雨にぬれても

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨にぬれても
B. J. トーマスシングル
初出アルバム『Raindrops Keep Fallin' On My Head』
B面 Never Had It So Good
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ポップス
時間
レーベル セプター・レコード
作詞・作曲 ハル・デヴィッドバート・バカラック
プロデュース ハル・デヴィッドバート・バカラック
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
ミュージックビデオ
「Raindrops Keep Fallin' On My Head」 - YouTube
テンプレートを表示

雨にぬれても」(あめにぬれても、原題: Raindrops Keep Fallin' on My Head)は、B. J. トーマス1969年に発表した楽曲。作詞はハル・デヴィッド、作曲はバート・バカラック

解説[編集]

1969年に公開されたジョージ・ロイ・ヒル監督の西部劇明日に向って撃て!』の挿入歌である。同映画は、アメリカン・ニュー・シネマの有名作品となった。劇中ではブッチ・キャシディ役のポール・ニューマンとエッタ・プレース役のキャサリン・ロスが自転車に乗ってデートをするシーンで使われた。最初バカラックは、レイ・スティーヴンスに歌ってもらう予定だったが、紆余曲折の後にディオンヌ・ワーウィックと同じセプターに所属していたB・J・トーマスが歌うこととなった。

同年10月にシングルとして発売。B面はニコラス・アシュフォード、ヴァレリー・シンプソン、ジョー・アームステッドが書いた「Never Had It So Good」[1]ビルボードでは1970年1月3日から4週連続で1位となり、年間ランキングで第4位を記録。同誌は「雨にぬれても」をオール・タイム・ムービー・ヒッツ・ベスト50の15位に選んだ[2]

一方、第42回アカデミー賞では主題歌賞を受賞した。

主なカヴァー[編集]

その他、ボストン・ポップス・オーケストラロイヤル・フィルハーモニー・ポップス管弦楽団などによるオーケストラアレンジの演奏も存在する。

脚注[編集]

書籍[編集]

関連項目[編集]

先代:
ダイアナ・ロス&スプリームス
「またいつの日にか」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1970年1月3日 - 1月24日(4週)
次代:
ジャクソン5
帰ってほしいの
先代:
ピーター・ポール&マリー
悲しみのジェット・プレーン
Easy Listening ナンバーワンシングル
1969年12月13日 - 1970年1月24日(7週)
次代:
トム・ジョーンズ
「悲しき呼び声」