萩原流行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はぎわら ながれ
萩原 流行
本名 萩原 光男(はぎわら みつお)
生年月日 1953年4月8日
没年月日 2015年4月22日(満62歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区
死没地 日本の旗 日本・東京都杉並区
血液型 O
職業 俳優タレント
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1973年 - 2015年
配偶者 萩原まゆ美
主な作品
舞台『ホワイトレビュー』など

萩原 流行(はぎわら ながれ、1953年4月8日 - 2015年4月22日[1])は、日本ダンサー俳優タレント。本名は萩原 光男(はぎわら みつお)。2000年代以降は役者だけでなく、バラエティ番組などにも出演していた。東京都世田谷区出身、世田谷学園中学校・高等学校卒業後、劇団ザ・スーパーカムパニイ、玉川高島屋ソニー販売店での売り子のアルバイト、つかこうへい事務所、オーケープロダクションを経て、最終所属は個人事務所。血液型はO型。身長173cm。妻は舞台女優の萩原まゆ美。

2008年12月、自身の俳優としてのDNAを継承すべき場として萩原流行アクターズスタジオを開設。

2015年4月22日、東京都杉並区青梅街道道路上でオートバイを運転中に高井戸警察署護送車に接触されて転倒し、後ろから来た乗用車に胸をひかれ病院に搬送されたが死亡が確認された。62歳没[1][2][3][4]

人物[編集]

  • デビュー作で大抜擢され、当時トップアイドルであった岡崎友紀のリフトをし、ちょうど岡崎の臀部を支えるパートを毎日務めた。
  • 気さくでひょうきんな人柄で知られる。「何だよー!知らねえよー!」と神奈月に物真似されていることでも知られる。
  • 麻雀好きでフジテレビ(現在はCSフジテレビONE)で不定期放送のわれめでポンに度々出演して優勝したことがある。
  • 初期の俳優活動では2時間ドラマの卑劣な犯人役をすることが多かった。そのため、地方でのロケでは地元のお婆さんから石を投げられたことがあると『森田一義アワー 笑っていいとも!』「テレフォンショッキング」出演時に吐露した。
  • 親友だった松田優作が主演した映画『ブラック・レイン』のオーディションを受けたが意中の役は射止められなかった。その際、松本刑事の部下役で打診されたが丁重に断った。しかし、松本役が高倉健だと後で知って後悔したと『カミングダウト』(日本テレビ)で語っている[5]
  • ウエスタンルックを好み、普段着としても愛用しているだけでなく、バラエティ番組などではそれを着用しての出演が多い。
  • フジテレビ系列で放送されているバラエティ番組『ウチくる!?』には「斎藤和夫」という名前で出演していた。
  • 大の猫好き。『クマのプーさん』が大好きで、本人曰く「パジャマもプーさん」であるという。
  • 生前はうつ病を妻とともに患い、通院・服薬を続けていた。そのためトーク番組などで闘病経験を語る出演も多かった[6]
  • 不用意な発言が多く、司会を担当した『5時に夢中!』(TOKYO MX)は3か月で降板させられた。
  • 神奈月にはものまねされているが、萩原自身も逆に神奈月と武藤敬司のものまねしたことがあり、これを見ていた武藤も「誠意には誠意で」と言って、武藤が萩原のモノマネを披露したことがある[7]
  • 神奈月が萩原夫妻の前で流行のものまねを披露した時、流行は「全然似てねーよ」と否定したが、妻は大笑いし「そっくり」と絶賛した。

死去[編集]

2015年4月22日午後6時頃、東京都杉並区高円寺南青梅街道において、転倒したハーレーダビッドソンのそばに倒れているところを発見され、病院に搬送されたが、約1時間半後に死亡が確認された。62歳没。バイクを運転中に転倒に巻き込まれたものとみられる[1][2][3][4]

警視庁杉並警察署と同庁交通捜査課によると、事故当時、3車線の中央車線を走行中、左側から車線変更をした警視庁高井戸警察署護送車と接触し転倒[8]道路に投げ出されたところを後方からきた乗用車に胸部を轢かれたとみられる。また、事故直前、萩原が前方を走行する車両に追い越しをかけていた際にバイクが不安定にふらついていたという目撃情報もある。萩原はうつ病を患っていたこともあり、事故当日の薬の服用なども含めて調べを進めている。なお、事故が起きた18時ごろ、東京西部は雨が降りだしていた[9][10]。 護送車を運転していた警部補は気がつかなかったと述べている。

2015年5月22日には妻の萩原まゆ美が記者会見を開き、当初護送車ではなくワンボックス車と発表したことや、死因を心房破裂死と説明されていたが死体検案書には死因不詳とされたことなど、警察により遺族に情報が伝わらず警察に対して不信感があることを告白した。またその会見中にフジテレビが生中継を行ったが、弁護士会のルールに反する行為であったため中断している[11]

同年7月2日、妻が二度目の記者会見を開き、警察側の説明について「ネット上にある事件直後の動画などと、食い違う部分が多い」と改めて不信感を示した 。高井戸警察署による謝罪については、実況見分時の署員の言動を理由に拒絶している。また事故当時に、うつ病による影響を強調するような警察発表・報道がなされたことに関して「事故をたびたび起こしていたと表現されたり、うつ病が原因しているという誤った報道により傷つけられた、萩原流行の名誉を回復することを一番に考える」とした[12]

8月14日、司法解剖の結果、左心房破裂および多発肋骨骨折を含む高度胸部外傷と報告された[13]

活動歴[編集]

舞台[編集]

  • ミュージカル 母をたずねて三千里(石毛恭子主演、1976年)
  • ホワイトレビュー
  • ちんぴら遊侠伝(ザ・スーパーカムパニイ)
  • デストラップ(死の罠)(自由劇場
  • ウーマン・イン ブラック(パルコ劇場
  • GANKUTSUO(青山劇場
  • 音楽劇 絆1995秋(主演)

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ系列

TBS系列

フジテレビ系列

テレビ朝日系列

テレビ東京系列

映画・オリジナルビデオ[編集]

バラエティー・教養番組[編集]

テレビCM[編集]

  • 明星食品「チャルメラ」
  • アコム
  • ひらかたパーク(2005年夏のプールのイメージキャラクター)「お父さん、萩原流行が流れてるよ」と言う子供の台詞がある。

吹き替え[編集]

ゲーム[編集]

ラジオ[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • 槇原敬之「優しい歌が歌えない」(2004年4月28日発売)

CD[編集]

  • ながれゆくとき~流行瞬~(2008年9月3日発売)

脚注[編集]

外部リンク[編集]