シンバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シンバル: cymbal)は、体鳴楽器に分類される打楽器の一つ。 つば広帽子の形に比較的薄く伸ばした金属でできた楽器を指す。主に西洋音楽で使われる。同様のものはユーラシア大陸全土に広がっており、仏教に使われるものを鐃鉢(にょうはち)または鐃ばつといい、それと同じもので芝居に使うものを妙はつという。同形のさらに小型のものは、銅ばつ・銅拍子(どびょうし)・手平金と呼ばれる。また、同種の物に非常に小さいシンバルがあり、指に付けて打ち合わせたりして演奏するのでフィンガーシンバルと呼ばれる。クロタルもその一種である。現在[いつ?]の西洋音楽で常用されるものとしては、タンバリンの枠で見ることができる。また、アンティークシンバル(クロタル、クロテイルと呼ばれることもある)というシンバルの形をしている小型の楽器は、形は似ているものの音色や音の性質は全く異なる。

奏法や構造による区分[編集]

サスペンデッド・シンバル
クラッシュシンバル

同じ形のシンバルを2枚対向させて打ち合わせるなどして演奏する場合と、1枚のシンバルを吊すかホルダにゆるく固定して小太鼓木琴鉄琴のバチで叩く場合とがあり、前者をクラッシュ・シンバル(一般的には合わせシンバルやハンドシンバルと呼ぶ)、後者をサスペンデッド・シンバルと呼んで区別する。また、2枚のシンバルを水平にホルダに固定して、1枚を上下に動くようにしてペダル装置で操作するものがあり、ハイハットと呼んで主にドラムセットの中で使用する。なお、サスペンデッド・シンバルに金属製の鋲(リベット)を数本打ち込んだものもあり、シズルシンバルと呼ばれる。また、サスペンデッド・シンバルの中でもチャイナシンバルやスプラッシュシンバルのように独特の音響を持つシンバルはエフェクト・シンバルと呼ばれている。

クラッシュは、⊃⊂と描きながら片方を上から下へ、もう片方を動かし、こすらせるようにして打ち合わせるのが基本である。非常に小さな音から一打ちでオーケストラ全体をも制するほどの大きな音まで出すことができる表現力がある。

サスペンデッドにはトレモロ(細かく反復して打つ方法)をしながらだんだん大きくしていく奏法があり、爆発的な威力を持つ。

なお、クラッシュでのトレモロは、楽器のひとつの縁と、逆の縁を交互に打ち合わせる奏法による。また、楽器をトライアングルのばちでこする、その他、さまざまな特殊奏法が開発されている。

ドラムセットにおけるシンバルの種類[編集]

ドラムセットにおけるシンバルの役割は重要で、以下に用途別の名称を記載する。

  • 名の由来:音を元に命名することが多い。
  • サイズ:6 - 24インチサイズが市販されているサイズ。
  • 音質:シンバルは材料と口径・厚みの3要素が音質を作る基礎となる。それらに加え、ハンマリング・シェイピング・フィニッシュが細部を決定付ける。口径が小さいほど音量は小さくなり、音程は高くなる。厚みが増すほど音程は高くなり余韻がなくなる。
  • 演奏:スティックを使用する他、マレットと呼ばれるフェルト状の布で先端がくるまれたバチを使用する。マレットの場合、スティックとは異なりアタック音が出ないため、純粋なシンバルの響きを引き出せる。

ハイハット[編集]

ハイハット
  • 名の由来:ハイ(High:高い)・ハット(Hat帽子)が語源であると思われる[誰によって?][要出典]。というのも楽器として起源であるローソックシンバルという背の低いものがジャズの初期に登場しているからだ。ローソックは「Low Sock」のことで、足で合わせシンバルを鳴らす楽器であった。後により高い位置にセッティングしスティックで演奏するようになったのである。
  • サイズ:13 - 15インチサイズが一般的。
  • 形状:皿状。
  • セッティング:専用のハイハット・スタンドに載せ、縁を合わせるように対面させる。同径で上(トップ・ハイハット)が薄め・下(ボトム・ハイハット)が厚めのものを組み合わせることが多い。
  • 音質:口径が小さいため高い。ペダルを開閉させることで硬い音や響く音を出せる。
  • 演奏:ドラム演奏の要ともいえるビートを刻む主人公。アクセントなどの味付けをする他のシンバルとは一線を画す。スタンドのペダルを踏み2枚のシンバルを閉じ合わせた「クローズ」状態で叩くことにより余韻がないチック音を奏でる。またペダルを緩めて叩くことによって2枚のシンバルが互いに擦れあいながら鳴る「オープン」音を奏でる。さらにオープン状態で発音してからペダルを踏むことにより余韻を途中でカットするなど、フットワークとスティックワークを組み合わせて多彩な表現ができる。ロック系の音楽などで音量がほしい場合にはクローズ状態から少しペダルを緩めた「ハーフオープン」を用いる場合もある。ペダルだけでリズムを刻むペダル奏法もあり、踵でペダルを蹴ればシンバルクラッシュ(クラシックのシンバル音、スプラッシュ奏法)をすることも可能。

クラッシュ[編集]

  • 名の由来:クラッシュ(衝突)が由来。厚みにより「シン(Thin)」や「ヘビー(Heavy)」等が冠語として付く。
  • サイズ:14 - 18インチサイズが一般的。
  • 形状:皿状。
  • セッティング:一般的にスタンドに載せる。ラックシステムだと吊るす場合もある。
  • 音質:余韻のある澄んだ音。ロックでは、厚め(Heavy)で余韻が長く高い音程のものが好まれ、ジャズでは薄く(Thin)余韻が短く低い音程のものが好まれる。
  • 演奏:曲の流れにアクセントを付けたり、曲の構成をサブリミナル的に通知する目的で使用される。ビバップやモダンジャズではアクセントとしてBass Drumと同時に使われる事が多く、構成とは別にリズム全体を高揚させるために使われる。

ライド[編集]

  • 名の由来:かつては必ずバスドラムの上にスタンドを立ててセッティングされていたため、「ライド(Ride)=乗った」と呼ばれる。以前[いつ?]は「トップシンバル」と呼ぶことが多かったが、現在[いつ?]はライドシンバルの呼称が定着しつつある。
  • サイズ:18 - 24インチサイズが一般的。
  • 形状:皿状。カップ(中央部の盛り上がり)のサイズは決まっておらず、小さいものや、ないものもある。薄く音程の低いライドを好むジャズでは、聴覚上の音量を上げるために穴を空けてリベットを取り付けたモデル(リベット付き、sizzle付きと言う)もある。リベット数や取り付け位置の決まりはない。
  • セッティング:一般的にスタンドに載せる。
  • 音質:ロックでは高音で歯切れのよい音のものが好まれ、ジャズでは音程が低く奏法次第で様々な音の出せるものが好まれる。スティックで叩いた直接音はピング音と言い、ドライなライドはこれが強い。ドライなライドは基本的に厚め。ライドはクラッシュシンバルと比すると音は前に出ない。
  • 演奏:ビートを刻む目的で使用する点でハイハットシンバルに通じる。特徴的なのはカップ(日本での通称。正式にはBell:ベル)と呼ばれる中心の盛り上がった部分で力強いビートが刻める点。他にもスティックのショルダー(先端から5cm程の部分)でライド表面を叩く事で、クラッシュとは異なるアタックが可能。

クラッシュライド[編集]

  • 名の由来:クラッシュとライドの両用として作られた。
  • サイズ:16 - 22インチサイズが一般的。
  • 形状:皿状。
  • セッティング:一般的にスタンドに載せる。
  • 音質:クラッシュ音も出るがビートも刻める中間の音質。
  • 演奏:ビートを刻みながら、クラッシュ音を出すということが可能。ジャズ等ではクラッシュシンバルで代替することが多い。

チャイナ[編集]

  • 名の由来:チャイナの名のとおり中国で使用されているシンバル。
  • サイズ:サイズが幅広い。小さいものは持ち手を付けて京劇で用いキメの部分などで演奏される。
  • 形状:通常のシンバルの形状とは異なり、縁が反り返っている。
  • セッティング:一般的に表裏を逆向きにセットしたりもする(つまり通常のシンバルとは逆に裏側を演奏面とする)。
  • 音質:倍音が整っていないために、音は他と比べると濁りのある音。
  • 演奏:普通のアクセント以上のインパクトがほしい時に使用するが、逆にこれでビートを刻むこともある。

スプラッシュ[編集]

  • 名の由来:スプラッシュしぶき)が由来。
  • サイズ:6 - 10インチサイズが一般的。
  • 形状:皿状。
  • セッティング:スタンドに載せるが、合わせシンバルとしてクラッシュシンバルやチャイナシンバルと組み合わせることもある。合わせシンバルの場合、同じ向きで重ねる方法(レギュラー)と逆向きに重ねる方法(リバース)がある。
  • 音質:クラッシュシンバルよりも余韻の減衰が早く、軽い音
  • 演奏:静かなバラードのような曲で使用したりもするが、逆にスピードのある曲でしつこくならない程度にクラッシュ音がほしい場合にも使用したりする。

チャイナスプラッシュ[編集]

  • 名の由来:チャイナとスプラッシュの両方の要素があるため。
  • サイズ:6 - 10インチサイズが一般的。
  • 形状:チャイナ同様に通常のシンバルの形状とは異なり、縁が反り返っている。
  • セッティング:スタンドに載せるが、合わせシンバルとしてクラッシュシンバルやチャイナシンバルと組み合わせることもある。
  • 音質:チャイナシンバルよりも余韻の減衰が早く、軽い音。スプラッシュよりはパワフル。
  • 演奏:チャイナシンバルよりもアクが強くないため、スプラッシュでは物足りないときなどに使う。

ベル[編集]

  • 名の由来:ベルはシンバルの中央部の膨らみのことであり、それ単体で独立したもの。
  • サイズ:6 - 10インチサイズが一般的。
  • 形状:ボウル状。
  • セッティング:スプラッシュシンバル同様スタンドに載せるが、合わせシンバルの場合、逆向きに重ねる(リバース)の方が現実的。
  • 音質:力強い音(カンカンと鳴る)。減衰の速いスプラッシュと異なり、余韻は長い。
  • 演奏:インパクトという点でチャイナに通じる。ただし、ビートを刻むことはあまりない。

製造[編集]

を主成分とした金属の合金ニッケル等を含む)で製造される。製造方法は大きく3種類あり、製造工程がさらに求める音により変わるため一概に製造過程を定義しにくいが、大体のところは以下のとおり。

製造方法[編集]

  • プレス製法:金属板をプレスして成形するもの。安価なもの。
  • 鍛造製法:鋳造した地金を叩き伸ばしていくもの
  • 鋳造製法:溶けた地金を型に流し込むもの

製造工程[編集]

  • ハンマリング:ハンマーで表面を打っていく工程。機械打ちと手打ちがある。
  • 切削加工(レイジング):表面を削る工程。削らない場合、隙間を空けて削る場合、削る・削らない部分を意図して併置する場合もある。
  • メッキ加工:表面にメッキをする工程。しない場合もある。

シンバルメーカー[編集]

今日の西洋音楽で使われるシンバルはトルコから広まったものであるという歴史から、現在もシンバルメーカーはシンバル発祥地トルコが源流というブランドが世界市場で主力となっている。もうひとつの発祥地と言われる中国源流のブランドは、今のところWuhan・ZENN。

  • Zildjian(ジルジャン):イスタンブール出身のアルメニア系シンバル職人ジルジャン一族が経営するブランド。「ジルジャン」は「シンバル職人の息子」という意味がある。現在はアメリカで生産されている。
  • SABIAN(セイビアン):ジルジャンのカナダ工場が独立し枝分かれしたブランド。saly,bily,andyという3人の子供たちの名前をあわせて社名とした。8角形のロクタゴン(Rocktagon)などユニークな商品がある。
  • ISTANBUL(イスタンブール):ジルジャンのトルコ工場が閉鎖され路頭に迷った職人を集めて作られたブランド。アゴップ社で作られた製品とメメット社で作られた製品があり、それぞれの製品にはそれぞれのサインが入っている。
  • PAiSTe(パイステ):エストニア系ロシア人のトーマス・パイステによって創設された。現在はスイスのブランド。ジャズ全盛時にも繊細かつ高品質な製品で評価が高かったが、1970年代、楽器のエレクトリック化に対応できる音量の出る製品が大ヒットとなる。
  • UFIP(ユーヒップ):イタリアのブランド
  • コイデシンバル:日本唯一の大阪のシンバルメーカー。
  • Bosphorus(ボスフォラス):Zildjian、ISTANBULとは全く異なる流れを持つトルコブランド。独特なタッチと、トルコ伝統の製法を守る孤高のブランド。
  • Turkish(ターキッシュ):ISTANBUL社の職人が独立して作ったメーカー。ISTANBULより明るいキャラクター。
  • MEINL(マイネル):ドイツのブランド。打楽器の総合メーカー。上位シリーズの製造工場はトルコ。
  • WUHAN(ウーハン):中国のブランド。漢字表記は「武漢」。当然China Cymbalが強い。ライド等も隠れた名品。
  • MasterWork(マスターワーク):トルコ製。
  • スピッチーノ:イタリア人のシンバル職人スピッチーノがハンド・ハンマーを行い、オールドKジルジャンを意識している。スピッツとも言う。
  • ZENN(ゼン):株式会社サウンドハウスプライベートブランドサウンドハウスでのみ購入可能。シンバルの他にも小物打楽器など扱っており、他社では考えられないほど非常に格安。
  • Amedia:トルコのイスタンブールに所在するシンバルメーカー。トルコの伝統の製法に従い100%ハンドメイドでハンドハンマリング・シンバルを製造している。

外部リンク[編集]