伊豆肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いず はじめ
伊豆 肇
伊豆 肇
「戦争と平和」のスチール、岸旗江(右)と(1947年)
本名 渡邊 肇(わたなべ はじめ)
生年月日 (1917-07-06) 1917年7月6日
没年月日 2005年
出生地 日本の旗 日本東京市(現在の東京都
ジャンル 俳優
主な作品
映画
青い山脈』/『野良犬』/『暴力の街』/『妻』/『青春デンデケデケデケ

伊豆 肇(いず はじめ、1917年7月6日[1] - 2005年[2])は、日本俳優。本名は渡邊 肇(わたなべ はじめ)。

東京市(現在の東京都)出身[1]劇団東俳に所属していた[1]

来歴・人物[編集]

北京大学卒業。1947年、第1期東宝ニューフェイスとして東宝に入社。同期には三船敏郎堺左千夫久我美子若山セツ子堀雄二らがいる。

同年の『戦争と平和』でデビュー後、1949年の『青い山脈』のガンちゃん役など二枚目スターとして活躍した。

五社協定が無実化した1970年代からはテレビの特撮作品で博士役を数多く演じている。温厚で紳士的な善役に持ち味を発揮する一方、悪徳企業の社長や重役、悪徳官僚といったホワイトカラー系の悪役という正反対のキャラクターも巧みに演じ分けるなど、幅広い演技力を持つ。

2005年(平成17年)死去。88歳没[3]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、32頁。ISBN 978-4990124229
  2. ^ ありがとう、伊豆肇さん 映画俳優:伊豆肇と池部良 2012年1月12日付
  3. ^ 映画俳優:伊豆肇 映画俳優:伊豆肇と池部良 2012年1月12日付

外部リンク[編集]