雨にぬれても

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
雨にぬれても
B. J. トーマスシングル
B面 Never Had It So Good
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ポップス
時間
レーベル セプター・レコード
作詞・作曲 ハル・デヴィッドバート・バカラック
プロデュース ハル・デヴィッドバート・バカラック
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
テンプレートを表示

雨にぬれても」(あめにぬれても、原題: Raindrops Keep Fallin' On My Head)は、B. J. トーマス1969年に発表した楽曲。作詞はハル・デヴィッド、作曲はバート・バカラック

解説[編集]

1969年秋に公開された、ジョージ・ロイ・ヒル監督の西部劇映画『明日に向って撃て!』の挿入歌である。映画では、ブッチ・キャシディ役のポール・ニューマンとエッタ・プレース役のキャサリン・ロスが自転車に乗ってデートをするシーンで使われた。最初バカラックは、「雨にぬれても」をレイ・スティーヴンス(Ray Stevens)に歌ってもらう予定だった。しかし、スティーヴンスが断り、ボビー・ヴィントンにもオファーがあったほか複数のアーティストが謝絶しディオンヌ・ワーウィックと同じセプターに所属していたB. J. トーマスが歌うこととなった。

同年10月にシングルとして発売。B面はニコラス・アシュフォード、ヴァレリー・シンプソン、ジョー・アームステッドが書いた「Never Had It So Good」[1]。「ビルボード」誌では、1970年1月3日から4週連続で1位を獲得した。同誌1970年年間ランキングでは第4位となった。

第42回アカデミー賞(1970年4月発表)において主題歌賞を獲得した。ロック時代(1955年7月9日以降)に映画音楽が「ビルボード」誌年間第1位になったのは、ルルの「いつも心に太陽を」(1967年公開の同名映画の主題歌)、バーブラ・ストライサンドの「追憶」(1973年公開の同名映画の主題歌)、ブロンディの「コール・ミー」(1980年公開の『アメリカン・ジゴロ』 の主題歌)、ボーイズ・II・メンの「エンド・オブ・ザ・ロード」(1992年公開の『ブーメラン (映画)』の主題歌)など数多くあるが、この曲は第4位だった。

日本国内ではテイチクレコードより1995年5月21日にCDシングルとして発売された。

日産・スカイライン(R30型)や「キリン太陽と風のビール」、京王電鉄のコマーシャルソングとして使われたこともある。

主なカヴァー[編集]

その他、ボストン・ポップス・オーケストラロイヤル・フィルハーモニー・ポップス管弦楽団などによるオーケストラアレンジの演奏も存在する。

その他[編集]

  • 百貨店などでは、店舗の建物の外で雨が降り出したことを、店内に知らせるためのBGMとして用いられている場合がある。これは、店員向けの合図代わりとして使用されるもので、客が購入した商品を入れる手提げ袋に雨よけのカバーを掛ける、といったことのために用いられる。

脚注[編集]

参考文献 [編集]

先代:
ダイアナ・ロス&スプリームス
「またいつの日にか」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1970年1月3日 - 1月24日(4週)
次代:
ジャクソン5
帰ってほしいの
先代:
ピーター・ポール&マリー
悲しみのジェット・プレーン
Easy Listening ナンバーワンシングル
1969年12月13日 - 1970年1月24日(7週)
次代:
トム・ジョーンズ
「悲しき呼び声」