インヴィクタ序曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インヴィクタ序曲Invicta, Overture for Band)は、ジェイムズ・スウェアリンジェンが作曲した吹奏楽曲

概要[編集]

ボーリング・グリーン州立大学のバンドディレクター、マーク・ケリーに献呈された。 演奏時間は5分30秒(フルスコアの記載による)。1981年アメリカのC.L.バーンハウス(C. L. Barnhouse Company)から出版された。

編成[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 2, Picc. Crnt. 3 Cb. -
Ob. 2 Hr. 4 Timp.
Fg. 1 Tbn. 3 S.D., B.D., Cym. (crash/susp.), Tamb., Bells, Chimes
Cl. 3, Alto, Bass Bar.
Sax. Alt. 2 Ten. 1 Bar. 1 Tub.

楽曲構成[編集]

A-B-Aの三部形式打楽器のリズムに合わせて、テンポが良い。前半は、スネアのリズムにのって、テンポがはやく、中間は、テンポは遅く、ゆっくりとしたながれで演奏。後半は、前半と同じような形になっている。スウェアリンジェンらしい形となっている。

類似曲[編集]

時代劇大江戸捜査網のテーマ曲(1970年)との類似が指摘されている。作曲者の玉木宏樹は2010年に「これは完全にパクられましたね。短三度上の転調、そして変拍子、私は作曲家ですからパクリかどうかはすぐに判断出来ます。唯一の救いは、向こうはカッコ良くないと言うことですね。」とコメントし、1979年の大江戸捜査網映画化時にCBSソニーから発売されたサウンドトラックのLPレコードがアメリカに流れたのではないかと推測している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]