宮本武蔵 (1990年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮本武蔵』(みやもとむさし)は、1990年(平成2年)1月2日の午後0時から午後11時52分までテレビ東京で放送された12時間超ワイドドラマ(のちの新春ワイド時代劇)である。全6部。テレビ東京開局25周年記念番組。

主演は北大路欣也。原作は吉川英治の小説『宮本武蔵』。

概要[編集]

  • 第一部 「若き武芸者の黎明」
  • 第二部 「般若坂の決闘」
  • 第三部 「小次郎無情・燕返し開眼」
  • 第四部 「血戦・雪の三十三間堂」
  • 第五部 「決闘・一乗下り松」
  • 第六部 「決闘・巌流島」

北大路は1996年に同じ時間枠、同じ塙脚本で『徳川剣豪伝 それからの武蔵』(原作:小山勝清)に主演、巌流島の決闘から死を迎えるまでの武蔵を演じ、武蔵の最期までを演じている。

また2001年にはやや合計放映時間を短縮した「新世紀ワイド時代劇」として『宮本武蔵』が同じ原作、長坂秀佳脚本、上川隆也主演でリメイクされている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]

テレビ東京 12時間超ワイドドラマ
前番組 番組名 次番組
大忠臣蔵
(1989年)
宮本武蔵
(1990年)
次郎長三国志
(1991年)