川口英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわぐち ひでき
川口 英樹
生年月日 1961年
職業 子役
ジャンル 特撮作品
活動期間 1960年代後半-1970年代後半
主な作品
帰ってきたウルトラマン
仮面ライダーV3

川口 英樹(かわぐち ひでき、1961年 - )は日本子役

来歴・人物[編集]

1960年代後半から1970年代後半頃に活動し、中でもレギュラーとして出演した『帰ってきたウルトラマン』の坂田次郎や『仮面ライダーV3』の珠シゲルで知られる。

既に芸能活動はしておらず、かつての特撮番組を扱った書籍のインタビューも受けたことがないため、その後の消息は一切不明(死亡説が流れたこともあった)。『帰ってきたウルトラマン』で共演した団時朗も、雑誌『宇宙船』2010年7月号のインタビューで現在の川口の詳細は知らないと答えている。同じ劇団に所属していた高野浩幸も現在の消息は知らず、高校進学時に引退したと推測している[1]洋泉社のムック『特撮秘宝』6号(2017年7月16日発行)261ページに掲載された読者からの情報募集コーナーの告知には、編集部に寄せられる読者からの要望ハガキで「川口英樹の行方を捜してほしい」が2番目に多い[2]と書かれているが、編集部は「ずっと探してるんです、何か知っていたら教えてください!」とコメントしている。

出演作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「子役対談 高野浩幸×斉藤浩子」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、125頁。ISBN 978-4-8003-0209-0
  2. ^ 一番多いのは映画『フランケンシュタイン対地底怪獣』の結末に複数のバージョンが存在する理由の解明。