石毛恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石毛 恭子(いしげ きょうこ、1950年 - )は、元フジテレビアナウンサー1971年、フジテレビ入社[1]。入社直後に「ママとあそぼう!ピンポンパン」2代目お姉さんに抜擢され、可憐なルックスと軽妙な話術で人気者になった。また、彼女がお姉さん役の時期には、同番組の「ピンポンパン体操」がブームとなり、使用曲は1972年第14回日本レコード大賞童謡賞を受賞した[1](歌:杉並児童合唱団金森勢)。同番組のお姉さん役は、1971年10月4日から1975年4月4日まで担当した。1976年フジテレビ退社[1]。その後も、一時期は女優としてTBSドラマ「パパは独身」に先生役で出演するなどした。当時の70年代フォークブームに乗り、ギターを抱えてのコンサート活動も行っていた。

過去の出演番組[編集]

発表曲[編集]

  • ピンポンパンのうた(1971年12月25日発売。日本コロムビア SCS-149)
レコードA面は、第14回日本レコード大賞童謡賞受賞曲の「ピンポンパン体操」
  • パジャママンのうた(1972年2月10日発売。日本コロムビア SCS-153)
  • ピンクのバニー(1972年2月10日発売。日本コロムビア SCS-153)
  • パンダちゃん(1972年8月10日発売。日本コロムビア SCS-170)
  • ジャストンピン(1972年8月10日発売。日本コロムビア SCS-170)
  • タンタンはやしうた(1972年8月10日発売。日本コロムビア SCS-171)
  • ドロンコマーチ(1972年8月10日発売。日本コロムビア SCS-171)
  • ピンポンパンのうた(※第2ヴァージョン)(1972年12月10日発売。日本コロムビア SCS-179)
  • レイン・ドロップス(1972年12月10日発売。日本コロムビア SCS-181)
明日に向って撃て!の主題歌“Raindrops Keep Fallin' on My Head”のカバー
のちに同曲は、SANYOドラム式洗濯乾燥機のTVCMにて、西田尚美が歌を口ずさむかたちで使用された(2004年6月〜)。
  • キャンディマン(1972年12月10日発売。日本コロムビア SCS-181)
夢のチョコレート工場挿入歌で、サミー・デイヴィスJr.によっても歌われた“The Candy Man”のカバー
  • おさるがサ(1973年7月10日発売。日本コロムビア SCS-206)
  • ぼうしをかぶった男の子(1973年7月10日発売。日本コロムビア SCS-206)
  • ピンクの貯金箱(1973年7月10日発売。日本コロムビア SCS-207)
  • かくれんぼネッシー(1973年7月10日発売。日本コロムビア SCS-207)
  • げんこつくん(1973年11月25日発売。日本コロムビア SCS-218)
  • シャンプーマン(1973年11月25日発売。日本コロムビア SCS-219)
  • ピンポンパン体操(アルバム『みんなでうたおうピンポンパン』(1975年4月発売。日本コロムビア CW-7015)収録の石毛恭子が歌に参加したヴァージョン)
  • 愛は遥かに(1978年11月発売。日本コロムビア SCS-438)
テレビアニメ『大雪山の勇者 牙王』(1978年9月23日放映)エンディング曲
  • ちょうちょみたいに(アルバム『赤毛のアン うたとおはなし』(1979年7月発売。日本コロムビア CS-7119)収録)
世界名作劇場『赤毛のアン (アニメ)』(1979年放映)挿入歌
  • 愛のみずうみ(1981年3月発売。日本コロムビア CK-582)
アニメ映画『世界名作童話 白鳥の湖』主題歌
  • かがやく春の日(1981年3月発売。日本コロムビア CK-582)
アニメ映画『世界名作童話 白鳥の湖』挿入歌
  • その他多数

脚注[編集]

  1. ^ a b c ママとあそぼうピンポンパンDVDインフォメーションサイト, ポニーキャニオン