松尾昭典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつお あきのり
松尾昭典
生年月日 (1928-11-05) 1928年11月5日
没年月日 (2010-07-12) 2010年7月12日(81歳没)
出生地 大阪府大阪市東区(現・中央区伏見町
職業 映画監督
著名な家族 柴田侑宏(弟)
主な作品
男の紋章
網走番外地
テンプレートを表示

松尾 昭典(まつお あきのり、1928年11月5日 - 2010年7月12日)は、日本の映画監督

略歴[編集]

大阪府大阪市東区(現・中央区伏見町出身。3歳年下の弟は、宝塚歌劇団の演出家である柴田侑宏[1]

京都大学文学部に入学後[2]、映画部に所属する。同部員の同僚に映画監督となった土井茂太田昭和がいた[3]。大学を卒業後、松竹京都撮影所に入社[2]松田定次らに師事した[4]。その後、映画製作を再開した日活に移籍[4]。同期の蔵原惟繕神代辰巳も松尾と同じく日活へ後に移籍している[4]

川島雄三マキノ雅弘らの助監督を務め[4]1958年二谷英明主演の『未練の波止場』で監督デビューした[2][4]

日本映画の黄金時代に活躍し、石原裕次郎主演の「清水の暴れん坊」「男が命を賭ける時」、吉永小百合主演の「霧の夜の男」などや高橋英樹主演の『男の紋章』に代表される任侠映画も監督、また石原裕次郎主演の『紅の翼』をはじめ、脚本作品も何本か執筆していた。日活ムード・アクションの監督として高い評価を得ていた[4]

1910年には日活を離れてフリーとなり[4]土曜ワイド劇場テレビ朝日)などをはじめとするテレビ映画サスペンスドラマを演出していたが、2010年7月12日肺炎のために逝去[5]。81歳没。

作品[編集]

映画[編集]

監督作品[編集]

脚本作品[編集]

テレビドラマ[編集]

作詞[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 平和への思い 作品にひそかに込める 宝塚歌劇団脚本・演出家 柴田侑宏さん(83) ”. 産経新聞 (2015年8月18日). 2015年8月19日閲覧。
  2. ^ a b c 松尾昭典”. 日本映画監督協会. 2022年8月18日閲覧。
  3. ^ 『映画手帖』(京都大学映画部編、清水光監修、津村秀夫序、大阪 創元社刊 昭和25/1950年)奥付より
  4. ^ a b c d e f g 松尾昭典”. 映画DB. 2022年8月18日閲覧。
  5. ^ 「男の紋章」シリーズ、松尾昭典監督が死去 サンケイスポーツ 2010年7月20日閲覧

外部リンク[編集]