亀井三郎田辺洋、大島光幸、徳弘夏生入江正徳岩谷貴樹若命真裕子 内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由だ!」

おりん欠席のため左文字「わし等が知ったが最後、見逃すわけにはいかん」

左文字二刀流

第325話 2月9日 大爆破を招く謎の贋小判 山崎巌 長谷部安春 工藤堅太郎、十勝花子、灰地順外山高士大木正司堀田真三吉田紀人、大島光幸、郷内栄喜、大貫幸雄、甲斐武、鹿島研渋谷さだ子坂田寿子小林ルリ子、古今亭志ん駒 金太の住まいは明神長屋

左文字二刀流

第326話 2月16日 刺青芸者 皆殺しの謎 外山徹 佳那晃子下塚誠福山象三小笠原弘垂水悟郎井上博一成瀬昌彦有馬昌彦里木佐甫良、高橋義治、桜川梅吉、甲斐武、石崎洋光、大竹義夫 内藤勘解由立ち回り参加

左文字二刀流

第327話 2月23日 暴れ駕籠泣き笑いの縁結び 中西隆三 杉村六郎 野平ゆき石田信之田島義文近藤宏ガッツ石松河村弘二、山本昌平、荻原紀田中筆子大木史郎、甲斐武、草薙庄一郎岡田勝二家本辰巳藤田康之 「鈴の調べは悪を斬る」終了左文字二刀流
第328話 3月1日 めおと十手一番手柄 山浦弘靖 長谷和夫 山田隆夫小林伊津子稲葉義男、田口計、綾川香高野眞二南祐輔江角英明石川敏加地健太郎窪田茂幸船場牡丹篠田薫渡辺志津子、戸塚孝、荻原紀小坂生男 高野眞二は善側

内藤勘解由立ち回り参加

名乗り:左文字→おりん→内藤→井坂

左文字二刀流

第329話 3月8日 女すり
捨身の恩返し
山崎巌 斎藤光正 原田英子賀田裕子伊藤敏孝今井健二永井秀明晴海勇三諸岡青二、森下明、相原巨典高杉哲平渡部千春黒高裕美子武田博志北斗太郎村上久勝中瀬博丈藤田康之、甲斐武、古今亭志ん駒 左文字二刀流
第330話 3月15日 五七五に賭けた恋情け 胡桃哲 松尾昭典 珠めぐみ佐竹明夫沢本忠雄伊達三郎清水めぐみ杉江廣太郎加賀邦男可知靖之北川たか子古矢順一郎松浪志保和沢昌治稲川善一若原初子宇佐美多恵子、五十嵐美鈴、古今亭志ん駒 内藤勘解由立ち回り参加

左文字二刀流

加賀邦男は善側

白着流し揃い終了

第331話 3月22日 晴れ姿
おんな隠密一番纏
山崎巌 長谷部安春 高瀬春奈日野道夫山岡徹也、南城竜也、森章二、中田博久弘松三郎倉島襄花原照子今生きよみ小寺大介、熊谷卓三 内藤勘解由登場

名乗り:左文字→井坂→おりん→おもん

左文字二刀流

第332話 3月29日 そこつ長屋に春が来た 中野顕彰 吉川一義 秋谷陽子北原義郎山田吾一奥村公延柴田侊彦中井啓輔人見明小鹿番三角八郎森幹太ひろみどり新海丈夫野口道人高瀬春奈 左文字二刀流

秋谷:おつる

山田:八五郎

三角:與太郎

第333話 4月5日 おっかさんの唄が聞こえる 山浦弘靖 井上昭 森川正太京唄子五味龍太郎江見俊太郎矢野間啓二金井進二水村秦二稲川善一、新井一夫、渡辺真六小林健一[要曖昧さ回避]花原照子高瀬春奈、古今亭志ん駒 左文字二刀流
第334話 4月19日 女三味線わかれ唄 山崎巌 宮越澄 美空ひばり(特別出演)、深江章喜長谷川哲夫東郷晴子榊ひろみ伊藤めぐみ葉山良二榊ひろみ、小林健一、永井玄哉高瀬春奈 内藤勘解由出演

名乗り:左文字→井坂→おりん→おもん

第335話 4月26日 笑いを売る男の涙 胡桃哲 原田隆司 なべおさみ木村元山田隆夫中山昭二三好美智子原田清人高崎晃子滝川潤桜川梅八中島元鈴木政晴、小坂生男、戸塚孝、糸長真知細谷泉、柿木恵至、高瀬春奈 名乗り:左文字→井坂→おりん→おもん

左文字二刀流

第336話 5月3日 消えた一万両の花嫁 中野顕彰 岡康季 吉田さより(風祭ゆき)田崎潤立原博川辺久造、山本昌平、立石美由起うえだ峻松風はる美、田村貫、吉中六、若原初子、古今亭志ん駒 井坂初めて千枚漬けを食す

着物を取り換えたための間違い誘拐プロット

川辺久造は船内でビリヤード

心得の条は黒子が松明をもって入り乱れ、その松明をもって罪状表明

名乗り:左文字→井坂→おりん→おもん

左文字二刀流

うえだ峻はプロローグ、エピローグのみ出演

第337話 5月10日 女隠密怒りの逆襲 胡桃哲 江崎実生 松田洋治(子役)、田口計、大門正明、灰地順江幡高志小木洋子今西正男南佑輔辻善仁小山源喜酒井郷博、大貫幸雄、村上幹夫、大島光幸、町田幸夫武田倫一 玉竜は2か月前から信州上田一色藩の内偵に行っていた設定

内藤勘解由立ち回り参加

第338話 5月17日 決死の御金蔵破り 山崎巌 高橋勝 香山武彦光丘真理織本順吉島田順司伊豆肇小林勝彦早川研吉三重街恒二菅野直行里木佐甫良大矢兼臣渡辺真六市川みゆき、柿木恵至、森下明、岡田達 内藤勘解由出演

左文字額に白い飾り紐着用

小林勝彦、織本順吉は悪側ではない

第339話 5月24日 海女が明かす大爆破の謎 胡桃哲 宮越澄 永島暎子和崎俊哉伊吹徹永井秀和北上弥太郎高木二朗岡幸二郎原田力榛奈潤一、記平佳枝、村上理子、大島光幸、古今亭志ん駒 内藤勘解由出演

左文字額に水色の飾り紐着用

鳥羽九鬼水軍太鼓紹介

第340話 5月31日 祭りに咲いた夫婦花 中野顕彰 井上昭 赤座美代子菅貫太郎西岡徳美伊達三郎浜田晃剣持伴紀八名信夫小笠原弘福崎和宏保科三良小林文彦依田英助小池幸次若原初子龍のり子中嶋茂樹星岡秀臣 内藤勘解由立ち回り参加

赤座美代子は健気な妻

第341話 6月7日 夜空に賭けた女の慕情 加賀美しげ子 長谷部安春 渡辺やよい加藤大樹、清水めぐみ、野口貴史大木正司勝部演之関戸純稲川善一関悦子名川貞郎、小坂生男、石崎洋光、鈴木実、岡田勝有馬明良、大竹義夫 ラスボスは商人(元武士)

井坂道場破り

第342話 6月14日 故郷偲ぶ薄幸の女 胡桃哲
中野顕彰
江崎実生 三浦リカ近藤宏田島義文南道郎長谷川弘根岸一正岸野一彦草薙良一星野晃、石崎洋光、荻田晴美田頭絵津子細川久美川村京子、古今亭志ん駒、山田隆夫
第343話 6月21日 幻の恋に泣く女 山崎巌 鈴木敏郎 江木俊夫小林伊津子江角英江見俊太郎関山耕司佐藤了一、吉中六、越村公一、柿木恵至、深作伸二坂口寿子、大竹義夫、山下勝三浦由美小林ルリ子里見千草和田義夫草薙庄一郎
第344話 6月28日 悲恋 女隠密
怒りの叫び
芦沢俊郎 高橋勝 村嶋修山本ゆか里葉山良二中井啓輔沖田駿一武内文平寄山弘岡本達哉、門田俊一、和久井節緒側見民雄、大山豊、阿部渡、森下明、松井久子守田ちか子五島三津江、古今亭志ん駒 内藤勘解由出演
第345話 7月5日 戦慄
爆薬を抱く男
山浦弘靖 原田隆司 原田大二郎池波志乃荒谷公之細川俊夫杉江廣太郎松田洋治井上三千男、原田千枝子、戸塚孝、藤沢裕子坂田寿子、甲斐武、星野晃、大竹義夫、井添淑子星野ひとみ山田隆夫
第346話 7月12日 おんな牢
地獄からの脱出
中野顕彰 松尾昭典 内藤武敏奈三恭子岡村清太郎丸平峯子ひろみどり広京子奥村公延中山昭二森章二福岡正剛西田良かわいのどか岡幸次郎樋口和子三原玲奈麻田悦子 万引きした簪を天上に刺す作戦(玉竜)

ED新バージョン

第347話 7月19日 廃墟の街で待つ女 山崎巌 宮越澄 新藤恵美、田中浩、中村竜三郎きくち英一津野哲郎八木隆西山健司、森下明、小坂生男、有馬明良北斗太郎、大貫幸雄、新井一夫、大竹義夫、坂田寿子小林ルリ子 内藤勘解由立ち回り参加
第348話 7月26日 女の涙か
夏の嵐
中野顕彰 松尾昭典 睦五郎原口剛横森久、黒部進、沢井桃子吉原正皓日野道夫新山真弓松浪志保滝川潤菅野直行斉藤真木樽研三武内文平広田正光藤田康之星野晃郷内栄喜、古今亭志ん駒、山田隆夫 左文字は4年半前の夏過ぎに隠密同心に加入

ラスボスは学者

第349話 8月2日 美女誘拐
蛍火の罠
下飯坂菊馬 高橋勝 木村理恵小林昭二菅貫太郎河村弘二川辺太一朗中田博久原良子、天草四郎、稲吉靖司早川研吉花原照子新井英騎水橋和夫猪野剛太郎橘家圓平大場美奈子、古今亭志ん駒、山田隆夫
第350話 8月9日 無情
巾着切りの涙
胡桃哲 吉川一義 長谷川諭長谷川真弓稲葉義男福崎和宏、八名信夫、金子吉延、山岡徹也、吉岡豊明日恵野晃高杉哲平依田英助、記平佳枝、小寺大介辻善仁阿部健多、荻原紀、石川敏、戸塚孝、鹿島研
第351話 8月16日 女風呂
幽霊事件
中西隆三 杉村六郎 弓恵子垂水悟郎秋谷陽子堀永子奥村公延武内亨青山恭子佐々木梨里岩城力也市地洋子村上麻代、星野ひとみ、石井かおり本郷和歌子細川久美子桜井由子、山田隆夫
第352話 8月23日 娘魚屋
五万石の涙
胡桃哲 岡康季 浅野真弓住吉道博高城淳一佐原健二松木路子、森章二、入江正徳成田次穂、吉中六、鈴木政晴横谷雄二綾瀬さくら長谷川佳子和田義一下條正巳 井坂の寺子屋地下に実験室
第353話 8月30日 おんな蟻地獄 山崎巌 外山徹 三ツ木清隆、渡辺やよい、北条清嗣高木二朗伊吹徹畑中猛重荻原賢三市川みゆき、小坂生男、甲斐武、藤田康之青木義朗、古今亭志ん駒
第354話 9月6日 十手に賭けた
同心魂
芦沢俊郎 宮越澄 高橋元太郎今福将雄深江章喜瞳順子南道郎梅津栄福本清三木島一郎寄山弘宝井宏治井上三千男橘田良江田辺洋、森下明、大島光幸、小坂生男、森岡隆見、福留幸夫 心得の条は高橋が大目付に訴状を届ける間の隠密同心達と忍びの攻防をバックにナレーション
第355話 9月13日 夫婦飛脚の
子守唄
大工原正泰 長谷和夫 水島彩子遠藤征慈長谷川弘三角八郎森幹太伊沢一郎阿波地大輔佐藤晟也弘松三郎、戸塚孝、小坂生男、村上正次加藤斉孝、森岡隆見、古川隆永野明彦高橋正昭、山田隆夫
第356話 9月20日 女忍者
傷だらけの復讐
中野顕彰 江崎実生 奈美悦子森山周一郎宮口二朗椎谷建治灰地順伊達三郎武藤章生、田村貫、中島元浅見小四郎、森下明、大島光幸、高橋正昭若山雅弘、荻原紀、柿木恵至、大竹義夫 奈美が心得の条と立ち回り参加
第357話 9月27日 人情
男涙の恩返し
胡桃哲 宮越澄 柴田侊彦服部妙子汐路章江角英北原義郎横山あきお保科三良滝川潤滝義郎花原照子岡幸次郎、戸塚孝、北斗太郎、風見章子
第358話 10月4日 浮世絵が明かす
大爆破の謎
山崎巌 高橋勝 石川さゆり河原崎建三根上淳堀田真三里木佐甫良依田英助門谷美佐音羽千佳子大山清志新井和夫[要曖昧さ回避]渡辺真六草薙庄二郎黒沢明美秋山百絵蔵下恵美安田良智天神睦連 内藤勘解由出演
第359話 10月11日 炎から生まれた女 大工原正泰 岡康季 相原友子西沢利明広瀬昌助波戸崎徹日野道夫稲川善一一柳みる朝比奈えり子西ようこ黒沢明美小林美樹坂田寿子小林ルリ子三浦由美子、大島光幸、大竹義夫、根本秦明、古今亭志ん駒、山田隆夫
第360話 10月18日 美女誘拐
秘められた過去
中野顕彰 松尾昭典 浜村純栗田洋子佐竹明夫北上弥太郎横森久鈴木俊介北條清嗣中平哲仟うえずみのる尾曳伊都子若尾初子日高久美子藤田康之、鈴木実、甲斐武、根本秦明 佐竹=悪、北上=善

立ち回り中に心得の条ナレ

第361話 10月25日 翔べ・走れ
隠密犬
胡桃哲 江崎実生 井原千寿子木村元梅津栄幸田宗丸小笠原弘、原田千枝子、斉木信博、小坂生男、星野晃、伊藤功、小林るり子草薙庄一郎里見千草渋谷さだ子あおい龍号 内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由だ!」
第362話 11月1日 女賊が捨てた
殺しの分け前
山崎巌 高橋勝 三浦真弓井上博一仙道敦子近藤宏五味龍太郎浜田晃関戸純高杉哲平大木史朗鹿島研大貫幸夫有馬明良鈴木弘美田島加奈子長谷川哲夫
第363話 11月8日 二人の夫をもつ
花嫁
江崎実生 浅野真弓内田勝正南条弘二小林勝彦森幹太早川研吉南祐輔和沢昌冶三上左京増岡弘秋山敏龍のり子永塚りえ子水無坂冬子、柿木恵至、永野明彦、大竹義夫
第364話 11月15日 木枯らしに
耐えて待つ女
加賀美しげ子 宮越澄 森次晃嗣沢井桃子勝部演之中村竜三郎大木正司伊吹徹加瀬悦孝加瀬悦孝北村大造、柿木恵至、永野明彦、郷内栄喜岡田勝、根本秦明、有馬明良 御用金を奪い返すシーンで心得の条
第365話 11月22日 汚れた顔の
天使達
大工原正泰 斎藤光正 森川正太竹井みどり冨田浩太郎剣持伴紀西田良手塚茂夫若林哲行徳弘夏生田口弘河合絃司花原照子西川敬三郎倉沢暎子中山一也井上孝雄 凝った演出の心得の条

立ち回り衣装で心得の条

名乗り:左文字→井坂→おりん→お竜

第366話 11月29日 恐怖の美女誘拐魔
赤い罠
武末勝 岡康季 橋本功石橋蓮司斉藤浩子三角八郎藤江リカ、森章二、清水健祐勝野賢三、大和撫子、久遠利三宇乃壬麻浜田ちづる市川みゆき大綱めぐみ矢沢裕紀、小林るり子 舞台は内藤新宿

左文字二刀流

橋本と心得の条(行進ではない)

第367話 12月6日 天下を狙う
闇将軍
胡桃哲 高橋勝 山本伸吾江幡高志溝口舜亮東龍明宮川洋一中村孝雄保科三良、北九州男、団巌三重街恒二荻原賢三成田次穂大山清志内藤武敏 ラスボスは商人(闇のお頭)
第368話 12月13日 悪夢に怯える女 山崎巌 長谷和夫 奈月ひろ子小林昭二西岡徳馬外山高士、小林健一、稲吉靖司田中筆子松浪志保松川勉入江正徳関口和之永塚りえこ中瀬博文、柿木恵至、大島光幸、三浦由美子 立ち回り中、心得の条

小林昭二は善

第369話 12月20日 非情の
少女囮作戦
芦沢俊郎
鹿水晶子
吉田次昭高野真二、山岡徹也、伊達三郎、長谷川弘、天草四郎、吉田豊明片岡みえ宗近晴見山口博義北川欽三高杉哲平麻ミナ、小坂生男、新井一夫、鈴木実、村上久勝 内藤勘解由出演
第370話 12月27日 明日を夢見る
浮草の女
大工原正泰 宮越澄 岡崎二朗大石はるみ柳谷寛五味龍太郎椎谷建治弘松三郎山口仁奈子八木隆丘ゆり子大森不二香別府立木、吉中六、田辺洋、鈴木正人、田中みつこ坂田寿子、甲斐武、星野晃、古今亭志ん駒、山田隆夫

1981年

話数 通算話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
第371話 1月10日 花吹雪
炎に舞う一番纏
山崎巌 鈴木清順 荒木由美子、浜田晃、伊沢一郎北原義郎、京春上、上野山功一下塚誠、日恵野晃、久里みのる新山真弓依田英助、柿木恵至、古今亭志ん太、亀石征一郎、古今亭志ん駒、山田隆夫 内藤勘解由出演

獅子舞の中は清次郎(通算第475話)

第372話 1月17日 運命に泣く
幸薄き女
胡桃哲 斎藤光正 吉沢京子砂塚英夫横森久、小林勝彦、奥村公延、湊俊一、早川研吉、外野村晋、里木佐甫良、高山千草、中島元、戸塚孝、藤巻潤 凝った演出の心得の条

藤巻も立ち回り参加

第373話 1月24日 美人絵に秘めた
女地獄の謎
松岡志奈 高橋勝 森次晃嗣早川保原良子、須藤健、成瀬正、団巌、岩城和男、花原照子、戸塚孝、金子勝美、土屋安弘、甲斐武、藤田康之、森下明、伊藤栄子 森次も心得の条参加
第374話 1月31日 仇討ち無情
親子の絶唱
大工原正泰 岡康季 入川保則橋爪功、田口計、鈴木政晴、吉中六、沖田駿一、清水健祐、粟津號、青木卓、小坂生男、大島光幸、柿木恵至、新敷淨、太田弘昭、鳴海康史、信高正義、小原智成、古今亭志ん駒、山田隆夫 おりんが銃弾2発くらう

立ち回り中、心得の条

第375話 2月7日 死神に出会った
色事師
胡桃哲 江崎実生 原田大二郎(二役)、永島暎子汐路章、高城淳一、福崎和宏、木島一郎、晴海勇三、秋山敏新谷由美子、新井一夫、郷内栄喜、柿木恵至、甲斐武、大竹義夫 井坂のガン捌きは一級品

内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由だ!」

第376話 2月14日 謎を呼ぶ
傀儡人形
山崎巌 三浦リカ、大門正明、堺左千夫伊達三郎木村元川部修詩槙ひろ子、今成友見、永塚りえこ、荻原紀、高橋正昭、里見千草、三浦由美子、阪田寿子、藤田康之 内藤勘解由出演
第377話 2月21日 連判状が招く
姿なき殺人者
胡桃哲 原田隆司 殿山泰司川合伸旺中山昭二秋谷陽子金子吉延稲葉義男西田良、長島隆一、滝義郎、浅見小四郎、檀喧太、小林ルリ子、中島健詞、大島光幸、大貫幸夫、星野晃 立ち回り中、心得の条
第378話 2月28日 嘘と誠の
夫婦雛
大工原正泰 岡康季 火野正平長谷直美石田信之剣持伴紀桜京美、倉島襄、佐竹一男、大村一郎、黒須薫村上久勝荻原紀三浦由美子、五島やよい、谷博嗣、草薙貴幸、古今亭志ん駒、山田隆夫
第379話 3月7日 遊女が見た
幸せの夢
加賀美しげ子 斎藤光正 園佳也子菅野忠彦江見俊太郎南道郎江角英灰地順関根世津子金子幸枝、星野浩司、小山源喜高杉哲平小寺大介泉よし子星野晃藤田康之渋谷さだ子川島光代 凝った演出の心得の条
第380話 3月14日 大虐殺
砂金の陰謀
山崎巌 保積ぺぺ奈良富士子川辺久造高野眞二杉江廣太郎滝川潤、戸塚孝、増岡弘、稲川善一、井上三千男、鹿島信哉、白井千博、柿木恵至、大島光幸、阪田寿子、青木菜々、甲斐武、永野明彦、深作覚、根本秦明、古今亭志ん駒 凝った演出の心得の条
第381話 3月21日 花嫁絶唱
お父っつあんの唄
胡桃哲 長谷部安春 森昌子松本朝夫川崎あかね富田浩太郎大木正司阿波地大輔南城竜也、たうみあきこ、賀川修嗣、中島元出光元荻原賢三花沢徳衛
第382話 3月28日 大奥の怪
美女殺人事件
大工原正泰 林ゆたか森山周一郎清水まゆみ清川新吾丸山秀美、久遠利三、青山恭子、晴乃ピーチク、清水国雄、西山健司、速水隆、藍なおみ、森岡隆見、郷内栄喜、深作覚、吉江芳成、古今亭志ん駒、山田隆夫
第383話 4月4日 罠に落ちた
女ねずみ
中野顕彰 原田隆司 山口奈美、佐竹明夫、田中浩、堀田真三唐沢民賢新谷由美子保科三良愛夏樹、安藤彩華、有馬明良、森下明、柿木恵至、蟹沢良恵、和田正義、草薙庄二郎、阪田寿子、里見千草、古今亭志ん駒 内藤勘解由立ち回り参加
第384話 4月11日 地獄からもどった
用心棒
山崎巌 宮越澄 長谷川明男岩井友見左右田一平高木二朗矢口純、森章二、武内文平、きくち英一、新井一夫、大竹義夫、星野晃、秋山敏、門脇三郎、村上久勝、大貫幸夫 左文字大刀で二刀流(長谷川の形見と自分のもの)
第385話 4月18日 おんな湯
殺人事件
大工原正泰 市川好郎、水森コウ太、山岡徹也、呉恵美子、庄司永建、三角八朗、五味龍太郎、関戸純、佐々木梨里、京春上、吉田義夫、沖田駿一鈴木和夫、西ようこ、北村大造、荻原紀、森岡隆見、藤田康之、古今亭志ん駒
第386話 4月25日 涙の
仇討ち赦免状
中野顕彰 手銭弘喜 中村玉緒、潮哲也、秋谷陽子浜田寅彦石橋雅史幸田宗丸、弘松三郎、林弘道、打出親五、有馬明良、一ノ瀬浩通、御木本伸介 井坂道場破り作戦
第387話 5月2日 銃口に
立ち向かう男
胡桃哲
中野顕彰
五代高之谷川みゆき鹿内孝深江章喜森幹太、天草四郎、堀広道、梶正昭、松本誠一、荻原徹也、稲川善一、永井玄哉、林寛一、村尾幸三、高杉哲平、大山豊、中島元、五十嵐五十鈴、高橋絵梨子
第388話 5月9日 おんな隠密
矢車お菊
松尾昭典 中島ゆたか河原崎長一郎伊沢一郎近藤宏伊達三郎杉江廣太郎、加瀬悦孝、増岡弘、高橋義治、藤田康之、和田正義、白石則子 内藤勘解由立ち回り参加

菊弥は清次郎と顔なじみ

お菊、心得の条ナレ復唱

名乗り:清次郎→井坂→おりん→お菊

第389話 5月16日 荒波を斬る
隠密同心
山崎巌 江崎実生 中島ゆたか、長谷直美川合伸旺今井健二、入江正徳、村上幹夫、大森不二香、記平佳枝、汐路章江幡高志、鶴見丈二、横内正 佐渡編

放送回数500回記念地方ロケ

内藤勘解由登場

立ち回り中に心得の条

立ち回りに横内参加

立ち回り中に佐渡おけさ連インサート(通算第493話)

第390話 5月23日 海鳴りの里に
泣く遊女
大工原正泰 中島ゆたか、三浦リカ勝部演之石田信之梅津栄、八名信夫、丹古母鬼馬二一ノ瀬康子、大森不二香、新山真弓、木島一郎、三上左京、勝野賢三 越後編
第391話 5月30日 闇を裂く十手 山崎巌 長谷部安春 あおい輝彦岡江久美子久富惟晴、武藤英司、伊吹徹浅見小四郎中島元、大山豊、小柴みゆき、岩瀬裕美、山形勲
第392話 6月6日 鈴の音が
殺しを呼ぶ
山崎巌
胡桃哲
松尾昭典 夏純子荒木しげる、草薙幸二郎、北原義郎山本清中田博久、玉村駿太郎、今西正男、若原初子、小坂生男、甲斐武、郷内栄喜、鈴木実 内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由だ!」
第393話 6月13日 江戸を走る
裸の女
胡桃哲 岡康季 高橋洋子、伊藤敏孝、清水康晴、天草四郎、森章二、倉島襄、矢野間啓二、小坂生男、橘雪子、井上れい子、郷内栄喜、深作覚、星野晃、阪口寿子
第394話 6月20日 姫君七変化道中 中野顕彰
胡桃哲
原田隆司 風美圭、下塚誠、木村弓美、吉田豊明、保科三良、村上理子、井上三千男、丸岡奨詞、沢木美伊子、船場牡丹、泉よし子、志村幸江、桜川梅八、二家本辰巳、藤田康之、森岡隆見、山田隆夫 立ち回り中に心得の条ナレ
第395話 6月27日 隠密対殺し屋
地獄の決斗
胡桃哲 江崎実生 堺左千夫、関根世津子、長谷川弘、内田勝正草薙良一藤江リカ粟津號、角友司郎、中瀬博文、稲川善一、池永力、矢野光洋、岡野明、古今亭志ん駒 堺=長谷川
第396話 7月4日 涙で嫁ぐ
盗賊の娘
松尾まもる 常田富士男堀田真三、田島義文、一ノ瀬康子、松浪志保、三角八郎、福山象三、中島元、槙ひろ子渡辺義之、星野晃、高橋正昭、中村太郎、染谷仁奈、古今亭志ん駒
第397話 7月11日 かまいたちの
毒牙
中野顕彰 松尾昭典 井原千寿子北條清嗣露原千草、日野道夫、武内文平、鶴賀二郎、成田次穂、川崎たか子、原田千枝子、狩野舞子、戸塚孝、藤田康之、阪田寿子、保谷政子 立ち回り中に心得の条ナレ

ラスボスは凶賊かまいたち一味

第398話 7月18日 幻を慕う女 山崎巌 斎藤光正 高田美和亀石征一郎西沢利明、山本昌平、江角英袋正滝川潤、高野晃大、明石憬子、門脇三郎、阪東豊之助、酒井斉昭
第399話 7月25日 父娘が泣く
非情の武士道
松尾まもる 大林丈史、田武謙三、外山高士、武藤英司、黒須薫三夏伸和沢昌治、岩城和男、森下明、阪田寿子、草薙庄一郎、和田正義、山口義人、菊地正、渋谷さだ子、川口真理、木村京子、藤田道子 大林、立ち回り参加
第400話 8月1日 盗賊紅蜘蛛の女 芦沢俊郎 岡康季 堀越陽子草野大悟、高城淳一、吉田豊明、矢野間啓二、大村千吉、佐々木みどり、大島光幸、新田一夫、鈴木実、有馬明良、大貫幸雄、石崎洋光 内藤勘解由登場

立ち回り中に心得の条ナレ

ラスボス制裁直前に名乗り

第401話 8月8日 刺青湯女
殺人事件
山崎巌 中島ゆたか、浅野真弓宮崎達也、五味龍太郎、南州太郎村松克己綾川香、田村貫、若原初子、岩瀬裕美、古今亭志ん駒 金太、クレジットなし
第402話 8月15日 荒野に
散った夫婦花
小川英
胡桃哲
猪崎宣昭 中島ゆたか、小原秀明、大川義幸、立枝歩、中田博久、小沢象、井上博一、岩城力也、大川義幸、入江正徳、小寺大介、宮寺康夫、西屋東、坂元美智子、小坂生男、打出親伍、藤田康之、八木和子
第403話 8月22日 傷だらけの
人質救出作戦
山崎巌 長谷部安春 石濱朗遠藤征慈、八名信夫、藤江リカ、倉島襄、高木二朗小野川公三郎加藤大樹、下村節子、里木佐甫良、升元秦造、姫るり子、染谷仁奈、高橋正昭、村上久勝
第404話 8月29日 駒下駄と
鬼娘の涙
胡桃哲 藤村俊二伊藤由美、原口剛、三木敏彦太刀川寛橋本宣三晴海勇三、中庸助、永井玄哉大串知子加藤茂雄、森岡隆見、二家本辰巳、新井一夫、鈴木実 中村竹弥(内藤勘解由)がこの回をもって事実上の降板。内藤勘解由立ち回り参加「隠密支配内藤勘解由だ!」
第405話 9月5日 神隠しに
泣く新妻
大工原正泰 宮越澄 森川正太、清水石あけみ上田忠好稲吉靖司、沖田駿一、吉原正皓、きくち英一、小坂生男、新井一夫、吉岡睦子宝井宏治、大島光幸、村上久勝、石崎洋光
第406話 9月12日 女飛脚は
殺しの標的
山崎巌 江崎実生 なつきれい大場順藤木敬士、堺左千夫、木田三千雄井上三千男久遠利三阿部渡広森信吾近松敏夫、村上久勝、荻原紀、古川隆、大島光幸、砂田篤志清水進一、那須のり子、奥寺麻衣子 心得の条からスタート

罪状暴露が本編

立ち回り中に再び心得の条ナレ

第407話 9月19日 訴状を
託された娘
松尾まもる 荒木由美子、小栗一也、三夏伸大森不二香木島一郎菅野直行、藤田康之、有馬明良渡辺真六、柿木恵至、森下明、大貫幸雄、鹿島研
第408話 9月26日 稲妻お竜の
旅立ち
山崎巌
胡桃哲
斎藤光正 平田昭彦市川智也田武謙三、内田勝正、二見忠男、高橋義治、吉中六、岩瀬裕美、木村京子阿部光子酒井原豊広、森岡隆見、星野晃、林弘造、森下明、鈴木実、郷内栄喜、城野克巳 この回をもって、土田早苗(隠密同心:稲妻竜)降板、中村竹弥(内藤勘解由)降板(通算第512話)
第409話 10月3日 新隠密登場
謎の慶長大判
山崎巌 吉川一義 江見俊太郎、出光元絵沢萌子夏海千佳子、岩城力也、浅見小四郎、晴乃ピーチク、嶋英二森岡優子三輪猛雄竹田光裕小寺大介、鹿島信哉、岡田和子、荻原紀、照井克也三浦裕子小堺寛子 この回より、
*商号変更に伴い、製作が「テレビ東京」になる
*岡江久美子(隠密同心:吹雪)、
南条弘二(隠密同心:九條新太郎)、
大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)、
小堺寛子(みつ)加入
*それらに伴いオープニング、クロージングの変更、クロージングに役名が入る
*主題歌が「落日」となる

メンバー同志はすでに隠密同心として働いている(給与制)。

新太郎と吹雪は藤堂と初顔合わせ。

井坂は立ち回りまで居残り

藤堂立ち回り参加「幕府大番頭藤堂対馬又の役目は隠密支配じゃ」(通算第513話)

第410話 10月10日 女隠密春香の恋 中野顕彰 左とん平、原口剛、矢野間啓二、関戸純角友司郎、久保田薫、有馬明良小坂明央、大島光幸、大竹義夫、宅間恵津子、三谷昇、小堺寛子 瑳川哲朗(隠密同心:井坂十蔵)休演

藤堂立ち回り参加「幕府大番頭藤堂対馬又の役目は隠密支配」

立ち回り中に心得の条ナレ

第411話 10月17日 新太郎出産騒動
右ひだり
大工原正泰 岡康季 相原友子南原宏治、睦五郎、水島涼太大竹修造、岩城力也、新井一夫、入江正徳渡辺真六、甲斐武、渋谷さだ子嶋崎由紀子、大貫幸雄、和田正義、草薙庄一郎、小堺寛子 瑳川哲朗(隠密同心:井坂十蔵)、
大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

立ち回り中に心得の条ナレ

第412話 10月24日 意地悪婆さん
危機一髪!
中野顕彰 斎藤光正 桜むつ子保積ぺぺ瞳順子、田島義文、江幡高志、武藤章生原康義根岸一正だるま二郎竹内靖、門脇三郎、若原初子夏木順平、石崎洋光、藤田康之、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

罪状述べ:左文字→九条→吹雪→井坂→おりん

名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

ラスボスは住職

第413話 10月31日 白い肌に咲く
牡丹の刺青
大工原正泰 浅野真弓天野新士、中田博久、堀田真三桜京美倉島襄水森コウ太松風はる美福岡正剛、大山豊、大矢兼臣、中島元、千葉茂川崎絵美里、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ2回繰り返し

第414話 11月7日 涙の
仇討ち慕情
山崎巌 江崎実生 新井康弘秋谷陽子堺左千夫、長谷川弘、吉中六、麻ミナ江藤潤、荻原紀、藤沢昭宏藤沢俊宏桜井叶北斗太郎、大貫幸雄、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演
第415話 11月14日 つつもたせの娘 土橋成男 三浦リカ、今福将雄、汐路章、伊達三郎、弘松三郎、相原巨典、中平哲仟、森岡隆見、郷内栄喜、藤田康之、渋谷さだ子、三浦裕子、保谷政子、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→九条→吹雪→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第416話 11月21日 父子に迫る
黒い牙
山崎巌 宮越澄 平凡太郎、五味龍太郎、武内亨、八木隆、小林健一、岩城力也、戸塚孝、吉岡睦子志村幸江高杉哲平阿部渡、森下明、柿木恵至、大島光幸、北斗太郎、和田正義、小堺寛子 藤堂立ち回り参加「そして隠密支配藤堂対馬」

立ち回り中に心得の条ナレ

第417話 11月28日 にせ小判
一万両
中野顕彰 松本留美山岡徹也冷泉公裕斉藤優一辻シゲル武内文平花原照子ふじのゆき大村千吉長島隆一小坂明央、門脇三郎、都築宏一郎、稲川善一、鹿島研、石崎洋光、照井克也、古田郷美、小堺寛子 ラスボスは商人

名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条→おりん→藤堂

立ち回り中に心得の条ナレ

第418話 12月5日 錠前師の哀歌 胡桃哲 松尾昭典 財津一郎、絵沢萌子、杉江廣太郎斉藤真久遠利三今西正男大場利明大熊敏志内田順子[要曖昧さ回避]石井琴子、高橋義治、松浪志保、岩城和男、林弘造待田京介、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第419話 12月12日 危機一髪
貝になった娘
山崎巌 常田富士男、内田勝正、大木正司永井英里林健樹若原初子加賀美博美依田英助夏木順平橘田まゆみ浅井珠代御木本伸介、小堺寛子 かたせ梨乃(隠密同心:流れ星りん)、
大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演
第420話 12月19日 お命買います
替え玉屋
中村勝行 岡康季 有吉ひとみ早川絵美吉田次昭、田口計、原口剛、稲吉靖司波戸崎徹、関戸純、寄山弘清水健祐加藤茂雄小原初美大矢兼臣星景太渋谷さだ子里見千草、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→九条→おりん→吹雪

立ち回り中に心得の条ナレ

第421話 12月26日 紅花は女の涙 土橋成男 高沢順子、平泉征、秋谷陽子、幸田宗丸、鈴木和夫、大島光幸、新井一夫、溝口順子、村上久勝、戸塚孝、川合伸旺、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→九条→吹雪→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

1982年

話数 通算話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
第422話   1月9日 邪剣
つばめ返し
山崎巌 斎藤光正 桜町弘子、菅貫太郎、永井秀和早川雄三小野武彦、岩城力也、瀧義郎、草間璋夫、阪田寿子、三浦裕子、鈴木実、伊勢将人、岡部明、矢野光洋、滝本雅幸、原隆彦、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

菅貫はラスト前に左文字と一騎打ち

名乗り:左文字→井坂→吹雪→おりん→九条

立ち回り中に心得の条ナレ(通算第526話)

第423話   1月16日 大奥に棲む
女夜叉
中野顕彰 永野靖忠 山本みどり二本柳俊衣、外山高士、下塚誠、松本朝夫保科三良山崎猛、早川研吉、戸塚孝、藤田康之、二家本辰巳、郷内栄喜、和田正義、草薙庄一郎、渋谷さだ子、保谷政子、小堺寛子 名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条→おりん

藤堂立ち回り参加するも名乗らず

立ち回り中に心得の条ナレ

第424話   1月23日 易者は
殺しの暗号
土橋成男 江崎実生 久富惟晴堺左千夫麻生えりか上野山功一三夏伸、森幹太、三上剛、成田次穂、吉中六、河原裕昌、武田博志、槇ひろ子、古田郷美、森岡隆見、増位山太志郎、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→九条→吹雪→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第425話   1月30日 掟に泣く
隠密同心
山崎巌 木村弓美、勝部演之、堀田真三、三角八郎、堀礼文、吉岡ひとみ、永井玄哉、里木佐甫良、篠田薫、藤田洋右、穴原正義、近江信行、山中康司、宮廻華絵、桜井叫、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→吹雪→おりん→九条

立ち回り中に心得の条ナレ

堀田は立ち回り前に井坂により成敗

三角は本筋に絡まず紋の情報を提供するのみの奥祐筆

第426話   2月6日 秘伝七ヶ條を追う
女武芸者
土橋成男 宮越澄 松原留美子、中山昭二、庄司永健、八名信夫、大石はるみ、滝川潤北村大造、檀喧太、花原照子、小坂明夫、田辺洋、鹿島研、門脇三郎、加藤嘉、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→九条→吹雪→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第427話   2月13日 母に託す
謎の印籠
山崎巌 楠トシエ保積ぺぺ森山周一郎、吉田豊明、庄司三郎、稲川善一、山河連滉、大島光幸、大竹義夫、石崎洋光、大貫幸雄、有馬明良、甲斐武、北斗太郎、村上久勝、古川隆、小堺寛子 藤堂対馬登場

名乗り:左文字→井坂→吹雪→おりん→九条→藤堂

立ち回り中に心得の条ナレ

第428話   2月20日 女心が
悪を斬る
中野顕彰
蘇武道夫
松尾昭典 佐藤仁哉、千野弘美、田中浩、高木二朗、森章二、細川俊夫、松浪志保、大島光幸、村上久勝、福岡正剛、柿木恵至、森下明、草薙庄一郎、小海とよ子、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→九条→吹雪→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第429話   2月27日 娘十手もち
爆破魔を追う
山崎巌 岡康季 荒木しげる、仁和令子、江見俊太郎、黒部進、加藤益弘、川部修詩、田村貫、武田博、森下明、戸塚孝、森岡隆見、草薙庄一郎、星野晃、渋谷さだ子、里見千草 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)、
小堺寛子(みつ)休演

名乗り:左文字→井坂→九条→吹雪→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第430話   3月6日 隠密大殺陣
母に別れを
胡桃哲 江崎実生 馬淵晴子柴田侊彦、南道郎、小瀬朗、木島一郎、松井良樹、吉中六、大山豊、西屋東、丸山詠二、林弘造、篠田薫、戸塚孝、荻原紀、浅利智恵、小堺寛子 名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条→おりん→藤堂「そして公儀大番頭藤堂対馬じゃ」

立ち回り中に心得の条ナレ

第431話   3月13日 おんな唐人拳
望郷の孤児
山崎巌 斎藤光正 早川絵美稲垣昭三小林勝彦藤江リカ、福山象三、倉島襄、風美百、藤枝亜弥、中島元、須賀沢真理子、戸塚孝、若原初子、加藤茂雄、志村幸江、大島光幸、小堺寛子 かたせ梨乃(隠密同心:流れ星りん)休演

名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条→藤堂

立ち回り中に心得の条ナレ

第432話   3月20日 幻の魔弓 激情に燃える女 胡桃哲 宮越澄 伊達三郎芦川よしみ、潮哲也、外山高士、門脇三郎、高橋義治、藤山浩二、林孝一、阪東豊之助、都家歌六、山中康司、星野晃、藤田康之、小梅とよ子、谷口明子 名乗り:左文字→井坂→おりん→九条

立ち回り中に心得の条ナレ

第433話   3月27日 父よ母よ、暴走娘愚連隊 土橋成男 長谷直美陶隆司、弘松三郎、藤岡重慶武藤章生北原義郎丸山秀美かわいのどか、下村節子、小坂明央、弘松三郎、森岡隆見、羽吹潤一、新谷英幸、古田郷美

岡江久美子(隠密同心:吹雪)休演

第434話   4月3日 妖艶女風呂殺し針 山崎巌 岡康季 長谷川明男、佐原健二、風間舞子、内田勝正、萩原紀、長井悟、長谷川真弓、郷内栄喜、島崎由紀子、深作覚、福留幸夫、森下明 立ち回り中に心得の条ナレ

ラスボス前に名乗り:左文字→吹雪→井坂→九条→おりん(吹雪以外「同じく」は言わない)

第435話   4月10日 女郎花流転
禁断の白い罠
中野顕彰 江崎実生 佐藤允、新谷由美子、長谷川弘、三夏伸一ノ瀬康子根岸一正、中島元、記平佳枝、沢柳迪子、松浪志保、石崎洋光、有馬明良、藤谷博之、待田京介、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

ラスボス前に名乗り:左文字→井坂→九条→吹雪→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第436話   4月17日 殺し屋軍団
逆転の切り札
胡桃哲 秋谷陽子堺左千夫、清水めぐみ、高木二朗堀田真三、堀礼文、三沢もとこ、戸塚孝、郷内栄喜、大貫幸雄、鈴木実、新井一夫、荻原紀、草薙庄一郎、里見千草、沼尻敬子、小堺寛子 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第437話   4月24日 飛脚屋殺し
白い肌の裏切り
山崎巌 猪崎宣昭 伊吹剛竹井みどり、伊藤敏孝、桜京美高野真二、呉恵美子、八木隆、伊吹徹、葉山紘子、若原初子、武田博、近松敏夫、藤田康之、大竹義夫、松本早苗、渋谷志加利、小堺寛子 かたせ梨乃(隠密同心:流れ星りん)、
大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条

立ち回り中に心得の条ナレ

第438話   5月1日 待ったなし!
二万両の王手
土橋成男 松島稔 工藤堅太郎浅野真弓、江見俊太郎、小瀬格、沖田駿一、小山友成、阿波地大輔、長島隆一、滝川潤、森岡隆見、芹沢博文、小堺寛子 瑳川哲朗(隠密同心:井坂十蔵)、
岡江久美子(隠密同心:吹雪)休演

名乗り:左文字→九条→おりん→藤堂(そして幕府大番頭藤堂対馬又の役目は隠密支配だ)

立ち回り中に心得の条ナレ

第439話   5月8日 お市乱れ花
三味線殺法
胡桃哲 長谷部安春 松山容子、田中浩、山本百合子村松克巳、灰地順、太刀川寛津山栄一、波戸崎徹、大山豊、和泉喜和子、柿木恵至、大島光幸、和田正義、渋谷さだ子、里見千草、三浦由美子 瑳川哲朗(隠密同心:井坂十蔵)、
小堺寛子(みつ)休演

名乗り:左文字→吹雪→九条→おりん→藤堂

立ち回り中に心得の条ナレ

第440話   5月15日 甘い誘惑
毒殺人名録
大工原正泰 梅宮辰夫井原千寿子小沢象保科三良友金敏雄相馬剛三中真千子杉欣也、森岡隆見、鹿島研、甲斐武、大貫幸雄、星野晃、村上久勝 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)、
小堺寛子(みつ)休演

名乗り:左文字→井坂→九条→吹雪→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第441話   5月22日 魔の刻参上!
夜の勝負師
中野顕彰
胡桃哲
松尾昭典 島田洋七島田洋八、木村弓美、近藤宏上野山功一日野道夫、北九州男、吉中六、酒井原豊広、門脇三郎、加藤茂雄、大島光幸、藤田康之、石崎洋光、福留幸夫、小堺寛子 名乗り:左文字→井坂→九条→吹雪→おりん→藤堂

立ち回り中に心得の条ナレ

第442話   5月29日 おんな狩り 謎の人斬り狼 山崎巌 和崎俊哉、風美圭(宝塚星組)、西田健杉江廣太郎、林孝一、沢木美伊子、仁科麗子、酒井原豊広、森岡隆見、村上久勝、古川隆、甲斐武、渋谷さだ子、三浦由美子 名乗り:左文字→井坂→九条→吹雪→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第443話   6月5日 大乱戦
獲物を狙う小悪魔
胡桃哲 江崎実生 坂上味和垂水悟郎、浜田晃、椎谷建治中村ブン、石垣恵三郎、藤山浩二、久遠利三、永井玄哉、大島光幸、依田英助、林弘造、篠田薫、大貫幸雄、長塚美登、小堺寛子 瑳川哲朗(隠密同心:井坂十蔵)、
大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

頭と十蔵旦那は休養の設定 名乗り:左文字→吹雪→九条→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

新ED

第444話   6月12日 花一輪
哀しく舞う白い肌
土橋成男 林未来、梅津栄、三角八朗、三夏伸、木島一郎、松浪志保、郷内栄喜、村上久勝、槙ひろ子、円浄順子、松本弓、永野明秀、甲斐武、石崎洋光、星野晃、羽吹潤一、小堺寛子 この回をもって、小堺寛子(みつ)降板、
大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演
第445話   6月19日 品川遊郭
おんな蟻地獄
中西隆三 吉川一義 加藤純平佐藤恵利早川雄三北原義郎潮健児、棟理佳、山本清、原田千枝子、貴井みどり、西屋東、大竹義夫、高杉哲平、酒井郷博、大島光幸、村上久勝、星野晃、藤田康之、深作覚、鹿島研 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条→おりん

立ち回り中に心得の条ナレ

第446話   6月26日 金貸し座頭
秘薬責めの罠
山崎巌 根岸季衣、八名信夫、外山高士吉田豊明江幡高志、大川義幸、兼松隆、晴海勇三、田辺洋、柿木恵至、奥寺麻衣子、本庄和子、福留幸夫、古川隆、高橋正昭、新谷英幸 大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演

名乗り:左文字→井坂→吹雪→おりん→九条

立ち回り中に心得の条ナレ

第447話   7月3日 白昼夢
過去を暴く脅迫状
長谷部安春 葉山葉子佐原健二辻萬長平野稔、都築宏一郎、利根はる恵、圓山淳也、重盛てる江、照井克也、志村幸江、河原英行、梅沢千代、富井朋二、藤田康之、甲斐武、鈴木実、村上久勝、石崎伴光 岡江久美子(隠密同心:吹雪)、
大山勝巳(大番頭:藤堂対馬)休演
第448話   7月10日 お白州無用!
孤独の暗殺者
胡桃哲 郷鍈治、三浦真弓、森山周一郎、吉原正皓滝川潤、佐藤了一、氷室浩二、八代康二、川野孝司、浪川拓也、荻原紀、五所勝彦、柿木恵至、森岡隆見、中瀬博文、森下明、郷内栄喜 かたせ梨乃(隠密同心:流れ星りん)休演

名乗り:左文字→井坂→吹雪→九条→藤堂

立ち回り中に心得の条ナレ

第449話   7月17日 尼僧が誘う
妖艶やわ肌蜘蛛
芦沢俊郎 伊藤秀裕 三崎奈美剣持伴紀、山本昌平、武藤英司江藤漢市川夏江、山岡八高、三上瓔子、森下明、柿本恵至、二家本辰巳