ファゴット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファゴット ファゴット
各言語での名称
bassoon
Fagott
basson
fagotto
巴松管, 低音管
分類

木管楽器 - ダブルリード属

音域
実音記譜
ファゴットの音域
演奏者

クラシック音楽#ファゴット奏者

ファゴットは、木管楽器の一つで、オーボエと同様に上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード(複簧)式の管楽器である[1][2]。低音〜中音部を担当し、実音で記譜される。低音域でも立ち上がりが速く、歯切れのよい持続音を出すことができる。英語に従い、バスーンまたはバズーンとも呼ばれる。

16世紀中頃には使われていたといわれ、当初は2キーだったが、18世紀には3〜4キーとなった。外観が似ているカータル(ドゥルシアンとも)という楽器が直接の祖先とする説が有力である[3]


構造[ソースを編集]

通常、楽器本体は大きく次の4つの部分に分けられる。

(a) ベルジョイント
(b) ロングジョイント(バスジョイントとも)
(c) テナージョイント(ウイングジョイントとも)
(d) ダブルジョイント(ブーツジョイントとも)

(e)の部分はボーカルと呼ばれる吹き口で、この先端にリードを取付ける。ベルジョイントの先端部は、大きく分けて「ジャーマンベル」と「フレンチベル」という2種類の形状が存在し、外見上の特徴となっている。冒頭写真のファゴットは「フレンチベル」である。「5ピースモデル」(別名 ジェントルマンシステム)という、コンパクトに収納できるモデルもある。組み立てたときの高さは135cm前後であるが、長い管を二つ折りにした構造の楽器なので、管の総延長はおよそ260cmに達する。

両手ですべての音孔を押さえられるように管を折り曲げてあり、その様が薪の束(伊:fagotto)のように見えるところからイタリアではファゴットと名付けられた。さらに音孔部の管壁を厚くして、孔を斜めに開けることにより、指が届きやすいよう工夫されている。現在の楽器では、伝統的な音色を失わない程度に合理的な位置に穴を開け、キー装置によって指の届かない音孔の開閉を行っており、このためキーの数が30前後とかなり多くなっている。

演奏時にはストラップを用い、楽器を斜めに構えて吹く。ストラップは肩から掛けるもの、首から掛けるもの、襷状のもの、尻で敷いて楽器の底部に引っ掛けるもの(シートストラップ)などがある。

音域[ソースを編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
リード

音域は中央ハの2オクターヴ下ののすぐ下の変ロから3オクターヴ強から4オクターヴ弱に及ぶが、最高音域はリードを噛むなどのやや特殊な奏法が要求される。多少鼻の詰まったような「ポー」という音が特徴であり、長い音程間での跳躍する動きや、おどけたような表現を得意としている。また、ダブルリード楽器の一般的特徴に漏れず、高音域になるにつれて音が小さくなり、低音域では大きくなる傾向を持つ。

マーラーなどの楽曲に於いて、最低音の半音下のイ音が要求される事があり、対処として1オクターヴ上のイ音を演奏する他に、延長管をベルに取り付けて音域を下に広げる事もある。また、イ音が演奏できる長いベルジョイントと交換できるものもある。近代に入り奏法や運指、リードや楽器自体の発展により演奏可能な音域が高音に広がっている。

種類[ソースを編集]

現在多く用いられているのはドイツ式の楽器であるが、フランス式の楽器もあり、日本ではバッソンまたはバソンと呼ぶことが多い。機構が単純であるため、音程が取りにくいなどの難点もあるが、音色がホルンに近く表現がより豊かであるとされる。バッソンは音量があまり大きくないことから、ベルリオーズのように1パートに2本重ねて4管として使われることが多い。

ファゴットよりさらに1オクターヴ低い音を出すコントラファゴット(ダブルバスーン)も、大規模な管弦楽編成において使用されることがある。

ファゴットの演奏には大きな手とある程度の身長が必要なので、小さな子供が練習出来ることを主な目的として、ファゴットの完全4度、5度、1オクターヴ上の音を出すファゴッティーノ(別名 クイントファゴット または テナルーン)も作られている。

ファゴットのための作品[ソースを編集]

協奏曲についてはファゴット協奏曲を参照。

ファゴットの印象的な作品[ソースを編集]

『オペラ座のオーケストラ』
エドガー・ドガ作 (1870年)

主なメーカー[ソースを編集]

日本
ドイツ
  • ライツィンガー
  • アドラー
  • ソノーラ - アドラー社と合併
  • シュライバー
  • ピュヒナー
  • ヘッケル
  • モースマン
  • モーレンハウエル
  • ヴァルター
  • ヴォルフ
  • メーニッヒ
アメリカ
  • フォックス
チェコ

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 安藤由典 『新版 楽器の音響学』 音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9
  2. ^ YAMAHA楽器解体全書PLUS
  3. ^ アンソニー・ベインズ(著) 奥田恵二(訳) 『木管楽器とその歴史』 音楽之友社、1965年

関連項目[ソースを編集]